カテゴリ:本州&四国の山( 42 )

17-3:書写山「圓教寺」   


  狙っていた山はありましたが、未だ体調が完璧では無く・泣く・・・
  里山散策お寺参り書写山「圓教寺」を堪能して来ました~♪
  登っていくと途中から空気が変わります、厳かで張り詰めた雰囲気
  間違いなく、パワースポット!  

   1.日  2017-3-4
   2.山  書写山
   3.ルート
     姫路駅・・・(バス30分)・・・書写駅~東坂~山上駅~仁王門~摩尼殿
     ~大仏~三つの堂~開山堂~白山権現~置塩坂~書写吹~夢前川
     <所要時間:約4h弱(小休憩含む)>

   4.写真&コメント

   【キーワード】
     西の比叡山、約1000年前、官兵衛&秀吉の陣、ラストサムライ
     ロケ、女人禁制、縦走(周回)、バス利用&徒歩


   
   ロープウェイ乗り場、すみません貧乏人は乗れず・・・
f0187402_180102.jpg

   熊に注意の看板! 関西ではあちこちに、ダテでは無くいます! 
f0187402_187592.jpg

   良い尾根道です、ここは5丁、18丁までは確認
f0187402_1881297.jpg

   東坂はこのような岩場がずーっと続きますが、山人には大したことありません。
f0187402_1882188.jpg

   ロープウェイ山上駅、 姫路城・瀬戸内海・明石大橋・淡路島・小豆島・・・
f0187402_1883172.jpg

   参道脇には、沢山の菩薩様が~ ありがたい・有り難い
f0187402_1884689.jpg

   仁王門、ここが入り口たい(天国? & 地獄?)
f0187402_1885792.jpg

   摩尼殿(ここには、善人しか入れません)
f0187402_189664.jpg

   規模では適いませんが、清水寺と同じ構造
f0187402_1891574.jpg

   中は、こんな感じです!
f0187402_1892724.jpg

   お縁?、日向ぼっこしたくなりました(笑)
f0187402_1895481.jpg

   大仏様も、いてはります。
f0187402_1810358.jpg

   大杉(樹齢約800年)、お寺は約1000年前、未だこの樹は無かった?
f0187402_18101386.jpg

   三つの堂:右は大講堂(本堂にあたる学問と修業の場)、左は食堂(修行僧の寝食の
   ための建物)
f0187402_18102399.jpg

   食堂からお庭を、手前の机では「般若心経」を書き写す行が受けられます。
f0187402_18143823.jpg

   三つの堂「常行堂」、常行三昧をするためのもの、張り出した舞台は大講堂の釈迦
   三尊に舞楽を奉納するためのもの。
f0187402_18103242.jpg

   開山堂(性空上人をまつる堂) 比叡山の出、九州(脊振&霧島)で山岳修行
   終え、あちこち探し求め この地にお堂を・・・
f0187402_1810404.jpg

   苔がこの山系には、約200種類あるそうです。
f0187402_18105050.jpg

   白山権現:性空上人さんが六根清浄を~(悟りを拓いた)
   でっ!、なぜお寺の中に 神社が?
f0187402_18105959.jpg

   下りの途中にも、数々の信仰の跡が。
f0187402_18111441.jpg

   綺麗な水、この後の溝の水もメッチャ綺麗~♪ 心が洗われます!
f0187402_18113867.jpg


  ※ばち被りかもしれませんが、感じたままに『過去を強く感じます・現在の感じ
   方は弱く・未来は感じませんでした!』 果たして、これからどうなるのか?




    
  
[PR]
by yamabakanikki | 2017-03-06 18:17 | 本州&四国の山 | Comments(6)

16-8:春日井三山縦走(定光寺から)     


 出張を利用し、ほんとうの山屋さんと楽しい交流(飲み会&ハイキング)
 定光寺(中央線)から春日井三山縦走を堪能♪ 大半は東海自然歩道
 名古屋駅から車で約1h、自然林豊かで緑の木陰 とても良い縦走路でした。

  1.日  2016-8-6
  2.山  道樹山・大谷山・弥勒山 
  3.ルート
     定光寺~玉野御嶽神社~外之原峠~△350~桧峠~道樹山~
     大谷山~弥勒山~都市緑化植物園 
      <所要時間:約4h>

  4.写真&コメント


   ・前日の親睦会?会場は、世界のヤマちゃんでした! 名古屋では有名
    です、でも初めて行きました。美味しかったですぅ。
   ・今回はほんもののヤマヤさんと一緒に、岩・沢・雪(山スキー)をオ
    ールマイティにこなす人々。厳冬期のアルプスや富士山、それに海外
    の山々へ~ でも、一番 感じたことは山をこよなく愛していること
    そこだけが共通点です。(笑) ハートが温かいメンバーだした♪
   ・東海地区での山登りは、まだまだこれからもっと楽しめます。
    御嶽山・恵那山・荒島岳・瓢山・御在所岳・猿投山・・・済み


  定光寺から川沿いに約5分で、ここ東海自然歩道の入口。
f0187402_1694945.jpg

  山の中に入ると、自然林の木陰でありがたい。
  この後、やはりいつもよりペースが速いので薬を(漢方!、攣り対策)
f0187402_1610226.jpg

  桧峠から先の階段は、少々疲れました、ずーっと続く・・・
  上にあがるに連れ、どんどん急こう配に(悲) プロは息も乱さず。
  そうです、この尾根の右側は岐阜県で左(西)は愛知県。東の岐阜側は
  なんとあの日本一暑い「多治見市」! でも、山はそう暑くなく。
f0187402_16114947.jpg

  三山目の弥勒山(437m)、山は標高ではありません。優しい人々と 
  登ると最高ばい! 二等三角点を確認。
f0187402_1612131.jpg

  これは濃尾平野、名古屋駅周辺の高層ビルが微かに見えました。本来なら
  反対側に御嶽山や恵那山が見えるそうです。
f0187402_1612882.jpg

  栗も間もなく、収穫!
f0187402_16121983.jpg

  ハギを観賞すると、翌日その効果が「萩野」が金メダルばい!
f0187402_16123173.jpg

  帰りも皆さん足取り軽~く、安定した歩きはお見事。お盆休みは、道無き沢
  &岩壁を越え 大キレットに出て南岳へ至る予定とか???
f0187402_16123987.jpg

  俄か登山者にお付き合いいただき、ほんとにありがとう御座いました。
    
 


 
     
[PR]
by yamabakanikki | 2016-08-07 16:20 | 本州&四国の山 | Comments(0)

「御嶽山」噴火

お昼のニュースで、御嶽山が噴火したと!
 未だ、取り残されている人も多数の模様
  被害が最小でありますように~♪

f0187402_2311226.jpg

北アルプスの南側に位置する独標です。
記録を見ると、2002年の10月に登っていました。
山登り大先輩(昔、岳沢を開拓していたらしい)と
一緒にゆっくり登り、山で疲れない歩き方を教えて
貰いました。

   大好きな優しい山大先輩!
f0187402_23112392.jpg

   この時、下界は紅葉が真っ盛り  登り始めは半袖でした。
f0187402_23113479.jpg

   山頂付近では雪が降り出し、大先輩と熱燗を~
f0187402_23114341.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-09-27 23:19 | 本州&四国の山 | Comments(0)

【総集編】兵庫&中国地方へ遠征!

無事に、「兵庫&中国地方」の遠征から帰崎しました!
三泊(車中泊仮眠含む)、三日、四座?
時間的にも欲張った計画でしたが、安くで沢山登って来ました♪
(山より、運転が一番しんどかったかも・・・)

〇行程
1)初日:雪彦山(約5h)・・・日本三彦山(英彦山、弥彦山)制覇!
  オプション:竹田城跡(約1.5h)・・・前回は雪の中、今回は雷。
2)二日目:氷ノ山(約6h)・・・文太郎さんが愛した山
  オプション:加藤文太郎記念図書館
3)三日目:大山(三鈷峰、約7h)・・・12年ぶりにお花畑を堪能♪

 

〇予算(概算)
 ①ガス代:¥17,000「走行距離 約1,550km
  高速代:¥18,000 
  小 計:¥35,000(3人)・・・ 約¥12,000/一人
 ②民宿(二泊、二食):¥15,600/一人   
 ③その他(温泉・食):¥2,400/一人
_______________________
 合計:¥30,000(一人


    なかなか手強い低山岩巡り、そして沢コースも素晴らしく。
f0187402_23575694.jpg

    大人気の朝来市の竹田城跡です、前回は雪が積もり・・・
f0187402_2358496.jpg

    冬は雪に覆われてしまう氷ノ山!
f0187402_23581885.jpg

    国宝と云われた男「加藤文太郎」の出身地(浜坂町)にある記念図書館
f0187402_23582529.jpg

    お花畑を堪能~、ユートピヤ小屋&三鈷峰
f0187402_2358396.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-28 22:27 | 本州&四国の山 | Comments(6)

’14-7:大山(三鈷峰&宝珠山)

12年ぶりに大山のお花畑を堪能、前回気づかんかったブナ林も素敵でした!
 前回は25日、今回とは少しピークの花が異なり[微妙]
  登山者が増え、山のキャパを超えていました。
   約10年で山の崩壊はどんどん進んでおり、今後が心配に・・・

1.日  ’14-7-21(海の日)
2.山  大山(三鈷峰&宝珠山)
3.ルート
  大山寺~寺&神社~稜線(宝珠尾根)~ユートピア小屋~1550mピーク
  ~三鈷峰~宝珠山~スキー場~大山神社へトラバース
  <所要時間:約7h(休憩たくさん含む)>
f0187402_2147960.jpg

4.写真&コメント

    稜線へ上がると、素敵なブナ林が! 但し、ここには虫も沢山・・・
    立ち止まると、顔の周りにブヨがウヨウヨ・・・
f0187402_2153349.jpg

    宝珠尾根はかなり崩壊が進んでいる箇所があり、注意が必要です!
    12年前にはこんな場所は、ありませんでした。
f0187402_2154686.jpg

    主稜線へ、ユートピヤ避難小屋です。昨晩は、12名泊まったとか。
f0187402_2155964.jpg

    クガイソウはちょっと(約1週間)まだ早いようでした、今回の主役はギボウシ、
    シモツケ、アジサイ、それになんとヤマツツジが見事に咲いてました。
f0187402_216998.jpg

    振り返って、三鈷峰です。この手前の尾根道も、かなり崩壊しています。
    将来的には、行けなくなるかも?
f0187402_21295318.jpg

    花畑ですぅ・・・
f0187402_22341751.jpg

    主峰(剣ヶ峰)はガスの中で、この日顔を出しませんでした。
f0187402_7343898.jpg

    墓場尾根(天狗が峰)方面も崩壊し危険な状態、先日も恐怖で動けなくなりヘリ
    が出動したとの話でした。
f0187402_7344975.jpg

    ギボウシが沢山、100年分ほど観たかも?
f0187402_7345863.jpg

    宝珠山方面のブナも最高!、お水が美味しいはずです。
f0187402_735880.jpg

    ゴルフ場へ下山しました!(12年前と全く同じコースを堪能)
    その折の登山者数は20名程度だったような、今回はその約10倍の人人人が・・・!
f0187402_7351634.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-24 21:48 | 本州&四国の山 | Comments(4)

’14-7:氷ノ山

「加藤文太郎」さんの地元の山系、中国地方では大山の次に高い山!
  冬は、雪に閉ざされる山々・・・
   一度、どんな処か訪れたかった山でした。

1.日 ’14-7-20
2.山 氷ノ山
3.ルート
  福定親水公園~布滝~地藏堂~氷ノ越~山頂~神大山小屋~
  東尾根~スキー場~登山口
  <所要時間:約6h(休憩含む)>
f0187402_211604.jpg

4.写真&コメント

    布滝です、標高差62m? カメラマンの腕が悪く、その迫力が伝わりません。
f0187402_21163680.jpg

    文太郎さんが泊まった祠、当時の梁も中に置いてありました!
f0187402_21164444.jpg

    山頂手前から望む~
f0187402_2116535.jpg

    山頂(1510m)避難小屋、九州人はなかなか気づきませんが、ハシゴは冬に
    二階の窓から中へ侵入するためのもの!(雪がしこたま)
f0187402_2117668.jpg

    草原場の尾根が・・・
f0187402_2117154.jpg
f0187402_21172448.jpg

    ブナ・ナラ等の自然林が、素敵な山でした。
f0187402_21173470.jpg

    文太郎さんの故郷「兵庫県浜坂町」(日本海側)の記念館! 「入場、無料だす」
f0187402_21174228.jpg

    文太郎さんの登山靴、大正(わらじ)時代にどうやってこの靴を入手?
    田舎では、まだまだ草鞋が主流の時代に!
f0187402_21175123.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-23 21:18 | 本州&四国の山 | Comments(4)

'14-7:雪彦山(日本三彦山)

日本三彦山雪彦山(せっぴこ山、姫路市)」へ、修験道の山です。
 [英彦山(福岡県)]、「弥彦山(新潟県)」

1.日  ’14-7-19
2.山  雪彦山
3.ルート
  南側登山口(キャンプ場)~展望岩~出雲岩~大天井岳~
  雪彦山(三角点)~鉾立山~三辻山~虹滝~登山口
  <所要時間:約5h>
  ※GPSデータではありません、百金コンパス持参!
f0187402_2184224.jpg

4.写真&コメント

 ・前日は 車中で仮眠(約3h)なので、岩山 要注意!
 ・登山口に近づくと、雨が・・・、合羽を着て登りだすと小降りに
  良かったですぅ。低山で、かなり蒸し暑く 大量の汗が!
 ・危ない岩山と聞いていましたが、虚空蔵山の冒険コースと同じく
  らいで楽しめました。(コースに寄っては、異なると思います)
 ・一般的には、「大天井岳」を雪彦山と呼んでいるそうです。国土
  地理院は奥のピーク(三角点)を・・・
 ・岩山も素敵ですが、沢コースも綺麗で、連続滝はお見事♪
 ・そうそうこの山には、ヤマヒルが沢山!
  下山後確認すると、登山靴の中に5匹も。
  田んぼで食いつかれたことあり、特に痛くも無かった子の頃の記憶が・・・

    サミットまで開かれ、交流が!
f0187402_20521943.jpg

    大天井岳、岩山低山です。
f0187402_20534980.jpg

    71歳になった山ベテランさん、山では元気!
f0187402_20535927.jpg

    出雲岩、崩壊酷く あまり立ち止まらい方がbetter
f0187402_2054932.jpg

    こんな岩場があちこちに・・・
f0187402_2054244.jpg

    里山雲海だす。
f0187402_20543848.jpg

    覗き岩?、メタボ検診岩。
f0187402_20544775.jpg

    こんな登りだらけ!
f0187402_20545844.jpg
f0187402_20551040.jpg

    大天井岳(雪彦山)山頂、眺望良好、この日は生憎のガス。
f0187402_20552175.jpg

    こちらは、三角点山頂(眺望無し)
f0187402_20553375.jpg

    大雨で、山が崩れていました。
f0187402_20554462.jpg

    沢(数々の滝)が、素晴らしい。
f0187402_20555846.jpg
f0187402_2056722.jpg
f0187402_20561825.jpg
f0187402_20562598.jpg
f0187402_2056343.jpg

    地藏岳か?、岩屋さんだけの登れるとか?
f0187402_20564267.jpg
f0187402_20565190.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-07-22 20:40 | 本州&四国の山 | Comments(4)

'13-11:恵那山

アルプス他、大パノラマを堪能でき とても幸せどした~
今回の山行で、『水分補給の大切さ』を再認識できました!
山のベテランさんに、感謝ですぅ♪

1.日  ’13-11-23,24
2.山  恵那山(岐阜&長野県)
3.ルート
 1)初日・・・5h
   神坂神社ー(3h)-神坂峠ー(2h)ー稜線テント泊(標高約1965m)
 2)二日目・・・6h
   テン場ー(2.5h)ー山頂(休憩0.5h)ー(3h)ー広河原駐車場


f0187402_23393793.jpg
4.コメント&写真

・二日間 晴天に恵まれ、尚且つこの時季珍しく無風状態で小春日和でした。
 2,3日前に降った雪が少し積もっていたのも、適度でまた良かったです。
 山頂で、約10cm程度の積雪だったでしょうか。
 PM2.5も大したこと無く、アルプス他の大パノラマを堪能できました。
・ベテン山屋さんに重い荷物も持っていただき、感謝・深謝です。
・それでも、いつもより早いペースで私だけバテバテで、ご迷惑を・・・
・予定では、初日山頂近くの小屋まで行く予定でしたが、拙者が足を引張り
 日没断念。山頂まで後 約3h弱の場所でテント泊(雪の上)。
・ベテランさんは、テキパキと準備を進めあっと云う間にテントおよび宴会の
 会場&食事の準備が完了してました。
・テント内で、酒(焼酎ストレート、他を少々)を飲み 食事を済ませ 休んで
 いると、身体に異変が・・・足がつりだし、しばらくして今度は 突然嘔吐し
 、大変な状態に。(ベテランさんはその時冷静に傍観し、その後の対応に
 付き 貴重なアドバイスを~)
・後で先輩に聞くと、「軽い脱水状態」になっていたと。 その折にも、お湯に
 砂糖を溶かして飲んだらいぃとか適切なアドバイスを。塩分だけではいかん
 ようです。 『水分補給の大切さ』を、再認識しました。
・この晩、砂糖湯が効いたのか 爆睡できました。そのせいで翌日はどうにか
 元気になり、山頂へ向かうことができ、感謝~♪
・つった足には、ツムラも飲みましたが・・・、一番良かったのはホッカイロ!
・今回、登りに使ったルートは眺望抜群(最短ルートのピストンは避けたい)
 でアップダウンがかなりありました。また、木の根もしっかりと蔓延っており
 転倒注意です。(一般的には神坂峠からです、神坂神社から山頂を目指す
 人は少ないようです)
・二日目の早朝 山頂はガスの中、我々が着く頃にはどうにかガスもあがり、
 『大パノラマ展望』が広がって、尚且つあの世界遺産になった富士山も!
・下りは、雪が一度融け また凍った急斜面にかなり苦戦!
・広河原コースも、登り始めはかなりの急登でした。
・春には、沢山の貴重な花が咲くようです。この日は、イワカガミの葉がたく
 さん確認できました。
・今回の山行は、とても勉強になりました。
 山に取り組む姿勢・装備・食事・等々・・・
 普段は聞けない経験豊かな体験談を(一部、海外遠征の話も)聞け大満足♪


   「神坂(みさか)神社」、全てはここから始まります。
f0187402_1941470.jpg

   下界の紅葉がちょうど見頃でした、桜の紅葉も綺麗です(九州とは一味違う)
f0187402_1942922.jpg

   「東山道」です、稜線まで約1h、ここから東側に南アルプスが見えました、しばらくは
   アルプスと並行します。
f0187402_1943829.jpg
   いきなり人工物が目の前に、「萬岳荘」 民間の宿泊施設です。ここに泊まり恵那山と富士
   見台を各々 歩くのもいいかもしれません。
f0187402_1945261.jpg
   樹に雪が、その後ろの青空とマッチングし最高だすぅ。
f0187402_195191.jpg
   「神坂峠」、ここから登るのが一般的のようです。
f0187402_195911.jpg
   約30分歩き ふり返ると、中央アルプスが!
f0187402_195172.jpg
   北側には御嶽山、その右奥には乗鞍、またその奥には穂高が見ました! まだまだ・・・
   御嶽の左奥には白山が、東側には南アルプスが、まさに大パノラマemoticon-0102-bigsmile.gif
f0187402_1952490.jpg
   眺望抜群の稜線は、飽きずに歩けます(広河原コースより、いぃ!)
f0187402_1953275.jpg
   中央アルプスの手前が富士見台のようです。
f0187402_1954268.jpg
   日の出前の朝焼け、南アルプス方面からお日様が・・・
f0187402_1964842.jpg
   出ました~emoticon-0157-sun.gif 今日(二日目)も、いい天気。
f0187402_1965810.jpg
   朝日に染まった御嶽山、肉眼ではもっと綺麗でした。
f0187402_197740.jpg
   ようやく南北の主稜線に、約10cmの積雪、サラサラ雪ばい!
f0187402_197157.jpg
   こんな社(やしろ)が、5,6箇所。
f0187402_1972382.jpg
   南アルプス方面から、富士山が顔を出してくれはりました~ emoticon-0148-yes.gif
f0187402_20373467.jpg
   山頂の避難小屋です、ここからの眺望は抜群!

f0187402_198176.jpg
   小屋の中、フラッシュで撮影、十分泊まれます。小屋の下には、なんと水洗トイレもあります。
   小屋の屋根から水を集めてタンクへ、冬場は凍結するので不可ですが。この日も、氷点下。
f0187402_1981217.jpg
   先ほどの眺めがいい場所は、あの岩の上、ここを外してはいけません!
f0187402_1982485.jpg
   カステラ&珈琲 タイム。
f0187402_1983592.jpg
   雪と青空が よかです。
f0187402_1984673.jpg
   三角点のある山頂(先ほどの小屋から、約10分だったかな)
   質素な山頂標識、百名山では なかなか無いかも(笑)
f0187402_1985625.jpg
   ここには展望台もありますが、ほとんど見えないそうです。
f0187402_19977.jpg
   どこまでもいぃ眺めが続きます、素敵な山系です。
f0187402_1991852.jpg
   今回のリーダ「岩魚迷人」さん、山のプロ。
f0187402_1993019.jpg
   こんなに重い荷物を 皆さん  感謝でした~♪
f0187402_1994287.jpg
   カラマツ&ダケカンバの黄色い紅葉が 綺麗でした。
f0187402_1995164.jpg














[PR]
by yamabakanikki | 2013-11-26 23:42 | 本州&四国の山 | Comments(6)

'13-11:恵那山【速報版】

どっぷりと堪能させていただきました、あの『眺望』は忘れません。
北・南・中央アルプス・御嶽山・乗鞍岳・穂高岳・白山:富士山・・・
ベテラン登山者におんぶにだっこで、連れていって貰い 深謝~

f0187402_228054.jpg


f0187402_22113360.jpg


f0187402_22155428.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2013-11-24 22:16 | 本州&四国の山 | Comments(2)

'13-7:日光白根山

三日目です、 最初に 昨日の中央アルプスでの山岳事故に、ご冥福をお祈り
申しあげます。決して、他人事ではありません! 次は、我が身!
 【いざいかん、備えよ常に!】 


正直に当初、この山は予定にありませんでした。お天気の関係で、山を組み
換え再計画をし出逢うことができました。(拙者は、別の山を提案・・・)
関東以北では、一番高い山 群馬(西)と栃木(東、日光)の県堺の山!
眺望は、おそらく素晴らしく(ガスが・・・、でも心の目で!)、森林限界
を超える辺りの『日本庭園』が最高~♪

1.日 ’13-7-24
2.山  日光白根山
3.コース
     丸沼スキー場~ロープウェイ山頂駅・・・大日如来・・・白根山・・・
     座禅山・・・六地蔵・・・山頂駅 ~ロープウェイ~丸沼~鎌田~
     老神温泉
     <所要時間:約4.5h>
f0187402_2111458.gif


4.写真&コメント

 ・雨だったので、大概は山友さんの写真を拝借♪
 ・日本庭園辺りを過ぎたザレバで、熊のふんらしきものを発見
 ・山頂駅までロープウェイ、標高差約600m これは時間&体力共に大きい!
  その山頂駅が、既に標高2000m。
 ・下山後は、「天空の足湯」にどっぷりと浸かりました。雨が降っていた
  ので、合羽を着たまま足を・・・ きもちんよか だした~(本来は、
  ここから素晴らしい山頂の景色が見えるらしいです)
 ・森林限界前のダケカンバやシラカバ等の樹がどれが見分けが付かず・・・
  九州には、森林限界が無いもので(笑)


  コマクサ(ピンク) 他には、白花や赤いコマクサも。
f0187402_2117462.jpg

  登り始めは結構人の手が入った道です、その内に自然の中の山道に。
f0187402_21171433.jpg

  ハクサンシャクナゲが凄い数でした、良い時季に登れて幸い♪
f0187402_2117282.jpg

f0187402_21175321.jpg

  この辺りから森林限界で、まるで日本庭園 いやそれ以上だすぅ。
f0187402_2118133.jpg

  山頂手前に、祠が~ そこから少し降り、山頂の岩場をよじ登り
f0187402_21173892.jpg

  ようやく、山頂だした~
f0187402_2118781.jpg

  この時点までは、雨なしでしたが、この後はポツポツ・・・
f0187402_21181492.jpg

  素敵な山中です。
f0187402_21174691.jpg



 ・三日間、無事に登れたことを 祖父&山神に感謝~
 (山好き祖父が、いつも見守ってくれています  ありがとう)
 ・四泊、あちきの鼾を聞いてくれた山友さんにも、感謝~
 ・この計画を練り練りしてくれはった山友さんにも、感謝~
  TOPSのケーキで、次回の計画もお願いしました(笑)


 『拙者が一番幸せ者だすぅ~』      ー以上(完)ー
[PR]
by yamabakanikki | 2013-07-30 21:27 | 本州&四国の山 | Comments(2)


身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!


by yamabakanikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
本州&四国の山
「九州の山」一覧
九州の山
県内外(近くの)山
市内の山(丘)
雲仙山系
多良山系
その他(出張&雑)
未分類

最新のコメント

マッスルさん、お早うござ..
by yamabakanikki at 06:30
こんばんは 小学生の時..
by massuru2013 at 21:19
ねぇさん、こんばんは☆☆..
by yamabakanikki at 18:47
風来坊さん、こんばんは☆..
by yamabakanikki at 18:45
ホソバナコバイモさんもマ..
by otohime_22 at 18:34
こんばんは、山馬鹿さん。..
by 風来坊 at 17:33
風来坊さん、お早うござい..
by yamabakanikki at 06:28
こんばんは、山馬鹿さん。..
by 風来坊 at 21:01
hirokoさん、こんば..
by yamabakanikki at 20:41
おはようございます。 ..
by hirokoです。 at 08:38

【リンク先】

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

気まぐれ散歩
そうだ!山に登ろう
山が呼んでる
山に登ったよ

検索

最新の記事

長崎県亜熱帯植物園  
at 2017-03-22 20:36
17-3:多良「マンサク観察..
at 2017-03-20 16:19
17-3:烽火山・日見峠・金..
at 2017-03-11 20:56
17-3:書写山「圓教寺」   
at 2017-03-06 18:17
17-3/3:姫路へ出張(白..
at 2017-03-04 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

登山
家庭菜園

画像一覧