08-10:向坂・三方山

<脊梁-3>

1.日  ’08-10-18

2.山  向坂・三方山(霧立から向霧立を結ぶ北側の稜線)

3.工程
  長崎5:00・・・五ヶ瀬スキー場9:30~向坂山9:45~天女ヶ岩11:25/35
  ~三方山12:30/13:20~向坂山~スキー場16:00・・・長崎20:45
  <約12km、6h半(休憩含む)>  

4.概要
 1)先週に引き続き、大好きな脊梁の紅葉堪能!
   色とりどりの淡い(一部濃い)紅葉~♪
 2)向坂山へは行ったことありましたが、今回のルートはお初でした(三方山)
 3)地図を見る範囲で、高低差はそうありませんが距離はなかりあると。時間
   が読めないので、歩きながら帰りの時間を計算し進みました。時間が許す
   なら椎矢峠を越え高岳までと思っていましたが、断念!『山は逃げない』
   なんせ、長崎からは遠い往復約9h。(日帰りの限界線か?)
 4)そうそう、一週間前に「脊梁トレイルラン」が開催されたルートの一部です。
   それにしてもこのトレイルラン凄い!、約35kmの山道(標高差1000m)
   を鉄人が走って回る。一番早かった人は、約3h半でこの厳しいロングル
   ート駆け巡ったとか。一体、何を食べているのだろう~?
 5)この日は、この素晴らしいルートを貸切状態でした。(向坂山で一団体に
   会ったきりで、稜線では誰にも会いませんでした)もったいない勿体ない。
   いかんせん、長崎(西の果て)からは遠い山系です。
   この素晴らしいスケールのでかいの自然豊かな場所は、いつまでも大切
   にしたいと・・・
 6)傷んでない枯れ葉を踏むのがもったいなく感じました、そして健康に山歩き
   ができることに感謝しながら、いっぱいいっぱい楽しんできました♪
   これからも、楽しみながら山行を続けていきたいと思います。   ー以上ー

f0187402_10314184.jpg

f0187402_1032465.jpg

f0187402_1033476.jpg

f0187402_21185651.jpg

f0187402_21195952.jpg

f0187402_21202824.jpg

f0187402_21204956.jpg

f0187402_10335287.jpg

f0187402_10341468.jpg

[PR]
# by yamabakanikki | 2008-10-19 10:36 | 九州の山 | Comments(6)

'08-10:烏帽子&国見岳

「脊梁山系;2日目」

1.日  '08-10-13

2.コース
  五勇谷橋~烏帽子岳~五勇山~小国見(こぐるみ)~国見岳(おお
  ぐるみ)~五勇谷橋
  所要時間;7h半(休憩含む)

3.概要
 1)前日よりテント泊、朝方寒くて何度か目が覚めました。(スリーシーズン
   の寝袋のみでは・・・) テント内気温は約10℃。
 2)このコースは、約5年ぶりでした。周回コースで脊梁の素晴らしい稜線を
   堪能できます。お奨めです!
 3)樅木キャンプ場から、登山口まで車で約30分。どうにかセダンでもOk。
 4)登りはいきなりの急登なので、意識してゆっくりと。
 5)途中からは、スズ竹のトンネルを堪能でき、なかなか楽しか~(笑)
 6)烏帽子岳の近辺は、石楠花の群生地。
 7)五勇山の手前で、素晴らしい出会いが待ってました。エミリーさん在中
  の「大川山人会」の皆様と・・・ 
  匂いからして真面目な登山をされていることが、すぐに伺われました。
  たまたま、山頂を行き過ぎておられたので、素敵な面々と~♪ emoticon-0140-rofl.gif 
 8)この稜線は標高1600~1700m、昨日とは約300mの差。結果、かなり
   違ってました。どちらかというと淡い紅葉が、最高~emoticon-0148-yes.gif
   時間が止まって欲しいような一時が・・・ とても感動ものでした!
 9)国見岳は今回が三度目で、ようやく360度の眺望が堪能できました。
   祖母山&雲仙岳&阿蘇等も、はっきりと・・・
 10)国見岳は、私の中で間違いなく「九州の3本の指に入る山」です。
 11)この山系が大好きなのは、私だけではないでしょう~♪
 12)下山後は、雁俣温泉へ(約1h半) ここで食べた「えび天うどん」の味が
    また最高でした。(山で、海の幸を・・・?)

f0187402_21555092.jpg

f0187402_2156238.jpg

f0187402_21564710.jpg

f0187402_21572343.jpg

f0187402_2158345.jpg

f0187402_21582834.jpg

[PR]
# by yamabakanikki | 2008-10-15 22:13 | 九州の山 | Comments(10)

’08-10;京ノ丈山

「脊梁前半(初日)」

1.日  ’08-10-12

2.コース
  ハチケン谷~新林道~京ノ丈~稜線~(平家山分岐)~新林道横切り
  ~ワナバ谷~(車道)~ハチケン谷
  所要時間5h10m(車道歩き;約50m)

3.概要
 1)「京ノ丈山」は、脊梁デビューの山!(7年前;その時はワナバから、平家山へ
   縦走)今年の春には、雁俣からピストン。今回は、初めてハチケン谷コースを
   堪能。
 2)相棒はお初の脊梁、なら同じく京ノ丈山がいぃかなと考え。(お手頃&素晴らし
   い山)
 3)ハチケン谷コースから登り始めると、ジンジソウ&センブリが出迎えてくれた。
   中でも、これだけ立派なジンジソウを見たのは、初めてでした。
 4)稜線下の新林道まで約1h、数年前の台風で被害を受けたようで林道はよく
   整備されていた。地図を良く見ると、昔の道とは異なることが明らか。
 5)新林道は、京ノ丈山の南側を巻くようにできていた。当初、この道をワナバから
   の登山道寸断位置まで歩き、山頂を踏みピストンする予定であったが、長~い
   林道歩きが嫌になり、急遽変更。
 6)稜線からは、春に歩いた道。季節が変わると、雰囲気も変わり、それはそれで
   良さが。
 7)トリカブトの株はかなり沢山あったが、残念ながらもう時季を過ぎていた。春には、
   バイケイソウが蔓延る道だったが、今では枯れている。
 8)1300~1400m級の稜線は、未だ色つき初めで、紅葉は約2週間後か。
 9)山頂を過ぎた辺りの自然林が素晴らしい、景色に見とれているとコースを外れ
   そうな場所(要注意!) それでも、以前よりテープは沢山付いていた。(7年前
   は、会社の大先輩と一緒で、付いていくだけだった)
 10)鞍部からワナバ方面へ下ると、林道が寸断され約4mほど危ない梯子が設置
   されていた。今後、見直しが必要になってくると思われる。
 11)ワナバ谷コースは、台風の影響か?、かなり荒れ果てていた。最後の水場より
   下では、以前楽勝で歩いていた記憶があるが、今回はかなり慎重に進んだ。
 12)下山後は、五木村まで車で走り温泉へ~♪
 13)その後、樅木キャンプ場で常設テントを借り宿泊。(マイテントも準備していたが、
   値段が¥1000しか変わらず、広いこともあり、常設を選択)
 14)夕食は、すぐ上の食堂へ「ヤマメ山荘」相棒が始めてだったので、鹿肉の刺身
   も堪能!
 15)この日は、健全に18時就寝。
   『人は、陽が暮れたらベし!』 ・・・自然の成り行き~♪

f0187402_20223389.jpg

f0187402_2023718.jpg

f0187402_20233185.jpg

f0187402_20235967.jpg

f0187402_20241979.jpg
f0187402_20245066.jpg
f0187402_20252964.jpg

f0187402_20255991.jpg

f0187402_20263021.jpg

f0187402_2027867.jpg

f0187402_2049353.jpg

[PR]
# by yamabakanikki | 2008-10-15 20:43 | 九州の山 | Comments(0)

「脊梁散歩」無事終了

「脊梁散歩」は、無事に終了しました。
今回もたくさん山に癒して貰い、幸せでした~
京ノ丈山、烏帽子、五勇、国見岳

気になる紅葉情報ですが、地元(旧泉村)の人によると、今年は少々遅い
ということでした。(約2週間ほど?)
たしかに麓の紅葉はまだまだでしたが、稜線の方はまあまあ見頃でした。
赤色(紅・赤・朱)、黄色(やまぶき色・レモン色)、黄緑、緑色と・・・優しい
色とりどりが素敵でした! 中でも、ブナの黄檗は最高でしたよ~♪
なかなか写真には、うまく写っていません。m(_ _)m

偶然の素晴らしい出会いも、ありました。

とにかくこの山系『脊梁』が、私は大好きです。
今年は、3回目だったかな~?
いつもの簡単レポ(笑)は、明日以降~  お休みなさい!   ー以上ー

f0187402_22441222.jpg

f0187402_22453011.jpg

f0187402_2246195.jpg

[PR]
# by yamabakanikki | 2008-10-13 22:47 | その他(出張&雑) | Comments(6)

3連休

本日は、飲み会でした~
焼肉食べ&飲み 放題!

中年には、辛いものがありました!
帰りは、お腹を凹めようと歩きました。
でも、まだ食べた方が多かったような・・・

明日は、大好きな仕事モードでっす!
ガンバ~♪ ルンバ~♪

明後日から、脊梁散歩に出掛けて来る予定です。
この山系には、いつか住んでみたいと・・・
皆そう思うような素晴らしい山系だと、私は思います。
(地図&コンパスは、必須ですが)
[PR]
# by yamabakanikki | 2008-10-10 23:49 | その他(出張&雑) | Comments(2)

長崎くんち

今朝は、「諏訪の森」から鳴った空砲で目が覚めました。(5時)
今日から、三日間(毎年10/7~9) 『長崎くんち(お祭り)』です。
約370年前に、始まった諏訪神社の祭礼行事で、有名なのは
「龍(ジャ)踊り」や「太鼓山(コッコデショ)」等です。
詳細は、下記ホーム等で・・・

http://www.nagasaki-kunchi.com/

<ウラ話>
1)6/1の「小屋入り」で、くんちの始まりです。昔々は、専念する
  ためほんとに小屋に入り、本番まで酒&女を控えたそうです。
  現在より、もっともっと真面目な行事だったようです。
2)以前は、前夜に「ウラくんち」という素人集団の出し物が御諏訪
  さんの長坂(階段)で開かれていました。近所の人は、あれで
  くんちも終わったという程、市民に愛されていました。
3)私の住んでいる町は、上長崎村(約100年前)なので踊り町で
  はありません。でも、神輿守になっています。数年前、神輿を担
  いでくださいと連絡がありましたが、比較的小さい私は肩が合わ
  ないので、無理! 事前に、断わりを・・・
4)人材不足で、踊り町や神輿守以外の町の人(祭り馬鹿)が来て、
  毎年あちこちを回っているとか聞きます。(亡くなった叔父も)
5)中日は、お花(ご祝儀)をかけ集めます。(一番大切な仕事?)
  貯まったお金で、結構派手に打ち上げをするそうです。(数年前
  は、韓国旅行が流行ったとか)

※私は、地の人間では無いので血が騒ぎません。(母は長崎出身
 ですが・・・) 人混みが苦手なこともあります。
 とにかく、熱狂的な「祭り馬鹿」がいて成り立っている祭りであるこ
 とには間違いありません。馬鹿に乾杯!     山馬鹿(笑)
[PR]
# by yamabakanikki | 2008-10-07 23:56 | その他(出張&雑) | Comments(4)

'08-10:三俣山


f0187402_113372.jpg
1.日  '08-10-4(晴れ)

2.コース
  長者原~すがもり越~三俣山(西・本・南峰)1745m
  ~雨ヶ池~長者原
  約10km、行動時間6h(休憩時間1.5h程度含む)

3.メモ
(1)元々の計画は『坊ヶつるテント泊で満天の星空と早朝朝駆け
  登山を楽しもう会』であったが、どうも二日目の天気が怪しく、
  急遽、日帰りハイキンギ登山に切り換えた。
(2)この日のメインは、リンドウ&ヤマラッキョである。三俣山に上が
  ると、リンドウが沢山咲き誇っていた。素晴らしい~♪ ここまで
  沢山のリンドウを見たのは初めてであった、お腹いっぱいに。
  雨ヶ池のヤマラッキョは、残念ながら盛りを過ぎていた。昨年ネッ
  トで紹介されていたのを見て、狙いを定め・・・ やはり9/E頃が
  一番の見頃であるようだ。[ラッキョの匂いが、素敵?でした]
(3)お天気良く、眺め良好、人は少ない、花&人(仲間)は素敵
  で幸せでした~ お昼は山頂(南峰)で、直射日光暑くて半袖
  で充分でした。(但し、この時季注意! 数年前は寒波が入り
  山では雪が降り、被害も出ました)
(4)キャンプで食べる予定だった「おでん」を堪能、山の上でなんと
  贅沢な食べ物です。また、美味しいお煮しめ葡萄等もご馳走に
  なりました。良き仲間に、感謝~♪
(5)三俣山から雨ヶ池までは、お初のルートでした。なかなかの急坂
  &九重独特の黒土で、かなり滑り易い道でした。雨ヶ池付近は、
  湿地帯で油断していると、足がずぼっと無くなります(笑)
(6)紅葉は、まだまだこれからで(それでも気の早い木は・・・)例年
  通り20日過ぎでしょうか?

※良いお天気の下、良き仲間と一緒に楽しく堪能できました~♪
 次回は、テント泊で☆を見ながらお酒を・・・
 皆さん、ありがとう御座いました。            ー以上ー

f0187402_11343445.jpg

f0187402_1135065.jpg

f0187402_11352289.jpg

f0187402_11354144.jpg

f0187402_11362223.jpg

f0187402_11365498.jpg

f0187402_1137922.jpg

f0187402_11372483.jpg

f0187402_11373932.jpg

f0187402_11375343.jpg

[PR]
# by yamabakanikki | 2008-10-05 11:40 | 九州の山 | Comments(14)

「明石&神戸」出張

本日、明石&神戸に出張へ出掛けて来ました。
伊丹空港から三宮行きのバスに乗り、行き先の予習をしようとした途端
唖然と・・・ コピーして準備していた資料を一切合切忘れていることに
気づきました。 私は、どこに出張に行くのか??? 初めての経験で
した。アルツは、かなり進行中のようです(笑)
とりあえず会社に連絡し、机の受付箱の資料を見てもらい事なきを得ま
した。「ホッ!」

三宮から明石までは、「新快速」で移動。単身赴任時代に開通した『明石
大橋』です。それにしても、電車は少々飛ばし過ぎの感が・・・安全第一で
f0187402_22403283.jpg


明石駅に降りついたのは、約10年ふりでした。駅の周辺はほとんど変わ
っておらず、残念感?となぜか安堵感が~ ホームからは、『明石城』と
「日本標準時間」の『天文科学館』が見えてました。
f0187402_22443615.jpg

f0187402_22452832.jpg

f0187402_22471698.jpg


お昼はたまたま明石駅前で、食べることになりました。
やはり、『卵(明石)焼き』でしょう~ 見た目はたこ焼きと同じですが、出汁
に浸けて食べます。ふっくら感が最高で、ほんとに卵焼きです。皆さんも
機会があれば、是非一度味わってみてください。
f0187402_2253633.jpg

f0187402_22532956.jpg


あぁ~ご心配無く、その合間に仕事もちゃんとこなして来ましたよぉ~・~(爆)
[PR]
# by yamabakanikki | 2008-10-02 22:56 | その他(出張&雑) | Comments(6)


身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!


by yamabakanikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
本州&四国の山
「九州の山」一覧
九州の山
県内外(近くの)山
市内の山(丘)
雲仙山系
多良山系
その他(出張&雑)
未分類

最新のコメント

マッスルさん、お早うござ..
by yamabakanikki at 06:30
こんばんは 小学生の時..
by massuru2013 at 21:19
ねぇさん、こんばんは☆☆..
by yamabakanikki at 18:47
風来坊さん、こんばんは☆..
by yamabakanikki at 18:45
ホソバナコバイモさんもマ..
by otohime_22 at 18:34
こんばんは、山馬鹿さん。..
by 風来坊 at 17:33
風来坊さん、お早うござい..
by yamabakanikki at 06:28
こんばんは、山馬鹿さん。..
by 風来坊 at 21:01
hirokoさん、こんば..
by yamabakanikki at 20:41
おはようございます。 ..
by hirokoです。 at 08:38

【リンク先】

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

気まぐれ散歩
そうだ!山に登ろう
山が呼んでる
山に登ったよ

検索

最新の記事

長崎県亜熱帯植物園  
at 2017-03-22 20:36
17-3:多良「マンサク観察..
at 2017-03-20 16:19
17-3:烽火山・日見峠・金..
at 2017-03-11 20:56
17-3:書写山「圓教寺」   
at 2017-03-06 18:17
17-3/3:姫路へ出張(白..
at 2017-03-04 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

登山
家庭菜園

画像一覧