山馬鹿日記

17-4:脊梁縦走(烏帽子・五勇・石堂屋)    


     脊梁は皆さん渋いと云いはる、拙者もそう思うけど、
     これが、山の原点「自然の姿」かも~・~
     と思うのは、拙者だけ・・・?
 
      GPSデータではありません、アナログ(地図とコンパス)の世界
f0187402_21265587.jpg

     1.日  2017-4-30
     2.山  鳥帽子岳・五勇山・石堂屋
     3.ルート
        峰越峠(新椎葉越)~鳥帽子岳~五勇山~
石堂屋~椎葉村の尾前登山口
        <所要時間:約7h、約15km>

     4.写真&コメント    
  
       ここは熊本(泉村)と宮崎(椎葉村)の県境、烏帽子岳と白鳥山の縦走途中!
       峠を過ぎると、米から芋へ変わります(笑;分かるかな~?)
f0187402_20524281.jpg
       
       縦走路からの眺望は抜群、見えているのは本日歩く 五勇~石堂屋方面
f0187402_20530428.jpg

       ぼんさん道[椎葉越]、車道が開通する前の峠道
       泉村には坊主がおらず、椎葉村から通っていたそうです!  
       土産にもらった酒は、ここらで空になったとか・・・(笑)
f0187402_20533915.jpg

       ワチガイソウさん、今季お初でした。
f0187402_20535386.jpg

f0187402_20542734.jpg


       なんとマンサクが満開!、やはりここらは寒い。
f0187402_20562247.jpg


       烏帽子岳手前から、「ゴリラ岩」(山馬鹿命名)を望む(笑)
f0187402_20590997.jpg



       烏帽子岳山頂から、歩いて来た稜線を振り返る。
f0187402_20592103.jpg

f0187402_20594300.jpg
 
       名峰、「おおぐるみ(国見岳)」
f0187402_20595920.jpg


f0187402_21002742.jpg

       石楠花、これが一番膨らんでいたかも?
       見頃は、中旬以降か・・・
f0187402_21003891.jpg

f0187402_21012168.jpg

f0187402_21015314.jpg
 
      ようやく芽吹いたブナ!
f0187402_21020521.jpg

       石堂屋前後にはこんな藪もありますが、すず竹を刈ってあり概ね良好♪
       今回は、脊梁プロジェクトに感謝! やり過ぎは、いかんけど!
f0187402_21023359.jpg

f0187402_21024783.jpg

       踏み跡、薄し!
f0187402_21030781.jpg

       赤松の林。
f0187402_21033338.jpg
 
       下山後は、焼酎でよか気色に~(笑)
f0187402_21035659.jpg
         

        


[PR]

17-4:仰鳥帽子山(イワザクラ&ヤマシャク)         

   今回のGW山行コンセプトは、
  「ちょいと熊本にお金を落とし、微力ですが 地震復興に協力しましょう~♪」
   民宿に二泊し、少しだけ協力をして来ました。

       イワザクラ 前回は、鰐塚山で堪能(九州では二箇所か?)
   
f0187402_22162014.jpg

     1.日  2017-4-29
     2.山  仰鳥帽子山
     3.ルート
        第二登山口~仏石~兎群石山~仰鳥帽子山~北側巻き道経由登山口
        <所要時間:約5h、約10km>

     4.写真&コメント

        緩やかな尾根道の脇は、バイケイソウ&ヤマシャクの花畑
   
f0187402_22163415.jpg

        ヤマシャクの数が多く、山全体、ヤマシャク山でした!
f0187402_22165374.jpg

        石灰岩に苔が付き、日本庭園を上回る「山庭園」?
f0187402_22170606.jpg

        ヒトリシズカさんも、しおらしか~ 
f0187402_22173615.jpg

        なんと、福寿草が未だ残っていました! 保護ロープで入れないのでズーム
f0187402_22175337.jpg

        この辺りはどうにか咲き始め、他は未だ蕾が大半で・・・
f0187402_22181662.jpg

        いや~ 山の花とは思えない程 派手か(笑)
f0187402_22182792.jpg

        独りじゃない、ヒトリシズカさん(笑)、賑わっていました。
f0187402_22185817.jpg

        仏石の岩壁にはヒゴイカリソウ、久しぶりのご対面でした。
f0187402_22192573.jpg

        山頂手前の緩やかな尾根筋、よか処です。
f0187402_22195087.jpg

        感謝♪、いつまでも咲き続けて欲しいです。
f0187402_22200403.jpg

        兎群石山へ寄り道、なかなかよかです!
f0187402_22202600.jpg

        アセビも花がびっしりと!
f0187402_22203976.jpg

        ヤマウツボ、なかなか見れません。
f0187402_22205988.jpg

        トサノコバイモさん、お初だったかな?
f0187402_22210923.jpg

        初日の宿「樅木山荘」、料理が旨い!(一泊二食で、¥7,500+税)
        樅木は、もみきが正と、地元の方はもみぎと云いますが。
f0187402_22212947.jpg

        二回のデカイ窓から、まるで一抹の絵のようです、素晴らしい!
f0187402_22213998.jpg



        



     

[PR]

17-4:雪浦 長崎翡翠「西海市歴史ロマン探検隊」参加     

    第二回「西海市歴史ロマン探検隊」に参加して来ました~♪ 
    今回は、「一億年前の岩盤から生まれた長崎ヒスイをみよう」
    一回目 同様、いやそれ以上?、盛り上がりました! 
     【雪浦の方々に、感謝~】


         日は天気め☆  五島
f0187402_20422212.jpg

         これが長崎ヒスイで製作した勾玉(手前の三個) 他は、水晶等etc.
f0187402_20423431.jpg

         これがその岩石、これを今回 探しに行きます。
f0187402_20425662.jpg

         歴史郷土史に詳しい林吉行さん、話しが面白い。
f0187402_20430525.jpg

         これが地層、成り立ちの特徴が出ています。
         詳しくは、各自勉強してください(笑)  人に聞くと、覚えんばい!
f0187402_20442939.jpg

         龍ノ口の地名のゆかりとなった、龍岩?
f0187402_20443835.jpg

         こいが、岩石!
f0187402_20452124.jpg

         皆さん、下を向いて一生懸命 探す・探す!
         この後 林先生に鑑定の依頼を 続発、、、(大笑)
f0187402_20445863.jpg

         いや~ 海の綺麗な処です。
         我々が守らんば・・・
f0187402_20454921.jpg


        
 


[PR]
# by yamabakanikki | 2017-04-24 21:01 | Comments(2)

17-4:多良山系(ヤマシャク)     

    多良山系のヤマシャク確認へ、ようやく咲きだしたところでした!
    今年の花は、やはり遅いようです。
    石楠花の蕾も、まだまだ固く・・・
f0187402_22163236.jpg
     
     1.日  ’17-4-22
     2.山  五家原岳
     3.写真&コメント

     この時季、新緑が綺麗です。
f0187402_22170195.jpg

    苔も、よかたい!

f0187402_22172582.jpg

    モミの樹

f0187402_22183868.jpg

    ヤマシャクはようやく咲き始め・・・ 感謝♪

f0187402_22181891.jpg

    ヒトリシズカさんは、満開かも。

f0187402_22180355.jpg

    このエイザンスミレの花が、大きいこと(驚!)

f0187402_22192429.jpg

    ショウジョウバカマさんの花が終わると、新芽が内側から出現。

f0187402_22194108.jpg

    中のシベが白、頭の写真は黄色・・・

f0187402_22191493.jpg

    オオキツネノカミソリさんも、着実に準備中。

f0187402_22200877.jpg








      

        

[PR]

17-4:長串山&平戸・生月島      

f0187402_2241775.jpg

   北松 鹿町町のツツジ観賞 『長串山』へ  よかばい!
   下山後は、鹿子前から九十九島巡りの予定でしたが・・・
   なんと逆(北)方面へ(笑) 平戸・生月へ~.

f0187402_2215116.jpg



f0187402_2223941.jpg

f0187402_222511.jpg

f0187402_223666.jpg

f0187402_2232297.jpg


f0187402_2233920.jpg

f0187402_2235021.jpg


f0187402_224296.jpg

f0187402_2243849.jpg


f0187402_2245011.jpg



      


[PR]

17-4:雲仙(花巡り)   


   お天気 もう一歩でしたが、雲仙の花々を堪能して来ました~♪
   これが、綺麗かとです(笑)  皆さん、お出でやす~
 
f0187402_23164852.jpg

  1.日  2017-4-15
  2.山  雲仙花巡り「普賢岳・妙見尾根」
  3.ルート
    仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~(新道)~普賢岳~紅葉茶屋~
    妙見尾根~仁田峠
    <所要時間:約3.5h>

  4.写真&コメント

      定点観測、ガス、この後降らずに良かったと・・・
f0187402_23165940.jpg

      雲仙笹、「よか」ばい!
f0187402_2317980.jpg

      ハルトラさん、この日の主役!
f0187402_23172122.jpg

      ヤマルリソウ、お綺麗です♪
f0187402_23173140.jpg

      た~んとお花が、京(けい)とかT(テラ)とか借りても 足らない(笑)
f0187402_23174039.jpg

      【ここから ネコノメソウ三連覇!】 先ずは、シロノメネコノメソウ
f0187402_23175162.jpg

      次は、コガネネコノメソウ
f0187402_23183585.jpg

      ラストは、イワネコノメソウ
f0187402_23184538.jpg

      これは風穴。昔の冷蔵庫
f0187402_23185595.jpg

      冬枯れ 山景色。
f0187402_2319438.jpg

      岩が、メッチャ不安定に! やばい! ばい!
f0187402_23201267.jpg

   ヒガケツツジ後に、平成新山
f0187402_23202185.jpg

   云わずとしれた スミレ
f0187402_23203150.jpg

   新芽、もみじさん
f0187402_23203911.jpg
 
   よかろうもん(笑_2)        
f0187402_23205765.jpg




         


[PR]

17:桜(西山ダム)   


   例年より、少々遅かった桜が満開~
   我々の子の頃と同じ時季か?、昔は大概「入学式」に・・・
   皆さんが美味しそうにいただいているお花見弁当が気になりました(笑)

f0187402_22142941.jpg

f0187402_22144252.jpg

f0187402_22145613.jpg

f0187402_22151011.jpg

f0187402_2215191.jpg

f0187402_22153977.jpg

f0187402_22155161.jpg

f0187402_2216244.jpg



           


[PR]

17-4 松島:福山 雅治の歌『桜坂』& 遠見山縦走!    


   松島へ上陸福山 雅治の歌『桜坂』で有名な知る人ぞ知る場所!
   本人は、しばらくここ(電源開発の発電所)で働いていたとか・・・
   兎に角お初の島、山と絡めて堪能して来ました~♪、メッチャ田舎(笑)

f0187402_1941196.jpg

  1.日  2017-4-2
  2.山  松島「葉山、遠見山、嶽山」
  3.ルート
    瀬戸・・(船)・・松島港~本村 小学校跡~葉山~遠見山~嶽山~太田(赤レンガ
    の廃屋)〜日本一小さな公園〜ダイコクバエ〜山ノ神〜桜坂〜松島港
    <所要時間:約3h(山)+2h(島廻り)、約12.5km>

  4.写真&コメント

   ・松島上陸はお初、「桂 小五郎 や 福山 雅治」らに先を越されました!
   ・ここは 大正〜昭和初期に炭鉱で賑わった所、隣の池島はもう少し後で♪
    池島と北海道〇△が、日本で最後までやった炭鉱。
   ・注意!:食事は上陸前にご準備ください、一切 食を扱っているお店は無し。
   ・船代はなんと片道¥200、気軽にお出掛けください!


   この船は市営船?、近くにはフェリーもあります、約12分程度で松島に着きます。
   便数も多く、めっちゃ便利なので島にはお店がほとんど無いのかも・・・?
f0187402_19432250.jpg

   らくだ島
f0187402_1945164.jpg

   小学校は約5年前に閉校、過疎化が加速しています、そこから登り始めました。
   昔は 道だったようですが、久しく人は訪れていません。島人も、道はなかろうもん!
f0187402_1945343.jpg

   葉山の北側は難路、大石がゴロゴロ、浮石だらけ、猪君が岩の間から飛び出し!
f0187402_19455031.jpg

   葉山から遠見山へは、はっきりした道がありました。
f0187402_1946824.jpg

   スミレの群生が、ときおり~
f0187402_19463128.jpg

   遠見山(217m)山頂から、J-POWER(昔、電源開発)を望む! 奥には、ちょっと
   前に訪れた崎戸島。
f0187402_19464832.jpg

   次のピーク「嶽山」は一番渋い、名前は立派!、後で その姿が!!
f0187402_19473581.jpg

   松島炭鉱四抗跡、昔は蒸気機関車も行き来し、人工は1万人を越えていたとか。
   右手前は供養塔、2回の事故で約100名が ヤマで亡くなったと(合掌!)
f0187402_19475245.jpg

   これは池島、この日は風強く、時化てました!
f0187402_1948640.jpg

   これが先ほどの渋い山、「嶽山」、素晴らしい山様!
f0187402_19482157.jpg

   洒落の公園。
f0187402_19483456.jpg

   親子連れの釣り人が、連れ(釣れ)ない姿で・・・(笑)
f0187402_1949836.jpg

   100万kW(50万二基)、海外炭専用炉、昔 黒ダイヤが出た場所でなんかやるせ
   ない。ここの発電で、長崎県内の電力は余裕で賄えるそうです。
f0187402_19494590.jpg

   これは、桃の花だったかも~
f0187402_19504172.jpg

   はい! 有名な桜坂 おまつりをやってました。
f0187402_19511145.jpg
 
   肝心の桜は、三分咲き、大きな樹が重なりあっているので、見応えあります。
   そやろー・-、名曲「桜坂」発祥の地じゃもん。
f0187402_1952429.jpg



       


[PR]