山馬鹿日記

<   2013年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

'13-11:恵那山

アルプス他、大パノラマを堪能でき とても幸せどした~
今回の山行で、『水分補給の大切さ』を再認識できました!
山のベテランさんに、感謝ですぅ♪

1.日  ’13-11-23,24
2.山  恵那山(岐阜&長野県)
3.ルート
 1)初日・・・5h
   神坂神社ー(3h)-神坂峠ー(2h)ー稜線テント泊(標高約1965m)
 2)二日目・・・6h
   テン場ー(2.5h)ー山頂(休憩0.5h)ー(3h)ー広河原駐車場


f0187402_23393793.jpg
4.コメント&写真

・二日間 晴天に恵まれ、尚且つこの時季珍しく無風状態で小春日和でした。
 2,3日前に降った雪が少し積もっていたのも、適度でまた良かったです。
 山頂で、約10cm程度の積雪だったでしょうか。
 PM2.5も大したこと無く、アルプス他の大パノラマを堪能できました。
・ベテン山屋さんに重い荷物も持っていただき、感謝・深謝です。
・それでも、いつもより早いペースで私だけバテバテで、ご迷惑を・・・
・予定では、初日山頂近くの小屋まで行く予定でしたが、拙者が足を引張り
 日没断念。山頂まで後 約3h弱の場所でテント泊(雪の上)。
・ベテランさんは、テキパキと準備を進めあっと云う間にテントおよび宴会の
 会場&食事の準備が完了してました。
・テント内で、酒(焼酎ストレート、他を少々)を飲み 食事を済ませ 休んで
 いると、身体に異変が・・・足がつりだし、しばらくして今度は 突然嘔吐し
 、大変な状態に。(ベテランさんはその時冷静に傍観し、その後の対応に
 付き 貴重なアドバイスを~)
・後で先輩に聞くと、「軽い脱水状態」になっていたと。 その折にも、お湯に
 砂糖を溶かして飲んだらいぃとか適切なアドバイスを。塩分だけではいかん
 ようです。 『水分補給の大切さ』を、再認識しました。
・この晩、砂糖湯が効いたのか 爆睡できました。そのせいで翌日はどうにか
 元気になり、山頂へ向かうことができ、感謝~♪
・つった足には、ツムラも飲みましたが・・・、一番良かったのはホッカイロ!
・今回、登りに使ったルートは眺望抜群(最短ルートのピストンは避けたい)
 でアップダウンがかなりありました。また、木の根もしっかりと蔓延っており
 転倒注意です。(一般的には神坂峠からです、神坂神社から山頂を目指す
 人は少ないようです)
・二日目の早朝 山頂はガスの中、我々が着く頃にはどうにかガスもあがり、
 『大パノラマ展望』が広がって、尚且つあの世界遺産になった富士山も!
・下りは、雪が一度融け また凍った急斜面にかなり苦戦!
・広河原コースも、登り始めはかなりの急登でした。
・春には、沢山の貴重な花が咲くようです。この日は、イワカガミの葉がたく
 さん確認できました。
・今回の山行は、とても勉強になりました。
 山に取り組む姿勢・装備・食事・等々・・・
 普段は聞けない経験豊かな体験談を(一部、海外遠征の話も)聞け大満足♪


   「神坂(みさか)神社」、全てはここから始まります。
f0187402_1941470.jpg

   下界の紅葉がちょうど見頃でした、桜の紅葉も綺麗です(九州とは一味違う)
f0187402_1942922.jpg

   「東山道」です、稜線まで約1h、ここから東側に南アルプスが見えました、しばらくは
   アルプスと並行します。
f0187402_1943829.jpg
   いきなり人工物が目の前に、「萬岳荘」 民間の宿泊施設です。ここに泊まり恵那山と富士
   見台を各々 歩くのもいいかもしれません。
f0187402_1945261.jpg
   樹に雪が、その後ろの青空とマッチングし最高だすぅ。
f0187402_195191.jpg
   「神坂峠」、ここから登るのが一般的のようです。
f0187402_195911.jpg
   約30分歩き ふり返ると、中央アルプスが!
f0187402_195172.jpg
   北側には御嶽山、その右奥には乗鞍、またその奥には穂高が見ました! まだまだ・・・
   御嶽の左奥には白山が、東側には南アルプスが、まさに大パノラマ003.gif
f0187402_1952490.jpg
   眺望抜群の稜線は、飽きずに歩けます(広河原コースより、いぃ!)
f0187402_1953275.jpg
   中央アルプスの手前が富士見台のようです。
f0187402_1954268.jpg
   日の出前の朝焼け、南アルプス方面からお日様が・・・
f0187402_1964842.jpg
   出ました~058.gif 今日(二日目)も、いい天気。
f0187402_1965810.jpg
   朝日に染まった御嶽山、肉眼ではもっと綺麗でした。
f0187402_197740.jpg
   ようやく南北の主稜線に、約10cmの積雪、サラサラ雪ばい!
f0187402_197157.jpg
   こんな社(やしろ)が、5,6箇所。
f0187402_1972382.jpg
   南アルプス方面から、富士山が顔を出してくれはりました~ 049.gif
f0187402_20373467.jpg
   山頂の避難小屋です、ここからの眺望は抜群!

f0187402_198176.jpg
   小屋の中、フラッシュで撮影、十分泊まれます。小屋の下には、なんと水洗トイレもあります。
   小屋の屋根から水を集めてタンクへ、冬場は凍結するので不可ですが。この日も、氷点下。
f0187402_1981217.jpg
   先ほどの眺めがいい場所は、あの岩の上、ここを外してはいけません!
f0187402_1982485.jpg
   カステラ&珈琲 タイム。
f0187402_1983592.jpg
   雪と青空が よかです。
f0187402_1984673.jpg
   三角点のある山頂(先ほどの小屋から、約10分だったかな)
   質素な山頂標識、百名山では なかなか無いかも(笑)
f0187402_1985625.jpg
   ここには展望台もありますが、ほとんど見えないそうです。
f0187402_19977.jpg
   どこまでもいぃ眺めが続きます、素敵な山系です。
f0187402_1991852.jpg
   今回のリーダ「岩魚迷人」さん、山のプロ。
f0187402_1993019.jpg
   こんなに重い荷物を 皆さん  感謝でした~♪
f0187402_1994287.jpg
   カラマツ&ダケカンバの黄色い紅葉が 綺麗でした。
f0187402_1995164.jpg














[PR]

'13-11:恵那山【速報版】

どっぷりと堪能させていただきました、あの『眺望』は忘れません。
北・南・中央アルプス・御嶽山・乗鞍岳・穂高岳・白山:富士山・・・
ベテラン登山者におんぶにだっこで、連れていって貰い 深謝~

f0187402_228054.jpg


f0187402_22113360.jpg


f0187402_22155428.jpg

[PR]

山頂手前テント泊

f0187402_20512454.jpg

今日は 山頂手前でテント泊 ベテランさんと一緒でちょっとバテました〜
[PR]

新幹線島倉さん

f0187402_21443711.jpg

f0187402_21443717.jpg

先ほど 新神戸で新幹線に乗りました
今年初の新幹線だす 九州ではなかなか かごんま以外は…

明日 一緒に会議に出る後輩は 小倉から新幹線に 間もなく名古屋到着 あれぇ〜F65B.gif しゃぁ〜ないか

新幹線の中には 色々な人がいます 飲み過ぎの人 しこたま飲んで寝ている人 パソコン出して仕事する人…

人生色々 島倉さんの世界ですぅ
[PR]

山(馬鹿)クイズ!

明日は神戸へ出張、夕方移動し名古屋入り
明後日はフォーラムを聞いて、社長と飲み? その後、爆睡♪

翌日、山へ
  さてクイズです、私はどこへ登るのでしょうか~?

【ヒント】
 ①山先輩とは、「高蔵寺駅」で待合せ。
 ②名古屋から、もっとも近い百名山
 ③北側には御嶽山が、東側には南アルプス
   西側には九州が・・・(笑) 

[PR]

'13-11:黒髪山系

紅葉は低山へ下って来ました~ 大好きな黒髪山系を久しぶりに堪能♪
この山系は、やっぱり素晴らしいです。
以前に登ったルートを下りましたが、とっても新鮮でした(笑)

f0187402_22313822.jpg

1.日  ’13-11-16
2.山  青螺山、牧ノ山
3.ルート
    龍門ダム~見返り峠~青螺御前~青螺山~青牧峠~牧ノ山~登山口
    <所要時間;約4.5h(休憩含む)>

4.写真&コメント

 ・前日の飲み会で一人御前様~、スタート時間は遅く・・・
  帰ってから、できれば少しだけ畑仕事をと・・・
  我が儘放題で、同行者に大変ご迷惑を~ すんまへん。
  よって、ショートカットコースを歩きました。
 ・目的は二つ、見返りコース手前にある紅葉の観察、牧ノ山へはダム脇から二度
  程登りましたが、下ったことが無く・・・
 ・駐車場にある紅葉は綺麗で、次週も良さそうな雰囲気でした。
 ・期待していた見返りコース手前にある紅葉は、未だ緑の葉で、二週間後か?
 ・牧ノ山から下り直下は、ずーっと急です。以前に比べ、かなり整備してあり新し
  いロープもあちらこちらに付いていました。登りと下りの違いか、新鮮でした!
 ・若者登山者が多く、大概の人は黒髪山(天童岩)方面へ。かなり混雑したかも
  しれません。我々が歩いたルートは、ぼちぼちでしたが、それでも人が増えた
  ようで、やはり人気の山です。

   駐車場のイチョウの樹有田の大イチョウを いつも見逃してしまいます。
f0187402_22314718.jpg
f0187402_22315673.jpg

   見返り峠~前青螺山の途中の岩場、ヤマラッキョが未だ少しありました、鎖も昔に
   比べだいぶ錆が発生、ここのシンボルだった枯れ木も半分ほど折れてました。
f0187402_2232953.jpg

   上記の場所から見た「牧ノ山」、奥が三角点のある場所、手前はⅡ峰です。
f0187402_22321836.jpg

   青螺山(618m、ここらの最高峰)先の岩場横から、眺望抜群です。
f0187402_2232259.jpg

   同じく上記の場所から、なかなか渋い紅葉が素敵ですぅ。
f0187402_22323381.jpg

   牧ノ山三角点、いまり山岳会の看板が二枚も。
f0187402_22324195.jpg

   山頂直下は、急です。
f0187402_22351689.jpg

   この看板が黒髪山系では、一番役に立ちます。 ユニークな一言や、要所要所に
   設置されています。この山系ののようなお方に、感謝~♪ 
f0187402_22325038.jpg

   下り途中の展望岩から、左は青螺山その右は前青螺山、中央は天童岩、その右は
   後黒髪。色々とピークがあり、楽しめます。
f0187402_22325712.jpg

   サザンカも満開ばい!
f0187402_2233530.jpg

   駐車場の紅葉毎年綺麗に~ 素晴らしかぁ~ おおきに~
f0187402_2233113.jpg

[PR]

お酒のマナー  

ここしばらく、飲み会が続きます。
苦手なお酒を・・・  楽しく飲みたいです!
今宵は 「名酒」 を入手し、少々味わいました♪

f0187402_21144499.jpg

明日は飲み会、先輩方々の還暦祝いを~
楽しいお酒がなによりです。

・決して、愚痴ってはいけません。
・泣き上戸もいけません、空気が湿ります。
・笑い上戸もそこそこに、場が白けます。


※意外と難しいお酒のマナー  と思うのは拙者だけ~?
[PR]

紅葉登山の写真

先日の紅葉登山の写真を、補正すると~
便利なツールが、PC内に。
腕は、いらんかも・・・(笑)
   拙者 「山上の押すだけカメラマン」 


f0187402_20482913.jpg

f0187402_20484060.jpg

[PR]

'13-11:日本一「雲仙紅葉」

雲仙の紅葉が、あっという間に進んでいました~
博多から素敵な山友さんが来﨑し、紅葉温泉小浜ちゃんぽん
と一緒に堪能し、楽しいひと時を~ 感謝♪ 

f0187402_2083611.jpg

1.日  ’13-11-4
2.山  雲仙普賢岳・国見岳
3.ルート
    池ノ原~仁田峠~莇谷~(新道)~普賢岳~紅葉茶屋~
    妙見尾根~国見岳~仁田峠~池ノ原
    <所要時間:約6h(休憩含む)>

4.写真&コメント

  ・帰ってきてから、写真を選別するのが大変でした  なんと280枚も・・・
   「山上の押すだけカメラマン」 は、今日も押して来ました~(笑)
  ・歩き出した頃は、ほとんど全面ガスが・・・ 新道の谷道を過ぎ、急な尾根を
   一気に登り 平成新山の横を過ぎた辺りからお日様が照り、ガスが一瞬晴
   れ渡ると  いたる所から歓声が~(笑)
  ・時期的にはちょうど見頃だったようですが、この日は光不足 &前日の雨&
   風で落葉が多く 少し残念でした。
  ・人手は多かったです、仁田峠は野岳のカーブ先まで車の渋滞が・・・
   昨年(?一昨年?)、やっていたよう(その折は試験的)に、ピストンバスを
   準備してマイカーの規制をするべきだと思うのは、私だけでは無いはず・・・
   排気ガスで自然が荒れ果ててしまう前に、宜しくお願い申し上げます。


   いきなり旬の紅葉が・・・
f0187402_209875.jpg

   歩き出し30分程度、まだまだ元気な頃ですが、足は動かず・・・(笑)
f0187402_2092365.jpg

   綺麗な落葉がテンコ盛り、なんと緑の葉も。
f0187402_2010279.jpg

   普賢山頂から、一瞬見える紅葉を・・・
f0187402_2010122.jpg
f0187402_2010204.jpg

   お鉢です、このすぐ上で 早弁を~
f0187402_20103095.jpg

   鬼人谷です、本来奥行きが深~い紅葉が堪能できますが・・・
f0187402_20103953.jpg
f0187402_20104852.jpg

   妙見尾根から、新山&旧山(普賢岳)  この頃はどうにか晴れ、鬼人谷も良かった
   のかな~
f0187402_20105726.jpg

   青空の下に、国見岳が!
f0187402_201154.jpg

   綺麗だしょう~ (もう言葉はいらないはず・・・?
f0187402_20111438.jpg
f0187402_20112289.jpg

f0187402_20113094.jpg

   ロープウェイも、途中で一旦停止して欲しかろや~(笑)
f0187402_20113838.jpg
f0187402_20114814.jpg

   紅葉の斜面から、男前の「九千部岳」です!
f0187402_20115915.jpg
f0187402_2012951.jpg

[PR]

三宮

三宮で 飲みました。

相棒は酒に強く また闇【ネオン?】の中に消えていきました〜

この日はハロウィンで、若い子がいっぱい変身していました。
田舎では、なかなか見れないものが・・・(笑)


f0187402_512490.jpg

f0187402_51245.jpg

f0187402_512523.jpg

[PR]