ブログトップ

山馬鹿日記

 今年も綺麗に咲いてくれて、ありがとう~ 016.gif
 稜線は来週末が見頃かも、野暮用あり行けないので、ガスの中 突入!
 この日山頂は踏まず、人が多くいつも登る人は遠慮を、尚且つ下山後
 にサツマイモを二畝植えねばならず・・・(笑)

  1.日  2016-5-15
  2.山  雲仙山系
  3.ルート
     池の原~仁田峠~紅葉茶屋~妙見尾根~仁田峠~池の原
     <所要時間:約2h20m>
  4.写真&コメント

    ・池の原~仁田峠はちょうど見頃、稜線は未だこれから!
    ・生憎のお天気でしたが、人手はかなり多かったですぅ。
    ・ガスの中、「幽玄なミヤマを堪能し感激」と云われている方も~
     (あちきは、青空の下がよかばいと思いながら・・・大笑)


  いやぁ~毎年 堪能、こいがよかっさね~
f0187402_6202670.jpg

  池の原~仁田峠間の登山道、落石が多数、一連の地震で雲仙も震度5、
  やはり影響があるようです、要注意!
f0187402_6211157.jpg

  見て・観て・視て~・~
f0187402_62124100.jpg

  雲仙のツツジは、色とりどりなのです(ずーっと前から強調)
f0187402_6215991.jpg

  きんさんにも出会え、嬉しかったどす!
f0187402_62224100.jpg

  ガス(途中 ちょい雨も)に濡れ、よか感じ〜・~
f0187402_6224978.jpg

  今日はここまで、この後も人を交わすのに 時間が・・・
f0187402_6231021.jpg

  雲仙の天然記念物は、これたい、シロドウダン  地獄にもあります!
f0187402_6232270.jpg

  鬼人谷も、普賢&国見岳の斜面も 真っ白~
f0187402_6233536.jpg

  仁田峠は、少しだけガスが薄く・・・
f0187402_623486.jpg

  白い花もありました、バイカイカリソウ だったかな?
f0187402_623585.jpg

  コケイランは、間違いない!
f0187402_6241285.jpg

  このオレンジ色のツツジが綺麗ばい、レンゲツツジとはまた違う。
f0187402_6242387.jpg

  菖蒲も見頃
f0187402_624323.jpg

  黄菖蒲は有名ですが、菖蒲の「白」は初めてだったかも・・・?
f0187402_624498.jpg





      
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-17 06:25 | 雲仙山系 | Comments(6)

16-5:虚空蔵山

 
  九州のマッターホルンに、またまた登って来ました~♪
 よか天気に恵まれ、HAPPYでした!
 この山系は素敵なので、年に数回は訪れます。

  1.日  2016-5-14
  2.山  虚空蔵山
  3.ルート
     岩屋登山口~(林道)~西登山口~(尾根)~新道~
     山頂~犬の墓~岩屋川東屋
      <所要時間:約1.5h>
  4.写真&コメント 
    ・青い空の下で、登るのは気持ちがいぃ~♪
    ・登山口で会ったご夫婦は、東彼山岳会の方かも?
     この山系を詳しい方のようで、この日は 「山頂~赤岩~
     一ノ宮」までのロング縦走!
 


  よかばい山頂、林道から
f0187402_2163917.jpg

  なんか樹々の緑が素晴らしく! 感謝~♪
f0187402_2165239.jpg

  アザミも美しく、ちょっとだけ寄ってみました(笑)
f0187402_217650.jpg

  よかたぃ、この姿が・・・
f0187402_2171817.jpg

  エゴの花も、よかっちゃん。。。 
f0187402_2172997.jpg

  西登山口、以前の高総体ルート  基本は尾根、ここ最近の道は回り
  道となっています!
f0187402_2174381.jpg

  新道、この木はだいぶ疲れています。 人災、間違いない。    
f0187402_2175552.jpg

  ようやく山頂(笑_2)
f0187402_2181885.jpg

  ツツジ越の高見岳&女岳
f0187402_2182793.jpg

  山頂の藤の花も綺麗
f0187402_2183917.jpg

  兜岩
f0187402_2185039.jpg

  消えたと思った東屋も、健在~・~
f0187402_21965.jpg





    
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-14 21:10 | 市内の山(丘) | Comments(4)

16-5:烽火山   

 <b>

<span style="color:rgb(0,0,255);">
 烽火(のろし)と書いて、地下もんは「烽火山(ほうかさん)と!
 烽火台は、江戸時代後半(1630年辺り)、先日の壱岐に比べると
 <span style="color:rgb(255,0,0);">新しいです!</span>
 意外と(いや間違いないかも)壱岐の<span style="color:rgb(255,0,255);">もの真似ばい! </span>
 ちーっと歴史ば勉強しなった人が、作ろうばいと~・~
 <span style="color:rgb(0,255,1);">最初に考えた人は、ほんなこつ偉かたい!</span>

 〇日  2016-5-8
 〇山  烽火山
 〇ルート まるお~つじ~ごんぞがわ~片淵近隣公園~巻き道~
      七面山~稜線~烽火山~片淵村(お年寄りの天国)
      <約2h>

 っで、この日 デジカメ忘れ すんませんでした!
 よかとこばい、一度お出でやすぅ~・~♪

</span>


 </b>
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-12 20:43 | 市内の山(丘) | Comments(0)

 
 両親と一緒に、壱岐(長崎県)へ行って来ました~♪
 昨年は、鹿児島旅行へ・・・
 元気な間は、お任せあれぇ~・~


  このフェリー(新船)は、唐津東港から出ます!(発電所の横ばい)
  壱岐まで約1h40h、一日5往復。
f0187402_20565269.jpg

  久しぶり唐津城、天主閣までエレベータがあったような?
f0187402_2057465.jpg

  なぜか一級船舶士の免許を持つ父、海の上ではめっちゃ元気です!
f0187402_20571919.jpg

  この日、泊まった海鮮旅館(¥13000/一人)
f0187402_20573357.jpg

  壱岐で一番の繁華街(郷ノ浦地区)、この後「うに丼」を堪能♪
  (あまりにも美味しく写真撮り忘れ、すんません)
f0187402_2058232.jpg

  定期観光バスに乗り、半日コースを堪能~
  ここは、壱岐で一番高い「岳の辻」だす。(たった213m、そうたい
  壱岐には まともな山は無し、、、 丘ばかり!)
f0187402_20583411.jpg

  西暦600年前後の烽火台、我が家の裏山の外国船観測の烽火台は西暦
  約1600年、歴史が全然違うとばい!
f0187402_20584640.jpg

  これは戦時中の遺産「砲台跡」 多くは語らず・・・
f0187402_20585737.jpg

  壱岐で一番有名な『猿岩』です、素晴らしかぁ~
f0187402_2059673.jpg

  これは古墳、長崎県で大きさNo.1 数も過半数以上とか。
f0187402_20591841.jpg

  焼酎飾りの付いた 人気の観光バス!
f0187402_20592942.jpg

  清石浜だったかな? 綺麗か。
f0187402_20594023.jpg

  これは一番・・・! 「小島神社」 大潮の干潮時のみ陸続きか???
f0187402_20595596.jpg

  一支国、昔 ここは独立した国でした!(沖縄と一緒たい)
f0187402_2142892.jpg

  旅館の部屋、空いていたのでしょう 広い部屋を準備(約20畳)
f0187402_210476.jpg

  窓からは、すぐ海  そしてフェリー乗り場。
f0187402_2101445.jpg

  魚は、さすがに旨い コリコリだした!
f0187402_2144657.jpg

  アワビも踊っていました(笑)
f0187402_2105966.jpg

  壱岐牛は、溶けて なくなります(笑_2)
f0187402_211913.jpg

  なぜか、この絵がめっちゃお気に入り~・~
f0187402_2111760.jpg

  よかとこです壱岐! 自給自足の島です! 皆さんも、是非一度~♪





      



    
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-09 21:19 | その他(出張&雑) | Comments(2)

 
 今年も、虚空蔵山 岩屋登山口の 花(エビネ)を堪能できました~♪
 昨年は山先輩と、今年は父を連れて行きました!
 石楠花は残念ながら終わっていました、エビネはちょうど見頃
 新緑も見事です! <日:2016-5-4>


f0187402_18215317.jpg

f0187402_18223430.jpg

f0187402_18224555.jpg

f0187402_18244436.jpg


f0187402_18231076.jpg

f0187402_18235158.jpg

f0187402_1824327.jpg

f0187402_18241781.jpg





     
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-08 18:33 | 県内外(近くの)山 | Comments(4)

 
  前日、予定を変更! 鹿嵐山より犬ヶ岳がよかばいとよっちゃん~
  当日も 途中で予定を変更し、お初の山「経読岳」へ!
  っで、観たのは、石楠花だすぇ~♪

  1.日  2016-5-2
  2.山  経読岳
  3.ルート
     犬ヶ岳登山口~ウグイス谷~笈吊峠~経読岳~経読林道~ウグイス
      <所要時間:約5h(休憩含む)>
  4.写真&コメント 

    ・齢をとって(好まず)、足がしんどかったです ばい!
     連続三日目の登山は、足がゆうこと効かない・・・(悲!)
    ・それしても、稜線の石楠花&ブナ&水ナラの綺麗なこつ!

f0187402_20485734.jpg

f0187402_20491934.jpg

f0187402_20493517.jpg

f0187402_20495172.jpg


f0187402_20505053.jpg

f0187402_2050456.jpg


f0187402_205168.jpg

f0187402_2051187.jpg

f0187402_20513187.jpg

f0187402_2051426.jpg


f0187402_20515376.jpg

f0187402_205221100.jpg




        
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-07 20:57 | 九州の山 | Comments(4)


いつか歩きたかった県境縦走路(要山~喜平越)、これより南側
(喜平越~木山内岳~桑原山)は経験済みです。
予想通り、自然豊かで素敵なルートでした 大満足~♪

  1.日  2016-5-1
  2.山  夏木山、要山
  3.ルート
     藤河内~新道~夏木山~要山~喜平越~観音ノ滝横
      <所要時間:約6.5h(休憩含む)>
  4.写真&コメント 

   ・これで 大崩・祖母・傾・脊梁の主稜線は、大概 繋がりました。
   ・花(アケボノ・石楠花・ミツバ)&ブナ等の新緑に、癒されます。
   ・スズタケの枯れた跡が・・・、それが良いかどうかは疑問?
   ・肢尾根が沢山あるので注意、時折コンパスでご確認を~


f0187402_2025464.png

  夏木新道登山口、山友さんが七人も! この後、三方向へ
f0187402_2026032.jpg

  いきなり手も使う急登が待ってま~す。
f0187402_20261289.jpg

  稜線から、アケボノツツジ&祖母の稜線
f0187402_20262429.jpg

  これは夏木山のテラス、左はこの日歩く県境ルートに木山内岳、右奥は
  大崩山&袖タキ岩尾根群・・・
f0187402_20263632.jpg

  夏木から要山への途中、花を観て 皆さん歓声が(笑)
f0187402_20264834.jpg

  県境ルート、雄大で自然がいっぱい!
f0187402_20265916.jpg

  ミツバツツジが、まるで龍踊りのように連なり~
f0187402_20271464.jpg
 
  ブナの新緑、優しい葉が・・・
f0187402_20272778.jpg

  石楠花もたくさんありました~
f0187402_20274197.jpg

  アケボノ&ブナの共演だすぅ。
f0187402_20275383.jpg

  またまた、大崩岩峰群。
f0187402_20281244.jpg

  ずーっと、アケボノさんは咲いていました♪
f0187402_20283092.jpg

  これは藤河内渓谷方面、谷が深いです。
f0187402_20284426.jpg

  またまた岩峰群、なんか対象的ですね!
f0187402_20285878.jpg

  喜平越からの下りは基本沢です、急斜面もありなかなか大変。
f0187402_20291293.jpg

  綺麗な沢です、「観音ノ滝」も落差約100m 立派です。(前回より
  水量多く見応えありました) 一見の価値が十分あり♪
f0187402_20292389.jpg

  この日は別府駅前の高等温泉へ(風来坊さんご紹介)、大正13年に建て
  られ、補強・補充でこれまで・・・ シングルが¥2600/泊
  温泉、夕方は「ぬるゆ」を堪能、翌朝は「あつゆ」を堪能!
f0187402_20293310.jpg

  大分と云えば麦焼酎でしょう~、昨晩の宴会が懲りてない(笑)
f0187402_20294369.jpg





     
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-04 05:16 | 九州の山 | Comments(6)

 
 山友「よっちゃん」が、以前に縦走していた半島(大分南部佐伯市蒲江)
 景色が素晴らしく、気持ち良さそうなので参戦!
 海の眺望良くよかとこでした、山は標高では無い・・・

  1.日  2016-4-30
  2.山  髙森山、名護屋崎
  3.ルート  縦走(ピストン)
     <所要時間:約4.5h(休憩含む)>
  4.写真&コメント

   ・髙森山から先の縦走路が素晴らしいです!
   ・岩が脆い場所もあり、要注意!(自己責任で)

 
  地図は、よっちゃんから拝借
f0187402_14132882.gif

  登山口脇のトンネル(通行止め)、看板は無くなっています。
f0187402_141340100.jpg

  段々畑の跡、ここらが一番難儀、コンパス眺め稜線へ
f0187402_14143467.jpg

  稜線へ出ると、だいたい一本道 
f0187402_14144455.jpg

  「髙森山」山頂、ここが一番高い地点ですが、全体でみると通過点
f0187402_14145485.jpg

  妙な大木が数多く
f0187402_1415585.jpg

  海があちこちから見えます、ツツジも終わりかけ
  (よっちゃんが行った6年前は見頃、温暖化の影響?)
f0187402_14151489.jpg

  瘠せ尾根、アップ・ダウンもあります。[脆い岩、注意!]
f0187402_14152314.jpg

  崖です! 【危険】
f0187402_14153972.jpg

  登山より魚釣りの名所!、hirokoさん達は昔 瀬渡しでクロ(メジナ)を
  沢山釣った場所と・・・(よっ、名人)
f0187402_14154884.jpg

  少し鞍部に祠とその周辺に社の残骸?が、以前は海から祈りに来ていたか?
f0187402_14155821.jpg

  名護屋崎への最後の岩場、下りは特に注意! 海まで、転げ落ちます。
f0187402_1416877.jpg

  △点がありました!
f0187402_1416239.jpg

  瘠せ尾根、緊張の連続で身が細くなります?(笑)
f0187402_14163220.jpg

  海の色が違います、碧?
f0187402_14164031.jpg

      夜は藤河内へ移動し、山友さんと宴会!
      ちょいと、古い歌を披露しひんしゅくを・・・(笑)
f0187402_14164853.jpg





     
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-03 14:53 | 九州の山 | Comments(8)

 
 GW連休を利用し、山三昧を堪能~
 お天気に恵まれ、久しぶりの山友さんにも会え、
 十分に、癒してもらいました♪

 ①4/30:大分県蒲江 髙森山~名護屋崎
   両側に広がる 素晴らしい海の眺め!
 ②5/1:藤河内~夏木山~要山~喜平越
   アケボノツツジ&県境コースの素敵な稜線
 ③5/2:犬ヶ岳登山口~笈吊峠~経読岳
   石楠花見頃、稜線のブナやミズナラの森も気持ち良い


  ①-1 素晴らしい瘠せ尾根、両側はなんと海
f0187402_9452055.jpg

  ①-2 蒲江は、元々魚釣りの名所のようです。
f0187402_9453981.jpg

  ②-1 アケボノツツジの開花は、年々早くなっています。
f0187402_9455846.jpg

  ②-2 県境コースは雄大で、自然も豊か。
f0187402_946121.jpg

  ②-3 ブナの新緑、よかばい!
f0187402_9462136.jpg

  ③-1 経読林道
f0187402_9464121.jpg

  ③-2 石楠花見頃、沢山あります。
f0187402_9464922.jpg




      
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-02 22:58 | 九州の山 | Comments(0)