山馬鹿日記

<   2017年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

17-1:八郎縦走(八郎&戸町岳)   


  バスを利用し、八郎山系縦走を堪能して来ました~♪
  よく1月に歩く山系です、昨年は「為石から新地」まで縦走!
  テンにも会えラッキーでした(元々この山系には、野生の鹿がいます)

f0187402_2204091.jpg

  1.日  2017-1-28
  2.山  八郎岳・戸町岳
  3.ルート
     女神大橋・・・(バス)・・・平山~千々峠(乙女峠)~八郎岳~
     熊ヶ峰横~戸町岳~新戸町霊園~女神大橋
     <所要時間:約5.5h(休憩含む)、距離:約14km>

  4.写真&コメント

  女神大橋です、長崎湾の入口が繋がり この地区の方は凄く便利になりました。
f0187402_221367.jpg

  女神のバス停から、大型客船が入港する際には 高さにあまり余裕がありません。
f0187402_2211729.jpg

  平山から、八郎と小八郎岳! 以前はよくここから登っていましたが、久し振り
  でした。
f0187402_2212615.jpg

  梅も開花!
f0187402_2213768.jpg

  登山道脇の石積ですが、これは最近積まれたものと推定、以前は石橋もありました。
f0187402_2214640.jpg

  綺麗な沢水もあり 鹿が蔓延る理由の一つです、この後 テンが岩かげに!
f0187402_222412.jpg

  千々峠(乙女峠) ここでようやく陽が当たります、ここまで西側斜面。
f0187402_2221473.jpg

  八郎山頂には、一等三角点があります(標高590m)
f0187402_2223983.jpg

  長崎港の眺めがよかです、この日は五島も一部見えてました。本日 終点の女神
  大橋が見えています、まだ遠い~
f0187402_2225077.jpg

  縦走路は、防火帯となっています。
f0187402_2225813.jpg

  この時季 椿が沢山咲いているのですが、今年はさっぱり、そこで代わりに別嬪
  さんのシダを撮影(笑)
f0187402_223998.jpg

  戸町岳への最後の登りは急登で、アキレス腱がのびます。ここからの道は以前に
  歩いているのですが、あまり記憶がはっきりせず新鮮でした。前回 工事中だった
  所は 新興住宅地になっており大きな新築の家が沢山・・・。
f0187402_224865.jpg

  ようやく終点へ、眺望良く素敵な縦走路です。山道としては、八郎~為石間を推奨♪
f0187402_2232266.jpg






[PR]

17-1:市内の積雪(1cm)   


  昨日(1/23)の長崎市内の積雪量は、「約1cm」!
  でも 我が家はどう見ても、それ以上 積もっているような?

  まぁ、昨年の長崎大雪に比べたら へのようなものでした(笑)

f0187402_2038711.jpg


f0187402_20381980.jpg




[PR]

17-1:鬼ノ鼻山・聖岳  


  この日 天山を目指しましたが、スキー場入口まで来ると積雪があり撤退!
  出発が遅く、チェーンを巻く気にならず、下から歩くのも時間が・・・
  そこで以前この時季に、山茶花のレッドカーペットを踏んだ縦走路へ♪

  山頂には鬼さんがいます、そうです長崎自動車道からよく見えるあの山!
f0187402_13544882.jpg

  1.日  ’17-1-21
  2.山  鬼ノ鼻山・聖岳
  3.ルート
     鬼ノ鼻山憩いの森公園~鬼ノ鼻山~弁天山(△点)~聖岳~
     〜鞍部~北側林道~公園
     <所要時間;約2.5h(小休止含む)>

  4.写真・コメント

  前回は 聖岳下から縦走、今回は 鬼ノ鼻山側から歩きます。前回 無かった新しい
  看板が。早速、岩場コースを選択(笑)
f0187402_13551216.jpg

  クヌギの林が素敵です、縦走路は山茶花、聖岳辺りは楠木並木、これらは必見です!
f0187402_13552218.jpg

  稜線まであがり山頂を見ると、おぉ~急登が・・・ と尻込みしますが、歩いて
  みると約10分弱で山頂に着きます。
f0187402_13553335.jpg

  山頂から振り返ると、やっぱり急か(笑) 眺望もばっちり。
f0187402_13554563.jpg

  鬼さんの中から展望台に登っていけます。
f0187402_13555548.jpg

  本日は行けんかった天山、やはり白かったです。
f0187402_13562054.jpg

  次のピークに三角点はあります、そこから鬼さんがいる山頂を!
f0187402_13564072.jpg

  そこには岩になった鬼さんが、お金を集めています。(お賽銭?)
f0187402_13565012.jpg

  山茶花は少しだけしか咲いていませんでした、前回は花びらが落ちレッドカーペット
  状態でしたが、残念。葉の色がちょっと薄い樹には、花がありませんでした。病気か?
f0187402_13565937.jpg

  この縦走路で一番高いピーク(464m)、弁天山と記載がありました。
f0187402_13571289.jpg

  聖岳山頂、デカい祠です。
f0187402_1357371.jpg

  眺望良いのですが、霞んでいて残念。六角川や有明海越に雲仙も見えるようです。
f0187402_1358136.jpg

  林道 途中の山茶花。
f0187402_13582518.jpg

  ようやく最初の公園へ戻ってきました、鬼さんはじっとしたまま動かず(笑)
f0187402_13583436.jpg






[PR]

野母崎:水仙まつり&軍艦島(端島)    


  野母崎「水仙まつり」へ、出掛けて来ました!
  旬の花を堪能したいです(生きてることを感じるため)
  ここからは軍艦島(端島)も、よ~く見えます♪


   ここの水仙は昔から有名です、以前は山の中に自然と~、ここはお手植えです
   が、密集しており見応えあります。
f0187402_18414221.jpg


   ぎょうさんあります、今年は 場所によって咲き具合が違っていたような?
f0187402_1842365.jpg

   軍艦島(端島)が真正面に、釣り船も多く・・・
f0187402_18422831.jpg

   肉眼ではよく見えますが、カメラでは限界、寄ってみました!
f0187402_18423774.jpg

   甘~い香りも、漂ってきます。
f0187402_18424922.jpg

   別嬪さんもいてます!
f0187402_1843070.jpg

   こんなに植物密度が高いのは、そうありません。
f0187402_18435026.jpg

   おりゃ〜 一度、見に来んね♪ (提灯まつりより、よかばい)
f0187402_1844280.jpg

   そこから約10分で、樺島へ移動、な・なんだ これは!
f0187402_18442092.jpg

   こんなデカいうなぎはそうおらん?(池田湖近くの鰻池にもおる?)
f0187402_18443074.jpg

   樺島のオオウナギは、昔々から結構有名です。(昔は井戸内に)
f0187402_18444168.jpg

   その対面にある「ダイマン」のお刺身&白身魚のフライ定食、刺身はスズキと
   コロダイ・フライはコロダイ、メッチャ美味い!
   ちょっと奮発した甲斐がありました。(¥1500) えっ、安い・・・(笑)
f0187402_18445537.jpg




         
  

  
[PR]

久々の「畑便り」(1月)    

 
  久々の「畑便り」です!(1月)
  本来、一番 お百姓さんが楽をする時季なのですが・・・
  この時季に頑張って畑を耕すと、虫も死に&草も生え
  にくくなり、『よか』とです!
  でも、寒さに負け なかなか・・・(笑)


 〇クイズ、さていくつの種類の野菜が分かりますか?
 
 ★答えは、10種類。
   キャベツ・白菜・玉ねぎ・そら豆・グリンピース・ 春菊 ミズナ・
   ブロッコリー・ダイコン・ネギ・画像に無いほうれん草(笑)



       ようやく大きくなり、巻きつつあります・・・
f0187402_21404046.jpg

       白菜は何度か収穫を、虫食いで評判はあまりよく無く(無農薬の宝)
f0187402_21405486.jpg

       玉ねぎには二回目の追肥を、順調です!
f0187402_2141740.jpg

       そら豆、例年よりちょっと成長が遅いような?
f0187402_21411642.jpg

       グリンピース、湯がいて酒のアテに。【豆は鮮度が大切!】 
       これは家庭でもできますよ、プランターで。
f0187402_21412614.jpg

        春菊 ミズナ、サラダ(生)でも味噌汁でも、美味しいです。
f0187402_21413559.jpg

       ブロッコリー、先輩に貰った苗、最後(収穫できる)まで大きく
       なるかな。
f0187402_2141453.jpg

       ダイコン、買って来ると重いので、重宝します。
f0187402_2142492.jpg

       深ネギは今が旬!
f0187402_21421643.jpg

       これは、グリンピースの花です。
f0187402_21422482.jpg

      ※なかなか草だらけで、たいへんですばい(大笑♪)
    
   

  

[PR]

2017年 お初の霧氷「雲仙」    

  
  寒波が来たようなので(そう実感は無し)、雪を踏みに出掛けましたが、
  大して無く・泣く、でも今年お初の霧氷「雲仙花ぼうろ」が綺麗でした!
  積雪は約1cm、でも山頂は強風で寒いー・-(仁田峠は終日通行止め)

f0187402_1733860.jpg

  1.日  ’17-1-14
  2.山  雲仙(普賢岳)
  3.ルート
     池の原~仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~普賢岳~妙見尾根~仁田峠~
     <所要時間;約4h(小休止含む)>

  4.写真・コメント

  仁田峠です、薄っすら積雪、山の上には霧氷が見えます♪
f0187402_17486.jpg

  この付近には、そのままの形で霰が落ちてました。
f0187402_174192.jpg

  定点観測、山頂付近はガスが掛かったり・・・
f0187402_1743397.jpg

  薊谷の「鳥の水飲み場」は凍ってました、とりさん大変!
f0187402_1744258.jpg

  積雪は、この程度。
f0187402_1745668.jpg

  白銀の中、優しい色のウンゼン笹がほんのりといぃ感じ〜
f0187402_175661.jpg

  「今年も、お世話になります」とご挨拶。
f0187402_1751836.jpg

  山頂から、真っ白
f0187402_1753595.jpg

  強風で寒く 山頂は5分程度で退散[推定;気温氷点下ー5℃、風速約10m/s]
f0187402_1754766.jpg

  天草方面がよく見えてました。
f0187402_1755832.jpg

  時折り青空も少し、それ今だっ シャッターを(笑)
f0187402_176822.jpg

  どこまでも霧氷は続きます・・・
f0187402_1762355.jpg

  アクエリを飲もうとしたら出ない、一部 凍ってました!
f0187402_1763771.jpg

  下山後は、小浜ちゃんぽんを堪能♪ 【龍】へ
f0187402_1764566.jpg

  セットはお寿司と組合せ、なんせお寿司屋さんがちゃんぽんを作ってます!
f0187402_1765670.jpg

  いや~ よかったばい!【お山に感謝♪】 
f0187402_177636.jpg



     



    
[PR]

17-1:矢上四山(松尾・船石・行仙・普賢岳)    


  やっとこさで、里山の急峻な尾根を歩かせていただきました。
  宇佐六山には負けてへんでぇ~、距離はともかく勾配は!

f0187402_20341514.jpg

  1.日  2017-1-9
  2.山  矢上四山(松尾・船石・行仙・普賢岳) 
  3.ルート
     上川内~〇△越(鞍部、峠)~①松尾岳~峠~②船石岳~峠
     ~③行仙岳~④普賢岳~侍石
      <所要時間:約4h(休憩含む)>

  4.写真&コメント
   ・前回 歩いた時の逆ルートを堪能~♪
    縦走だす、山を楽しむためには、色々歩いてみんばねぇ~
   ・船石岳には、なんと「一等三角点!」
   ・登りは汗びっしょり、強風吹き 下りは肌寒い・・・


  登り始めはここから、前回はここへ下山 この場所の記憶が・・・?
  アルツさん あまり早く歩かんといて(笑)
f0187402_20343221.jpg

  八大龍王さまのお出迎え、この後ろに祠と岩(御神体)があり賽銭を。
  大きな桧が印象的でした。山へはこの鳥居の右側へ。
f0187402_2044953.jpg

  山中で良い香りが~ コショウの花が咲いておりました。
f0187402_20344733.jpg

  一座目の松尾岳、祠があります(五穀の神様)、渋い里山山頂!
f0187402_20345863.jpg

  峠から約30分急登を登りあげると、二座目の船石岳、九電の電波反射板が
  ここにはあります。「一等三角点」
f0187402_20354523.jpg

  尾根道は、苔むした岩に載ると滑ります。自分だけ~(笑)
f0187402_20355828.jpg

  峠に、五穀の神様が祀ってあります。 畑の作物が順調に育つよう お願いを
  しました。
f0187402_2036849.jpg

  登りはなんとまぁ急登、樹に捕まらんと無理、宇佐七山並?
f0187402_20362465.jpg

  行仙岳(三座目)、ここが今日の最高点。ほんとに渋い場所です。
f0187402_20364035.jpg

  最後の矢上普賢岳、ここには以前 市内から歩いてお参りに来ていたそうです。
f0187402_20365217.jpg

  色んなものが祀ってあります、これはなんと昭和7年(戦前から)
f0187402_2037796.jpg

  階段が長~く、よか訓練の場所です。
f0187402_2037237.jpg

  東長崎です、ペンギン水族館や小峰監督の総科大付属サッカーチームが有名。
f0187402_20373691.jpg

  終点から、正面が矢上普賢岳、右奥が行仙岳・・・
f0187402_20375271.jpg






       


[PR]

17-1:経ヶ岳(石楠花尾根)   

 
  やはり石楠花の花芽を確認したく、多良へ出掛けて来ました~♪
  標高が高い辺りは、そこそこ付いてました(ホッ!)
  それにしても、身体が重かったです[餅の食べ過ぎか?(笑)]

  1.日  2017-1-7
  2.山  経ヶ岳、舞岳
  3.ルート
     黒木~石楠花尾根~舞岳~経ヶ岳〜つげ尾~大払い谷
     <所要時間:約4h(小休憩含む)>
f0187402_20313622.jpg


 4.写真&コメント

  ・石楠花を観たい方は、GWに多良へ
   多良名物の急登「石楠花尾根」も堪能できます、是非 宝の山へ
  ・最近身体が重く&体力低下で、登りがしんどかったです。
  ・この山で、体力測定ができます(笑)、以前の2割増しのタイムか。
   まぁ元気に登れただけでも、良しとしましょう~♪
   80歳を過ぎた常連さんは、約1hも早く、、、化け物?(笑)
  ・いつも人を癒やしてくれる優しい山系です[感謝~♪]
  ・暑かったです、汗びっしょり、山頂でシャツを着替えました。
   予定通り下山後、昼過ぎから雨がポツリポツリ・・・


  よか尾根です、自然林がずーっと続き、その後両側に石楠花がたーんと!
f0187402_2032763.jpg

  ここは最近危ないです、特に 下りは注意!
f0187402_20321918.jpg

  眺めが良い岩場、休憩ポイント。(ほぼ中間ポイントかな?)
f0187402_20322878.jpg

  舞岳手前から経ヶ岳、かっこよく人気の山です!
f0187402_20324526.jpg

  数年前 福山雅治が登山メモを残したという?ノートがSUSの箱の中に。
  拙者にはどがんちゃよかけん(笑)、見たことありません・・・
f0187402_20325527.jpg

  この景色が最高ばい!、奥は雲仙だす。
f0187402_2033446.jpg

  つげ尾のへの下りは岩が滑ります、要注意!
f0187402_20331593.jpg

  この辺りの石楠花にも花芽が(嬉♪)
f0187402_20332948.jpg

  大払い谷の岩場は、長~く有名です。
f0187402_20335095.jpg

  アオキの実が沢山、ピンボケですみません。
f0187402_20335965.jpg


    


[PR]

旨い日本酒_2(山形県)      

   
  旨い日本酒シリーズ 第二弾!

  いつから、シリーズ化(笑)
  難(かた)いことは、まぁよかたい♪


   お正月は、いつもより美味しいお酒を飲みたいので 少しだけ奮発。
   と云っても、安売り酒店で買ったので、メッチャ安い!
f0187402_21311040.jpg

   これが旨い酒、芳醇な味わい、それでもってあっさりしています。
   今ばやりのフルーティでは無く・・・
f0187402_2131245.jpg

   分かったようなうんちくを、本当はよ~ぅ判らん(笑)
   でも 美味しかったです! 二日で約半分に、いぃ酒は揮発するばい。
f0187402_21313551.jpg




    

  
[PR]

17-1:干支の山「鳥甲山、(摩利支天)、(二合半岳)」周回    

 
  登り初めは、多良山系の干支の山「鳥甲山」を周回しました~♪
  昨年も、多良山系を堪能・・・
  この山系を元気に登れることが、なんか嬉しいです! 

  1.日  2017-1-3
  2.山  鳥甲山、摩利支天、二合半岳
  3.ルート
     南ノ川内~西側林道~北東方面に尾根を~鳥甲山・摩利
     支天〜大原越~二合半岳〜林道
     <所要時間:約3h45m(休憩含む)>

f0187402_20462226.jpg

  4.写真&コメント
   ・お正月の初登りは、多良山系が多く。
    以前は、石楠花尾根を下りながら 花芽を確認。
   ・本日の尾根は以前にも歩いたことがあります、地図上に
    軌跡はありませんが、立派な道です。(尾根道)
   ・多良山系のこの方面は、人が少なく踏み跡も薄いです。
    でも、その分 自然豊かな山歩きが堪能できます。
    この日も出会ったのは、多良の常連さん一人のみ。


   最初の林道、車は通行不可、棘が多く要注意!
f0187402_2115148.jpg

   鳥甲山(769m)
f0187402_21152591.jpg

   山頂から約5分東側へ、そこからは経ヶ岳方面の眺望が素晴らしい。
f0187402_21153380.jpg

   摩利支天、戦いの神様が祀ってあります。日露戦争のお礼の石碑も?
f0187402_21154240.jpg

   大原越、新しい看板と昔からの看板
f0187402_21155826.jpg

   素敵な自然林
f0187402_2116698.jpg

   ※山(自然)好きの方には、お奨めのルートです。

   


[PR]