'13-3:多良 国見岳

やっぱ  多良山系よかばい!
  今日のルートは、癒し系の里山でした!!
    自然林&素敵な沢に、感謝・感激・乾杯!!!
f0187402_2030339.jpg

1.日  ’13-3-31
2.山  国見岳
3.ルート
  東彼杵町(百貫)~(県境尾根ルート)~P.699~P.816(国見岳)
  ~P.777~春日越~沢道(林道)
  <所要時間:約4h(休憩含む)>

4.写真&コメント
 
 ・近場に、こんな素敵な自然林・沢があり 幸せでぇ~す♪
  自然いっぱいコースが、大好きです!
 ・この日は、風が少々強く寒かったです。でも、風が当たらず、
  陽が差し込む場所は暖かく・・・ 衣類調整を小まめに実施。
 ・多良山系の中でも結構渋い場所ですが、若者2組5人に会いました。
  確実に若者登山者は増えているようで、明るい未来だす


   この美しい自然は、いつまでも大切に残したい! 日本の宝だっ!
f0187402_20353340.jpg
f0187402_20354110.jpg
f0187402_20355012.jpg

   ふきのとう
f0187402_2035595.jpg

   タラの芽は、少しだけ持ち帰り天ぷらに、を味わいました
f0187402_2036654.jpg

   大掛かりに伐採され、数々の大岩が・・・ また懲りずに、杉を植えていました?
f0187402_2036156.jpg

   綺麗な沢で、癒されます。
f0187402_20362455.jpg

   大野原の明峰「猪見岳」(ししみだけ)が、多良と大野原は隣通しだったんですね~
f0187402_20363791.jpg

   自衛隊の演習場の中で、一番高く見晴らしがいぃ場所です。
f0187402_20364971.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-31 20:39 | 多良山系 | Comments(2)

メタボ対策のため、夕方 散歩を30分程度~
今週はずーっと、今日は自宅近くのに癒してもらいました。
結構、長~い時期 が楽しめました、来年も宜しくね~♪
(携帯の見難い写真で、ごめんなさい!)

f0187402_21101797.jpg
f0187402_2110256.jpg
f0187402_21103373.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-27 21:13 | その他(出張&雑) | Comments(0)

'13-3;平次岳

九重の平次岳(ひいじだけ)は、その時季ミヤマキリシマで特別有名な山です。
この日はとある花を捜しに~  どうも出張していたようで、また捜します。
次回の楽しみが見付かり、万歳! 「半分、負け惜しみかな(笑)

1.日  ’13-3-23
2.山  平次岳
3.ルート
  男池~かくし水~ソババッケ~うどん(大戸)越~平次岳~
  東尾根~ソババッケ~花散策~男池

4.写真&コメント


 ・早朝 途中から高速は霧の中、対向車線で大型トラックが横倒しに~
  急ブレーキか急ハンドルか? 山も道路も、『安全第一』だす!
 ・当初は違う山を予定していましたが、岩壁が前日の雨に濡れて危なか
  ばいと 急遽九重へ雲海堪能に、、、けど、当てが外れ 残念・・・
 ・大戸越上は、木を伐採していました!  聞くところによると、ミヤマが
  栄えるように他の木を・・・ これには、大反対!
  賛否両論があるでしょうが、「自然のままに」が一番♪ なぜ、犠牲が・・・
 ・この時季は人が少なく、かえって山好きさん(静かな山を愛する人)
  は、お奨めかもしれません。
  ミヤマの時季(6月初旬)は、異常な人手が。(ここ数年、断念!)
 ・下りは、お初の尾根コースを コンパス睨みながら・・・ 急登ですが、
  こちらの方がクッションが効き、脚に優しいコースかもしれません。


   今からが本番のユキワリイチゲさん!
f0187402_20204563.jpg

   久しぶりに このコースを堪能。
f0187402_20205591.jpg

   苔が生し、素敵な自然林コース。
f0187402_2021348.jpg
f0187402_20211293.jpg

   北大船(その上に大船)山、曲線美が素晴らしい~
f0187402_20212032.jpg

   ミヤマ時分のお決まり写真アングル???
f0187402_20212984.jpg

   坊には一張りのテントが(トイレの先に、オレンジ色のフライが)
f0187402_20213720.jpg

   見よ、この高度差!
f0187402_20214953.jpg

   由布岳の耳がくっきりと! ここなら、雲海が堪能できたかも。
f0187402_20215854.jpg

   下りに利用した東尾根コース、踏み跡はっきりと。
f0187402_2022735.jpg

   ハルトラさんです。
f0187402_20221490.jpg

   別嬪さんの市毛さん(笑)
f0187402_20222647.jpg

   お上品な アズマイチゲさんどすぅ。(爆笑)
f0187402_20223528.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-24 20:24 | 九州の山 | Comments(2)

'13-3:虚空蔵山・高見岳・番神山

数々のルートを歩いている虚空蔵山系で、またお初のルートに挑戦!
結構手強いコースでした、時間制限があったので一箇所のみ山友のGPS
現在位置を確認。椿が沢山ありましたが、猪くんが踏み荒らした跡も多く・・・

1.日  ’13-3-16
2.山  虚空蔵山・高見岳・番神山
3.ルート
  木場~稜線(県境)~虚空蔵山~犬の墓(南側尾根)~鞍部(車道)~
  高見岳~女岳~P_379m~番神山(224m)~彼杵道の駅
  <所要時間;約6h20m(休憩含む)>

4.コメント

 ・数々のコースが楽しめる山系です。(これまでに約10本程度)
 ・以前に女岳から音琴方面に降りた際に、今回のコースに狙いを付けました。
 ・山中、結構テープが付いていました。正直に助かったと思う反面、面白みに欠ける点
  と、稜線を少し外しているルートを辿っている点など、なにより美観に反する!
 ・マダニの問題があってから、薮漕ぎが正直怖い! 猪の踏み跡だらけの道は、激しく
  厭らしい、気分的にもマイナスに・・・ (筍を掘っていたのか?)
 ・今回 山頂から彼杵駅近くまで堪能、川棚駅から歩く周回コースが考えられます!
  (以前は、駅から歩いて登るのが当たり前でした)
 ・PM2.5(&黄砂)が多く、相変わらず、景色が霞んでいました  残念!


          ざっくりとしたルート図、決してGPSルート図ではありません。
          赤の矢印地点では反則技を(山友さんのGPSで現在地を確認)
f0187402_2082620.png

   この山系には、サツマイナモリの群生が・・・ 畳×2倍サイズ等々
f0187402_2083582.jpg

   山頂  これから行く 左は高見岳、右は女岳
f0187402_2084466.jpg

   これは町境稜線(川棚&彼杵)、よく手入れされた植林は日光がが差込み綺麗♪
f0187402_2085165.jpg

   ツバキさんが、写して~ と光り輝いていました!
f0187402_2085954.jpg

   鞍部(車道)から虚空蔵山 山頂を望む。
f0187402_209719.jpg

   高見岳の登りは、超急登(約10分程度)
f0187402_2091613.jpg

   「東彼山岳会」があちこちに洒落た案内板を~
f0187402_2092433.jpg

   ようやく番神山の上224m地点、山城の跡が・・・
f0187402_2093245.jpg

   この山系は、ヤブツバキが綺麗でした。
f0187402_20940100.jpg

   地図上の山頂には、日蓮聖人がおい出て・・・
f0187402_2094748.jpg

   東彼杵町の街並木(鯨の街)と 大村湾、琴の海 じゃっで音琴(ねごと)
f0187402_2095484.jpg

   番神山の石段は、立派だす。 標高差 約150~200m分。
f0187402_20101100.jpg

   妙法寺の枝垂れ桜、満開だした~♪
f0187402_2010989.jpg

   彼杵川沿いの菜の花も美しい!
f0187402_20101750.jpg

   『飛び石』 昔々は、ほとんどこればかり。 通行の際に、水の流れが少し気になり・・・
f0187402_20102421.jpg

   これが、明峰「番神山」の全景ですぅ(笑)
f0187402_20103127.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-17 20:15 | 県内外(近くの)山 | Comments(2)

花&山&温泉&ご馳走


『咲いた 咲いた 桜が咲いた・・・』
  と一年生の教科書には載っていたそうな?
   (アルツ患者には、思い出せない 残念!)


一週間仕事頑張りましたが、思ったほど捌けず・・・
  自己嫌悪になっていましたが、桜の花に癒してもらい
    なお且つ、明日は「山」に癒して 貰います♪


下山後の温泉も楽しみだすぅ~
  アルカリ温泉で、ぬるぬる きもんちんよか!


運が良ければ
  先日 日本一になった東彼牛を堪能して 来ます~
    売り切れて無ければよいが・・・


そして、明後日が彼岸の入り(たぶん・・・)
  ご先祖さんあっての今が、墓参りへ~

[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-15 22:08 | その他(出張&雑) | Comments(0)

'13-3:祖母山

白水~八丁越で祖母山は、お初のルートでした(大障子岩には寄らず・・・)
 一般ルートはこれで全部達成山友「よっちゃん」のおかげだすぅ 感謝♪
   祖母九合目小屋番さんの還暦祝いをだしにして、飲み会を~(笑!)

1.日  ’13-3-9,10
2.山  祖母山
3.ルート
 ①白水~八丁越~鹿の背~池の原~宮原~小屋~山頂~[小屋泊]
 ②小屋~国観峠~神原
 <所要時間;①5.5h(休憩含む)、②2.25h>

4.コメント&写真


 ・一年前は、メンノツラコースを経て祖母の小屋泊、その際管理人さんの還暦祝いを
  来年しようとなったらしい・・・(アルツは進行中) っで、そのお祝い飲み会!
 ・異常に暖かく、なんとこの時季 主稜線でも半袖で問題無し。
 ・お初の白水~八丁越のルートはやはり急登、滑り易く 黒土で雨の後はお奨めでき
  ません。
  一年前のメンノツラコースより踏み跡は明確だったと思いますが、なんせ急登でバテ
  バテ
のため、先頭「よっちゃん」にお任せし、地図を見るのを怠っていました【反省】
 ・小屋は我々含めこの日は10人のお客さん、若者が多く「日本の将来は明るい」っぞ!
  それも結構豪傑メンバーが集合、一組目は大きな鍋をかつぎ上げ素材(野菜丸ごと)
  からカレーライスを・・・、もう一組の酒の量が凄いこと、あげくには ウィスキーを ビン
  ごと
持って来ていはりました。(降参です)
 ・神原コースは、以前 登りに使っていました(それも雨の日に) 今回は下りに使用、
  全く違った雰囲気を 再び楽しむことができました(笑)
 ・登りも、下りも 自然たっぷりコースで 山に癒してもらいました、感謝~♪
 ・小屋番さんから、「久しぶりに芯の無いご飯を食べた」と最高のお褒めの言葉をいた
  だき!、お世辞とも知らず喜ぶ山馬鹿が・・・ お目出度い(爆)


   鹿の背です、写真はよっちゃんご提供! 素敵なモデルさん(笑)
f0187402_19314949.jpg

   登り始めの白水
f0187402_1932472.jpg

   落ちると危ない道も・・・(どこの山でも一緒か?)
f0187402_19321976.jpg
f0187402_19323227.jpg

   間もなく主稜線、ここまで約2時間半、大障子岩方面へ少し歩くとクーチ谷分岐。
f0187402_19324310.jpg

   ここから小屋まで約3h、祖母山頂はまだまだ遠い!
f0187402_19325880.jpg

   鹿の背は、逆から写すと迫力が無い?
f0187402_1933912.jpg

   素敵な自然林(ブナ、なら、ヒメシャラ等々)
f0187402_19331690.jpg

   山頂より歩いて来た道を、左のピークは前障子、その右が大障子岩! 右奥にうっすら傾山!
f0187402_19332579.jpg

   左のピークは古祖母、右は障子岳から続く稜線。
f0187402_19335279.jpg

   ちょっと角度を変えて写すと全然違う。
f0187402_1934629.jpg

   山頂で詩吟を奏でる「お洒落な風流人」  でも、酒癖悪し[警告&注意!]
   人間、陽が沈んだら寝るべし!
f0187402_19345110.jpg
f0187402_1935389.jpg

   立派な垂れ幕、凝り性のよっちゃんご提供(笑)
f0187402_19354281.jpg

   管理人さんは、皿うどんがお気に入り、何回もお代わりを♪
f0187402_1936631.jpg

   『豊後牛』のステーキ、解けました。
f0187402_19361795.jpg

    これは神原コースの五合目小屋、Q合目小屋より綺麗かも~
f0187402_19362971.jpg

    滝も、なかなか素敵ばい!
f0187402_19372824.jpg
f0187402_19374573.jpg

    皆さんも、見に(&体験に)来んね~
[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-11 19:39 | 九州の山 | Comments(6)

祖母山系縦走!


『何はさておき、皆さまのおかげで楽しい時間を過ごさせて
 いただき、誠にありがとう御座いました。
 適当に、写真を送付しておきます。
 小屋内で撮った写真は、残念ながらほとんどボツでした。


 これで祖母の一般地図に載っているルートは、やっとこさ
 全部制覇できました。よっちゃんのおかげだす、感謝~♪


 それに、登りではへたれてしまい ご迷惑をお掛けしました。
 ここ最近の軟弱登山&体重自己ベスト更新中の影響ではない
 かと自分で分析していますが、これはなかなかの大病のようで、
 簡単には治らんばいと 開き直っている山馬鹿が・・・』

[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-10 21:53 | 九州の山 | Comments(0)

さるく&料亭「花月」

普段 目一杯働いているので、自分へのご褒美と思いさるいて
花月ご馳走を食べて 来ました~

博多からのお客様(肉まんさん)を、長崎遊び三人組でお出迎え!
負けんごつ、行きも帰りも歩き・・・ よか運動になりました 感謝♪
ぶらぶらさるくは、ここに詳しく。

しっかりと勉強させてもらいましたが、ニ,三しか覚えていません。
   教え甲斐がないと(アルツは着々と・・・) 


   決して福山ではありませんし、「前川 清」でもありません(笑)
f0187402_2116094.jpg

   さるくガイドさん、笑顔が素敵でお話も楽しかったです! 熱心な方で、自腹であちこちへ
   お勉強に、また 気さくに 時間も延長していただき  感謝~♪
f0187402_21161470.jpg

   ここも料亭「青柳」、平和記念像のレプリカだす。 料理は花月より美味しいかも(好みも)
f0187402_21162163.jpg

    『坂本 龍馬』直筆の嘆願書
f0187402_21162858.jpg

    これは愛八姉さんのお勉強道具、字のきれかぁ~ 龍馬とは・・・?
f0187402_21163588.jpg

    花月の大広間、(中?) 以前に結婚式があった部屋の方が広かったか?
f0187402_21164291.jpg

    暴れん坊の刀傷
f0187402_21165055.jpg

    800坪の庭です、何度も紹介が。草むしりが、さぞ大変かとかも。
f0187402_21165834.jpg

    
f0187402_2117754.jpg
f0187402_21171849.jpg

   ここの敷居が、結構高い!
f0187402_21172735.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-05 21:43 | その他(出張&雑) | Comments(2)

花月「料理」

すんません、ウンチクを聞きましたが・・・
 左から右の耳へ~
  最初はおかみの挨拶、その後『おひれ』(お吸い物)を食べ
   ようやく 宴会スタート

f0187402_22183620.jpg

   ご昼食会場ですぅ。
f0187402_22185767.jpg

   食事が出てくるまで、お縁でお茶を~
f0187402_22192354.jpg

   菜の花と?
f0187402_22204981.jpg

   色々 (爆)
f0187402_22211718.jpg

   鯛&ヒラス!
f0187402_22213036.jpg

   鯨 & 鮫のゆびき
f0187402_22221818.jpg

   どんく(椎茸)焼き & ハトシ(中がウナギ)
f0187402_22222622.jpg

   ?(笑)  この後出てきたメイン(角煮)を撮り忘れ・・・
f0187402_22224195.jpg

   デザート  なんとムースばい!
f0187402_22225116.jpg

   桜
f0187402_22233685.jpg
f0187402_2223515.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-04 22:37 | その他(出張&雑) | Comments(2)

'13-3;多良マンサク詣で

春の花「マンサク」詣でに多良山系へ。
ようやくデジカメが退院し、写しまくり~
山上の押すだけカメラマンは、約180枚 撮ってました!(笑)

1.日 ’13-3-2
2.山 多良山系
3.ルート
  黒木~中山越~笹岳鞍部~西岳~多良岳~金泉寺~西野越~下山
  <所要時間:約5h(休憩含む)
4.写真&コメント


 ・今が旬のマンサクを堪能、でもまだ少し早かったようです。
  今年は、花付きがいいと思います。
 ・オオキツネの次に登山者が多い時季かもしれません。
 ・金泉寺に新しい管理人さんも増え、小屋が綺麗になっています。
 ・陽が当たる場所は暖かいのですが、日陰で風が強い場所は凍えます。


   この木はほぼ満開!
f0187402_2323936.jpg

   素晴らしい自然林が、思わずシャッターを押させます・・・
f0187402_2323173.jpg

   なかなかこの金糸玉子がよかよか
f0187402_23232516.jpg
f0187402_23234130.jpg

   多良山頂手前のアカガシ
f0187402_23234975.jpg

   多良稜線のマンサク、花付き良好
f0187402_23235737.jpg
f0187402_2324495.jpg

   西野越下の群生地、オオキツネさんも順調に準備中
f0187402_23241063.jpg

   中央に見える二つのピークが、笹岳&笹南岳
f0187402_23242580.jpg

   サツマイナモリも咲き始め・・・
f0187402_23243240.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2013-03-02 23:29 | 多良山系 | Comments(2)