山馬鹿日記

<   2013年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新「通勤ルート」


睦月も今日で終わり、早っ 一年の1/12が過ぎ去りました!
時間は、有意義に過ごさねばなりませんね~

別の通勤ルートを紹介してもらい、今週 楽しんでみました。
従来ルートより、信号が少なく時間的には短縮できそうですが、
いかんせんアップダウンがあり、燃費は非常に悪いようです。

昨日の帰り道、途中に公園があったので少々散歩を♪
ぐんぐん登っていくと、眺めの良いお墓に行き着きました。
ちょうど夕陽が綺麗で、携帯で写真を・・・
日が沈めば夜景も良さそうです、周りからは火の玉が足元を照
らしてくれそうです(笑)

f0187402_22153899.jpg
f0187402_22154737.jpg
f0187402_2216576.jpg

[PR]

「水仙」見学


先日、関東からお姉さまがみえられ、またまた「水仙」を見て来ました~
ほのかな香りが漂い、なかなかよかです!
最適(最高?)に見頃だったかもしれません。【満開!】

この時季、一度は野母﨑(長崎)をご訪問くださいね~♪


f0187402_20414935.jpg

[PR]

'13-1:彦山

長崎港から見ると、一番に付く山のようです!
「長崎県の山」の表紙にも、この山の山頂が写っています。
そのような山なので、山登りをしない方でもその山の形は
ご存知なのだと・・・ たぶん~

1.日  ’13-1-26
2.山  彦山
3.コース
  蛍茶屋~(九州自然歩道)~藪~尾根道~彦山~豊前坊
  ~豊前坊裏山~広場~P363~豊前坊~番所バス停~
  蛍茶屋

4.写真&コメント


 ・彦山 山頂隣のピークは、一度訪れたいとキープしていた場所でした!
  この日、気の合う山仲間と一緒に あっさりと制覇してしまい~
  (これまで折角キープしていたのに と・・・笑!)
  でも、また新たな宿題(踏み痕)も見つかり~ また元気に!
 ・そこは、自然林ばかりの良い場所でした。豊前坊の上側なので、ご神体
  と思われる神々しい景色(木樹)が~


   はい、、またまた眺めの良い長崎の街&港が・・・
f0187402_21574342.jpg

   豊前坊下の階段、一個一個ちゃんと積んでいます、昔の人は 偉い!
f0187402_21575330.jpg

   上記同様ですぅ、宗教の力 おそるべし!
f0187402_2158320.jpg

   山中を歩くとこんな人工物が、よくあります。
   これは水瓶(水道タンク)です、あちこち 皆さんの街にも~
f0187402_21581372.jpg

[PR]

'13-1:高岩山

宝の山「雲仙」へ、当初は霧氷狙いでしたが・・・
お山は白く無く、そこで急遽変更し歴史探索コースへ切換えました!
雲仙は、色々と堪能できる宝の山です。(感謝~♪)

1.日  ‘13-1-20
2.山  高岩山
3.ルート
   小地獄温泉[青雲荘]~三鈷の松~一切経の滝~行基洞~塔ノ坂~
   高岩山(811m)~一夜大師像~宝原園地~青雲荘
   <所要時間:約4.5h(休憩含め)>

4.コメント&写真


 ・「三鈷の松」が元気で、良かった~
  (以前は、枯れてしまったと思い込んでました。心底、喜びが込み上げて来ました~
 ・一切経の滝手前の外人さんが、昔入っていたプールの遺構が見当たりませんでした!
  大雨で、流されてしまったのか・・・(悲!)
  こげなものが人を呼びそうな気がするのですが、雲仙人は商売が下手です。
 ・塔ノ坂の雰囲気が好きです、里山を望む田畑♪
  こちらから登ると、牧場(馬)の址が伺われます。(水の飲み場や柵など)
 ・高岩山はみる角度によっては、危険な山! 大崩山系が可愛く、思えるかも~?
  まぁ よか山じゃっで、一度足を運んだらよかばい!
 ・この周回コースは久しぶりでした、以前皆さんを案内したような気がしましたが、
  なんと、「一夜大師像」への道は忘れ~ 【着実に、アルツ進行中~ かも?】


   貴重な松の木です、昔々の高野山との繋がりが・・・
f0187402_21434960.jpg

   三本なのです!
f0187402_21441470.jpg

   雲仙の歴史は古い、女人禁制の門の址もあります。
f0187402_21444494.jpg

   一切経の滝も立派です!
f0187402_2145011.jpg

   冬場に、この迫力だす!
f0187402_21452789.jpg

   お望みとあれば、ここで滝に打たれても構いません・・・
   [私は心臓弱く、お付き合いできませんが(笑)]
f0187402_21453863.jpg
  
   行基洞入口の階段、上にも人が写ってます。
f0187402_21461714.jpg
  
   新しい鳥居が、あちらこちらに・・・   
f0187402_21463587.jpg

   お酒が何本も奉納されてました、お神酒が欲しかったのですが・・・、今回はやせ我慢!
f0187402_21464426.jpg

   山頂の岩の上から、眺めが最高です! 一度、ご堪能あれ~
f0187402_2147025.jpg


   この日も、貸切り山行となりました。
   下山後は、「県民ショー」に出た『小浜ちゃんぽん』(寿司がセット)を堪能♪
[PR]

水仙の里公園「水仙まつり」

「水仙まつり」が、あっとりま~す!
今が見頃だす、ここから話題の端島(軍艦島)よう見えます。

公園のすぐ近くには、温泉もあり 海の眺めが最高です!
この周辺は海(笑)、8月後半~は伊勢エビ祭りが開催されます。
 (海老さんは脳みそが一番ウマカです、味噌しゅるで)
今の時季はアラカブです、脂がのっています。
 (何でもがあります、決して暖かくなってからでは あきまへん


   ほのかな香りも、よか感じです。
f0187402_2119323.jpg

   軍艦が攻めて来ました~ 知らん人は、ほんとに驚きます!
f0187402_21194070.jpg

   以前に比べ公園をかなり拡大し水仙を沢山植えています、けど駐車場は広くなっていません。
f0187402_21194872.jpg

   まぁ綺麗に咲いてますので、見てください♪
f0187402_21195559.jpg

f0187402_2120233.jpg

[PR]

九千部岳


今年初めて 1000mを超える山へ 五座目 高山病にならぬよう徐々に馴らし運転が必要 下りは気圧の急激な変化を身体に与えないよう 特にゆっくりと

カメラを忘れてたので ちょっとドキュメント風に…(笑)

大好きな山も 一年振りでした 例年は三 四回は登っていたのに~

気持ちよく 元気に登れたことに感謝F7EE.gif


帰宅後 『ダイオウイカ』本物のドキュメントに感激~ F649.gif
[PR]

一年振りの岩屋山

一年振りに「岩屋山」へ登って来ました~
  例年であれば、会社が終わった後にちょくちょく・・・
    昨年は、関西長期出張があり訪問できませんでした。


   登り始めはお墓の団地、なんと立派なお墓の数々 屋根付きというか一戸建ても!
   お金の掛けすぎばいと語りながら、我が家は父も義父も葬式なんてせんでよかばい
   と、自分も最近そう思うようになってきました。
f0187402_21231972.jpg

   一歩入ると綺麗な森が広がっていますが、ここは猪くんの縄張りのようです、いたる
   ところで お食事を(土の中のミミズ君を)
f0187402_21232631.jpg

   素敵な滑沢もあります♪ 大崩山系にも負けていません(笑)
f0187402_21233558.jpg

   眺望抜群の場所でランチを、先に見える海では釣り船が4,5杯
f0187402_212343100.jpg

   山頂では、子が転がり また数多くの岩屋山ファンが訪れていました~
f0187402_21235096.jpg

   お天気の下、気持ちのよい一時を過ごせました。
[PR]

「かごんま」訪問 番外編

折角 異国の地「かごんま」を訪問したので、番外編として写真をベタベタと・・・
  皆さん、肩の力を抜いて気楽にご覧くださいなぁ~


   この時季、「菜の花」が咲くのはかごんまぐらい?
   今度の日曜だったかな? 有名な 菜の花マラソンは!
f0187402_2163774.jpg

   池田湖のイッシーです、一時かなり騒がれたので今は池の奥深くで・・・
f0187402_2164550.jpg

   日本最南端駅「西大山」、無人駅です!
f0187402_2172972.jpg

   西大山駅にある『幸せを届ける黄色いポスト』
f0187402_216559.jpg

   枕崎方面に、磯間嶽&カツオラーメン(この周辺だけの限定版)
   桜島方面に、鹿児島市の北側「仙厳園(磯庭園)」 ・・・昔の殿様の庭
   更に、北側に霧島山系;その中の西側に栗野岳!
f0187402_2117983.jpg

   魚見岳から「知林ヶ島」、干潮時のみ陸続き(長さ約800m) 次回、行くどぉ~
   島の左奥に、屋久島から来たフェリーが・・・
f0187402_21171924.jpg

   仙厳園の石楠花、美しかぁ~
f0187402_21172690.jpg
f0187402_2117332.jpg

   〇に十の字、薩摩藩の印
f0187402_21174062.jpg

   昔から変わらない風景のはず・・・
f0187402_21175099.jpg

   殿様の別荘じゃっど
f0187402_21175746.jpg
f0187402_2118444.jpg

   かごんま、よかとこだすぅ~
[PR]

'13-1:栗野岳

いつかは歩いてみたいと狙っていた山です!
元気な内に歩くことができ、感謝~♪
今回の山行は全て反時計回りで、尚且つ貸切り状態(山中で誰にも会わず)

1.日  ‘13-1-5
2.山  栗野岳(鹿児島湧水町) えびの高原西側
3.ルート
   枕木階段~展望台~分岐~見晴台~栗野岳(1094m)~分岐
   ~栗野岳温泉側登山口  反時計回り周回
   <所要時間:約3h(休憩含め)>

4.コメント&写真

 ・朝から雨が降っていましたが、時機にやみ、三日共天候に恵まれました。
 ・枕木階段は足に優しく廃材利用にもってこい、しかし耐候性はもう一歩・・・
 ・登りに使った尾根は、ミズナラ&モミジが多く明るい林でした。
 ・ブナ・ヒメシャラ・アカガシ・大モミの木々が、癒してくれます。
 ・見晴台からの眺望が一番良好、霧島山系や地熱発電所が。
 ・山頂の北側には林道が出来ており、工事の音が 少々残念!
 ・そうそう三日間共、山は貸切状態で誰にも会いませんでした(驚!)
 ・下山後の栗野岳温泉は、西郷ドンも昔々入ったそうです。

   廃材利用の枕木階段、あれ「何が日本一」だったのか・・・?
f0187402_219239.jpg

   登山口の駐車場の下には、お馬さんが  ここで気づきました(笑)
f0187402_2193866.jpg

   こんなに立派な展望台もあり、桜島も見えてました!
f0187402_2194647.jpg

   明るい林です、気持ちが良い尾根道でした。
f0187402_2195418.jpg

   ブナさんもたくさん、水が美味しい  はず♪
f0187402_2110326.jpg

   ミズナラの樹は、癒してくれますねぇ~
f0187402_21101184.jpg

   霧島山系は真っ白、そこには厳しい山の寒さがありそうな・・・
f0187402_21101940.jpg

   地球環境に優しい「地熱発電所」も、頑張っています。
f0187402_21102779.jpg

   山頂標識&遠足記念のお札が、ぎょうさんありました。
f0187402_21103438.jpg


 ※下山後の温泉もばっちり、この周辺には貴重な花々も咲くようで、またのんびりと
  再訪したい場所だと思いました。
  無事に三日間の山行を終えることが出来山友さま&山神様に感謝~
[PR]

'13-1:磯間嶽

最強に危険な里山か? (経験者向き、侮ることなかれ!)
正直に、こんな素晴らしい里山はそっとしておきたい・・・(笑&真)

1.日  ‘13-1-4
2.山  磯間嶽(鹿児島大浦町)
3.ルート
   林道入口~(北側尾根)~大坊主岩やオットセイ岩~中嶽(395m)~
   ~ワンコ岩~磯間嶽(363m)~大浦登山口  反時計回り周回
   <所要時間:約4.5h(休憩含め)>

4.コメント&写真

 ・岩尾根の連続で、緊張しっぱなしでした。
 ・両側が切れ落ちた岩場で(小坊主岩?)、引き返そうかと真剣に悩みました。
  そこにはロープも鎖も無く・泣く! [ロープがあれば、大概はこなせますが]
 ・途中で使用しているロープは、岩に擦れて細くなっているものがあり 体重を
  あまり掛けぬように!
 ・巻き道がある場所もあり、できるだけこちらを選択することを推奨します。
 ・山頂直下の鎖はSUS製でしっかりしています、気合いを入れ!


   登り始めの梯子は新しい、でも固定されていません。
f0187402_20541839.jpg

   大坊主岩、ここは右に巻道が~  後で上から見たロープは擦れてヤバイ状態に!
f0187402_20542785.jpg

   私が引き返そうとした小坊主岩周辺、両端は切れており、且つ先の様子が判らず・・・
f0187402_20543495.jpg

   こんな楽しい場所が、たくさん 次から次へと。
f0187402_20544218.jpg

   磯間嶽山頂、どげぇ~してあの山頂に登ると・・・?
f0187402_20544975.jpg

   メタボ検診岩も、なんなく   の人も・・・(笑)
f0187402_20545669.jpg

   これが磯間嶽山頂です、高度感が伝わらずすみません、押すだけではアカン!
f0187402_2055545.jpg

   ここに来るまで歩いて来た岩尾根だす。
f0187402_20551212.jpg

   山頂直下の岩壁(10~20m)、足場はしっかりしていますが、高度感が・・・
f0187402_20552040.jpg

   下山後の車道から、素敵な山頂を望む♪
f0187402_20552888.jpg

  ※無事に下山でき、山神&山友に感謝☆  この後、カツオラーメンで顔を洗い?
   長崎鼻を噛み?、イタメシワインで乾杯! 締めは、砂風呂で生き埋めに? 
[PR]