山馬鹿日記

yamabaka.exblog.jp

身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!

ブログトップ

<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


『2013年山写真べスト10』 

   参考;[2012年][2011年

今年も、無事に終わりそうです。
来年も、元気に山へ登れることを目標とします。
皆さんお世話になりました、では良いお年を~



  GW後半 鹿川をベースとしあちこちへ、地蔵岳のルートはおっかなびっくり
f0187402_8323127.jpg

  雪の竹田城跡が見れ、ラッキーでした!
f0187402_8324081.jpg

  関西山友「こねぎさん」を迎え、阿蘇へ
f0187402_8324916.jpg

  恵那山から中央アルプス&富士見台
f0187402_8325775.jpg

  尾瀬沼のニッコウキスゲ
f0187402_833594.jpg

  久しぶりの傾山でした(テント泊縦走)
f0187402_8331544.jpg

  阿蘇高岳から根子岳方面を望む、この下の道は未踏・・・
  右奥は、祖母山系
f0187402_8332390.jpg

  磯間嶽、なかなかスリリングな里山ばい
f0187402_834382.jpg

  宝の山「雲仙」日本一の紅葉
f0187402_8341125.jpg

  とある山
f0187402_8342019.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2013-12-30 09:07 | Comments(4)

2013年:山行分析

2013年:山行分析】 一年を振り返って~♪  
   過去の記録 [2012年] [2011年]

1.本州    ・・・ 8
2.九州    ・・・23
3.長崎    ・・・38
 1)雲仙山系  17 
 2)多良山系  10
 3)近場     2
  (黒髪,天山等)
 4)虚空蔵山   2
 5)市内     7
    『合計 ∑=69回』 


(参考データ:出張20回、飲み会57回)

・地元の宝の山(雲仙山系)へ17回も!
・お初の山:19座
  矢筈岳、磯間嶽、栗野岳、竹田城跡、番神山
  船通山、比婆山、伯州山、地蔵岳、だき山、
  鬼ノ目山、国見山、燧ヶ岳、尾瀬高原、日光白根山
  南平家山、夫婦山、恵那山、油山

・テント泊2回、山小屋2回、麓テント泊1回(2泊)
 [傾山&恵那山、祖母山&尾瀬沼、鹿川キャンプ場]

・充実した山行が多かったです、同行者には感謝~♪

※さて、来年はどんな山行が待っているのでしょうか?



  今年、最初に撮った写真 桜島だす!
f0187402_18454157.jpg

  今年、最後に撮った写真 多良山系どす!
f0187402_18463188.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2013-12-28 18:55 | その他(出張&雑) | Comments(6)
 『2013年山写真べスト10』  20~10位だす!
お時間のとれる方は、少々覗いてやってくださいませ。
今年も色々な素敵な場所へ出掛けられ 幸せ者でした~♪


 多良の最高峰「経ヶ岳」から、長崎一高い雲仙方面を望む!
f0187402_20495065.jpg

  お正月に「菜の花」が咲いている場所は? 日本最南端駅もありますよ!
f0187402_20495973.jpg

  九千部岳から望むヤマボウシ、今年は当たり~
f0187402_2050751.jpg

  4月の花ぼうろ 美しぃ~ 
f0187402_20501544.jpg

  九州では、あまり見れない花「カタクリ」  そこにはテンコ盛り♪
f0187402_20502183.jpg

  多良山系名物「マンサク」 だす、別名 錦糸卵?(笑)
f0187402_20502895.jpg

  この深い緑は・・・ どこの山? 遠足へ~
f0187402_20503625.jpg

  尾瀬沼 じゃっど
f0187402_20504445.jpg

  ぉおっ~ 危なかばい! 最強の低山かも?
f0187402_20505050.jpg

  山行続きで、疲れ果て・・・?
f0187402_20505731.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2013-12-26 21:28 | その他(出張&雑) | Comments(5)

’13-12:五家原岳

またまた雪が踏みたくなり、地元の多良山系へ
今年の登り納めかもしれません(69回)
小雪が舞っており、昨日 踏み固められた雪が凍っている場所も!

1.日  ‘13-12-23
2.山  五家原岳(多良山系)
3.ルート
   黒木~五家原岳~中岳~金泉寺~西野越~黒木
   <所要時間:約6h(休憩含む)>

4.写真&コメント


 ・昨日同様、雪を堪能でき満足~
  「きゅっきゅ」と雪を踏む音&感触が、たまらなく好きです。
 ・雪の重みで、樹の枝がかなり折れていました。(湿気を含んだ重い雪)
 ・金泉寺には10人程が休憩中、暖がとれる場所がありほんとに感謝です。


 ・登り始め、後ろ側に経ヶ岳が! その存在感は大きく・・・
f0187402_20263484.jpg

 ・15分程度歩くと、工事中「仮登山道」巻き道の紹介が~
  また、ちっとも使わない林道を作っているのか・・・?
f0187402_20264581.jpg

 ・白&黒のコントラストが綺麗です、昨日は青空と雪の白
f0187402_20265437.jpg

 ・五家原岳山頂です、ガスが少しかかり小雪も舞ってました。
f0187402_2027211.jpg

 ・中岳へ続く稜線、雪はたっぷりと。(脊振山系には負けるが)
f0187402_2027932.jpg

 ・ウサギの足跡もたくさん、結構いるんだなぁ~と 嬉しくなりました。
f0187402_20271787.jpg

 ・金泉寺には、風流人が作ったお洒落な「雪だるま」♪
f0187402_20272470.jpg

 ・雪景色がよく似合っていま~す。
f0187402_20273162.jpg

 ・森と雪 素晴らしい眺め、癒しの山系に感謝の一日でした。
f0187402_20273861.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2013-12-23 20:36 | 多良山系 | Comments(6)

'13-12-22:井原山(雪)

本来、「九重雪上キャンプ 鍋を囲み飲み酔いお泊り忘年会登山」の予定でしたが?
雪を求めて、豪雪地帯の脊振山系へ~  登る山は行先の車の中で検討(笑)
当初の狙い通り、雪をどっぷり堪能できました♪ (運転も)   

1.日  ’13-12-22
2.山  井原山(雪)
3.ルート
  古場岳別荘地~井原山(ピストン)
  <所要時間:3h20m(休憩時間含む)>
4.コメント&写真


 ・寒波による積雪があちこちで・・・、一番近く九州豪雪地帯の脊振山系を選択。
  以前、雷山狙い時は 腰までのラッセルとなり敗退した山系ですぅ。
 ・予想通り登山口まで行くのが大変、途中で慣れないチェーンを巻いたり。
 ・いざ歩き出すと処女雪、でも途中で登山道が判り難く・・・ コンパス眺め・・・
  鉄塔の場所までくると、後ろから叔父様が出現、ここまで「ラッセルありがとう」
  とここから私がと・・・ そしてあっと言う間に登って行かれました。正直、非常
  に助かり、そこからの登りは楽でした。


  このチェーンを履かせるのが、大変でした!
f0187402_164123.jpg

  自分が通って来た道、これだけ積もればチェーンは必須
f0187402_18325858.jpg

  オレンジ色の柿、柿の上の雪、そしてバックグラウンドは青空~
f0187402_18331062.jpg

  これから歩く 処女雪
f0187402_18332063.jpg

  鉄塔位置で、約20cm  想定外?
f0187402_18332829.jpg

  脚もズボッと、埋もれてしまいます!
f0187402_18333753.jpg

  そしてようやく山頂だす。
f0187402_18334740.jpg

  左に金ちゃん(金山)、右奥には脊振山
f0187402_18335582.jpg

  ヨッシゃー 、右奥に油山が・・・ 
f0187402_1834367.jpg

  そして反対側には、雷山&羽金山(電波塔)
f0187402_1834970.jpg

  なんと山頂には、霧氷が 有り難う。。。 (山頂の気温は1℃)
f0187402_18341861.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2013-12-22 18:42 | 九州の山 | Comments(4)
間もなくお正月~ 今年も残り二週間?
この辺で、恒例 『2013年山写真べスト10』 
んっ、毎年タイトルが違っている・・・?(笑)

先ずは、番外編だすぅ~


  アルツも進行し、どこだか? たぶん、ここら辺
f0187402_2044323.jpg

  綺麗だしょ、 雲仙ばい!、  & 
f0187402_20441151.jpg

  還暦 「加藤さん」 長い間お疲れ様~ そして これからも宜しくです。 嬉しそうな笑顔♪
f0187402_20442056.jpg

  九重の最高峰、風が強かったです。
f0187402_20442829.jpg

f0187402_2044406.jpg

  あっ 先日の名峰「油山」 盟(迷)友と一緒に・・・(笑)
f0187402_20444986.jpg

  どこしょ? 下山後に、ワラビ採り も堪能!
f0187402_20445534.jpg

  ??? おそらく阿蘇
f0187402_2045349.jpg

  里山 紅葉~
f0187402_20451051.jpg

  今年も、ちゃんと盆花「キレンゲショウマ」に逢えました。
f0187402_20451897.jpg

  このブナさんは?  どこ のブナ?    本州だした!
f0187402_20452893.jpg

  百名山です、日本庭園のような景色が・・・ 
f0187402_20453586.jpg

  上と近い場所、尾瀬です。 素敵なところでした。
f0187402_20454387.jpg

  アケボノツツジさんばい!
f0187402_20455199.jpg

  これまた、綺麗かぁ~ コフウロさん
f0187402_20455783.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2013-12-19 21:10 | その他(出張&雑) | Comments(0)

'13-12:雲仙

花ぼうろ(霧氷)狙いでしたが・・・ 少しだけ特別な場所で見つけました。
2,3日前に積もった雪が結構あり、楽しめました~♪
お初の方とも一緒に登れ(満足)、下山後の狙いはばっちりでした!

1.日  ’13-12-15
2.山  雲仙普賢岳
3.ルート
   仁田峠~薊谷~(新道)~普賢岳~もみじ茶屋~妙見尾根
   <所要時間:約4h(休憩含む)>

4.写真&コメント


  登山開始の「仁田峠」は風が通り抜ける場所で、一番の難所かも(笑)
  これにめげず、皆さん登ってください。

  薊谷方面へ少し歩くと、この時季に吹く北西の風をさえぎり快適に歩けます。
f0187402_17401614.jpg

  新道へ入る前後から積雪が結構あり、しっかりと楽しむことができました。
  溶けて固まっているので少々滑り易く厄介でしたが、アイゼン無しでも用心して歩けば
  なんとかなる程度でした。
f0187402_17402770.jpg

  平成新山、ここで!
f0187402_17403511.jpg

  よ~く見ると、霧氷が♪  地熱で発生した湯気が樹にあたり、霧氷と~
  思わぬプレゼントに、皆さん大喜び。
f0187402_17404422.jpg

  青空も素敵でした~
f0187402_17405396.jpg

  一緒に登った美男美女、お若い 、そうでない人もいましたね(笑)
f0187402_1741281.jpg

  これが、下山後の狙い!  なんと藪ってますが、天然記念物だすぅ。
  そんじょそこらでは観れません、ここ島原と天草にしかありません。
f0187402_17411198.jpg

  シマバライチゴで御座います、 ん! 二粒程無い、、、誰か天然記念物を胃の中へ?
  まさかね~ 念のため美味しくないです。(そう、本に書いてありました・・・028.gif
f0187402_1741204.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2013-12-15 17:36 | 雲仙山系 | Comments(10)

'13-12:油山

とうとう登っちゃいました『油山』
  福岡市民に、愛されてぃる山~?
    そして、おばさまモテまくる「よっちゃん」 (笑)

1.日  ’13-12-8
2.山  油山
3.ルート
   市民の森入口~キャンプ場~538m稜線~油山山頂(597m)
   ~三角点(569)~片江展望台
    <所要時間:約3h半(休憩含む)>

4.写真&コメント


   ここが今回の始まりでした、この先の門は9時にしか開きません。でも、ここだけの話
   ですが、、、今回はセレブ「ばあやんさん」の交渉の結果 約20分前に開門~。
f0187402_20494880.jpg

   まずは、憧れのスターからサインを貰い 歩き出します。(笑)
f0187402_2049595.jpg

   そして、今日のコースの説明   いや、どこを歩くかなぁ~と 思案中♪
f0187402_2050810.jpg

   階段が、軟弱者の拙者には 結構堪えます・・・!
f0187402_205017100.jpg

   主稜線は、かなりの瘠せ尾根だすぅ。
f0187402_2050259.jpg

   ようやく油山 山頂へ   最近 樹を切ってあったそうで・・・、これには賛否両論が!
f0187402_20503495.jpg

   百道辺りと、その奥には能古島が、
f0187402_20505613.jpg

   〇△岩、ガイドさんは高いとこ問題無く・・・
f0187402_2051353.jpg

   その後、真似して登ってみると 高~く 脚がすくみ、 途中で断念 泣く・・・(笑)
f0187402_20511111.jpg

   では、ここで「ひばり」を一曲?
f0187402_20513361.jpg

   枯葉絨毯の下が見えず、急登をへっぴり腰で下ります。
f0187402_20514311.jpg

   まんず、まだ紅葉もよかっぺ!
f0187402_2052434.jpg

   急下りは 難所だす。
f0187402_20521468.jpg

   片江展望台へ、ここには約30年前に 夜景を見に来たことを思い出しました。
   (男ばかりで・・・ 悲!)
f0187402_2052232.jpg


※今回の機会を作っていただいた幹事さんに感謝~
  とても素敵な一日を、参加者の皆さま ありがとう御座いました。【感謝だべ~♪】
 
   また、定期的にお会いしたいメンバーですぅ。 『継続は力なり』


  【最後に】
   この山系はよく整備されており、歩く方多く 道がしっかりと踏み固められ、
   自然林がところどころに・・・、眺めも良く、尚且つ時折「海や街」も望むこと
   ができ、色んなコースがあり・・・
   神戸の六甲山系と、よく似た雰囲気がありました~
   
[PR]
by yamabakanikki | 2013-12-08 20:55 | 九州の山 | Comments(2)

里山の紅葉が見頃なので、市内の山をのんびりと歩いて来ました。

金比羅神社紅葉は終わりかけ(一週間前に紅葉まつりが)、妙相寺 はまあまあ見頃でした。
下山後ピザ屋さんへ生麦酒がなんと100、これは飲まんばでしょう~()

 

1.日 ‘13-12-1
2.山  金比羅山&烽火山
3.ルート
  諏訪神社~金比羅山~西山ダム~烽火山~妙相寺~蛍茶屋~新大工

<所要時間:約4.5h(休憩含む)>

4.写真&コメント

 スタートはお諏訪さん、「くんち」はここの奉納踊りです。
f0187402_21180876.jpg
諏訪の森の紅葉も綺麗です。
f0187402_21181939.jpg

山頂からみる「鶴の港」 ・・・龍馬の頃の呼び方だったのかも?
f0187402_21185483.jpg
綺麗だしょ♪
f0187402_21190267.jpg
これから歩く烽火山の稜線、昔はここから外国船を観測し
烽火(のろし)をあげていました!
f0187402_21185676.jpg
f0187402_21185900.jpg
f0187402_21190554.jpg
f0187402_21191052.jpg
妙相寺の紅葉、よかっしょ?、来年はご一緒に如何。
f0187402_21191210.jpg
















[PR]
by yamabakanikki | 2013-12-02 22:19 | 市内の山(丘) | Comments(2)