山馬鹿日記

カテゴリ:九州の山( 213 )

’14-6:英彦山


   英彦山は素晴らしく大好きな山系ですが、しばらく封印し約10年ぶりでした!
   (鷹ノ巣山&裏英彦山&猫の丸尾等々は、ここ10年の間に歩きましたが・・・)
   森の貴婦人、そしてヒコサンヒメシャラとお初の尾根ルートを堪能でき大満足~♪
f0187402_18453490.jpg

1.日 ‘14-6-29
2.山  英彦山
3.ルート
  高住神社~望雲台~北岳~中岳~北西尾根(バードライン)~スキー場址
   ~県立青年の家~九州自然歩道~高住神社
  <所要時間:約4h(休憩含む)>

4.写真&コメント

 ・山人として、梅雨の晴れ間を利用せぬ訳にはいけません(笑)
 ・地元雲仙の貴婦人さんにしようか悩みましたが、休日の「高速半額割引」は今日まで!
  この日のガス&高速代:¥2500/1人
 ・山・♨(温泉)・蕎麦・ソフトクリームと、フルコースで満喫♪

    登りがこんなに急な参道だったとは、記憶が曖昧・・・(2,3度は登っていると)
f0187402_18495746.jpg

    トチノ木、なんか雰囲気があり好きです! クルミの樹に少し似てますね~
f0187402_1850893.jpg

    望雲台へ ここは100点ではありませんが、だいだい覚えています。
f0187402_18501839.jpg

    以前(若いとき)より、正直に怖かったです。
f0187402_18502782.jpg

    絶壁が・・・ 手を離せない人もいますが、を離す人も?(笑)
f0187402_1850374.jpg

    壁にはイワタバコがびっしり、雨に濡れ滑り易かったですぅ。
f0187402_1850492.jpg

    オオヤマレンゲも、未だ観れ 良かったです。
f0187402_18505813.jpg
f0187402_1851828.jpg

    お~ぉぃ、次はお前に任せたぞっ!
f0187402_18511569.jpg

    北岳山頂、以前来た時は ロープは無かったような・・・?
f0187402_18512478.jpg

    素晴らしい森です、この辺は涼しい風が吹いてました。(快適♪)
f0187402_18513259.jpg

    中岳山頂、この標識?には記憶があります。
f0187402_18514187.jpg

    そしてお初のヒコサンヒメシャラ、昨年はまあり花付きがよく無かったらしい
    です。今年はいっぱい、それに約1ヶ月続いているとか。
f0187402_18515038.jpg

    雰囲気のある杉さん!
f0187402_1854521.jpg

    北西尾根を初めて歩きます、ここらは台風でこのように禿てしまったと。
f0187402_18521032.jpg

    森の中は素敵なところでした、自然林に癒され。
f0187402_18521867.jpg

    なんか動いていますね~ 見えますか?
f0187402_1852268.jpg

    苔に陽が当たり、最高でした。
f0187402_18523617.jpg

    この山系の「稜線&裏」は堪能したことがありましたが、は初めてでした。
    明るい雰囲気で、山のイメージがこれまでと変わりました。
    やはりは、色んな角度から味わい様々な季節に訪れないとその雰囲気が
    判らんなぁ~ と思いました!
    また、別の様子をみせてくれた英彦山に 感謝の一日でした~♪


[PR]

’14-6:杵島&往生岳、夜峰山

当初 阿蘇は午後から雨予報、どうしようかな~と悩みつつも突入!
 どうにか最後までお天気ももち素敵な縦走路を堪能できました。
  少々ガスがかかっていたので、防水カメラの出番と思いきや・・・
   なんと電池切れ(悲!)
    山大先輩も齢をとったようで、かなり丸~くなっていはりました!

1)日  ’14-6-8
2)山  杵島&往生岳、夜峰山
3)ルート
   草千里~尾根周回コース、赤牛の中をピストン 
   <所要時間:3.5h(休憩含み)、約0.5h>
4)写真&コメント

  ・お昼のお弁当は「ヒライ」、これが安くてボリュームあり。
  ・阿蘇は、雄大な眺めが最高です!(観光地としては、九州一かも)
  ・山友さんご提供の写真【感謝~♪】

    杵島岳山頂まで続く舗装路、修行みたいです!
f0187402_18364145.jpg

    山頂は、眺望よく素敵な場所です。
f0187402_1836521.jpg

    火口の周りを周回できます、スケールがでかい!
f0187402_18372654.jpg

    ハルリンドウさん沢山、またマイズルソウが凄い数、まだちょっと早かったですが。
f0187402_18373669.jpg

    正面は往生岳、かなり下ります(標高約200m弱)
f0187402_18381531.jpg

    往生岳山頂、ここから西側の丸~いピークにも立ち寄りました。
f0187402_18383383.jpg

    火口の中に、ひょうたん島が・・・?
f0187402_1838555.jpg

    火口の中に、ミヤマキリシマの群生地が。。。
f0187402_1839641.jpg

    こちらは夜峰山山頂から、左:烏帽子岳、右:御竃門山 以前に歩いたこの稜線歩きは
    素晴らしかったです!
f0187402_18391559.jpg

[PR]

脊梁テント泊、「楽園を探せ~」平家山、国見岳、五勇山、烏帽子岳、京ノ丈山

GW恒例大人の遠足「楽園を探せ~」と云うことで、新緑が眩しい
(別の表現では、地味な山系)脊梁をテント泊で徘徊して来ました♪

1.日  ’14-5-2~4
2.山  平家山、国見岳、五勇山、烏帽子岳、京ノ丈山
3.ルート

 ①とぞの谷橋~平家山~後平家山[テント泊]
   <所要時間:約3h弱>
   OP._1:ヤマメ散策(沢を約200m下る)
 ②後平家山~国見岳~五勇山~烏帽子岳(ピストン)
   <所要時間:約10h弱>
   OP._2:上記 (OP._3:テント滞在、読書or昼寝)
 ③後平家山~平家山~京ノ丈山~二本杉峠
   <所要時間:約7h弱>
  ※OP.:オプション、各自が自由に選択可

4.コメント&写真

 ・なんとデジカメ忘れ、アルツは順調に進行中・・・(笑)
 ・三日間共 先頭を、同行者に好いたごと歩いてみんねと 泳がされ~
 ・いずれも、好天気&素敵な山仲間に恵まれ最高~♪
 ・二日目は、二日酔いで少々同行者にご迷惑をお掛けしました。
   m(_ _)m
 ・お酒は、少々持参(ワイン1本、焼酎5合)
 ・満点の☆空は、山中テント泊のご褒美です【お勧め!】
 ・テント泊はどこでも寝れて安心です、今回も陽が沈む前から爆睡(笑)
  他の皆さんは、真面目に夕陽に染まるブナ等を撮影・・・
 ・少し厳しく、大いに楽しい山行でした。
 ・花便り
  ミツバツツジ&ブナの新芽は、主稜線(1500m前後)では未だ
  少し下では咲き始め、カタクリは見頃、ヤマシャクは蕾、
  ワチガイソウは至るところに、一番は平家山~国見間の山桜
  色が濃いピンク色(キリタチヤマザクラに近いのか?)


【写真:山友さんご提供】
   新緑美しい登山口(とぞの谷橋先の平家山登山口)
f0187402_2237493.jpg

   平家山への登り尾根、荷物がしんどいよぉ~
f0187402_22373946.jpg

   素晴らしい主稜線、ブナ&ミズナラ等の森
f0187402_2237497.jpg

   水場の散策、割かしあっさりと見つかりGood!
f0187402_2238699.jpg

   後平家山近くのお宿
f0187402_22382034.jpg

   どうにか開花しだした石楠花、烏帽子近辺は九州一の群生地?
f0187402_22383393.jpg

   倒木に苦労しました、跨いだり&くぐったり、雪での枝倒れ
f0187402_22384878.jpg

   国見岳山頂から眺める稜線、中央は小国見、右端は烏帽子岳
f0187402_22391029.jpg

   素敵なブナ森
f0187402_22392259.jpg

   ピンク色が濃い桜、キリタチヤマサクラか?
f0187402_22393524.jpg

   夕陽に染まったブナ、この時間帯からは寒い!
f0187402_22394419.jpg

   ようやく開花、カタクリ
f0187402_22395732.jpg

   京ノ丈山 山頂
f0187402_22401117.jpg

   下山後 カキ氷&芋の天ぷら&ホット珈琲
f0187402_22402169.jpg

    稜線下の水場「本来の川辺川源流か・・・?」
f0187402_22403639.jpg

    ヤマメ散策後、疲れたぁ~  さぁ飲むぞ!(笑)
f0187402_22404513.jpg

    綺麗かどすぇ~  
f0187402_22405363.jpg

    スズタケ元気な稜線、元のままは一部です。
f0187402_2241328.jpg

    巨木に圧倒され♪
f0187402_22411458.jpg

    狙ってます! 果たして、何を???
f0187402_22412590.jpg

    誰かさんは、既に爆睡中(大笑)
f0187402_22413765.jpg

    綺麗な夕陽
f0187402_22414646.jpg

[PR]

'14-4:三角岳

当初は三日目も霧島山系の予定でしたが、ガスで真っ白、眺望が無ければ・・・
前日に調査していた熊本の美術館で開催中の「ピカソ展」に一般道で向かって
いると、割かしお天気良く、低山ならガスの影響も大して無く 予定変更!

1.日  ‘14-4-28
2.山  三角岳(406m)
3.ルート
  役所~南側登山口~尾根分岐~雲竜台~三角岳~分岐まで戻り
  ~天翔台~小学校~登山口
  <所要時間:約3.5h(休憩含む)>

4.写真&コメント

 ・見晴らし最高の低山、今の時季は新緑と海の眺めが素敵です。
 ・この山を訪れる人もかなり多いようで、岩場の角が丸くなりりちょっと濡れて
  滑り易く・・・ 危険!
 ・タツナミソウがいたるところにいっぱい♪
 ・私のデジカメは水気に弱いので、山友さんから写真を貰いました。(感謝~♪)
 ・[蛇足]絵画にそう興味はありませんが、約30年前にピカソ展は博多で!

    タツナミソウがあちらこちらに・・・
f0187402_21424918.jpg

    雲竜台から、天草第一橋(たぶん)&飛岳を望む・・・
f0187402_2142581.jpg

    一等三角点のある三角岳(笑)
f0187402_2143548.jpg

    天翔台、カッコのよか展望台だす!
f0187402_21431317.jpg

[PR]

'14-4:夷守岳&大幡池

霧島山系の北東側にある夷守岳は、容姿端麗(笑)で一度は訪れたいと思っていました。
それに山中にある大幡池も訪れたかった場所で、一緒に縦走出来ると判り喜んで出陣!
前回の矢岳に加え、やっと霧島の山中に一歩脚を踏み込み触れ合うことができ満足~♪

1.日  ‘14-4-27
2.山  夷守岳(1344m)、丸岡山(1327m)
3.ルート
  北側登山口(生駒高原側)~夷守岳~丸岡山~大幡池~ひなもり
  オートキャンプ場
  <所要時間:約6h(休憩含む)>
4.写真&コメント

f0187402_2112256.jpg

 ・北側登山口は、生駒高原のリンゴ園脇から入っていきます。乗用車でも大丈夫です。
 ・急登尾根が待ち受けています、登り一辺倒?、上部の方は平治岳の北側尾根のように
  黒土で滑り易い。距離は山頂まで2.2kmと短いが、標高差はなんと約750m。100m
  おきに、看板が設置されています。
 ・ツガ・モミ・アカガシ等の巨木がたくさん、素晴らしいです。
 ・標高をあげていくと、ちょうど見頃のキリシマミズキが美しい。
 ・山頂の眺望はほとんど無し、且つこの日はガスの中。
 ・割かし、まだスズタケくんも元気です。
 ・夷守岳から丸岡山へ向かう森がまた素晴らしい、ブナ・ナラ・アカマツ・ヒメシャラ
  等の自然林ばかり。古い石段の跡もあり、かなり以前から利用されていた模様。
 ・大幡池は農業用として活用されていると、やはり訪れてみないと解らない。
 ・夷守台への下りは、夷守岳の登りに比べなだらかです。ミツバもあり、モミジも沢山。
  機会があれば、秋にも散策したい場所です。

    夷守岳の北側登山口、車3台ほど駐車可。
f0187402_21125347.jpg

    素敵な自然林の尾根道を~
f0187402_2113328.jpg

    この辺からは、アカマツも沢山。
f0187402_21131346.jpg

    七合目あたりだったか、植生代わり・・・
f0187402_21132383.jpg

    山頂手前から、今が見頃のキリシマミズキが!
f0187402_21133551.jpg
f0187402_21134756.jpg

    夷守岳山頂、眺望は無し。
f0187402_2113572.jpg

    自然いっぱいの登山道、喜び♪
f0187402_2114714.jpg

    大好きなブナさん。
f0187402_21141839.jpg
f0187402_21142971.jpg

    森の中で、美男美女と出会う?(丸岡山山頂)
f0187402_21143972.jpg

    かんがい用のお水、なんですね~
f0187402_21144981.jpg

    大幡池
f0187402_21145895.jpg

    下りの森には、もみじも沢山。
f0187402_2115933.jpg

    ノカイドウ  の看板!(笑)
f0187402_21152137.jpg

    例年よりちょっと遅い? これが本物の蕾だす。
f0187402_21153324.jpg

[PR]

'14-4:鰐塚山

前回は積雪&洪水影響のため、車道を登りました(五合目くらいだったかな?)
その後鰐塚山「イワザクラ」があることを知り、いつか再訪問すると狙って・・・
他の山好きさんとの嬉しい出会いもあり、雨もなんとかもち良かったです。

1.日  ‘14-4-26
2.山  鰐塚山(1118m)
3.ルート
  田野町いこいの広場先(北尾根)~山頂(ピストン)
  <所要時間:約4.5h(休憩含む)>

4.写真&コメント

f0187402_13421382.jpg

 ・素敵な自然林の尾根登り、但し途中の展望はほとんど無し。
 ・尾根に沿って、電力鉄塔がずっと山頂まで続いています。
  後で会った自然観察員さんの情報では、鉄塔のとこだけ日当たり良く
  草が生い茂り大変だとか。ボランティアでの活動、お疲れ様です。
  翌日が山開きで、「豚汁」があるのにと・・・
 ・山頂は眺め良好、この日は生憎のガスで残念。霧島山系が微かに見え
  ていました。桜島には、今回出合えず。
  でも 素敵な山仲間との再会があり、驚き!
 ・お初の花「イワザクラ」との対面でき、満足~♪
  サクラソウやクリンソウに似ていますが、花の大きさは大!
 ・ひなもりオートキャンプ場は、これまで訪れたキャンプ場の中で一番
  設備が充実し快適なところでした。値段もいぃが・・・
  お湯も出、ウォシュレットも、敷地が広く迷子になります。(入口
  からメインの場所まで、車で約5分)
 ※あまり良すぎて、山男&山女には似合わないかも(笑)

f0187402_13453958.jpg

     立派な看板です、田野町あげて歓迎していただいてます。
f0187402_13455143.jpg

     電力鉄塔が山頂まで!
f0187402_1346072.jpg

     木の根が、ずんばい~
f0187402_1346938.jpg

     なんとも可愛らしい♪ 皆さん、感激♪♪
f0187402_13462829.jpg

     ミツバツツジもちょうど見頃!
f0187402_1347239.jpg
f0187402_13473226.jpg

     鉄塔フェチには、たまらんかも?
f0187402_13474136.jpg

     新緑深緑が素敵です。
f0187402_13475045.jpg

     ミツバツツジのピンクも混ざり、よかたい!
f0187402_1348069.jpg

     先発、山好きさん一同
f0187402_1348899.jpg

     いや~ ほんとにありがとう。 皆さん、癒されていましたよぉ。
f0187402_13481818.jpg

[PR]

GW前半:霧島山系

いよいよGWの始まり、休暇も活用し11連休、山に登るしかないでしょう(笑)

①長崎~(高速)~「鰐塚山」~夷守オートキャンプ場
②「夷守岳~丸岡山~大幡池~夷守オートキャンプ場」~えびの国際交流センター?
③えびの~人吉~宇城~「三角岳」~鬼池港~口之津~長崎


今回は、宿が安くあがりました。
 初日、テント泊約¥1,500
 二日目、交流センター 個室¥2,060


     全ては、ここから始まりました!
f0187402_2122988.jpg

     イワザクラ、綺麗! 貴重な花ですぅ。
f0187402_2123950.jpg

     三つ葉さんも、見頃~♪
f0187402_2124730.jpg

     隠し撮り(笑)
f0187402_2125547.jpg

     やぶれ傘の群生
f0187402_213352.jpg

     キリシマミズキ、ちょうど今が旬。
f0187402_2131188.jpg

     お初の山『夷守岳』、ここと前回の矢岳を登ってようやく霧島山系に脚を
     踏み入れたような気になり・・・(競走路だけでは、味わえない山系)
f0187402_2131992.jpg

     ブナ1
f0187402_2133045.jpg

     ブナ2、他にもヒメシャラ・ミズナラ・イスノキ・モミ・ツガ
f0187402_2134114.jpg

     エベレストから下山後は、脚が軽く~
f0187402_2134881.jpg

     お湯が出て、オシュレット付きの豪華キャンプ場。
f0187402_2135669.jpg

     ノカイドウは未だ蕾、残念無念! また来ます~ (笑)
f0187402_214252.jpg

[PR]

'14-3:香春岳・牛斬山

「信介しゃん・・・」(青春の門)で有名な筑豊の山へ!
 最高の『おもてなし』を受け、大満足でした~♪
  楽しいひと時を皆さまと共有、山・人・巡り会いに感謝です。

1.日  ’14-3-9
2.山  香春岳、牛斬山
3.ルート
   五徳越峠~岩場コース~香春岳(三ノ岳)~ファミリーコース
   ~登山口~長光円陣の滝桜公園~長光新道~牛斬山~
   牛斬峠~五徳越峠

4.写真&コメント


   今回は9名が参加、hirokoさんご夫妻に 我々がリクエストし快く案内役を務めていただき実現
   しました。コース設定、下見登山、事前に皆さんへ地図やコース概要の配布、当日のおご馳走と
   至れり尽くせりの「おもてなし」を受けました。ほんとに、ありがとう御座いました。
f0187402_21324525.jpg

   これから登る香春岳(三ノ岳)、結構そびえいます。 信介しゃんも憧れた「山」かも?
f0187402_21325380.jpg

   さあ岩場コースの始まりです、杖をなおす(長崎弁かも;片付ける)面々・・・
f0187402_2133297.jpg

   なかなか大変~ でも面白いコースで皆さんご堪能!
f0187402_21331240.jpg

   中には 余裕で寝てる人も・・・(笑)
f0187402_21332017.jpg

   ぉっお~ 未だ、もうちょい登らんば ばい!
f0187402_21333091.jpg

   二ノ岳とその先に一ノ岳の石灰岩が見えています、高度成長期のビックチンか?
f0187402_21333852.jpg

   一歩一歩が大きく大変な場所も、皆さん でも達者かばい身軽でございます。
f0187402_21334751.jpg

   後方を振り返ると、牛斬山 その後方に福智山がどっすんと!
f0187402_2134194.jpg

   未だまだ、岩場は続きます。 このおかげにより緊張の連続で、キツイと思う前に山頂へ。
f0187402_21341188.jpg

   見晴らし良好、貫山も見えてました。
f0187402_2134221.jpg

   おっ福寿草発見!?、「坊や、文明の利器を使いなさい」(笑)
f0187402_21343093.jpg

   すたこらさっさと下って行きます。
f0187402_21344043.jpg

   先ほどの緊張の岩場とは 対称的な穏やかな道が・・・
f0187402_21345366.jpg

   一ノ岳方面、削る前はかなりの大山だったとか。阿蘇が8,000m級と聞いたことがあり
   ますので、ここは4,000m級だったのかも???
f0187402_21352735.jpg

   下山後、おもてなしの昼食  先ずは前菜から・・・
f0187402_21354346.jpg

   メインの筑豊うどん?、高級お肉も入って、美味い♪
f0187402_2135557.jpg

   デザートが、また美味しく 少々お腹の周りが また豊かに~(笑)
f0187402_21361387.jpg

   今が見頃の公園、香りが素敵でした。
f0187402_21362481.jpg
f0187402_21363827.jpg

f0187402_21365827.jpg

   こちらの山頂も、眺め良く(PM2.5でちょっと残念)
f0187402_21371079.jpg

   アップダウンを繰り返しながら、徐々に標高を落としていきます。
f0187402_21372131.jpg

   最後の防火帯下り、お疲れ様でした。 この縁(山・人・巡り会い等々)に、感謝~♪
f0187402_21373347.jpg

[PR]

’14-2:雪の「三俣山」

多くの言葉は、いらんでしょう~(笑)
  雪・晴・道路・風・時間・・・ 色々と、障害を乗り越え
    九重で、雪と戯れてきました~♪

1.日  ’14-2-16
2.山  三俣山
3.ルート
   長者原~すがもり越~三俣山(西峰)  ピストン
    <所要時間:約5h(休憩たっぷり含む)>

4.写真

f0187402_21303622.jpg
f0187402_21304475.jpg
f0187402_2130553.jpg
f0187402_2131295.jpg
f0187402_21311169.jpg
f0187402_21312357.jpg
f0187402_21313036.jpg
f0187402_21313917.jpg
f0187402_21314518.jpg
f0187402_21315328.jpg
f0187402_2132249.jpg
f0187402_21321173.jpg
f0187402_2132227.jpg
f0187402_21323068.jpg
f0187402_21323854.jpg
f0187402_21324829.jpg

[PR]

'14-2:三国山・国見山

以前から一度は訪れたかった「三国山・国見山縦走路」
気の合う山友6名で、お初の山を堪能でき満足な一日でした。
瘠せ尾根、眺望、自然林、雪・・・と素敵なコースでした!

1.日 ‘14-2-9
2.山  三国山・国見山
3.ルート
   山口(北側)~山口越~三国山~鬼の洞~国見山~林道~登山口
   <所要時間:約4.5h(休憩含む)>
f0187402_1848571.jpg
 【南北が逆です、要注意!】


4.写真&コメント


 ・行きは日田IC経由鯛尾金山を過ぎ山口登山口へ、トンネルを過ぎ約5分程で
  国道442号から左折します(南側へ)、その後親切な看板が要所要所に付い
  ており、本当に感謝です。(これが無ければ、登山口まで辿りつけないかも)
 ・山口登山口まで舗装されており、少々の落石はありましたが、普通車で全く
  問題ありません。(でも低速走行で、まともに踏むとパンクの恐れあり)
 ・登山口に立派な看板あり、これを頭の中に叩き込みコンパスあれば、もう残念
  ながら遭難はできません(笑)
 ・登り始めは、沢を南側へ ここは植林。
 ・稜線まで達すると素敵な自然林が待ち受けてます、この辺りから少々急登に
  なってきます。瘠せ尾根や雪の道を一歩一歩 踏みしめながら・・・
 ・登山口から約1hで三国山です、標高差が300mほど。
 ・ここからの縦走路が、明かい自然林で素晴らしい尾根続きでした。
 ・鬼の洞は何気なく危険【切り立った崖の上を通過】、国見山の手前も岩が
  出てきます。ロープがしっかりと付いていますが、気を抜くと危険!
 ・帰りは、国見から下った10分後に出てくる分岐を北側に、その後約5分で
  林道に辿り着きます。
 ・この林道が危険、崩壊しており浮石多数。
  大雨や雪解けの後は、間違いなく落石が予想され危険だす!
  この時季から成長する棘さんも元気で、困ります。(笑)


   登山口には、約10台は駐車可能! (皆さん、上手に停めましょう~)
f0187402_18491972.jpg

   稜線には、なんと雪が・・・
f0187402_18493191.jpg

   約1hで三国山山頂、ここは大分県・福岡県・熊本県三県境です。(祖母にもあり
   ますね~)
f0187402_18493987.jpg

   山頂からまず目に付く、八方ヶ岳!
f0187402_18494645.jpg

   鬼の洞、どこか特定するのが難しい・・・ とりあえず、大岩の上!
f0187402_18495482.jpg

   その上から、降りて来た道を振り返る。
f0187402_1850150.jpg

   鎗ヶ岳みたいな岩もあります、ここは熊本&福岡県の県境(稜線)
f0187402_18501092.jpg

   山頂手前の岩場、慎重に!
f0187402_18501853.jpg

   国見山山頂、ここは熊本県 やっけんね(笑)
f0187402_18502672.jpg

   石楠花の花芽は、少ないながらもありました。
f0187402_1850337.jpg

   下りの岩場は、高低差があり、気合いが必要! ご用心ください。
f0187402_18504091.jpg

   林道は崩壊地あり、尚且つ「棘」があり要注意!
f0187402_18505028.jpg

   帰りは、八女方面へ(広川ICより高速へ)
     こちらの方が、近かったような?
       国道442号も、以前よりかなり綺麗になりました。          -以上ー
[PR]