09-1:脊振山&鬼ヶ鼻岩

少し寒くなり山には雪が積もっていそうなので、どこぞに雪を踏みに行くことにしました。
今回選択したのは、福岡と佐賀の県境「脊振山系」へ出掛けて来ました。この山系は、
雪が深い(どうかすると九重山系より積もる)と聞いていましたが、雪の脊振山系は初
めてでした。

1.日  ’09-1/11(日)
2.山  脊振山(1055m)
3.ルート 
   井手野(椎原峠の佐賀県側)~椎原峠~(福岡と佐賀の県境)~脊振山~唐人舞
   ~椎原峠~鬼ヶ鼻岩~井手野
   <約4h>
4.記
  本山系は、コヨーテさんのホームグランンドです。数回ご協力していただき、一緒に
  歩き東「基山」~西「十坊山」まで繋ごうと考えていますが、後2箇所(七曲~坂本峠
  、雷山~長野峠)を残し中断中。2年前から? その内に・・・ (ほんとは、続けて歩い
  てみたい)
  雪が深いので、今日は判り易いルートを選択しました。登山口へ着く、数百m手間で
  スリップし始めたのでチェーンを装着。これが一年振りなので、なかなかうまくいかず
  かなり時間を要しました。同乗者の皆さま、すみません、でも次回は大丈夫!
  椎原峠から脊振山への稜線は、ミツバツツジのトンネルあり素晴らしいルートですが
  後半は少々車道歩きがあります。あの車道が無ければ、もっと。脊振山の近くには
  ブナも沢山あり、訪れる人を癒してくれます。稜線の福岡県側はかなりの急斜面、佐
  賀県側はなだらかな勾配です。
  山頂付近での積雪量は、10~15cm(気温は氷点下5℃)程度。雪質はサラサラと
  して、とても気持ちの良いものでした。歩くときの、キュッキュッというあの感触がまた
  とても心地好かったです。
  山頂まで、マウンテンバイクで来ている人達がいたり、家族連れ人、当然他の登山者
  もいて、結構賑わっていました。

   椎原峠、東(右)は脊振、西は鬼ヶ鼻岩を越え金山方面
f0187402_10573164.jpg

   稜線上の雪のオブジェ
f0187402_10575768.jpg

   脊振山頂下駐車場、子供が遊んでいます♪(氷点下約5℃)
f0187402_10582749.jpg

   唐人舞付近から金山(尖った山頂)方面を見る
f0187402_10593975.jpg

   同上
f0187402_110625.jpg

   鬼ヶ鼻岩から歩いて来た縦走路を眺める、左奥が脊振山
f0187402_110348.jpg

[PR]

# by yamabakanikki | 2009-01-12 10:41 | 九州の山 | Comments(2)

運転免許センターへ・・・

本日、緊急休暇をとり運転免許センターへ・・・

先日のかごんま旅行の際、「免許証」が一人旅に出てしまい、再発行。
¥3,650、正月早々痛い出費となりました。(悲)
私の他にも、再発行して貰っている人が沢山いました~ 同類相憐?

っで、新しい免許証は、ICチップ付きの「中型」免許!現在、普通免許を
持っている方は、皆そうなるようです。以前同様、4t車まで運転できます。
搭載人員は25名?、以前より増えたような_??
友人の引越し時に、一度だけ4t車を運転したことあります。かなり普段と
違った感覚でした。子供頃、「コンボイ」に憧れトラックの運転手になりたい
と思っていた時代がありました。
その折、友人が云うには、『目が輝いていたよ~』 だって♪

お昼過ぎに自宅に戻り、山へとも思いましたが・・・ 先ずは腹がへり昼食
(リンガーハット)へ。そのまま病院へ行こうと思いましたが、散歩を少々。
おくんちで有名なお諏訪さん(神社)へ!先日も、別の神社にお参りしまし
たが、また今日もお賽銭を少しだけ包み。(通常はしませんが・・・)
子の受験「合格祈願」お願いをしてきました。
まぁ、実力で行ってもらわないと、何にもなりませんが・・・     -以上ー

[PR]

# by yamabakanikki | 2009-01-09 20:25 | その他(出張&雑) | Comments(0)

鹿児島山行

鹿児島山行へ、二泊三日でまたもや5山!
しっかり堪能して来ましたよぉ~♪

さて、本日出張先(中国)から帰って来ると、山友が完璧なレポ
もうこれで充分でしょうと・・・ ?  少々手抜きを(笑)

っで、ちょっとだけ私も以下に思いつくままに~

 1.冠岳(516m)・・・2h
  ①以前は、別のルートから時間切れで辿りつけませんでした。
    今回はその、リベンジ!
  ②煙草神社~材木岳~西岳(山頂)~徐福公園
  ③岩(クサリ)場は、通らず、次回の楽しみがまた増えました(笑)

 2.野間岳(591m)・・・1h
  ①以前とは、逆のルート(東側)から ピストン!
  ②自然林が素敵な森が! 薩摩富士「開聞岳」が真っぽし!
  ③鹿児島のシンボル『桜島』も、よ~く見えていました。

 3.金峰山(636m)・・・1h
  ①どすんと構えた良い山ではあるが、山頂直下までの林道はちと
    やり過ぎかも~?
  ②岩登りのゲレンデも、あるそうでっす!

 4.紫尾山(1067m)・・・3.5h
  ①登尾からリベンジコース、前回は雪が深く断念!
  ②今回もやはり雪があり、登山口の手前に車を止めスタート。
  ③千尋の滝の東側の沢ルート、登り出しはいきなりの急登でっす。
  ④下りは、地元の方と一緒になり東尾根コースを駆け降りる。
  ⑤稜線は、見事な自然林(ブナ&赤樫&etc.)

 5.矢筈岳(687m)・・・4h
  ①矢筈林道からのコース、長い長~い林道でした。(これで自然が守ら
    れているのかも?)
  ②登山道は少々荒れてはいましたが、テープはしっかりと付いていました。
  ③鬼立山&山頂共、眺めは良好でっす!
  ④天然記念物の『ヤッコソウ』に出会えて、満足☆ 満足★

※全ての山から、桜島が見え幸せどした~  
 <七変化の桜島をあなたは、知っているか???>

   冠岳の登り始めです!・・・全ては、ここから
f0187402_20372885.jpg

   稜線上は雪が、少々寒かったです。
f0187402_20375463.jpg

   見えるピークは、翌日登った「金峰山」 そして金色に輝く吹上浜
f0187402_20381547.jpg

   どすんと構える西郷どん、うんにゃ『桜島』  南岳からは今も噴煙が・・・
f0187402_20383034.jpg

   王冠を被った山頂「冠岳」
f0187402_20385196.jpg

   矢筈岳手前から見た、霧島連山!
f0187402_20391566.jpg

   とても可愛らしい『ヤッコソウ』
f0187402_20393236.jpg

[PR]

# by yamabakanikki | 2009-01-07 20:28 | 九州の山 | Comments(0)

工事中「鹿児島の名山」⇒別更新

今年で、4年連続 南九州の山へ~
元々、暖かいということで南へ向かっていましたが、今年は霜がどっぷりと
降り,いずれの日もかなり寒かったです。(ぐすん)

3年前は鹿児島、2年前も鹿児島、昨年は宮崎、今年はまた鹿児島!
学生時代に、4年間過ごした場所で少々土地勘もあります。
3年前に、雪で断念した紫尾山も今回は良い巡り会いがあり、周回コース
を堪能できました。(満足!)

とある山では天然記念物の『ヤッコソウ』にも会えました!

   材木岳山頂から見る冠岳(西岳)山頂
f0187402_2274171.jpg

   上記から見た「桜島山」    どっしん!
f0187402_2275516.jpg

   冠岳山頂手前の稜線、雪が積もっていて寒かったですよぉ~
f0187402_2281528.jpg

   出水市の鶴、飛来数はなんと10,000羽以上とか
f0187402_2283034.jpg

   矢筈岳の鬼立山から見る 矢筈岳の山頂
f0187402_2284945.jpg

   矢筈岳山頂から見る眺望、遠く彼方に微かに雲仙だけも確認♪
f0187402_22929.jpg

   『ヤッコソウ』という天然記念物
f0187402_2291347.jpg

[PR]

# by yamabakanikki | 2009-01-04 22:09 | 九州の山 | Comments(4)

謹賀新年 「虚空蔵山」


謹賀新年で御座います。皆様、今年も宜しく御願いします。
今年も、とにかく『元気に山に登ること』を目標にしたいと思っています。

本日は、同級生と田舎の山「虚空蔵山」へ行って来ました。
大晦日より元旦にかけ、雪の予報だったので少々渋っていましたが、
元気な相棒に引っ張られ、山へ(出だし早々、軟弱な性格が露出・・・)

ゆっくりモードであったため、日の出には当然間に合いませんが、待ち
合わせ場所から東の空を見ると、なんと雲が切れているではありません
か、相棒と「もう少し早起きすれば、良かったなぁ」と云いながら登山口へ
車を走らせると、途中より雪が積もっており、チェ-ンを忘れてきたので、
登山口手前(水汲み場)より歩きだしました。

山頂で、約3,4cmの積雪だったでしょうか?、すれ違った人の数は10
~15人程度。日の出に間に合うように登っていた人と、すれ違う際に訪
ねてみると、生憎ガスがはれず&吹雪で何も見えなかったと・・・気づか
れないように、相棒とニンマリ。(いかんいかんこの性格は・・・笑)

我々が登っている間にかなり雪が降り、下りはかなり滑りやすくなってい
ました。それに一番大変だったのは、下山後、道路が真っ白!登山開始
時よりも、さらに積もっていました。車を停めていた場所に行く途中、軽ト
ラが溝に嵌まって放置してありました。あら、帰れない??? 少し、下
まで降りると、雪も少なめになり、どうにかローギアでとろりとろりと用心
しながら帰路に着くことができました。目出度し?目出度し?
「ちゃんとチェーンは積んどかんば」と相棒からお叱りを、仰るとおり! ー以上ー
[PR]

# by yamabakanikki | 2009-01-01 23:46 | 県内外(近くの)山 | Comments(2)

今年の分析結果

今年も、後3日・・・ 早いですね~♪
皆々様には、大変お世話になり、感謝~☆
では、今年の分析結果を簡単に

1)全般
  山・・・93回、飲み会・・・28回、出張・・・16回(海外2回)
 ※かなり忙しく過ごしました、中バテもし、でも山がやはり一番(笑)
2)山詳細
  ’01年よりの目標、①年50回以上の登山、②年10回以上の献血
  ここ数年、①は余裕でクリア ②は歳とともに血管が細くなり、あの「縫い針のよう
  な針」が入り難くなり、看護婦さんを悩ませるので・・・(今年は2回、ゴメンナサイ!)
    本土  5回
    九州 32回
    長崎 56回 (雲仙山系13回、多良山系12回、それ以外31回)
  _______
    計  93回
3)今年のベスト10&来年の目標
  ベスト10を選ぶのには苦労し(悩み)ましたが、適当に見てください!
  来年の目標は、『元気に山に登ること!』

 ※ではでは、皆さん良いお年をお迎えくださいね~♪


   <2月;雪の九重、正面ハ久住山>
f0187402_201368.jpg

   <3月;こんな真似ゴトもしました>
f0187402_2013374.jpg

   <4月;釣鐘山稜線、ブナ&アケボノツツジ>
f0187402_20142563.jpg

   <7月;塩見岳山頂から見るずっーと歩いて来た縦走路>
f0187402_20144899.jpg

   <7月;北岳(富士山の次の標高)からの下り>
f0187402_2015895.jpg

   <6月;山友を迎えて雲仙九千部岳ヤマボウシ>
f0187402_20153187.jpg

   <9月;阿蘇中岳下から見る噴火口>
f0187402_20155312.jpg

   <9月;市内の丘にあるダンギク(大陸伝来の花)>
f0187402_20162421.jpg

   <10月;脊梁(九州山地)の優しい紅葉>
f0187402_20164241.jpg

   <12月;長崎県対馬市の洲藻白嶽>
f0187402_20165712.jpg

[PR]

# by yamabakanikki | 2008-12-29 18:54 | その他(出張&雑) | Comments(10)

08-12:井樋ノ尾岳

1.日   ’08-12/28
2.山   井樋ノ尾岳(407m)
3.時間  約3h(昼食休憩含む)
4.概要
 いつかは登ってみたいと思っていた市内の「井樋ノ尾岳」に出掛けて来ました。
 長崎バイパスに入る手前の左側にどすんと構えた山で、薮山と聞いていますが、
 果たして・・・

 今朝はとんでもない事をやらかしました。山友のメールで、なんと待合せ時間に
 起きました。大変、失礼しました。 m(_ _)m  昨日、3回目の忘年会(最後の
 ゴミ流し)でかなり盛り上がり、丸山のお店を出たのはなんと3時でした。今日は、
 二日酔いリハビリ登山になってしまいました~ (笑)

 登りは薄暗い尾根道を、踏み跡もしっかりしており薮ではありませんでした。
 山頂からの展望も無し、やはり渋い山だっと思っていたところ、下山路は瘠せ尾
 根のアップダウンで眺めも良くなかかな素敵なところでした。

 山&お天気&山友さんに感謝の一日で、そしてなにより反省の一日でした。

   渋い山頂!
f0187402_21151311.jpg

   縦走路
f0187402_21155283.jpg

   ガマズミの実、沢山あり綺麗な色をしていました
f0187402_21161688.jpg

   雲仙(左から、吾妻・九千部・平成新山・妙見岳)
f0187402_21163385.jpg

[PR]

# by yamabakanikki | 2008-12-28 20:45 | 市内の山(丘) | Comments(0)

「対馬」へ二泊三日

ようやく風邪が治ったので、リハビリ登山へ行ってきました。
なんと「対馬」へ、二泊三日の旅でした。
そこは、山友の住む街でぇ~す!
おかげで、隅から隅までしかっりと堪能できました。
『三日で、海外の山を五つ』

1)初日(曇/晴れ)
  和多都美神社
  烏帽子岳
  御嶽(479m)
  比田勝
  美宇田海岸
  対馬野生生物保護センター「ツシマヤマネコ」

2)二日目(曇/雨)
  有明山(558m)
  〇△山(秘密)・・・あまりに良い山なので(自然保護のため)、内緒~♪
              山友さんには、お会いした時に教えますよぉー☆
  鮎戻しの滝
  豆 崎

3)三日目(曇/晴れ)
  城山(金田城)(276m)
  白嶽(518m)
  
山&観光&人の優しさとの触れ合いと・・・とてもとても楽しい
一生の思い出に残る三日間でした。
山友に、感謝~☆ 感謝~★ 深謝m(_ _)m

「和多都美神社」です、海の中に鳥居があります。
f0187402_22382850.jpg

「御嶽の登山口」にある看板です、平岳まで縦走出来なかったのは残念!
f0187402_2239311.jpg

「有明山」から白嶽方面を望む、この時は冷え込み&強風で寒かったです。
f0187402_22392539.jpg

シダジイの原始林、「内緒の山」、もう二度と登らず自然保護を誓います!
f0187402_2240160.jpg

「鮎返しの滝」、大崩に相当する凄い一枚岩!
f0187402_22402487.jpg

「豆 崎」から見た冬の海!
f0187402_2241165.jpg

「城山」山頂付近から見た『ひょっこり瓢箪(ひょうたん)島』
f0187402_22423321.jpg

「白嶽」山頂(雄岳)から見る雌岳
f0187402_22425459.jpg

帰りの「飛行機」から見たガス(雲)の海
f0187402_22431352.jpg

[PR]

# by yamabakanikki | 2008-12-23 22:47 | 県内外(近くの)山 | Comments(4)