山馬鹿日記

<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

'13-2:八郎縦走

お天気 最高でした~、でも五島が見えない! PM2.5の影響か・・・?
久しぶりに、海の眺望抜群八郎縦走を堪能♪
この時季 椿の花が綺麗なのですが、多良山系同様花が少ない・・・

1.日  ’13-2-24
2.山  寺岳、八郎岳
3.ルート
  元宮公園~寺岳~佐敷岳~八郎岳~熊ヶ峰分岐~市民ノ森~唐八景
  <所要時間:約6h(休憩含む)>

4.写真&コメント


 ・行きも帰りも、バスを利用しました!
  よって帰りは、軽~く飲み かえって高く付く(笑)
 ・まだ デジカメ入院中なので、携帯にて撮影。
 ・下界は、提灯祭り(ランタンフェスタ)の最終日で多くの人が・・・
 ・この縦走路は、以前長崎の真面目な山人達が重い荷物を背負い訓練した
  ルートだったと。
 ・たくさんの若者に出会い、嬉しかったです。
 ・孫ちゃんがおばあさんを連れて来ているパターンも、なんかウルウルと。
 ・下山後のお酒の旨いこと! 仲間&健康に感謝~♪

f0187402_21313829.jpg
f0187402_21315937.jpg
f0187402_21321779.jpg
f0187402_21323218.jpg
f0187402_21325041.jpg
f0187402_21325796.jpg

[PR]

良い出逢い

晴天の下、本日は良い出逢いがありました~

一つは、ハンセン病の患者さん 91歳 お元気そうでした。
  辛い過去の話は、周りから・・・
    昔々、ボーイスカウト時代にもお邪魔したことがあったかも?

もう一つは、梅の花
  「臥龍梅」、見事だした!(我が地元には、大きな梅園がなく・・・)

 ※明日はツバキ狙いですが、果たして・・・

f0187402_21223169.jpg
f0187402_21224315.jpg
f0187402_21225847.jpg

[PR]

有意義に過ごさねば~

明日・明後日と用事があるので、一週間 目一杯仕事を捌きました。

疲れが・・・肩こりも・・・
 あぉ~情けない 若い頃は、これくらいなんとも無かったのに!
   (老いは、自然の成り行きだす)

・明日は、ハンセン病の患者さんへご挨拶
  ボランティア『一粒の麦の会』への援助者です。
   その後、梅見学?&温泉か?
・明後日は、山を縦走予定。

残された時間には制限あり有意義に過ごさねば~♪
[PR]

'13-2:多良三山「五家原岳・多良岳・経ヶ岳」

多良三山「五家原岳・多良岳・経ヶ岳」巡り
久しぶりに多良山系を、しっかりと歩きました。
マンサク咲き始め、登山道が一部凍結、石楠花の花芽を確認、霧氷も堪能!

1.日  ’13-2-16
2.山  多良三山「五家原岳・多良岳・経ヶ岳」
3.ルート
  黒木~五家原岳~中岳~金泉寺~多良岳・国見~西岳~笹岳鞍部~
  中山越~経ヶ岳~舞岳~黒木
  <所要時間;約9h20m(休憩含む)>

4.コメント


 ・朝は放射冷却で冷え込んでいました[登山口(7時)氷点下3℃]昼間は快晴!
 ・多良三山巡りは、約10年ぶりでした!
  たまにはしっかり歩くのもいいものです、自分の身体&精神の弱い部分がみえ
  てきます。
 ・この日は仲間とゆっくり会話を楽しみながら、前回は約7.5h、山屋さんはもっと
  早いはず・・・ 我々は、石橋をビシバシ叩く安全第一ハイカーなので。
 ・デジカメが入院しており、写真がありません。m(_ _)m

 ・セリバオウレンの花が咲いてました、五部咲き程度? まだまだ堪能できます!
 ・マンサクは未だ咲き始め、これからです、蕾は沢山 ご期待ください!

 ・石楠花は総じて少ないです、でも樹によってはまあまあ花芽が付いているものも。
 ・14時頃に経ヶ岳山頂着、透明の綺麗な霧氷が待っていてくれました。  ー以上ー
[PR]

丸山「花月」

丸山『花月』は、一度だけお邪魔したことあります。
約3年前に、会社の若者の結婚式がありました・・・

花月の詳細は、ココを!
個人的な率直な感想を、以下に・・・

ハイカラなお店です、ハイカラが今の人達にどこまで受け入れられるか・・・
「坂本龍馬」の刀傷が売りですが、ほんとかどうか?
 龍馬直筆の手紙も、展示されています。(本来、国宝級か?)
・元々、丸山は遊郭の街でした。
 行こか、戻ろか 思案橋だったようで・・・
・お上品に食するでもありませんが、昔の遊び人のしきたりが少し残っています。
・そんな固苦しいしきたり【時代】にとらわれず、自由に生きていく(スケール大の)
 人には受け入れられるお店だと思います。
 ※流行を追わず、風流を受け入れる方々にはお奨めです。

f0187402_21334697.jpg
f0187402_21335694.jpg
f0187402_2134583.jpg
f0187402_21341517.jpg
f0187402_21342234.jpg
f0187402_21343046.jpg
f0187402_21343744.jpg

[PR]

'13-2:雲仙三山

気の合う山仲間と一緒に、雲仙三山(普賢・国見・妙見岳)を堪能♪
  快晴(青空)霧氷っと、最高だした~
   皆さんと一緒で楽しく過ごさせていただき、感謝~☆

1.日  ’13-2-10
2.山  雲仙三山(普賢・国見・妙見岳)
3.ルート
   仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~(新道)~普賢岳~国見岳~
   妙見岳~仁田峠 【~温泉~小浜ちゃんぽん】
   <所要時間:約4h半>
4.写真&コメント

 ・雲仙初めての方が二名、しっかりと楽しんでいただくコースを選定・・・
 ・春夏秋冬の1/4を堪能していただきました、後は 花・新緑・紅葉を~


   よか天気だした、気持ちの良い完璧な青空!
f0187402_2151063.jpg

   皆で、6名の仲間達・・・
f0187402_2152271.jpg

   素晴らしい山(国見岳)&青空 (その後、霧氷が~)
f0187402_2152954.jpg

   平成新山と山男&山女
f0187402_2153633.jpg

   皆さん仲良しこよし『世界平和』だすぅ。
f0187402_2155071.jpg

   この写真の後、デジカメが寝てしまい。霧氷の写真は撮れず・・・
f0187402_2155957.jpg

   その後 デジカメの復活はならず、そろそろ安い防水のカメラが欲しくなって
   来ました~
[PR]

'13-2:竹田城跡(朝来市)

姫路出張を利用して、日本のマチュピチュ?天空の城『竹田城跡』へ出掛けて来ました。
雪の中の城跡が見れました、地元の方曰く「今年三回目かな~」と、超ラッキーでした!
リンク   (綺麗な写真&ちゃんとした説明が・・・)

1.日  ’13-2-9
2.山  竹田城跡(353m)
3.ルート
  駅~南登山道~大手門~天守(本丸)~二の丸~車道(南登山道)~駅
  約5,6km、<所要時間:約2h>

f0187402_21282281.jpg

4.写真&コメント

 ・朝方(電車の中から) 雪がかなり舞っており、積雪がどれくらいあるのか判らず不安でした。
 ・積雪は、下界で約5~10cm、山の上で約10~20cm どうにか運動靴でも歩けました。
  ベストは地元の方が履いていた長靴、新潟も以前同じように長靴で登山を・・・
 ・九州の田舎者が、雪の竹田城跡を見れ、非常にラッキー♪ また、このため人も少なく・・・

   姫路から播但線で約1h40m、城崎(蟹&温泉)まで約1h、日本海側がなんと近いのです。
f0187402_2130649.jpg

   地図下側が竹田城跡、上側の立雲峡(上側)からが「霧の城跡」が素晴らしいと!
f0187402_21301552.jpg

   竹田駅の上に城跡が・・・、この日 駅裏からの最短ルートは、雪のため断念。
f0187402_21302210.jpg
f0187402_21302939.jpg

   城跡の上はかなりの積雪、新人のくまもんも連れて行きました。
f0187402_21303721.jpg

   大手門から二の丸方面を
f0187402_21304419.jpg
f0187402_21305143.jpg

   これが、天守だす!
f0187402_21305954.jpg

   おっと、またもやくまもんが乱入~(笑) 雪を大喜び♪
f0187402_2131751.jpg

   天守(山頂)からの写真!
f0187402_21311840.jpg

   先ほど写真の赤い合羽の奈良のおばちゃん頭、雪が積もったので一泊追加したとか。
f0187402_21312653.jpg

   これは吹き溜まり、運動靴ではかなり辛かったです。
f0187402_21313567.jpg

   二の丸付近から天守!
f0187402_21314215.jpg

   竹田駅の氷柱、九州人には珍しく。
f0187402_2131533.jpg
f0187402_2132188.jpg

   再度(下山後) 駅から城跡を、人が写ってます。
f0187402_2132911.jpg

   くまもん製雪だるま遊び心は大切です!
f0187402_21321747.jpg

   播但線、寺崎から北側はディーゼル車 この日途中で鹿をひいたと・・・、列車を止め
   点検をされ 若干の遅れが・・・(已む無し)
f0187402_21322550.jpg

   帰りの神戸空港でたこ焼き、今日もスカイマークは遅れました(約30分)
f0187402_21323269.jpg

   長崎提灯まつりの影響か? 飛行機は満席でした~
[PR]

かごんま「焼酎」

今日は会社で健康診断があり、あの美味しい(笑)「バリウム」を飲みました。
その後 下剤を二回飲みましたが、なかなかスッキリせず・・・
  明日は、出張なのに~

先日、かごんまで買ってきた『焼酎』だす!
やはり、現地で売っているのは とても美味しいです。 芋の甘みが・・・
昔々、さつま(旧鶴田)町のエリアスさんに送っていただいた酒(焼酎)も最高
でした。 (かごんまでは日本酒と云わない限り、酒は焼酎なのです)

f0187402_21454472.jpg

   実はもうです、あっと云う間に・・・ 揮発するのが、早い!(爆)
f0187402_21455320.jpg

   あては、これがよかたい!
f0187402_2146269.jpg

[PR]

新聞記事「外来種・・・」

昨日の新聞の話題で・・・

「一部抜粋」

 日光国立公園の奥日光に群生するコマクサなど3種類の植物が、国内由来の外来種である疑いが強まったとして、環境省が除去を視野に対策を検討していることが分かった。

 2010年の自然公園法改正で、国立公園の生態系維持が強化され、在来種の生育に影響を及ぼす外来種を原則除去することになったためだ。しかし、3種いずれもが奥日光観光の名物になっているだけに、除去に慎重な声もあがる。

 法改正では、国立・国定公園内などの保護地域に本来生息しない動植物の持ち込みが禁止された。国は同時に、生態系維持回復事業も創設し、外来種の除去を進めて生態系の保全を目指している。

 環境省日光自然環境事務所はこれに伴い、日光国立公園の中心となっている奥日光のうち、ラムサール条約登録湿地「戦場ヶ原」や小田代原を中心に、外来種がないか文献で調査を進めた。その結果、コマクサ、ニッコウキスゲ、クリンソウの3種が、持ち込まれるなどして群生した疑いが浮上した。

 さらに有識者への聞き取りなどでは、「コマクサは外国人が別荘に持ち込み、広がった」「ニッコウキスゲは奥日光に従来はなかった」など、外来種であることを裏付ける話も集まった。環境省は「奥日光は日光国立公園の中核。本来の自然を保護する場で、外来種と確認されれば除去すべき」との立場だ。

   (中略)

 日光自然環境事務所は今月2日、観光関係者や学識者らが参加する「奥日光ミーティング」で、除去を視野に検討していることを明らかにし、意見を求めた。これに対し、参加者の大半は外来種であることを肯定しつつも、「きれいな花を『抜いてしまえ』という人は少ない」「外来種だとしても花に癒やされている人は多い。今や大切な観光資源」「今さら人間の都合で引っこ抜くことはない」と、共生を訴える意見も出た。

 白山国立公園(石川県など)では2011年9月、自然公園法改正を受け、外来種と確認されたコマクサを国などが除去している。(山田博文)


※何も、杓子定規に・・・
 役所の決まりは、見直していくことに意義があるのかもと・・・
   
  
[PR]

'13-2:九重中岳

「長者原 氷まつり」に合わせ、九重の白銀の世界を堪能しようと考えていましたが、
なんとまぁ暖かく・・・ そこに待っていたのは、田んぼのような登山道でした! 
これも修行と前向きに考え、楽しい時間を過ごして来ました~(笑)

1.日  ’13-2-2
2.山  九重山系
3.ルート
  牧ノ戸~沓掛山~久住分れ~御池(みいけ)~中岳~久住分れ~下山
  <所要時間;約6h(休憩含む)>

4.写真&コメント


 ・朝はガス(気温高く湯気が・・・)、でも昼前後には概ね晴れ渡りました!
 ・暖かく 前日の雨で雪は溶け、且つ霜柱の影響で深く耕され、九重独特の黒土、 
  そこはまるで田んぼのようでした。 靴にどっぷりとまとわり付くし、足が深みに嵌るわ
  で 大変な悪路、でも考え方によっては我々軟弱隊に試練を与えて頂き(爆)
 ・中岳付近では強風が吹き荒れていました、体感にて約15~20m/sか? まともに
  立っていることができませんでした。その折には、坊にはテント無し(12時前)
 ・帰りの登山道では、テント泊の重い荷物を背負った人々に沢山出会いました!
  若者は約70Lのザックがパンパン、焼酎の一升ビンが入っているとか?、よかよか
  よかたい! 若者は、体力を持て余しているし・・・?
 ・そんな若者とは別に、会社の大先輩(70歳前後)チームがテント泊の格好で!
  久しぶりに会いましたが、凄くお元気そうでなによりでした。若者とは違い、必要
  最小限のコンパクトな荷物
勉強になります。気ままに山を堪能~ 素敵です!
  果たして自分が70歳になった時、あれほどの元気があるかどうか?今でも、
  あちらこちらが痛いとのたまっている軟弱者なので・・・(大笑)
 ・色んなことがあった山行でしたが、楽しい時間を過ごせました、同行者の皆さまに
  は、いつも感謝~♪

 ・一点だけ悲しい出来事も、下山後 車に傷が・・・(約10cm) 牧ノ戸からの登山
  がトラウマに!


   沓掛山 山頂の表示板は、いつ倒れたのか? 前日の強風?
f0187402_2126415.jpg

   定番の御池(みいけ) 凍ってはいましたが、、、
f0187402_2126121.jpg

   表面はかなり溶け、小波が・・・
f0187402_21262055.jpg

   九州本土最高峰「中岳」は強風で、まともに立っておられず・・・、左奥は大船山!
f0187402_21262872.jpg

   同上、奥は坊がつる。
f0187402_21263591.jpg

   稜線越の天狗さん!
f0187402_21264281.jpg

   一部解けかかった池の上に、若(バカ)者が・・・? 落ちても、助けられません。
f0187402_2126516.jpg

   どすんと構えた大好きな三俣山!
f0187402_2127058.jpg

   ちょっと構えている ☆生山!
f0187402_2127867.jpg

   云わずと知れた? 久住山!
f0187402_2127159.jpg

[PR]