山馬鹿日記

yamabaka.exblog.jp

身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!

ブログトップ

カテゴリ:九州の山( 211 )

14-10:烏嶽

本来は、お客様と一緒に金曜から祖母山を堪能したかったのですが・・・
祖母山系の「主(よっちゃん)」に付き合って貰い、安心でした~
そこで皆さんの下山時間に合わせ、お手頃の山へ登ることにしました。
ところがどっこい、これが結構大変なことに・・・?

1.日   ’14-10-18
2.山   烏嶽
3.ルート 地図参照<所要時間:約2.5h>

f0187402_21332588.jpg

 ・本来は、トンネル横のルート(青)をピストンの予定でした(約1.5h)
 ・茶色のルートを登り、本来の登山口より南側を登っていることは途中で
  判りましたが、まさか稜線に出た時点で山頂より南側に出ているとは気
  づかず(思い込み)、反対側へ進んでしまいました。
 ・でもこれが、明るい素敵な縦走路との出合いでした~♪


4.コメント&写真
 ・祖母山系の裾野障子岩の尾根続きの山です。
 ・ネットでみると、山好きさんは「烏嶽~倉木山」と縦走されているようです。
 ・途中に、岡城主が以前に植えた赤樫の立派な森があるそうです、次回の狙い目!


  これが間違った登山口、鹿除けネットがあり 整備されています。
f0187402_2237272.jpg

  途中から美しい尾根道が、なんとなく踏み跡がありました(テープは無し)
f0187402_22371195.jpg

  稜線から降り返り、北東を見ると本来無いはずのピークが? あれが烏嶽だっ![ショック]
f0187402_22371953.jpg

  逆方向の稜線には、素晴らしい瘠せ尾根、そして眺望抜群の岩の上!
f0187402_22372775.jpg

  障子岩の眺望も、ばっちり。
f0187402_22373687.jpg

  少~し危ない 瘠せ尾根が・・・
f0187402_22374523.jpg

  正規の道へ戻って山頂、かなり渋い処です。
f0187402_22375551.jpg

  森は、ほんとに明るく素敵です。
f0187402_2238556.jpg

  トリカブトかその類似花?
f0187402_22381677.jpg

  これが本来の登山口、木に標識も(横向いて、林道からは見えません)
  また、トンネルの反対側にも登山口があり、こちらは車道からも確認できます。
f0187402_22382650.jpg


  下山後、大分のナイアガラ「原尻の滝」で健脚チームと合流♪
  お客様は、厳冬期のアルプス富士山からスキーで滑降する強者です。
  前日、祖母Q合目小屋の管理人(加藤さん)に出会い、感動したとか(笑)
f0187402_2238383.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-10-20 22:39 | 九州の山 | Comments(0)
名古屋から大切なお客様がみえ 皆さんで一緒に山を堪能~♪


☆初日
f0187402_22462726.jpg

f0187402_22471150.jpg
f0187402_22472361.jpg
f0187402_22473399.jpg


f0187402_2248656.jpg


★二日目
f0187402_22493291.jpg


f0187402_22494127.jpg
f0187402_22495471.jpg
f0187402_225048.jpg
f0187402_22501214.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-10-19 22:51 | 九州の山 | Comments(2)
大人の遠足【九重(湯沢台)】へ、行って参りました。
 「坊がつる賛歌」の歌詞に出てくる、三俣山北側の大地です。
   泊まりは、約130棟上げしたテントのある坊がつるで・・・宴会付(笑)
f0187402_20513790.jpg

1.日  ’14-9-14,15
2.山  九重(湯沢台)
3.ルート
  初日:吉部~モノレール入口~湯沢台~下湯沢~上湯沢~
     見晴しが丘~分岐~坊がつる(テント泊)
     <所要時間:約5h(大休憩含む)>
  二日目:坊がつる~雨ヶ池~長者原
     <所要時間:約2.5h(小休憩含む)>
4.コメント&写真


 ・情報集め時に、山慣れした山先輩方に聞くと 皆さん経験済み・・・
 ・最初はモノレールに沿って直登(登山道ではありません)、テント泊の荷物が
  ずしりと効き ここでバテました。兎に角、後ろにだけはこけないように!
 ・湯沢台のルートは、全般的に藪で眺望あまり良く無く、人気がないのかもしれ
  ません。 でも、云い方を変えると 自然豊かで静かな山深いところ(笑)
  (玄人好みの山なのか?、果たして、自分にとってはどうか?)
 ・たま~に不自由な生活を味わい、普段の生活の有難さを経験したいと思うのは
  自分だけでは無いはず!
 ・一番 テント泊 泊まりが多いときかもしれません。親睦には良好だすぅ。
 ・上空にガスが掛かり、暖かい夜でした。満点の☆は、また次回に~
 ・夜中から雨もポツポツ、翌朝のご来光登山はあっさりとキャンセル。この折、
  北アルプスでは多くの事故が発生! やはり、安全第一! のんびりと山を
  楽しむ心の余裕が必要。
 ・風邪気味でしたが、宴会でぶっ飛ばしました。関係者の皆さまには、感謝♪
 ・下山後、瀬ノ本~黒川温泉に下りかけのすぐの場所(最近道が綺麗に なった
  場所)で、なんとネズミ取りっを実施中。普通に走っても80km/hは出そうな
  制限時速50km/h) 沢山捕まっていました、自分は安全運転の見本のような
  もの?なので、大丈夫。
 ・40数年ぶりに杖立温泉へ、源泉 掛け流しのお湯の豊富なこと! 素晴らし
  い処でした。満足・満足♪


   長者原の駐車場は、ほとんど満車状態。 素敵な青空♪
f0187402_20515031.jpg

   ここから山へ突入だす!
f0187402_205209.jpg

   この急こう配と どこまでも続くレールに、辟易。
f0187402_20521181.jpg

   こし渋い湯沢台の山頂、最近切りひかれたようです。
f0187402_20522268.jpg

   ここには、久しぶりにご対面のヤマゴボウ。
f0187402_20523881.jpg

   アケボノソウも、雑草のごとく・・・
f0187402_20524899.jpg

   よっちゃんが杖で操縦するも動かず (笑)
f0187402_2053181.jpg

   素敵な緑のパワー浴び浴び登山。
f0187402_20532882.jpg

   上湯沢の山頂は、三角点あり明確な場所でした。
f0187402_20543287.jpg

   こんな窪地が、ありらこちらに。
f0187402_20544510.jpg

   藪丈も、この時季 高く・・・
f0187402_2055724.jpg

   ミカエリソウも綺麗な状態で。
f0187402_20552499.jpg

   トリカブトが咲き始め。
f0187402_20561797.jpg

   見晴が丘から観た雨ヶ池、ここは眺望抜群!
f0187402_20563223.jpg
f0187402_20565789.jpg

   大好きな花、ワレモコウ
f0187402_2057818.jpg

   ヒメギキョウ だったかな?
f0187402_20572239.jpg

   オタカラコウと三俣山
f0187402_20573934.jpg

   札幌麦酒の回し者では、ありません。
f0187402_2059999.jpg

   「サンマ、焼けたか?」 粋な親父の声が(笑)
f0187402_212456.jpg

   夕方より、山頂付近にはガスが掛かり始め・・・
f0187402_2122590.jpg

   時折り、青空も。
f0187402_2123963.jpg

   二日目、今が旬の
f0187402_215322.jpg

   マツムシソウ
f0187402_2153264.jpg

   ヤマラッキョはもうちょい、10日ほど 後か?
f0187402_2154568.jpg
f0187402_216024.jpg

   今年も合えました「シラヒゲソウ」
f0187402_2174257.jpg

   元気を貰うヒゴタイ
f0187402_2175269.jpg
f0187402_2191528.jpg

   ひぃじ犬が二匹に(笑) それにしてもカメラ目線の犬どした!
f0187402_20355099.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-09-15 21:11 | 九州の山 | Comments(4)
「脊梁&阿蘇外輪山」おまけ
 いつまでも大切にしたい花・思い出です。
 自然・人に、感謝~ ♪


    キレンゲショウマさん、またね~
f0187402_1625691.jpg

f0187402_1625958.jpg

    久しぶりに見た青空!
f0187402_16264854.jpg

    髙森殿の杉、これだけでも一見の価値あり
f0187402_1628789.jpg
f0187402_16282375.jpg
f0187402_16283283.jpg

    マツムシソウさん  天まで延びますか?
f0187402_1635146.jpg

    タカネコウリンギク(絶滅危惧種)、大切にせねば・・・
f0187402_1635553.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-08-24 16:36 | 九州の山 | Comments(2)

’14-8:大矢岳


この日、二座目は阿蘇の外輪山狙い~
 地藏峠~清水峠は、約7年前に堪能(山友さんに感謝♪)
  今回は、途中の駒返峠までと思いきや、暑くてピストンへ切り替え!
  (臨機応変さに、感激・感謝・感服~)

1.日  ’14-8-17
2.山  大矢岳
3.コ-ス
  地蔵峠~大矢岳(ピストン)
  <所要時間:約1h半(休憩含む)>

4.写真・コメント

    地蔵峠まで約5分、ただし急登です。
f0187402_212656100.jpg

    よかとこたい、九州のへそ「阿蘇」!
f0187402_2127641.jpg

    よかバイ、マツムシソウ咲き始め~
f0187402_21272533.jpg

    縦走路(外輪山)、この時季は草に・・・
f0187402_1664125.jpg
f0187402_166534.jpg

    コオニユリも綺麗に~
f0187402_167362.jpg

    シシウドさんもよかたい!
f0187402_168195.jpg

    内側(阿蘇高岳、他)にも、陽があたり・・・
f0187402_16101888.jpg

    〇△キク、これからの主役(笑)
f0187402_16111628.jpg

    ホソバノヤマハハコ
f0187402_16121884.jpg

    美味しい蜜を沢山運んでください!
f0187402_16132142.jpg

    オカトラさんの白さが、緑の中で目立ちます。
f0187402_16133832.jpg

    コウゾリナさんも、お久しぶりでした。
f0187402_1615527.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-08-23 21:25 | 九州の山 | Comments(2)

'14-8:清栄山

南北方向から見ると先端が尖ったその淡麗さは さすが肥後100名山!
 この姿をどこから見たのか?、根子岳か祖母山だろうと・・・
  所要時間も短いと聞くが、兎に角 一回登ってみることに~♪

1.日  ’14-8-17
2.山  清栄山
3.ル-ト
   黒岩峠~清栄山~宮地嶽直前で断念(~高森殿の杉)
   <所要時間:約1h半>

4.写真、コメント

 ・噂の通り、南北に続く稜線で その両側が切れていました。西側が崖岩!
 ・眺望良く、素敵な場所でした! 歩き足らない人は、下界から周回縦走すれば
  どすこい楽しめます。

    登り口(黒岩峠)
f0187402_21585883.jpg

    少し登って、西側斜面を~
f0187402_2159751.jpg

    昨日のオオキツネさんとは違い、キツネさん。
    色が濃く、雄しべが短い。
f0187402_21591529.jpg

    後から歩く、阿蘇南側の外輪山ですぅ。
f0187402_2159225.jpg

    この日は、よか天気で 暑かったです。
f0187402_21591698.jpg

    右奥前が「宮地嶽」、直前の稜線で断念。 藪慣れしてない軟弱メンバ-なので(笑)
    人の背丈程度のアザミちゃんに、待ち伏せされ・・・
    途中ですれ違ったベテランさんは、なんなく制覇され、野草園まで~
f0187402_21593286.jpg

    カワラナデシコ、七変化?
f0187402_21594063.jpg

    よかばい! 高岳 根子岳
f0187402_21594745.jpg

    宮地嶽途中から振り返り、清栄山を!
f0187402_220299.jpg

    よか山たい、お天気もなんとか持ち・・・
f0187402_220970.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-08-20 22:33 | 九州の山 | Comments(4)

'14-8:時雨岳~白鳥山

約10年前に、山先輩に連れて来てもらいました~
「平 清経」住居跡辺りの景色を見て、下山したく無くなりました!
 今回は、ヤマシャクで有名な時雨岳とセットで堪能・・・

1.日  ’14-8-16
2.山  時雨岳~白鳥山
3.ル-ト
   時雨岳登山口~時雨岳~白鳥山~唐谷
   <所要時間:約4h(休憩含む)>
4.コメント&写真

 ・なぜか8月も雨ばかり、身体にカビが生えてはいけんので 山へ~
 ・素敵な自然林の縦走ル-トです。
 ・その昔、平家の落人が住み着いたのも無理はないかも・・・
  楽園!、でも 当時はそんな余裕は無かったのでしょうが、この山系
  へ入ると 追われていることを束の間忘れたのかも~


    最初から、素敵な谷が待っていました!
f0187402_21262353.jpg

    ぼちぼち、急登です。
f0187402_21254876.jpg

    ヤマジオウや他の花で、お花畑状態。
f0187402_21255768.jpg

    ミゾホウズキさんも、お久しぶりでした。
f0187402_2126116.jpg

    お初の渋い山頂、眺望無し
f0187402_21262174.jpg

    オタカラコウは、これから見頃です。
f0187402_21263981.jpg

    あちらこちらに、石灰岩が。
f0187402_21264764.jpg

    そして、ヤマシャクの種が~
f0187402_21265561.jpg

f0187402_21272853.jpg

    市房方面、山の斜面が綺麗で~
f0187402_21273625.jpg

    ブナさん、最高どす。
f0187402_21274534.jpg

    多良山系で見逃したオオキツネさんにも出合え 満足~♪
f0187402_21303276.jpg

    オオルリソウも沢山、ありました。
f0187402_21275314.jpg
f0187402_2128063.jpg

    唐谷コ-スです、なかなか急かばい!
f0187402_2128103.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-08-18 21:49 | 九州の山 | Comments(2)
二回目の梅雨?の影響で、ここまで八月は一回も登らず・・・
 約10年ぶりの場所でキレンゲさんに、約7年ぶりにコウリンギクにも♪
  お天気にも恵まれ、やっぱ「山はよかですぅ~」

1)初日(8/16):脊梁
 ・時雨岳登山口~時雨岳~白鳥山~唐谷(約4h)
 ・高森ペンション泊

2)二日目(8/17):阿蘇外輪山
 ①黒岩峠~清栄山~宮地嶽直前で断念(約1h半)
 ②地藏峠~大矢岳(ピストン、約1h半)


    キレンゲショウマ、ここでは数が増えてました!(網内で)
f0187402_21415838.jpg

    脊梁は、やはり自然林が素晴らしい。
f0187402_2142832.jpg

    清栄山の稜線から 阿蘇高岳と根子岳
f0187402_21421631.jpg

    高森殿の杉、立派だす。
f0187402_21422511.jpg

    外輪山では、マツムシソウも咲き始め
f0187402_21423324.jpg

    この色が素敵、タナネコウリンギク
f0187402_21424286.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-08-17 21:32 | 九州の山 | Comments(4)

’14-6:英彦山


   英彦山は素晴らしく大好きな山系ですが、しばらく封印し約10年ぶりでした!
   (鷹ノ巣山&裏英彦山&猫の丸尾等々は、ここ10年の間に歩きましたが・・・)
   森の貴婦人、そしてヒコサンヒメシャラとお初の尾根ルートを堪能でき大満足~♪
f0187402_18453490.jpg

1.日 ‘14-6-29
2.山  英彦山
3.ルート
  高住神社~望雲台~北岳~中岳~北西尾根(バードライン)~スキー場址
   ~県立青年の家~九州自然歩道~高住神社
  <所要時間:約4h(休憩含む)>

4.写真&コメント

 ・山人として、梅雨の晴れ間を利用せぬ訳にはいけません(笑)
 ・地元雲仙の貴婦人さんにしようか悩みましたが、休日の「高速半額割引」は今日まで!
  この日のガス&高速代:¥2500/1人
 ・山・♨(温泉)・蕎麦・ソフトクリームと、フルコースで満喫♪

    登りがこんなに急な参道だったとは、記憶が曖昧・・・(2,3度は登っていると)
f0187402_18495746.jpg

    トチノ木、なんか雰囲気があり好きです! クルミの樹に少し似てますね~
f0187402_1850893.jpg

    望雲台へ ここは100点ではありませんが、だいだい覚えています。
f0187402_18501839.jpg

    以前(若いとき)より、正直に怖かったです。
f0187402_18502782.jpg

    絶壁が・・・ 手を離せない人もいますが、を離す人も?(笑)
f0187402_1850374.jpg

    壁にはイワタバコがびっしり、雨に濡れ滑り易かったですぅ。
f0187402_1850492.jpg

    オオヤマレンゲも、未だ観れ 良かったです。
f0187402_18505813.jpg
f0187402_1851828.jpg

    お~ぉぃ、次はお前に任せたぞっ!
f0187402_18511569.jpg

    北岳山頂、以前来た時は ロープは無かったような・・・?
f0187402_18512478.jpg

    素晴らしい森です、この辺は涼しい風が吹いてました。(快適♪)
f0187402_18513259.jpg

    中岳山頂、この標識?には記憶があります。
f0187402_18514187.jpg

    そしてお初のヒコサンヒメシャラ、昨年はまあり花付きがよく無かったらしい
    です。今年はいっぱい、それに約1ヶ月続いているとか。
f0187402_18515038.jpg

    雰囲気のある杉さん!
f0187402_1854521.jpg

    北西尾根を初めて歩きます、ここらは台風でこのように禿てしまったと。
f0187402_18521032.jpg

    森の中は素敵なところでした、自然林に癒され。
f0187402_18521867.jpg

    なんか動いていますね~ 見えますか?
f0187402_1852268.jpg

    苔に陽が当たり、最高でした。
f0187402_18523617.jpg

    この山系の「稜線&裏」は堪能したことがありましたが、は初めてでした。
    明るい雰囲気で、山のイメージがこれまでと変わりました。
    やはりは、色んな角度から味わい様々な季節に訪れないとその雰囲気が
    判らんなぁ~ と思いました!
    また、別の様子をみせてくれた英彦山に 感謝の一日でした~♪


[PR]
by yamabakanikki | 2014-06-29 19:00 | 九州の山 | Comments(4)
当初 阿蘇は午後から雨予報、どうしようかな~と悩みつつも突入!
 どうにか最後までお天気ももち素敵な縦走路を堪能できました。
  少々ガスがかかっていたので、防水カメラの出番と思いきや・・・
   なんと電池切れ(悲!)
    山大先輩も齢をとったようで、かなり丸~くなっていはりました!

1)日  ’14-6-8
2)山  杵島&往生岳、夜峰山
3)ルート
   草千里~尾根周回コース、赤牛の中をピストン 
   <所要時間:3.5h(休憩含み)、約0.5h>
4)写真&コメント

  ・お昼のお弁当は「ヒライ」、これが安くてボリュームあり。
  ・阿蘇は、雄大な眺めが最高です!(観光地としては、九州一かも)
  ・山友さんご提供の写真【感謝~♪】

    杵島岳山頂まで続く舗装路、修行みたいです!
f0187402_18364145.jpg

    山頂は、眺望よく素敵な場所です。
f0187402_1836521.jpg

    火口の周りを周回できます、スケールがでかい!
f0187402_18372654.jpg

    ハルリンドウさん沢山、またマイズルソウが凄い数、まだちょっと早かったですが。
f0187402_18373669.jpg

    正面は往生岳、かなり下ります(標高約200m弱)
f0187402_18381531.jpg

    往生岳山頂、ここから西側の丸~いピークにも立ち寄りました。
f0187402_18383383.jpg

    火口の中に、ひょうたん島が・・・?
f0187402_1838555.jpg

    火口の中に、ミヤマキリシマの群生地が。。。
f0187402_1839641.jpg

    こちらは夜峰山山頂から、左:烏帽子岳、右:御竃門山 以前に歩いたこの稜線歩きは
    素晴らしかったです!
f0187402_18391559.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-06-08 22:43 | 九州の山 | Comments(2)