身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!

by yamabakanikki

カテゴリ:九州の山( 215 )

15-9:天山

  久しぶりの三日連続登山、昔はちょくちょく・・・
  正直に、歩けて良かったべぇ~(笑)
  この日、山頂付近の稜線は冷たい風が吹き~ ぉとっ、秋ばい!

  1.日  ’15-9-13
  2.山  天山
  3.ルート
      上宮登山口~天山~尾根散策~天川登山口~上宮登山口
      <約2.5h(休憩含め)>

  4.コメント&写真


   天山に登る途中に、雨山を降り返り カッコのよか山ばい、阿蘇のような雰囲気も。
f0187402_20242598.jpg

   早速、キュウシュウコゴメグサさんが登場!
f0187402_20243438.jpg

   山ベテラン「T&Mさん」も犬と散歩中、ご挨拶させて貰いました。
f0187402_20244238.jpg

   たぶん・・・ ノギラン?
f0187402_20245074.jpg

   出ました秋の花「ウメバチソウ」 や~ぁらしかけん、人気があります。
f0187402_20245731.jpg

   この花も人気が・・・ ある意味ではおとろしかぁ~(笑)
f0187402_2025641.jpg

   テンザンアザミ?、勝手に命名、他所のアザミより柔らかく上品か!
f0187402_20251414.jpg

   畑の番人「テントウムシ」、アブラムシの発生を知らせてくれます。
f0187402_20252262.jpg

   サイヨウシャジンさん、よぉ~ 丸く育っとんなん!
f0187402_20253028.jpg

   天山・オミナエシ・北壁っか?
f0187402_20253955.jpg

   ぜつたいに観たかった花「まっちゃん!」
f0187402_20254952.jpg

   またもや・・・
f0187402_20255750.jpg

   天山ダム、揚水発電に使われています。(消費電力の少ない夜間に、下のダムから
   水をくみ上げ、昼間に放水し水車を回し発電しています・・・ 頭のよか人のおる)
f0187402_2026781.jpg

   ヤマボウシの実、小鳥の餌です 人間はあまり食べならんように(笑)
f0187402_20261859.jpg

   ハギ、、、綺麗かばい!
f0187402_20262953.jpg

   ツリフネソウ 色はそのまま、えげつなか?
f0187402_20263896.jpg

   回り道をしたおかげで、ツルニンジンさんともご対面!
f0187402_20264773.jpg

   登り始めとは逆の方向から、名峰「雨山」を~♪
f0187402_20265627.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-09-15 20:29 | 九州の山 | Comments(2)
  梅雨の中休みに、海外出張帰りのリハビリ登山へ~
  観たかったのは、「オダマキ」「雲海」でした!
  果たして、結果は? 『早朝TV観戦移動、なでしこ万歳~♪』


  1.日  ’15-6-28
  2.山  由布岳
  3.ルート
     正面~合屋越~マタエ~東峰~東登山口分岐~日向岳~
     自然観察路~正面・・・車で移動・・・雨乞牧場手前
     <所要時間:約5.5h(休憩含む)>
  4.コメント&写真


  ・海外出張後は、ジャングルになった畑の草むしりと決めていましたが、
   天気予報を見ると、なんと晴れ(ピーカン)予報 ジャングルになり
   過ぎ やる気も少々薄れていたので、「山行」へ~♪
  ・5時に待合せ場所をスタート、なでしこJAPANを応援しながら移動!
   いつもより、高速道路&S.A.も少ない、皆さん自宅or現地で・・・
  ・待合せ場所に着くと、なんとウスキさんの顔!、その隣には信&俊さん
   が、素晴らしい 私の帰国を祝ってくれるとは? 嘘です、たまたま。
  ・久しぶりの由布岳でした(3年ぶり)、形&眺望&岩場&貴重な花々
   素晴らしい山です。
  ・今回、なんと皆さん「日向岳」は初めて、良い機会でした 感謝~♪

    登り始め、中腹より上はガスに・・・
f0187402_2332271.jpg

    ハンカイソウが、美しい~
f0187402_23323778.jpg

    ヤマツツジも、未だ沢山咲いていました!
f0187402_23324568.jpg

    シライトソウは主役?だったかも。
f0187402_23325450.jpg

    コゴメウツギさんは、上品かばい。
f0187402_2333248.jpg

    マタエはガスの上、晴天です「布団ば持って来て、干したかった」(笑)
f0187402_23331090.jpg

    西峰方面は、山ガールの黄色い声が・・・ 喜んでいてはるようで?
f0187402_23331995.jpg

    狙いのオダマキは蕾、来週には開花かも、でも見頃は2週間後かな?
f0187402_23333045.jpg

    マタエ方面を覗く、高度感があります!
f0187402_23334427.jpg

    東峰山頂には、約10名休憩中でした。大体は晴れ、時折ガスの中。
f0187402_23335631.jpg

    ここで折り返すのはメンバーが物足りない?、東登山口方向へ下山することに。
    このルートを、下るのはお初だったかも・・・?
f0187402_23341091.jpg

    慎重に! なによりも、『安全第一』
f0187402_23342063.jpg

    新緑が綺麗!
f0187402_23343345.jpg

    深緑も綺麗!
f0187402_23344771.jpg

    「日向岳」、なかなか渋い!
f0187402_23345938.jpg

    苔蒸す森の中、癒されます。 熊さん出て来そうな~(笑)
f0187402_23393085.jpg

    下山後に、日向岳を望む。
f0187402_23352041.jpg
f0187402_23353453.jpg
f0187402_23354526.jpg
f0187402_23355519.jpg

    どこからの眺めも、最高でした! 
    あちきは何と幸せものか、中国にはこげなよかとこなかばい!

[PR]
by yamabakanikki | 2015-06-28 23:41 | 九州の山 | Comments(8)

15-5:大分の花


     大分の花ばい!
      綺麗な花々じゃっち
       大切にせなあかんぜょぉ~

f0187402_20304181.jpg


f0187402_20324758.jpg
f0187402_20325748.jpg
f0187402_2033723.jpg
f0187402_20331691.jpg
f0187402_20332476.jpg
f0187402_20333261.jpg
f0187402_20335021.jpg
f0187402_2034162.jpg
f0187402_20341437.jpg
f0187402_20342947.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-05-10 20:37 | 九州の山 | Comments(2)

 昨年のGWは脊梁でテント泊、今年はアケボノツツジを愛でに・・・
  連休中は、「九州全部の県」に行きました。
   二日連続標高差1000mを堪能しようと思いましたが、風邪気味(疲れ)で断念!


f0187402_9153432.jpg

 1.日  15-5-5
 2.山  五葉岳、頭巾岳
 3.ルート
    上見立~見立鉱山跡~頭巾岳~五葉岳~頭巾岳~大吹鉱山跡登山口
    <所要時間:約7h(休憩含む)>

 4.写真&コメント

  ・10年前、下りに使ったルート(五葉まで、標高差約1000m)
   タフなコースですが、自然林は素晴らしい(コースタイム3h半、今回4h半)
  ・鉱山跡は物悲しいところですが、生きた教科書です。
   端島(軍艦島)同様 貴重な処だと思います、保存を!
  ・アケボノ等の花が例年より約1週間早い、また今年はウラ年か?
  ・宮崎の山はいい(自然いっぱい)、人もいい(優しい)
  ・五葉~頭巾岳間で話をした方が、見立鉱山跡から登ったと云うと 下の
   登山口まで送りましょうと~(険しい道を何度も経験された方でした)
   地元の方のみ知るお花畑にもご案内していただき、感謝~♪

    物悲しい見立鉱山跡
f0187402_9321038.jpg

    綺麗な渓谷、何度も渡渉あります
f0187402_933699.jpg

    まさに、生きた教科書  大切にしたいです!
f0187402_9332068.jpg

    新緑、バッチリ  ブナやミズナラも!
f0187402_9333420.jpg

f0187402_9335820.jpg

    かなりの急斜面!
f0187402_9341971.jpg

    尾根を登りあげると、待っていてくれました~♪
f0187402_934333.jpg

f0187402_9345949.jpg

    五葉岳山頂付近は少々荒れてます、酸性雨の影響?  左奥は祖母山
f0187402_9352090.jpg

    左奥は大崩山、右には鹿納坊主も見えています。
f0187402_9354139.jpg

f0187402_936146.jpg

    ヤマシャク満開~♪
f0187402_9362012.jpg

    少し黄色(薄い黄緑)です、昔はピンク)もあったと、盗掘で無くなり(悲)
f0187402_9363131.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-05-09 09:27 | 九州の山 | Comments(0)

昨年のGWは脊梁でテント泊、今年はアケボノツツジを愛でに・・・
 連休中は、「九州全部の県」に行きました。
  二日連続標高差1000mを堪能しようと思いましたが、風邪気味(疲れ)で断念!


f0187402_1014159.jpg


f0187402_1014966.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-05-06 22:07 | 九州の山 | Comments(8)

15-4:英彦山

登り始めはガス・・・、そして山頂もガス! 
 下山後、その稜線のガスは晴れあがり~(残念!)
   修験の山よかたい、今日は山のプロと一緒に♪

1.日  2015-4-11
2.山  英彦山
3.ルート
  高住神社~望雲狭~英彦山北岳~中岳~南岳~鬼スギ~
  玉屋神社~奉幣殿~上宮バス停
   <所要時間:約5h半(休憩含む)>
4.写真&コメント


  出張で山のプロが長崎へ、エベレスト以外の有名なピークはだいたい踏まれ
  ています。ヒマラヤも、7000m級のピークには登ったと! でも、明るく
  ひょうきんで優しい山先輩です。(岩魚の煮付け料理が得意(笑))
f0187402_20405825.jpg

  この日濡れており滑ります、私はプロでは無いのでここで待ってました(笑)
f0187402_2041828.jpg

  ミツバツツジが~♪

f0187402_2041182.jpg

  クサリも濡れており、冷たかったです。
f0187402_20412915.jpg

  ハルトラさんも、寒く泣いてました(笑)
f0187402_20413934.jpg

  久しぶりに、南岳へ
f0187402_2041506.jpg
f0187402_2042140.jpg

  ほらひょうきんでしょう~、南岳~鬼スギへの岩場は濡れていると厳しい
  です。若い頃はそう感じませんでしたが、ここ最近は年々怖く・・・
f0187402_20421421.jpg
f0187402_2042263.jpg

  鬼スギさんの苔がいぃです。
f0187402_20423846.jpg

  倒れてはいませんので、ご安心を(笑)
f0187402_20425552.jpg

  玉屋から眺めるが綺麗でした!
f0187402_20433935.jpg
f0187402_20435131.jpg

  奉幣殿ではお祭りが!、お神酒を呑まれていたので、神輿は下らんと
  思っていましたが・・・ やったそうです、神輿の飲酒運転
f0187402_2044996.jpg
f0187402_20443087.jpg

  ミツマタが沢山ありました、今が満開!
f0187402_20453410.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-04-11 20:46 | 九州の山 | Comments(2)
 2015年登り始めは「雪の九重(大船山)」へ~
 法華院温泉泊りでぬくぬく、夜は他のお客さんと一緒に少々呑み山交流会?を堪能!
 そうそう新年早々、よっちゃん&大川山人会の皆さまとご挨拶が出来 満足~♪

f0187402_1829646.jpg

1.日  2015-1-3,4(法華院温泉泊まり)
2.山  九重(大船山)
3.ルート
 ①初日:長者原~雨ヶ池~坊がつる~法華院温泉(山小屋)
     <所要時間:約2h45m(休憩含む)>
 ②二日目:法華院温泉~段原~大船山~坊がつる~雨ヶ池~長者原
      <所要時間:約7h(休憩含む)>


4.コメント&写真
 ・初日 四季彩ロードの入り口で、早くもチェーンを巻きました。
  でも 翌日は除雪してあり九重ICまで、結果 要りませんでした。
  (どこでチェーンを外すかが難しい、駐車場内は滑り止め必要です)
 ・積雪量は独断と偏見で、長者原周辺10~25cm、雨ケ池周辺30~50cm、
  大船山手前40~60cm
  東尾根から来たよっちゃんは腰までラッセル、坊側は踏まれています。
 ・法華院温泉は快適です、何より暖かい(人も温かい) 温泉がまた格別
  それにトイレが綺麗、山小屋の中で一番かも~
 ・山交流会では、私の出身地に 今住んでいる方とかいて世間は狭い(笑)
 ・少々呑み過ぎ、翌朝の登りはゲロゲロ状態(勿体ないので、出しません)
  っで、よっちゃんを強風吹く山頂で 約3h待たせ すみませんでした!


   登る前に、鳥天でパワーを。
f0187402_18382969.jpg

   右前方は☆生山、光っています!
f0187402_18384527.jpg

   雪は、どっぷりと
f0187402_1839685.jpg

   カッコのよか山「涌蓋山」
f0187402_18391523.jpg

   雪は、どんどん深くなっていきます。
f0187402_18393164.jpg

   大船山&坊がつる
f0187402_18394326.jpg

   どっぷり雪
f0187402_18395664.jpg

   また、大船山(今回の主役)
f0187402_18401378.jpg

   法華院温泉の部屋から~
f0187402_18402957.jpg

   少しだけ夕陽に染まったお山、私の顔より赤く染まらず(笑)
f0187402_18404351.jpg

   これより二日目、「日の出」の時間帯はガスが掛かっていました!
   坊ですれ違った日の出隊ご夫婦も、残念だったと・・・
f0187402_18424532.jpg

   これが小屋の横のオブジェ
f0187402_18425562.jpg

   我々が登りだした頃はガスが晴れ、この後またガス、そして・・・
f0187402_1843468.jpg

   段原を過ぎて振り返ると、そこは青空の下に雪が輝き 素晴らしい!
f0187402_18431736.jpg

   ようやく山頂、周りの山にもガスが!
f0187402_18433870.jpg

   御池(おいけ)を初めて踏みました、御池(みいけ)は過去に何度か。
   大分山日記のよっちゃんと合流し新年の挨拶を、東尾根は腰までラッセル
   場所もあったとか。
f0187402_18434754.jpg

   雪の重みでお辞儀、そして積雪で地面があがり 潜り抜け状態!
f0187402_18435643.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-01-04 22:00 | 九州の山 | Comments(6)

’14-11:宇佐六山制覇!

 宇佐六山制覇! えっ、七山じゃ? 細かい話は、どうでもよかたい!(五十歩、百歩ばい)
 兎に角、急登を六回 登り降りして来ました~(笑)
 『山を始めて、一番体力無いかも~』と思わされた里の山々でした!
f0187402_22302889.jpg

 1.日  2014-11-24
 2.山  宇佐六山(大分県、昔は豊後の国)
 3.ルート
    香下ダム~射場越~①妙見山~射場~②谷山~③石山~④鬼落山
    ~⑤石井山~⑥高尾山城支城跡~高尾山登山口
     <所要時間:約6h>
 4.写真&コメント


  ・アップダウンを繰り返す、それも巷で云う 所謂「急登」を・・・
   しんどかったですぅ。でも、他の皆さんは いたって元気! 71歳の山大先輩も
   なんなく縦走をこなす。 負けたぁ~(笑&焦&泣)
  ・ルートファインディングがかなり難しい山(里)系です。今回は、よっちゃんにお
   んぶにだっこ、、、お任せ状態でした。ほんに、渋い難ルートです。
   そう~云えば、6hの間 誰にもすれ違わなかったような・・・
  ・でも、よかよか里山です。 妙な百名山より こっちがよかばい!
  ・この日暑く、汗をびっしょり・・・ 一年前の脱水症状のおかげで 十分に水分は
   補給でき、一歩一歩前に進んでいま~す。


  ここから始まる、しんどい長~い縦走!
f0187402_22303658.jpg

  最初は谷道、皆さんお元気 内心困ったなぁ~と(笑)
f0187402_22304581.jpg

  山の中に魚のお化けか?、お手水でした!、それもクリスちゃんの(驚!)
f0187402_2231086.jpg

  ようやく一座目、おもろい看板が大分弁で(笑)、「来ちくれた?」
f0187402_22311051.jpg

  それ二座目、まだまだどうにか元気ばい。
f0187402_2231183.jpg

  三座目、ちょいと様子がおかしかばい・・・
f0187402_22312880.jpg

  先ほど、歩いて来た里山だすぅ~
f0187402_22314243.jpg

  これから登るピークだすぅ、聳えとるたぃ、具合わる~ 
f0187402_223153100.jpg

  急坂は、尻で下るんじゃ~  この後は急登登りで、写真無し(笑)
f0187402_223251.jpg

  その後、ロープや岩を掴みながら登った鬼落山(おにおてやま;576m)今回の最高峰!
f0187402_2232163.jpg

  早い~ 追いつけんばい。
f0187402_22322875.jpg

  あそこまで、一気に下りて また登るったい。
f0187402_2232446.jpg

  振りかえって、鬼落山。(鬼が落ちるなら、人も・・・)
f0187402_22325477.jpg

  よかばい、里山紅葉!
f0187402_2233593.jpg

  またもやピーク、三角点はここと〇△山
f0187402_22331537.jpg

  あらよっと下るベテランさん、あちきは四つん這いで・・・ どいろ、こいろ。
f0187402_22332791.jpg

  お城跡、なんと井戸の跡も、貴重な遺産。
f0187402_22333927.jpg

  切通しも、、、
f0187402_22334980.jpg

  里の紅葉が見頃でした、銀杏(いちょう)も綺麗、大分は銀杏(ぎんなん)が日本一とか。
  そこで帰りに 道の駅で 早速購入!
f0187402_2234061.jpg

  よっちゃん、ありがとう♪  今回も、結構ハードでやした~。。。
[PR]
by yamabakanikki | 2014-11-28 22:38 | 九州の山 | Comments(4)

'14-11:両子山

 この日「二座目」色んな選択肢がありましたが、紅葉同行者お初の山!
 山に登るのに、初めてお金を払ったところです(前回は9年前
 三人は二回目、誰も所要時間覚えておらず、アルツは皆さん進行中~(笑)

f0187402_2123325.jpg

 1.日  2014-11-23
 2.山  両子山
 3.ルート
     両子寺~山頂(ピストン)
     <所要時間:約1.5h>
 4.写真&コメント


  ・ちょうど紅葉が最高の時季で、人手多し、大渋滞!
   やはり、ここ『両子寺』の紅葉は有名のようでぇ~す♪
   そんな貴重な紅葉を堪能でき、拙者は満足じゃ~
  ・前回は、に来ており新緑を堪能、新緑が綺麗な場所は間違いなく
   紅葉も美しいだすぅ~
  ・国東半島のへそ、仏の里よかとこだす。(三回目かな~?)

  石積みも芸術品、奥の朱~い「紅葉」が・・・  皆さんを待ってま~す!
f0187402_21234525.jpg

  これが、針の耳だったと? アルツ君は自信なし。
f0187402_21235846.jpg

  鬼の背割り、、、なんじゃそりゃ ?
f0187402_21241078.jpg

  山頂から、姫島が見えています。 行くばい、その内に! よかばい!
f0187402_21241962.jpg

  この紅葉の樹は、デカい!
f0187402_21243196.jpg

  境内が、赤~く 染まっています♪
f0187402_21244217.jpg

  胡麻堂だしたか?
f0187402_21245387.jpg

  国東半島は、信仰の里山、独立してしまうかも・・・?
f0187402_212535.jpg

  紅葉世界一の場所でした。、。、。
f0187402_21251298.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-11-27 21:33 | 九州の山 | Comments(0)

’14-11:熊群山

 お初の「熊群山(メサ台地)」を、紅葉が綺麗な時に縦走して来ました~
 クサリ場は、かなり危険だと判断! 下りたくなかったので直進。
 メサ台地は勉強になり、紅葉で明るい森も楽しめました♪
f0187402_22405743.jpg

1.日  2014-11-23
2.山  熊群山
3.ルート
     神楽殿~熊群神社~山頂~稜線&林道~直野公民館
     <所要時間:約3h>
4.写真&コメント


  手書き!(GPSデータではありません)、神楽殿に車を駐車、帰りは?
f0187402_1834833.jpg

  神楽殿横、「これより20分」は相当健脚さん、約倍みましょう~
f0187402_2241890.jpg

  今が旬、見事な紅葉
f0187402_22414895.jpg

  鳥居の中央が切れています、長崎の山王神社の片足鳥居みたいです。
f0187402_2243373.jpg

  イチョウも見頃、見事、見せます!
f0187402_2244848.jpg

  また、葉の絨毯がどこも素晴らしく。
f0187402_22441869.jpg

  鬼が一夜で作った階段(どこにも、よく働く鬼がいます) (笑)
f0187402_22444184.jpg

  珍しい紅葉の彫り物
f0187402_22445437.jpg

  ここが鬼門のクサリ場、足場では登れず、クサリに体重をあずける必要があり
  非常に危険です。【要注意】 下りは特に!
f0187402_184613.jpg

  急な尾根の途中から、由布岳が・・・
f0187402_184531.jpg

  メサ台地まで上がると、明るい森が待ってました♪
f0187402_185977.jpg

  紅葉 ちょうど見頃でした。
f0187402_1853762.jpg

  山頂は眺望無く、この台地は特徴無く 迷い易いです。
f0187402_1855779.jpg

  稜線を少しおりたところ、見えてる稜線を進めば時山方面
f0187402_22453916.jpg

  ここから九重が見えました(黒岳と大船山)
f0187402_22455380.jpg

  林道も、明るく素敵です。
f0187402_22462363.jpg

  ヤマラッキョリンドウが未だ咲いてました。
f0187402_1865143.jpg

  これは直野公民館近くの柿、実は訳あり待機していたパパさんに電話しこの辺り
  まで迎えに来てもらいました。恵まれ、ありがとう御座いました。
f0187402_1871450.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-11-25 22:47 | 九州の山 | Comments(4)