ブログトップ

山馬鹿日記

'14-7:雲仙普賢岳

遠征疲れを癒やすため、地元の宝の山「雲仙普賢岳」へ
 梅雨明けして一週間ですが、なかなか ベトベトが続き・・・
  でも、雲仙の新道「グリーンシャワーコース」は、めっちゃ涼しく最高♪
   (アルプスいらんかも?、涼しく・花あり・眺望抜群だす!)

1.日  ’14-7-26
2.山  普賢岳
3.ル―ト
   池ノ原~仁田峠~薊谷~新道「グリーンシャワーコース」
   ~普賢岳山頂~紅葉茶屋~仁田峠~池ノ原
   <所要時間:約4h(休憩含む)>

4.コメント&写真
 ・仁田峠循環道路は、濃霧で通行止め なんとまた!(残念)
 ・ナツツバキの花が、今年は特にたくさん落ちていました。
  でも、樹が大きく 咲いているとこを なかなか激写できません。
 ・この時季 暑いので、皆さん最短ルート(紅葉茶屋~普賢岳山頂)を
  歩かれますが、絶対に新道がお勧めです。あちこちより、冷気が・・・

    風穴です、冷風(4℃)が~ 5分はなんとか、10分は寒くて厳しい!
f0187402_21371183.jpg

    この時季、アジサイが満開ですぅ。 ガスにちょっと濡れ、またいぃ感じ~
f0187402_21371942.jpg

    ヤクシマホツツジも咲き始め、綺麗だすよぉ~
f0187402_21372731.jpg

    うん、主役はやはり貴方です!
f0187402_2137362.jpg

    他にも、沢山の花が~
     ヤマホトトギス・ホタルブクロ・アカショウマ・シギンカラマツ・シシウド・
     ホツツジ・オトギリソウ・カラスウリ・シモツケ・ウツボグサ・・・
[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-30 22:19 | 雲仙山系 | Comments(6)

無事に、「兵庫&中国地方」の遠征から帰崎しました!
三泊(車中泊仮眠含む)、三日、四座?
時間的にも欲張った計画でしたが、安くで沢山登って来ました♪
(山より、運転が一番しんどかったかも・・・)

〇行程
1)初日:雪彦山(約5h)・・・日本三彦山(英彦山、弥彦山)制覇!
  オプション:竹田城跡(約1.5h)・・・前回は雪の中、今回は雷。
2)二日目:氷ノ山(約6h)・・・文太郎さんが愛した山
  オプション:加藤文太郎記念図書館
3)三日目:大山(三鈷峰、約7h)・・・12年ぶりにお花畑を堪能♪

 

〇予算(概算)
 ①ガス代:¥17,000「走行距離 約1,550km
  高速代:¥18,000 
  小 計:¥35,000(3人)・・・ 約¥12,000/一人
 ②民宿(二泊、二食):¥15,600/一人   
 ③その他(温泉・食):¥2,400/一人
_______________________
 合計:¥30,000(一人


    なかなか手強い低山岩巡り、そして沢コースも素晴らしく。
f0187402_23575694.jpg

    大人気の朝来市の竹田城跡です、前回は雪が積もり・・・
f0187402_2358496.jpg

    冬は雪に覆われてしまう氷ノ山!
f0187402_23581885.jpg

    国宝と云われた男「加藤文太郎」の出身地(浜坂町)にある記念図書館
f0187402_23582529.jpg

    お花畑を堪能~、ユートピヤ小屋&三鈷峰
f0187402_2358396.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-28 22:27 | 本州&四国の山 | Comments(6)

12年ぶりに大山のお花畑を堪能、前回気づかんかったブナ林も素敵でした!
 前回は25日、今回とは少しピークの花が異なり[微妙]
  登山者が増え、山のキャパを超えていました。
   約10年で山の崩壊はどんどん進んでおり、今後が心配に・・・

1.日  ’14-7-21(海の日)
2.山  大山(三鈷峰&宝珠山)
3.ルート
  大山寺~寺&神社~稜線(宝珠尾根)~ユートピア小屋~1550mピーク
  ~三鈷峰~宝珠山~スキー場~大山神社へトラバース
  <所要時間:約7h(休憩たくさん含む)>
f0187402_2147960.jpg

4.写真&コメント

    稜線へ上がると、素敵なブナ林が! 但し、ここには虫も沢山・・・
    立ち止まると、顔の周りにブヨがウヨウヨ・・・
f0187402_2153349.jpg

    宝珠尾根はかなり崩壊が進んでいる箇所があり、注意が必要です!
    12年前にはこんな場所は、ありませんでした。
f0187402_2154686.jpg

    主稜線へ、ユートピヤ避難小屋です。昨晩は、12名泊まったとか。
f0187402_2155964.jpg

    クガイソウはちょっと(約1週間)まだ早いようでした、今回の主役はギボウシ、
    シモツケ、アジサイ、それになんとヤマツツジが見事に咲いてました。
f0187402_216998.jpg

    振り返って、三鈷峰です。この手前の尾根道も、かなり崩壊しています。
    将来的には、行けなくなるかも?
f0187402_21295318.jpg

    花畑ですぅ・・・
f0187402_22341751.jpg

    主峰(剣ヶ峰)はガスの中で、この日顔を出しませんでした。
f0187402_7343898.jpg

    墓場尾根(天狗が峰)方面も崩壊し危険な状態、先日も恐怖で動けなくなりヘリ
    が出動したとの話でした。
f0187402_7344975.jpg

    ギボウシが沢山、100年分ほど観たかも?
f0187402_7345863.jpg

    宝珠山方面のブナも最高!、お水が美味しいはずです。
f0187402_735880.jpg

    ゴルフ場へ下山しました!(12年前と全く同じコースを堪能)
    その折の登山者数は20名程度だったような、今回はその約10倍の人人人が・・・!
f0187402_7351634.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-24 21:48 | 本州&四国の山 | Comments(4)

’14-7:氷ノ山

「加藤文太郎」さんの地元の山系、中国地方では大山の次に高い山!
  冬は、雪に閉ざされる山々・・・
   一度、どんな処か訪れたかった山でした。

1.日 ’14-7-20
2.山 氷ノ山
3.ルート
  福定親水公園~布滝~地藏堂~氷ノ越~山頂~神大山小屋~
  東尾根~スキー場~登山口
  <所要時間:約6h(休憩含む)>
f0187402_211604.jpg

4.写真&コメント

    布滝です、標高差62m? カメラマンの腕が悪く、その迫力が伝わりません。
f0187402_21163680.jpg

    文太郎さんが泊まった祠、当時の梁も中に置いてありました!
f0187402_21164444.jpg

    山頂手前から望む~
f0187402_2116535.jpg

    山頂(1510m)避難小屋、九州人はなかなか気づきませんが、ハシゴは冬に
    二階の窓から中へ侵入するためのもの!(雪がしこたま)
f0187402_2117668.jpg

    草原場の尾根が・・・
f0187402_2117154.jpg
f0187402_21172448.jpg

    ブナ・ナラ等の自然林が、素敵な山でした。
f0187402_21173470.jpg

    文太郎さんの故郷「兵庫県浜坂町」(日本海側)の記念館! 「入場、無料だす」
f0187402_21174228.jpg

    文太郎さんの登山靴、大正(わらじ)時代にどうやってこの靴を入手?
    田舎では、まだまだ草鞋が主流の時代に!
f0187402_21175123.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-23 21:18 | 本州&四国の山 | Comments(4)

日本三彦山雪彦山(せっぴこ山、姫路市)」へ、修験道の山です。
 [英彦山(福岡県)]、「弥彦山(新潟県)」

1.日  ’14-7-19
2.山  雪彦山
3.ルート
  南側登山口(キャンプ場)~展望岩~出雲岩~大天井岳~
  雪彦山(三角点)~鉾立山~三辻山~虹滝~登山口
  <所要時間:約5h>
  ※GPSデータではありません、百金コンパス持参!
f0187402_2184224.jpg

4.写真&コメント

 ・前日は 車中で仮眠(約3h)なので、岩山 要注意!
 ・登山口に近づくと、雨が・・・、合羽を着て登りだすと小降りに
  良かったですぅ。低山で、かなり蒸し暑く 大量の汗が!
 ・危ない岩山と聞いていましたが、虚空蔵山の冒険コースと同じく
  らいで楽しめました。(コースに寄っては、異なると思います)
 ・一般的には、「大天井岳」を雪彦山と呼んでいるそうです。国土
  地理院は奥のピーク(三角点)を・・・
 ・岩山も素敵ですが、沢コースも綺麗で、連続滝はお見事♪
 ・そうそうこの山には、ヤマヒルが沢山!
  下山後確認すると、登山靴の中に5匹も。
  田んぼで食いつかれたことあり、特に痛くも無かった子の頃の記憶が・・・

    サミットまで開かれ、交流が!
f0187402_20521943.jpg

    大天井岳、岩山低山です。
f0187402_20534980.jpg

    71歳になった山ベテランさん、山では元気!
f0187402_20535927.jpg

    出雲岩、崩壊酷く あまり立ち止まらい方がbetter
f0187402_2054932.jpg

    こんな岩場があちこちに・・・
f0187402_2054244.jpg

    里山雲海だす。
f0187402_20543848.jpg

    覗き岩?、メタボ検診岩。
f0187402_20544775.jpg

    こんな登りだらけ!
f0187402_20545844.jpg
f0187402_20551040.jpg

    大天井岳(雪彦山)山頂、眺望良好、この日は生憎のガス。
f0187402_20552175.jpg

    こちらは、三角点山頂(眺望無し)
f0187402_20553375.jpg

    大雨で、山が崩れていました。
f0187402_20554462.jpg

    沢(数々の滝)が、素晴らしい。
f0187402_20555846.jpg
f0187402_2056722.jpg
f0187402_20561825.jpg
f0187402_20562598.jpg
f0187402_2056343.jpg

    地藏岳か?、岩屋さんだけの登れるとか?
f0187402_20564267.jpg
f0187402_20565190.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-22 20:40 | 本州&四国の山 | Comments(4)

'14-7:五家原岳


梅雨の晴れ間?(雨の降らない日)に、多良山系で新しい靴をおろしてみました。
仕事のストレスもあり、ガッツリと登りたかったのですが、暑く・・・、下山後の
畑仕事もあり・・・ と半端な山行(笑) でも、しっかり癒してもらいました!

1.日 ’14-7-12
2.山 五家原岳
3.ルート
   黒木~五家原岳~中岳~金泉寺~西野越~黒木
   <所要時間:約5.5h(休憩含む)>
4.写真&コメント


 
   前の靴は約2年半、未だ履けますが、靴底の溝が丸くなり滑るようになったので、
   新品に~♪ お初のモンベル、これから宜しくお願いしま~す。
f0187402_21324114.jpg

   この日、水量多く正規の場所では渡渉できず、少し上流側でなんとか・・・
   人生の先輩は、男らしく正規の場所をずぶずぶと進みじゃばじゃばに(笑)
f0187402_21325995.jpg

f0187402_1116588.jpg

   ヤマアジサイが、涼しげに咲いて 我々を癒やしてくれました。
f0187402_21333429.jpg

   カンザシギボウシも咲き始め~♪
f0187402_2133474.jpg
f0187402_2134038.jpg

   皆さんご存知のように金泉寺、よかとこです。
f0187402_2134446.jpg

   金泉寺前の杉も立派です、今度ご覧ください。
f0187402_11184887.jpg

   ツチアケビの花を、間直でゆっくり観察したのはお初かも~
f0187402_21345923.jpg

   たくさん咲いてました!
f0187402_21352326.jpg

   金泉寺内部、常連さん達にいつもよくしていただき、感謝です♪
f0187402_11191282.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-12 21:36 | 多良山系 | Comments(8)

'06:多良山系縦走

昔、山友さんに宛てたお手紙が出てきたので・・・


6/5(土)多良山系の10h登山に出掛けてきました。
勝手に報告をカキコするいいかげんな性格をお許しください。

いつも皆さんのネットでの報告を見るだけで、非常に楽をさせて
貰っている山馬鹿です。非常に申し訳ないと思い(気持ちは重い)
ながら、楽しませて貰っています。今後もどうか一つよろしく!
ネットにホームページを開けない理由はいくつか在り、
①能力(パソコン&国語力?)が無い。
②パソコンが非常にボロ、会社のお古を払い下げ。
 いつ壊れてもおかしくない、且つUSBが接続不可
③デジカメ持っていない、且つ現在写真を撮る習慣が無い。
 昔は(中学生の頃)、自分で撮影/現像/印画紙に焼き付け
 までやってましたが。

では、簡単に10h登山の紹介を以下に。
今回の登山は、郡岳を出発し尾根沿いに経ヶ岳、途中多良岳に
寄り道し、また尾根に戻り五家原岳までの縦走。聞くところに
よると昔々 黒木が火山の中心で、この尾根道は外輪山(カル
デラ)と。
以前、会社の山登りの先輩がこのルートがあるから多良山系は
他所の人に自信を持って推奨できると。
少々距離が長く一般的では無いが、尾根道はどこをとっても
素晴らしいところです。
このルートを達成するための条件、①早出、②体力と根性、
(尾根道ですが、少々アップダウンがあります)③山馬鹿
友人です。
正直、ほんとに行けるのかと自分では半信半疑なところがあり
ましたが、これも山馬鹿友人のおかげ・・・感謝・感謝!

5:50南登山口-6:42/50郡岳-7:35/43遠目山-8:33/41岩屋越-
9:55/10:05つげ尾-10:20/40経ヶ岳-11:18/28笹岳-西野岳経由
-12:18/23多良岳-12:40/13:10金泉寺-13:50/14:00中岳-14:
30/48五家原岳-15:13/18横溝越-16:11道路-16:25黒木駐車場


1)郡岳登りの途中は、キジ君が我々の近くを横切る。(応援に駆け
 つけてくれた)
2)岩屋越から経ヶ岳の間では、佐賀県の高総体を開催中、15kg
 以上の荷物を背負い我々を軽々追い越していく。途中背中に張り
 付いてみたが、10分程度しか付いていけない。友人と「おい達と
 食べものが違うとばい」となぜか両者納得して、見送る。
3)前半少々飛ばし過ぎの感もあり、笹岳/西野岳/多良岳辺りでは
 ペースダウン&休憩時間が長くなる。
4)途中キイチゴを食べ、且つニョロさんに出会い、山から元気を
 貰う。
5)終了時点、久々の達成感(充実感)を味わう、タフガイな友人
  もかなり疲れ気味。

※最近は定格が精々4~6hの楽しみ登山が主であるため、今回10h
 歩き体力無いんだと、思い知らされる。以前、実施していた3山
 (五・多・経)巡りを、たまには復活させなければ。。。
※一番の収穫は、限界に近づいたときに自分の欠点(体&精神)が
 見えてきたこと。良い経験をさせて貰いました。山・友人に感謝。 -以上ー


[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-10 22:35 | その他(出張&雑) | Comments(0)

激しい落雷&大雨でした!
 大雨洪水警報に、土砂災害〇△警報・・・

台風の影響で、後 数日降りそうですが、
 ひょっとして「梅雨明け」か?(雷さんが~)
  (昨年は、7/8に)

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-06 23:18 | その他(出張&雑) | Comments(2)

一年の前半戦 終了

一年の前半戦が終了し、残り半分!  早っ‼
いつもにように、ちょっとだけ振り返ってみます。

 〇期間:2014年1~6月
 〇行動
  ①山行数:39回
  ②出張 : 8回
  ③飲み会:25回

※山行数はおそらく平年並み、飲み会の数が年々アップか~?
 翌日にお酒が残るようになり、正直しんどいです。
 家でもほとんど毎日堪能、「肝硬変」が気になるお年頃かも~
 (既に、脂肪肝は少々あり・・・)


[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-05 21:43 | その他(出張&雑) | Comments(6)