山馬鹿日記

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2月も今日で終わり

2月も今日で終わりですね~
3日短いと、やはり早く感じます。
今月も、色んなことがありました。

1)山登り    3回
2)出張     1回(11日間)
3)飲み会    3回
4)休日出勤  5回


※少々忙しく、山で春を告げる花々に出合いに行けないのが残念!
 でも、健康に過ごせているので「よし」としましょう~♪
 来月も、また色々とありそうです。
 前々から計画している山行に、行けるかな~?      ー以上ー
[PR]

山登りに必要なもの

山登りを始めて、約10年が経ちました。
自分なりに少々ふり返りながら、山登りに必要なものを考えてみました。

①体力
  どちらかというと、登りより下りに必要!(膝の周りの筋肉等々)
  登りは、ゆっくりと登れば、誰でも登れますが・・・
  ヒマラヤ登山した方も云ってました、山頂で死を覚悟するとか。ここ
  まではこれたけど、後(下り)は全く自信が無いと。


②自然を愛する心
  「人間は山に登らせて貰っている」という精神は、いつまでも大切にしたい!
  楽しませて頂いている山に、いつも感謝~♪


③山勘
  地図&コンパスが不要という訳では、決してありません。
  その日歩く地形(基本は尾根と谷、どちらの斜面が急峻か?等)を理解し
  た上で、今歩いている方向が正解かどうか? を常に意識しておく!
  また、踏み跡を見分ける能力等々。


※ほんとに良い趣味に出会え、幸せな日々を過ごしています。
 っで、明日はまた仕事で御座います。(悲!)          ー以上ー
[PR]

本日は休養日

背景を変えてみました、ウィンナーコーヒーかな~?
ウィンナーコーヒーとのお初の出合いは、中学校の時だったような。
その頃は喫茶店も多く、ちょっと大人びた感覚?を味わいによく。
今は好みが変わり、麦酒がある店の方が・・・(爆)

仕事少々忙しく、金曜の帰り遅く、土曜も出勤。
今日は、田舎でゆっくりしてきました。
お昼は、今が旬の牡蠣小屋へ
両親いわく、孫も一緒にがいぃね~ と、のたまっていた!

以前は、雨が降っても山に登っていたが、少々疲れ、本日は休養日
でした。たまには、のんびりモードも大切かなと・・・    ー以上ー
[PR]

誕生日&老い


今日は、拙者の2〇(丸です、0ではありません)年目の誕生日です。

えっ、何?  サバをよんでいる~?  

もちろん、ほんの少しだけ(笑)

っで 本日、会社の先輩から『またまた、急に白髪が増えたね!』

反論、「いえいえ なんで、そんげん急には増えんでしょう~」

でも帰って、鏡を数ヶ月ぶりにじっくり見ると、確かに増えたかな~っと【驚!】

そうなんです、老いは着実に、私の元へ&平等にあなたの元へ~[爆]   ー以上ー

[PR]

09-2:九千部岳【薮】

昨日に引き続き、今の季節限定の薮行を堪能!
このルートは、以前(2年前?)から狙っていたルート。
お庭の管理人さんを連れ、万全の体制で臨む・・・

1.日  ’09-2-15
2.山  奥雲仙「九千部岳」(1062m)

3.記
  1)田代原の牧場には牛さんが、も可愛かったです。
  2)とある場所より稜線へ突入、最初は良かったが途中より、かなりの薮!
    棘君もかなり元気で戦いを挑んでくる~(笑)
  3)稜線上には、昔々の猪垣がありました。(世界遺産の熊ノ歩道と同じ)
  4)下りかけてすぐ岩場があり、その上からの眺めは良好(ご褒美~♪)
    いつもと違う角度から見た山頂は、また違った様子を。(なかなかGood)
  5)山頂で食事をとっていると熊本からの団体さんが、そのまま退散し、なぜか
    そのまま薮へ侵入していた(爆)
  6)これがまた素敵な場所でした、大崩山系の権七小屋谷を思わせるような
    浮石の多い枯れ沢や地図に出てこない支尾根!
  7)春に向けて、お花の準備も着々と進んでいました~
  8)行動時間l約5h(休憩含み)
  9)そうそう今日は、ウグイスの声もしていましたよ~


     奥雲仙「田代原牧場」
f0187402_1929442.jpg

     その二・・・両側は、子牛
f0187402_1930093.jpg

     これから歩く稜線
f0187402_19301721.jpg

     その稜線直前
f0187402_19303620.jpg

     途中の岩場から、どしんと構えた九千部岳(この角度は初めて)
f0187402_19305355.jpg

     山頂手前の稜線から、先ほど歩いて来た尾根道を振り返る
     左奥の山は、平成新山(長崎で最も高い山)
f0187402_19311590.jpg

     新芽、春がもうすぐそこまで~
f0187402_19313511.jpg

     今年も見れます、ヒカゲツツジさん
f0187402_19315651.jpg

     山頂から下りに進んだ枯沢
f0187402_19321387.jpg

     ん~・~? 何か、お探しですか~(笑)
f0187402_19323650.jpg

[PR]

09-2:多良薮[鳥兜山]

海外出張の疲れを癒すために、薮行へ行きました。

1.日  ’09-2-14
2.山  多良山系「鳥兜岳」(769m)

3.記
  1)多良山系では登る人が少ない山です、四方八方に多数の尾根が。
  2)萱瀬杉、いつも通るけど始めて見ました。樹齢はそう古くありませんが、
    多数の巨木が健在。一見の価値あり。
  3)もう一つ登山口の明確な位置が把握できなかったが、全く問題無し。
  4)前日に春一番が吹いていた、この日もかなり暑かったです。登りは、もう
    半袖で良かったかも~
  5)時折、郡岳~経ヶ岳の縦走路が尾根道から見えていました。
  6)山頂はもちろん貸切、下りは別の縦走路(尾根)を歩き周回コース。
  7)下りは支尾根が多数ありましたが、コンパス合わせ&山勘頼りに、当初
    狙った場所へピンポイント着陸。
  8)周回で約4h、地図&コンパスの訓練にはもってこいのコースかも~♪


   「萱瀬杉」入口・・・ここに数台(5台?)は駐車可
f0187402_16141955.jpg

   「萱瀬杉」の案内・・・入口から約10分
f0187402_1614376.jpg

   「大名杉」・・・案内板から約20分、ここには多数の杉巨木が
f0187402_16145388.jpg

   途中の尾根から見る経ヶ岳
f0187402_1615976.jpg

   下りの尾根道、素敵な場所でした
f0187402_16152373.jpg

   下山後、移動し今年お初の「セリバオウレン」 (山友の情報に感謝~)
f0187402_16153884.jpg

[PR]

山馬鹿流『薮おきて』

今年、初めての薮行でした。
楽しかったなぁ~ 拙者の最も好きな山スタイルかもしれません。
自分なりのポリシーをもって、薮に突入していま~す♪

 ☆☆☆ 山馬鹿流『薮おきて』 ★★★

 1)一シーズンに、同じ薮は一回だけ!
 2)歩く人数は、4人前後!
   多くても、10人以内
 3)植物等には、絶対に危害を加えないこと!
 4)目印も、ご法度!
 5)なるべく前の人と同じ道を歩かない!
 6)必要以上に、大声を出さない!
 7)自然を、敬う!
 8)自然を、愛する!
 9)自然に、感謝する!
10)自然を、犯さない!

[PR]

大陸より無事に帰国

本日、春一番が吹く中、大陸より無事に帰国しました~♪
飛行機もかなり揺れていたようです、こちらもお酒を少々飲み揺れてました(笑)

今年になって44日が過ぎました、なんと中国で22日、日本で22日(内、山は9日)
  いつ仕事してるのか~? (爆)

今回、ほとんど独りでした。
やはり食事が困ります、大半はすこぶる高い日本料理でした。(いずれのお国でも
日本料理はかなり高い~!) それで、中国人を誘い(連れられ?)食事に三度ほど。
【もちろん奢り】
最後の夜は韓国焼肉でした、これがまた美味しかったよぉ~

中国語が話せず、想うようにコミュニケーションがとれ無いのが、辛いでぇ~す。
また、機会【チャンス】はありそうなので、頑張り~す!

お土産の『紹興酒』です、上海南部の街「紹興?」のもち米のお酒です!
日本で飲む陶器の瓶のお酒は安物だそうです、ご注意くださいな~☆
f0187402_21523661.jpg

[PR]

09-2:黒髪山系縦走

以前より狙っていた『黒髪山系縦走』を、心優しい山友達のご協力のおかげで達成できました。感謝~♪ いっぱいでっす。
という訳で、昨日は久々によく歩きました。今日は、足がむずむず・・・ 会社の事務所は4階、本日現場まで4往復! さすがに少々辛かったですが、これがリハビリ運動となり、元気~になりました。
明日から、また大陸へ出張で~す。

1.日  ’09-2-1
2.山  黒髪縦走
3.コース概要
   有田ダム~英山~黒髪山(天童岩;516m)~見返峠~青螺山(618m)~牧ノ山
   (553m)~越ノ峠~腰岳(488m)
   たぶん、15km前後、休憩入れず約7h
4.写真&記

     地図&コースタイム
f0187402_21493013.jpg

     山友皆さんのご挨拶
f0187402_2150961.jpg

     登りだして約40分、いきなり岩場の急登!
f0187402_21502583.jpg

     ロープをしっかり握りながら・・・
f0187402_21504431.jpg

     途中の展望岩で
f0187402_2151412.jpg

     これから歩く、正面は天童岩、右奥は青螺山、左奥は牧ノ山
f0187402_21512125.jpg

     天童岩手前の岩場、少々濡れていたので要注意!
f0187402_21515712.jpg

     これから向かう腰岳(左)と伊万里湾
f0187402_21521480.jpg

     本日歩いた稜線、左;青螺山、右;牧ノ山、中央奥;黒髪天童岩
f0187402_21522971.jpg

     腰岳山頂、この後この場で「万歳三唱」を(笑)
f0187402_21524178.jpg

[PR]