山馬鹿日記

yamabaka.exblog.jp

身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!

ブログトップ

2018年 01月 07日 ( 1 )

  山大先輩方々と天草へ遠征し、「山行&新年会&オルレ」を堪能♪
  初日は矢筈嶽~倉岳へ縦走周回コースを歩き、夜は新鮮な魚で新年会!
  この日でようやく九州百名山を達成、皆様のおかげです 感謝・深謝。

f0187402_19502343.jpg

  1.日  ’18-1-6
  2.山  矢筈嶽、倉岳
  3.ルート
    棚底登山口(国道横)~(花道登山道)~矢筈嶽~(一部九州自然歩道)
    ~倉岳~(延命道)
    <所要時間;約6h>
  4.写真&コメント

   ・先ず 倉岳が倉岳町にあることを知りませんでした、行かんば判らん。
   ・地元の方のご尽力で復活した登山道を、歩かせてもらいました。
   ・一緒に歩くのは山先輩&お笑い大先輩(笑)、おかげで二日間笑いが絶えず
    楽しく過ごさせてもらいました。
   ・ルートはちょっと判り難い所もありましたが、地図&コンパスにてどうにか。
    (アナログ人間なので、スマホは未だ10年早いか・・・)
   ・花道登山道は「急登一直線尾根コース」でアキレス腱がかなり伸びます。
    (登山口から約2h)
   ・延命道は少しジグザグ道ですが、やはり急登、コンパスをたまに確認要。
   ・九州百名山は積極的に狙った訳ではありませんが、たまたま・・約18年
    最初の8年で約90座、残りは狙ってなかったのでなかなか進まず・・・
    その内に改訂版かなんかが出て見直し、日本百名山のようにどすんと構えて
    威厳を保持して欲しいと思うのは拙者だけでは無いはず!


   左が矢筈嶽(626m)、右が倉岳(682m)
   表紙は矢筈嶽、かなり尖っており登山意欲が~ 湧く&萎える(笑)
  
f0187402_19502886.jpg



   ここから登山口、ここまで約30分。
f0187402_19520793.jpg



  えぐれた登山道、昔は数多くの人々が登っていたのですね。
f0187402_19521641.jpg



  遊びのない急登がしばらく続きます。
f0187402_19522074.jpg



  この自然林(照葉樹林)、素晴らしい~
f0187402_19522447.jpg

  矢筈嶽山頂に着くと、その展望の良さに 皆さん雄叫びを!
f0187402_19524951.jpg



   ちょいと眩しく(海の反射)、綺麗に撮れませんでした。
f0187402_19525309.jpg

  海(航海)の神様です、長崎もあちこちにあります。天草&長崎、かなり共通点が
  感じられました。
f0187402_19525733.jpg


   ツチトリモチ、こんなに沢山あるのはお初でした。
f0187402_19530267.jpg



   倉岳手前の岩場の上、先ほど登った矢筈嶽&尾根が見えています。
   
f0187402_19533186.jpg

   山頂には一等三角点、今年は全部一等の山へ。

f0187402_19533581.jpg



  少し下には倉岳神社がありました、ここから方向注意です。
f0187402_19533908.jpg



  ちょっと下って振り返ると、倉岳山頂が。
f0187402_19534225.jpg



   滑り易い場所にはロープが、有り難い。 緑がいぃですね♪
f0187402_19540802.jpg

  延命登山道標識、皆さん これで寿命がまた延びました(笑)
f0187402_19541483.jpg



   棚底城跡から矢筈嶽山頂を覗む。
f0187402_19541868.jpg



   逆さ倉岳も、よかたい!

f0187402_19542268.jpg



   富岡の民宿へ、旬の新鮮な魚は間違い無い!
f0187402_19544475.jpg

   ヒオウギ貝、この辺りでは結構採れるようです。
f0187402_19544890.jpg

   左目のヒラメ、これからますます旬に~
f0187402_19545289.jpg




 -えんどー  

[PR]
by yamabakanikki | 2018-01-07 19:58 | 九州の山 | Comments(8)