'13-4:船通山・比婆山・伯州山


 【速報版!】

GW前半は本州へ上陸し、様々な花々を堪能して来ました。
お天気に恵まれ、渋滞にも合わず、同行者にもよくしていただき感謝~♪

①4/27:船通山(島根県)<所要時間;約4h>
 カタクリ群生、固有種「サンインシロカネソウ」との出会いが最高!

②4/28:比婆山(広島県)<所要時間;約5.5h>
 以前 雪で撤退したことがある山系、ブナ林は見事!

③4/29:伯州山(岡山県)<所要時間;約3h>
 イワウチワはテンコ盛り、イワナシやイカリソウや残雪も。
 また 近くの森林公園では、ザゼンソウやミズバショウが・・・

f0187402_9322689.jpg
f0187402_9323539.jpg
f0187402_9324545.jpg
f0187402_9325386.jpg
f0187402_933096.jpg
f0187402_933957.jpg
f0187402_9331753.jpg
f0187402_9332542.jpg
f0187402_9333382.jpg
f0187402_9334232.jpg
f0187402_9334946.jpg
f0187402_9335889.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-04-30 09:39 | 本州&四国の山 | Comments(4)

'13-4:眉山&普賢岳

当初 雲仙岳を狙い出発、途中から見るとそこは濃いガスの中。
山は天気の回復が遅れています、そこで前座として島原の明峰「眉山」
明峰はガスの中でしたが、下山後 お天気は確実に回復方向♪ そこで雲仙へ~

狙いの花(ヒカゲツツジ)は寒さに耐えきらず、蕾のまま震えてました!

1.日  ’13-4-21
2.山  眉山&普賢岳
3.ルート
 ①登山道~眉山(ピストン)  <所要時間;約1.5h>
 ②仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~新道~普賢岳(ピストン)
   <所要時間;約3h(休憩含む)>

4.コメント

 ・この日も強風&低温でかなり寒く、またもや4月の霧氷だした! 咲こうとして
  いた花々が寒さに震え、足踏み状態。
 ・狙いの花は、ヒカゲツツジ・ミツバツツジでした。前者は特に、雲仙には多い♪
 ・同行者で新道初めての方が(噴火後)、いたく感動されておりました。
 ・自分一人のみ、よくこけました。平衡感覚が悪く、体力の低下が著しいのかも・・・

    眉山山頂のガスで湿ったモミジ、新緑綺麗です(紅葉に負けてない!)
f0187402_20263115.jpg

    眉山「七面山」、この奥には 通常「雲仙岳(平成新山)」がくっきりと!
f0187402_20264273.jpg

    下山後、雲仙岳が少々見えてきました(嬉♪) 
f0187402_20265641.jpg

    山頂は未だガスの中でしたが、下山後はくっきりとその姿を、カッコいぃ山様です。
    ありがとう「眉山」さん でも、反対側の島原市内からはもっとカッコがよか!
f0187402_202767.jpg

   【ここから雲仙】
   シロノメネコノメソウさん、今日は貴女が主役でしたょ。
f0187402_20271944.jpg

    根性の樹も元気、「ヤマグルマ」さんだったかな?
f0187402_20272999.jpg

    途中から景色が、左は九千部、その右 吾妻岳、その右手前は鳥甲山、一番奥に
    どすんと構える多良山系。
f0187402_20281179.jpg

    ヒカゲツツジの群生が・・・ 寒そうに・・・(笑)
f0187402_20282081.jpg

    霧氷が落ちてました(寒)
f0187402_2029184.jpg

    福岡から来てはった、美男・美女。 長崎には、おらんばい!
f0187402_20292770.jpg

    この樹は、いつも早いミツバさん、ありがとう!
f0187402_20295666.jpg

    これが今の実力、一週間後には満開になるかもね~♪ いつも、ありがとう!
f0187402_20301243.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-04-21 20:35 | 雲仙山系 | Comments(7)

'13-4:一ノ峯・二ノ峯、俵山

とある花に逢いたくて・・・
  素敵な出会いが沢山、『花&人』
    今日も、素晴らしい一日でした  感謝~♪

   逢えて、良かったどす。 「オキナグサ」
f0187402_20513352.jpg

1.日  ’13-4-14
2.山  一ノ峯・二ノ峯、俵山
3.ルート
 ①(尾根ルート)~一ノ峯・二ノ峯~(巻き道)
 ②展望台~俵山(ピストン) 
  <所要時間:2×2.5h=約5.5h>
4.コメント&写真


 ・一ノ峯・二ノ峯は、数年前に熊本の山仲間に紹介してもらいました!
  眺望抜群で、の数も多く、素晴らしい。 是非 長崎にも欲しい(笑)
 ・この日は風強く、時折飛ばされそうなくらいの突風が。 気温は高い
  ので、登りはやはりが吹き出ます。
  局所的には雨も降ったようです、雷の音も聞きました。我々の歩行中
  は、なんとか雨に逢わず。 帰りの高速では、前が見えないくらいの
  大粒の大雨が・・・ 稲光も見ました。
 ・山仲間との素敵な出会いも、3組6人?、アルツ長崎組は名前を覚え
  ていない方もいて、どうもすみませんでした。
 ・両山、縦走できることは知っていましたが、車回送のことがあり、各々
  単独で堪能しました。
 ・熊本の「ヒライ弁当」は、今回のメンバーにも凄く好評でした。
  また、帰りにほとんど買っていた「馬刺し」が冷凍要となり、 最近は
  買わなくなってしまいました。


   草原が気持ちよく、「一の峰」が遠くに、でもここから約小1h。
f0187402_20514166.jpg

   数々の種類のスミレが・・・、花博士によると、中には初めてのスミレも!
f0187402_20514932.jpg

   一の峰山頂から、「二の峰」を望む♪
f0187402_2051561.jpg

   ハマヤマボクチさんだったかな?
f0187402_2052477.jpg

   ど迫力の「二の峰」  結構、岩があります
f0187402_20521322.jpg

   センボリヤリ、花博士に構図を教えていただき・・・
f0187402_20524026.jpg

   オキナの爺さん、花の跡だすぅ。
f0187402_20525173.jpg

   ワラビも数多く、少しだけ帰りに・・・
f0187402_2052584.jpg
f0187402_20531380.jpg

   今度は、二の峰から「一の峰」を振り返り。
f0187402_20532099.jpg

   ハルリンドウのお花畑も、規模が広~い
f0187402_20532698.jpg

   車道沿いのオキナさん。
f0187402_20533336.jpg
f0187402_2053426.jpg

   ヒゴスミレ、このようにピンクのものは珍しいとか 【これから、俵山】
f0187402_20534865.jpg

   二輪草も、そこそこ咲いてました。
f0187402_20535827.jpg

   先ほど山頂にいた、一の峰(右)、二の峰
f0187402_2054562.jpg

   俵山山頂、強風で長居はできず。
f0187402_20541268.jpg

   これは地球環境には優しいが、景観を乱す、直ぐ下では風きり音がうるさく。
f0187402_20542084.jpg

   山桜も、まだまだ・・・
f0187402_20542787.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-04-14 21:02 | 九州の山 | Comments(6)

禁酒!

久しぶりに、二日続けて禁酒!
別に体調が悪い訳ではありません・・・


理由の一つは、自分をコントロールできるか?
 「アル中」では、ないか?


だいたい、一年に366日 飲みます。
休みの日も、調子が良ければ 昼間から(コラコラ)


っで、ここのところ健康診断で γーGTPが許容範囲を連続オーバ
3,4ヶ月前だったかな、三桁の自己ベスト更新も!


少量でも、脂肪肝・肝硬変・肝がんになる可能性ありと・・・
たまには、「沈黙の臓器」を労わりましょう♪


さて、明日は飲むぞ(笑)
[PR]

by yamabakanikki | 2013-04-09 22:38 | その他(出張&雑) | Comments(0)

'13-4:普賢岳 雪&霧氷

春の花が沢山咲いたと聞いていたので、眼下の雲海と一緒に・・・?
 なんと、そこは冬に逆戻りしていました!
  雲仙山系のなごり雪&霧氷を思わず堪能でき、ラッキーな一日でした♪
f0187402_18304461.jpg

1.日  ’13-4-7
2.山  雲仙普賢岳
3.ルート
  池ノ原~仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~普賢岳山(ピストン)
  <所要時間;約3h20m(休憩含む)>

4.コメント

 ・元々別の山を狙っていましたが、起きると雨音が・・・
  待合せ時間を遅らせ、二度寝を試みました(笑)
 ・仁田峠登山道路は、積雪&凍結のため通行止め
  車で池ノ原に移動、車が三台、気温は1℃
  仁田峠より上は、氷点下、風は5~15m/s程度か?
  山頂では 時折飛ばされそうな突風が、慌ててしゃがみこみ~


   池ノ原~仁田峠の道を通る機会が減りましたが、綺麗・綺麗!
f0187402_18272912.jpg

   親子三人(子は一年生前後?)連れも、自然をどっぷり堪能してました~
f0187402_18274069.jpg

   なんとまぁ、美しい花ぼうろが・・・ 感謝♪
f0187402_18274741.jpg

   山頂標識にも、霧氷が!
f0187402_18275992.jpg
f0187402_18281060.jpg

   さて、何か?
f0187402_18294712.jpg

   雪に埋もれた「ハルトラノオ」さんです、寒そう~
f0187402_18295494.jpg

   これは仁田峠の近く、標高が低い場所でも綺麗に~
f0187402_183019.jpg

   ほんとに、花『桜』が咲いたような感じでした!
f0187402_1830998.jpg

   山は冬、手前の里は春♪
f0187402_18301688.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-04-07 18:31 | 雲仙山系 | Comments(4)