山馬鹿日記

<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

’14-6:英彦山


   英彦山は素晴らしく大好きな山系ですが、しばらく封印し約10年ぶりでした!
   (鷹ノ巣山&裏英彦山&猫の丸尾等々は、ここ10年の間に歩きましたが・・・)
   森の貴婦人、そしてヒコサンヒメシャラとお初の尾根ルートを堪能でき大満足~♪
f0187402_18453490.jpg

1.日 ‘14-6-29
2.山  英彦山
3.ルート
  高住神社~望雲台~北岳~中岳~北西尾根(バードライン)~スキー場址
   ~県立青年の家~九州自然歩道~高住神社
  <所要時間:約4h(休憩含む)>

4.写真&コメント

 ・山人として、梅雨の晴れ間を利用せぬ訳にはいけません(笑)
 ・地元雲仙の貴婦人さんにしようか悩みましたが、休日の「高速半額割引」は今日まで!
  この日のガス&高速代:¥2500/1人
 ・山・♨(温泉)・蕎麦・ソフトクリームと、フルコースで満喫♪

    登りがこんなに急な参道だったとは、記憶が曖昧・・・(2,3度は登っていると)
f0187402_18495746.jpg

    トチノ木、なんか雰囲気があり好きです! クルミの樹に少し似てますね~
f0187402_1850893.jpg

    望雲台へ ここは100点ではありませんが、だいだい覚えています。
f0187402_18501839.jpg

    以前(若いとき)より、正直に怖かったです。
f0187402_18502782.jpg

    絶壁が・・・ 手を離せない人もいますが、を離す人も?(笑)
f0187402_1850374.jpg

    壁にはイワタバコがびっしり、雨に濡れ滑り易かったですぅ。
f0187402_1850492.jpg

    オオヤマレンゲも、未だ観れ 良かったです。
f0187402_18505813.jpg
f0187402_1851828.jpg

    お~ぉぃ、次はお前に任せたぞっ!
f0187402_18511569.jpg

    北岳山頂、以前来た時は ロープは無かったような・・・?
f0187402_18512478.jpg

    素晴らしい森です、この辺は涼しい風が吹いてました。(快適♪)
f0187402_18513259.jpg

    中岳山頂、この標識?には記憶があります。
f0187402_18514187.jpg

    そしてお初のヒコサンヒメシャラ、昨年はまあり花付きがよく無かったらしい
    です。今年はいっぱい、それに約1ヶ月続いているとか。
f0187402_18515038.jpg

    雰囲気のある杉さん!
f0187402_1854521.jpg

    北西尾根を初めて歩きます、ここらは台風でこのように禿てしまったと。
f0187402_18521032.jpg

    森の中は素敵なところでした、自然林に癒され。
f0187402_18521867.jpg

    なんか動いていますね~ 見えますか?
f0187402_1852268.jpg

    苔に陽が当たり、最高でした。
f0187402_18523617.jpg

    この山系の「稜線&裏」は堪能したことがありましたが、は初めてでした。
    明るい雰囲気で、山のイメージがこれまでと変わりました。
    やはりは、色んな角度から味わい様々な季節に訪れないとその雰囲気が
    判らんなぁ~ と思いました!
    また、別の様子をみせてくれた英彦山に 感謝の一日でした~♪


[PR]

枝豆の「アテ」

   本日、枝豆の「アテ」に 麦酒を飲みました?(笑)
    やはり、旬の鮮度いぃ豆は美味いですぅ。
     至福のひと時を~♪

     麦酒のあてに、最高だす!
f0187402_21454656.jpg

     産毛が観えますか ~?
f0187402_21455687.jpg

     キュウリも今が旬、四葉キュウリ! トゲが少し痛い!
f0187402_2146543.jpg

 
[PR]

’14-6:稲佐山(大浜~山~小江原2丁目)

梅雨の時季にしか見れない「里山の貴重な姿」を拝んで来ました~♪
 こちら大浜(海)からのルートがあるとは聞いていましたが、拙者はお初!
  ベテランガイドにお願いし、だけど途中で沢の水が増水し渡渉がなかなかできず
   引き返すことも検討しながら・・・、雨の後 大崩には入れませんがここはOK!(笑) 

f0187402_20471823.jpg

1.日  ’14-6-22
2.山  稲佐山(333m)
3.ルート&時間
   大浜~(沢コース)~山頂~(尾根¥コース)~小江原二丁目
   <所要時間:約4h>
4.写真&コメント


 ・普段と異なる山の顔を拝め、大満足~♪【沢・滝・滑・落差あり等々・・・】
 ・沢のかなり上部まで、人工的な石積が! 岩屋山も同様、長崎独特かもしれません。
  隠れキリシタンの名残か?、他所の里山はどうなんでしょう~
 ・歩く人が少なく、雨で地盤が少し緩み 足元はおぼつか無くいつもより体力を消費
  します。帰宅後は、心地好い疲れで朝までぐっすりと♪ (また、官兵衛観れず)
  『基礎体力無し』 間違いない!

 
    全てはここからスタート、この看板を見つけたらシメたもの。
f0187402_20483783.jpg

    水量が凄く、なかなか正規の場所で渡渉できません。
f0187402_20491268.jpg

    堰堤も、おそろしい程 水が流れていました。
f0187402_2144399.jpg

    ガスが少しかかり、至るところに大沢が・・・
f0187402_215173.jpg

    そして普段は見れない数々の滝が! 七重の滝より素敵かも(笑)
f0187402_2151648.jpg

    山頂の渦巻き展望所(命名:山馬鹿)
f0187402_2153698.jpg

    家族連れも、観光客も楽しんでいま~す。
f0187402_217185.jpg

    よかたい「長崎港
f0187402_20504286.jpg

    後で調べると、「バハマ」船籍、13.8万トン 今年の長崎港では大型船ベスト1
    博多から来て、上海に向かいます。
f0187402_20512836.jpg

    鶴の港 よかばい!
f0187402_20514031.jpg

    この日歩いた沢道がくっきりと、自然林の中を歩け幸せ者でした~
f0187402_21311119.jpg


   ※そうそう毎年8月、ここ(稲佐山)で皿回し[さだまさし]が復興(東北や
    雲仙)コンサートを開いています。

[PR]

'14-6_春&夏「野菜」

久しぶりに、畑情報を少々・・・
 なかなか普段忙しく、写真を撮らず ずるずると~
  今の時季が一番も生い茂り、サラリーマンは辛い
   『満足に、山に登る暇が無い』 (笑)

 春先からは、
  「そら豆・キャベツ・玉レタス・玉ねぎ・ジャガイモ・・・」と
 そして、今の畑の様子をちょっとだけよぉ~


    人参の形にようやく~
f0187402_20432491.jpg

    枝豆、収穫は二週間後かな?
f0187402_20433817.jpg

    長なす、若採りして食べます! 柔らかく、最高ですょ。
f0187402_20434751.jpg

    ミニトマトが、約100個 鈴なりに♪
f0187402_20435678.jpg

    これがウワサ?の落花生。
f0187402_2044360.jpg

    元気な里芋、元気で無いものもありますが(笑)
f0187402_20441279.jpg

    四葉キュウリです、刺が痛い。
f0187402_20442119.jpg

    かぼちゃも数は少ないが順調、ここ最近は雄花のみ・・・ なぜ?
    (蜂が少なく、人工受粉が必要です)
f0187402_20442817.jpg

    サツマイモは、6月に苗を  簡単野菜です、お奨め!
f0187402_20443551.jpg

    お初のトウモロコシ、是非食したいが・・・ 果たして?
f0187402_20444988.jpg

    オクラさんは、花が綺麗です。
f0187402_20445891.jpg

    長ネギ、これは冬場に重宝します。 万能ネギ♪
f0187402_2045665.jpg

[PR]

'14-6:九千部岳(ヤマボウシ)

今年も、完璧なヤマボウシ軍団でした~ よかよかです♪
 全ての用事は、明日のワールドカップ「日本戦の前に!
  「山・♨・??(床屋)・ジャガイモ掘り・・・(笑)」 
   山頂では、tetu-1さんとの素晴らしいご対面があり・・・

1)日  ’14-6-14
2)山  九千部岳
3)ルート
    田代原~(北尾根)~九千部岳山頂~吹越分れ~田代原
    <所要時間:約2半(休憩含む)>
4)写真&コメント


    この時季は、あなたが主役です!
f0187402_932219.jpg

    いつもの北側尾根登山口、大概ここから登ります、素敵な尾根が・・・
f0187402_9242146.jpg

    美しいグリーン、頭の上には 上を向いた真っ白なヤマさんが。
f0187402_20553839.jpg

    足元にも、癒しの花「コナスビ」が。
f0187402_20561118.jpg

    ピンクのヤマさんも、ありますよぉ~
f0187402_20593935.jpg

    これは山頂のシモツケ、途中にもたくさん、この時点ではガスで真っ白!
f0187402_2059599.jpg

    山頂でバッタリ、百戦錬磨の管理人さん&同級生。冷たいスイカ、ありがとう御座いました。
f0187402_2101767.jpg

    稜線を歩いている間に、一瞬ガスが晴れ 歓声が~ お見事です!
    写真はあまり上手く撮れていませんが、現場は凄い!
f0187402_2111516.jpg

    イナモリさんも~♪、踏まれないようにね!
f0187402_212512.jpg

    牛首方面も、真っ白。
f0187402_2121429.jpg

    輝いています、白組さん。
f0187402_925186.jpg

    紅組さんも、まだまだ綺麗。
f0187402_2124494.jpg

    そしてこの時季、山にはおやつもあります(キイチゴ)
f0187402_2125553.jpg

    クマイチゴさんも、食欲そそる色(笑)
f0187402_2132079.jpg

    下山後約50台?、登り始めも約20台。
f0187402_2133114.jpg

[PR]

『ワールドカップ』開幕!


いよいよ4年に一度のお祭り『ワールドカップ』が始まります。
 明日は、5時から開幕戦「ブラジルークロアチア」
  なんと日本人が、笛を吹くそうです。



さぁ、どんなドラマが待っているのか 楽しみです♪
 日本も初の決勝進出を目指し ガンバ!
  しばらくは、寝不足の日々が続くかも・・・ 

[PR]

’14-6:杵島&往生岳、夜峰山

当初 阿蘇は午後から雨予報、どうしようかな~と悩みつつも突入!
 どうにか最後までお天気ももち素敵な縦走路を堪能できました。
  少々ガスがかかっていたので、防水カメラの出番と思いきや・・・
   なんと電池切れ(悲!)
    山大先輩も齢をとったようで、かなり丸~くなっていはりました!

1)日  ’14-6-8
2)山  杵島&往生岳、夜峰山
3)ルート
   草千里~尾根周回コース、赤牛の中をピストン 
   <所要時間:3.5h(休憩含み)、約0.5h>
4)写真&コメント

  ・お昼のお弁当は「ヒライ」、これが安くてボリュームあり。
  ・阿蘇は、雄大な眺めが最高です!(観光地としては、九州一かも)
  ・山友さんご提供の写真【感謝~♪】

    杵島岳山頂まで続く舗装路、修行みたいです!
f0187402_18364145.jpg

    山頂は、眺望よく素敵な場所です。
f0187402_1836521.jpg

    火口の周りを周回できます、スケールがでかい!
f0187402_18372654.jpg

    ハルリンドウさん沢山、またマイズルソウが凄い数、まだちょっと早かったですが。
f0187402_18373669.jpg

    正面は往生岳、かなり下ります(標高約200m弱)
f0187402_18381531.jpg

    往生岳山頂、ここから西側の丸~いピークにも立ち寄りました。
f0187402_18383383.jpg

    火口の中に、ひょうたん島が・・・?
f0187402_1838555.jpg

    火口の中に、ミヤマキリシマの群生地が。。。
f0187402_1839641.jpg

    こちらは夜峰山山頂から、左:烏帽子岳、右:御竃門山 以前に歩いたこの稜線歩きは
    素晴らしかったです!
f0187402_18391559.jpg

[PR]

’14-6:黒髪山系

 やはり最強の低山は、「黒髪山系」
  もう、クロカミランが咲いてました♪
   いつまでも、大切にしたい貴重な花です!
f0187402_2254327.jpg

1.日  ’14-6-1
2.山  黒髪山系
3.ルート
  泉山(オオイチョウの傍)~年木谷~英山~英岩~前黒髪山~
  西光密寺~見返り峠~青螺山~青牧峠~終の水~大川内山
  <所要時間:約5h(休憩含む)>

4.写真&コメント

    登山口、今日は藪漕ぎばいと思っていましたが、入口のみ!
f0187402_20552513.jpg

    現在はあまり誰も利用していないようですが、以前は本道か?(道がえぐれて)
f0187402_20553679.jpg

    ようやく有田ダムからの道に合流、稜線に出て少し風が・・・
f0187402_20554631.jpg

    ここは、「年木谷」という鞍部。
f0187402_20555518.jpg

    岩坂が続きます、決して緊張を緩めないように!
f0187402_205671.jpg

    危険、極まりなく!!
f0187402_20561781.jpg

    英岩(はなぶさいわ)、ここの手前で何気ない還暦過ぎたと思われる爺様と会い
    ました。これが達人、なんとノーロープ&登山靴で英岩を登って来たと・・・
    凄い、、、そして人は見かけではないと(笑)
f0187402_2192838.jpg

    突端には、鳥居があります。
f0187402_205829.jpg

    これから向かうかもしれない 天童岩、その向こうに青螺山(最高峰618m)
f0187402_20581265.jpg

    ここ黒髪山系の固有種、勝利のVサイン「カネコシダ」
f0187402_2058218.jpg

    西光密寺の正面道かな?
f0187402_20585674.jpg

    ユキノシタさんも、別嬪!
f0187402_2059693.jpg

    ここにしか無いクロカミラン、盗掘で絶滅寸前、日本人としてとても悲しい~
    これは人口復帰株、天然ものはごく稀に~
f0187402_20591492.jpg
f0187402_2059231.jpg

    雄岩&雌岩、このような奇岩が至るところにあります。
f0187402_20593397.jpg

    ベニドウダンです、逢えて良かったよぉ~
f0187402_210129.jpg

    終の滝、末期の水の意図か?
f0187402_2101344.jpg

    石柱節理だったかな?  アルツは徐々に・・・(笑)
f0187402_2102451.jpg

    これは、一見の価値あり  感動します♪ 間違い無い!
f0187402_2103523.jpg

[PR]

'14-5:虚空蔵山

暑い日でした、午前中は軽~く畑仕事を(汗びっしょり)
 それから午後に、もう一汗を山で・・・
  山頂の祠(三箇所)の水を換え お参りしたら、良いことが3つ~

1.日   ’14-5-31
2.山   虚空蔵山
3.ルート 岩屋~山頂(ピストン) 約1h
4.写真&コメント

    一等三角点越に、看板・女岳。大村湾  この日も黄砂&PM2.5で展望は冴えず!
f0187402_6153518.jpg

    ヤマツツジは、終わりかけ・・・
f0187402_6154462.jpg

    山頂直下の岩場?、良く見れば判りますが、不自然な階段! 以前は、この階段は
    ありませんでした! 登り易いように、山を切り開き・・・、残念 自然破壊!!
f0187402_6155173.jpg

    緑が綺麗すぅ、それに小鳥の声が 登山者を癒してくれます。
f0187402_6155870.jpg

    父はこの日、半分登山。足が痛いと、、、 約8年前、山仲間と経ヶ岳へ石楠花
    観賞へ。
f0187402_616514.jpg


【神様からのご褒美】
 ①父の足の傷みが、少~し緩和されました!
 ②翌日、クロカミランが開花してました(いつもより、ちと早いかも)
 ③父が釣に出掛け、大きなコロダイ(4kg)をゲット!
  地元では、コウクロウダイと呼んでいたような・・・?
[PR]