山馬鹿日記

yamabaka.exblog.jp

身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!

ブログトップ

カテゴリ:九州の山( 211 )

三日で四山&大隅半島の観光地も 隅々堪能~♪

今回のモットー?は、『藪山から宇宙まで』
一度は、訪れたいと思っていた 本土最南端「佐多岬」
で 山は? 九州百名山の稲尾岳等は既に登ったので、

etc.(一等三角点の山、根占富士、最南端の山、イスノキの山)
&観光(薩英戦争砲台跡・神川大滝・宇宙空間観測所・・・)を堪能♪

 ①初日:野首嶽&辻岳・ねじめ温泉「ネッピー館」
 ②二日目:佐多岬・摺ヶ丘・薩英戦争砲台跡・神川大滝
 ③三日目:八山岳・宇宙空間観測所



  福岡組と、ここ「道の駅 根占」で待合せ
f0187402_23153550.jpg

  辻岳山頂から先ほど登った野首嶽を眺める、カッコのよか!
f0187402_23155067.jpg

  ガジュマルの樹、屋久島&沖縄でも見ました。
f0187402_2316931.jpg

  一度は訪れたかった「佐多岬」からの眺望
f0187402_23161955.jpg

  最南端の山「摺ヶ丘」の登山口、実にいい山でした。
f0187402_23163362.jpg

  あちらこちらから一目瞭然、さつま富士「開聞岳」
f0187402_23164242.jpg

  神川大滝、迫力満点! 雄川の滝は、昨年の大雨で歩道が流され観れませんでした。
f0187402_2316502.jpg

  ヤッコソウ、貴重な植物です  大切に~
f0187402_2317544.jpg

  素敵な八山岳の森、照葉樹林 日本が世界に誇れる宝
f0187402_23171733.jpg

  大イヌマキの樹が折れており・・・、他の巨木も倒木多し、竜巻が来たのか?
f0187402_23173237.jpg

  紺碧の海、感激だした!
f0187402_23174375.jpg

  ロケットが間地かで観れます、それも無料で・・・ 宇宙食も売ってます(山友への土産)
f0187402_23175173.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-12-29 23:36 | 九州の山 | Comments(0)

15-11:叶岳&高祖山縦走

 三連休 本来、祖母山Q合目小屋泊の予定でしたが、どうもお天気が怪しい・・・
 そこで、福岡&糸島市 境の里山縦走を堪能しました~♪ よか、里山でした!
 道も、整備され そうたいした標高差&距離も無いけど 里山万歳!

  1.日  2015-11-21
  2.山  叶岳&高祖山
  3.ルート  叶嶽神社~不動岩~叶岳~高地山~高祖山~鐘撞山~
         上ノ原~叶嶽神社
         <所要時間:約4.5h(休憩含む)>

  4.コメント&写真
 

   小さな鳥居が、数多く・・・
f0187402_21332992.jpg

   一番 最初の展望台から玄界灘を! 鯨が、間違いなく泳いでました(笑)
f0187402_21334278.jpg

   〇△観音様 ごめんなさい、アルツ登山客で・・・(笑_2)
f0187402_21335593.jpg

   ここまで約1h弱、ようやく山頂だした。
f0187402_21341618.jpg

   高地山には、△点もあります。
f0187402_21343639.jpg

   よか縦走路たい、ねっ あんた!
f0187402_21345369.jpg

   そいたい、こいがよかっさね~・~
f0187402_21351644.jpg

   高祖山(上の城跡) なんとこの山系の尾根は立派と思っていたら、稜線はなんと
   山城続き・・・ 長~・~
f0187402_21353547.jpg

   糸島富士かな? 「可也山」
f0187402_21354520.jpg

   ツバキが満開! ちょいと、例年より早かばい!
f0187402_2136190.jpg

   山頂で、弁当タイム
f0187402_21361313.jpg

   「この樹 なんの樹 気になる樹(笑_3)」 手前は、赤樫
f0187402_21362410.jpg

   ぽっきりと、最近折れたのか・・・?
f0187402_21365765.jpg

   下山後は、唐津で水イカ(アオリイカ)を堪能♪  甘い!
f0187402_21371378.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-11-21 21:37 | 九州の山 | Comments(2)
  このルートは、約3年前にも堪能!(前回の方が、紅葉綺麗?) 
  素敵な尾根をしっかり登り(標高差 約1000m)、ほのぼの紅葉が待ってま~す。
  下山後は、大分の山友さんがお土産持参でお迎えに、優しかねぇ~♪

f0187402_2242282.jpg

  1.日  2015-10-24
  2.山  大平山(扇山)・内山
  3.ルート
     扇山G.C.~大平山~シャクナゲ尾根~内山~船底新道~西ノ窪
     ~御嶽権現社~ロープウェイ別府高原駅「バス停」
     <所要時間:約7h(休憩含む)>
    
  4.コメント&写真

   ・歩き&バスで、鶴見岳の周りを一周しました!
   ・登り堪えがあります、標高差 約1000m なかなかこのような登りは
    ありません。祖母山系の黒金尾根に相当? 大分の人は、強かばい!


   美しいリンドウさん、草の中に沢山。
f0187402_22424136.jpg

   これが大平山、簡単そうに見えますが、うんにゃ かなりきついです。
f0187402_22425687.jpg

   一年ぶりのヤマラッキョ、ほんまに おもろい形を。
f0187402_2243520.jpg

   大平山山頂付近から見た お猿さんで有名な「高崎山」 聳えています!
f0187402_22432722.jpg

   立派なマユミちゃん。
f0187402_22434267.jpg

   癒しのモミジさん。
f0187402_22435939.jpg

   素敵な自然林に囲まれた縦走路。
f0187402_22441798.jpg

   その途中から見た 鞍ヶ戸辺りの尾根。
f0187402_22443122.jpg

   なかなかの難路、瘠せ尾根もあり・・・
f0187402_22444695.jpg

   内山の東側斜面、よかたい!
f0187402_22514485.jpg

   約3.5hかけ、ようやく主稜線(内山山頂)へ、由布岳の眺望が良く!
f0187402_2245565.jpg

   これは鶴見岳方面、ここで昼食。
f0187402_22464066.jpg

   内山から船底への下り道は、激下りです 足元&道迷い 注意!
   ここからは前回(稜線歩き)とは異なり、お初の船底新道へ。
f0187402_22465287.jpg

   なかなか綺麗な巻き道です、ほとんど標高差は変わらず(約1h)
f0187402_2247773.jpg

   癒し系の紅葉が続きます。
f0187402_22472220.jpg

   西ノ窪辺り、よかです なんか公園みたいです。
f0187402_22474050.jpg

   この紅葉には、歓喜の声が・・・
f0187402_2248052.jpg

   ロープウェイ駅からこのバスで、自衛隊前まで。
f0187402_22481443.jpg

   えんま大王の前の「照湯温泉」(¥200)、
   お湯&ご挨拶が最高♪ また、行こうっと。
f0187402_22482997.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-10-25 22:54 | 九州の山 | Comments(6)
 ちょいと朝から観光もしながら、次の登山口へ移動。
 お天気にも恵まれ、今週もまた三日連続登山 【至福の時か】
 大きな目標は特にありませんが、健康で山に登れることが一番~♪

  1.日  2015-9-21
  2.山  一夜畑(天主山の下)
  3.ルート
     西内谷先~小松神社~天主山稜線~一夜畑(ピストン)
     <所要時間:約4h(休憩含む)>
  4.コメント&写真


   先ずは観光のその一、椎原にある(これまで知らなかった)緒方家、平家の落人が
   緒方に名を換え住み着いたと、この家は建て替えられ 築約300年!
f0187402_18503552.jpg

   せんだん轟の滝、落差約70mで日本の滝100選にも!
   駐車場から、約100mほど降り その姿を拝めます、立派ばい。
f0187402_18504530.jpg

   随分前に、内大臣の広河原から国見・高岳・三方・天主山を経て(テント泊)、
   この小松神社へ。ここの巨木は凄く、山に登らんでも、一見の価値は十分あり。
f0187402_18505362.jpg

   少々崩壊してますが、前日に比べると 全く問題ありません。
f0187402_1851217.jpg

   以前、やはりテント泊縦走時に通った「馬子岳」の岩峰が聳えていました。
f0187402_18511074.jpg

   一夜畑山頂、なんとも渋い(眺望も無し)、山頂標識はカマボコ板か?
f0187402_18531840.jpg

   自然は、ずんばい 余るほど(笑)
f0187402_18533438.jpg

   2~3週間後は、素晴らしい紅葉が待っています。
f0187402_18534861.jpg

   ここにも旬のトリさんが! 昨日と形が違っているような?
f0187402_185359100.jpg

   巨木の森です、九州一かも、種類&大きさで。
f0187402_18541467.jpg

   アケボノさん、蕾は弾けたばかりか・・・? 音がしたかもね(笑)
f0187402_18542429.jpg

   帰って来ました、手作り樹の橋に 感謝~  これが無いと、登れんばい!
f0187402_1854368.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-09-25 18:59 | 九州の山 | Comments(0)
 上福根山までは過去に歩いたことがあり順調に、ここから茶臼山への道が倒木あり
 踏み跡薄く苦労しました。また、茶臼山からの下り道は崩壊しておりロープを使い
 なんとか・・・(巻き道も、引き返す余裕も無く)
 自然を存分に楽しんだ「テント泊縦走」でした♪

   よかだしょ、山犬切峠近くの川口林道 自然に返っていく過程ですぅ。
f0187402_20174323.jpg

  1.日  2015-9-20
  2.山  北山犬切、上福根山、茶臼山(テント泊縦走二日目)
  3.ルート
     川口林道~山犬切峠~北山犬切~上福根山~茶臼山~五家荘椎原
     <所要時間:約8h(休憩含む)>

   GPSデータではありません、アナログ人間ですぅ。
f0187402_20241057.jpg

  4.写真&コメント


   ・夜中は満点の☆を堪能、周りに何も無いのでとびきり綺麗です!
   ・脊梁は他の山系とは異なり、コースタイム通りの時間で歩けない場合が多いです。
    時間にゆとりを持ち、下調べを十分に行うことを推奨します。
    とカッコよく書きましたが、メタボで足がとろくなったのが一番でやんす!(笑)
    【それでも宿を担ぎ歩くと、どこでも泊まれメッチャ安心ばい!】
   ・下山後は、泉村で初めて旅館を開き、約50年続く「五家荘」 素敵です!
    ご馳走出ます、泊まってくださいね♪


   この時季の山の花は、これしか なかたい!(笑)
f0187402_20214511.jpg

   綺麗ちゃもんね!
f0187402_20215798.jpg

   脊梁ファンなら誰でもわかる山です!
f0187402_2022671.jpg

   寄ってみると、はっきりと国見岳(おおぐるみ)が!
f0187402_20221435.jpg

   ブナさんが、見守ってくれています。 素敵な山系!
f0187402_20222213.jpg

   皆さん、福寿草の折に登られる方が圧倒的に多く。
f0187402_20223157.jpg

   気の早い『樹』(笑)、間もなく真っ赤に染まるのかな?
f0187402_20224274.jpg

   よか縦走路だしょ!
f0187402_20225589.jpg

   が生し、なかなかよかっさね!
f0187402_2023531.jpg

   ここだけロープを出しました! どこが道ね? 落ちると、怪我間違い無し!
f0187402_20231892.jpg

   ようやく、林道に 正直「ホッ」としました。
f0187402_20232899.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-09-24 20:25 | 九州の山 | Comments(2)
 シルバーウィーク、静かな山を追い求め・・・ 脊梁「九州山地」へ
 三日連続堪能、登山口に登山者はいましたが、山中では三日共 誰とも会わず!
 こんな自然豊かな所は残さんば~ 満点の☆を堪能[至福の時だしたぁ~♪]

  1.日  2015-9-19
  2.山  白鳥山(テント泊縦走初日)
  3.ルート
     峰越登山口~白鳥山~横才越~水上越~アンドウコヤ谷~川口林道
     <所要時間:約6h(休憩含む)>

   今が旬のトリカブトが、あちらこちらでお出迎え~
f0187402_20253393.jpg


  4.コメント&写真

   ・前回は、5年前に石南越~山犬切~上福根を縦走(福寿草の季節)
   ・連休ですが、静かな山を堪能できました、まさか三日共誰にも会わないとは(笑)
   ・自然がたっぷり味わえるコースで、満点の☆空も最高!
   ・気の早い樹は(笑)、一部紅葉が始まっていました。
   ・前回は約16kg、今回は約12kg。
    水場があると想定していたので軽め、尚且つ以前よりパッキング力が向上?

   GPSデータではありません、地図とコンパス必須のルート!
f0187402_2028869.jpg

   ここに下山は二度程、登りに使うのは初めてだったと・・・
f0187402_20254397.jpg

   ハガクレツリフネソウが見送りを~
f0187402_20255356.jpg

   少し登り上げ、後方の景色を、烏帽子岳方面。そうそう途中のぼんさん越は、先日
   まで使っていたそうです。(五家荘に坊主がいないので、椎葉村から出張に)
f0187402_2026193.jpg

   ブナ&モミジが最高です、間もなく紅葉(約1ヶ月後かな)
f0187402_20261456.jpg

   最大のドリーネも今は防護柵の中、ミカエリソウがいっぱい。
f0187402_20262386.jpg

   約1hで山頂、五回目かな?
f0187402_20263167.jpg

   ちょっと気の早い紅葉先発隊、よかよか(笑)
f0187402_20264038.jpg

   これは市房山方面、よく見えてました。
f0187402_20265498.jpg

   耳の形に似てるかも。
f0187402_2027514.jpg

   水上越の北側、稜線から南側は水音が聞こえていました(球磨川源流か?)
f0187402_20272048.jpg

   川口林道、車どころか人も通れません、山斜面を高巻きしました。
f0187402_20273346.jpg

   至るところに、毒花あります。
f0187402_2002738.jpg

   今宵のメインディナー(大笑)、我が家の『サツマイモ』
f0187402_20121861.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-09-22 20:29 | 九州の山 | Comments(4)

15-9:天山

  久しぶりの三日連続登山、昔はちょくちょく・・・
  正直に、歩けて良かったべぇ~(笑)
  この日、山頂付近の稜線は冷たい風が吹き~ ぉとっ、秋ばい!

  1.日  ’15-9-13
  2.山  天山
  3.ルート
      上宮登山口~天山~尾根散策~天川登山口~上宮登山口
      <約2.5h(休憩含め)>

  4.コメント&写真


   天山に登る途中に、雨山を降り返り カッコのよか山ばい、阿蘇のような雰囲気も。
f0187402_20242598.jpg

   早速、キュウシュウコゴメグサさんが登場!
f0187402_20243438.jpg

   山ベテラン「T&Mさん」も犬と散歩中、ご挨拶させて貰いました。
f0187402_20244238.jpg

   たぶん・・・ ノギラン?
f0187402_20245074.jpg

   出ました秋の花「ウメバチソウ」 や~ぁらしかけん、人気があります。
f0187402_20245731.jpg

   この花も人気が・・・ ある意味ではおとろしかぁ~(笑)
f0187402_2025641.jpg

   テンザンアザミ?、勝手に命名、他所のアザミより柔らかく上品か!
f0187402_20251414.jpg

   畑の番人「テントウムシ」、アブラムシの発生を知らせてくれます。
f0187402_20252262.jpg

   サイヨウシャジンさん、よぉ~ 丸く育っとんなん!
f0187402_20253028.jpg

   天山・オミナエシ・北壁っか?
f0187402_20253955.jpg

   ぜつたいに観たかった花「まっちゃん!」
f0187402_20254952.jpg

   またもや・・・
f0187402_20255750.jpg

   天山ダム、揚水発電に使われています。(消費電力の少ない夜間に、下のダムから
   水をくみ上げ、昼間に放水し水車を回し発電しています・・・ 頭のよか人のおる)
f0187402_2026781.jpg

   ヤマボウシの実、小鳥の餌です 人間はあまり食べならんように(笑)
f0187402_20261859.jpg

   ハギ、、、綺麗かばい!
f0187402_20262953.jpg

   ツリフネソウ 色はそのまま、えげつなか?
f0187402_20263896.jpg

   回り道をしたおかげで、ツルニンジンさんともご対面!
f0187402_20264773.jpg

   登り始めとは逆の方向から、名峰「雨山」を~♪
f0187402_20265627.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-09-15 20:29 | 九州の山 | Comments(2)
  梅雨の中休みに、海外出張帰りのリハビリ登山へ~
  観たかったのは、「オダマキ」「雲海」でした!
  果たして、結果は? 『早朝TV観戦移動、なでしこ万歳~♪』


  1.日  ’15-6-28
  2.山  由布岳
  3.ルート
     正面~合屋越~マタエ~東峰~東登山口分岐~日向岳~
     自然観察路~正面・・・車で移動・・・雨乞牧場手前
     <所要時間:約5.5h(休憩含む)>
  4.コメント&写真


  ・海外出張後は、ジャングルになった畑の草むしりと決めていましたが、
   天気予報を見ると、なんと晴れ(ピーカン)予報 ジャングルになり
   過ぎ やる気も少々薄れていたので、「山行」へ~♪
  ・5時に待合せ場所をスタート、なでしこJAPANを応援しながら移動!
   いつもより、高速道路&S.A.も少ない、皆さん自宅or現地で・・・
  ・待合せ場所に着くと、なんとウスキさんの顔!、その隣には信&俊さん
   が、素晴らしい 私の帰国を祝ってくれるとは? 嘘です、たまたま。
  ・久しぶりの由布岳でした(3年ぶり)、形&眺望&岩場&貴重な花々
   素晴らしい山です。
  ・今回、なんと皆さん「日向岳」は初めて、良い機会でした 感謝~♪

    登り始め、中腹より上はガスに・・・
f0187402_2332271.jpg

    ハンカイソウが、美しい~
f0187402_23323778.jpg

    ヤマツツジも、未だ沢山咲いていました!
f0187402_23324568.jpg

    シライトソウは主役?だったかも。
f0187402_23325450.jpg

    コゴメウツギさんは、上品かばい。
f0187402_2333248.jpg

    マタエはガスの上、晴天です「布団ば持って来て、干したかった」(笑)
f0187402_23331090.jpg

    西峰方面は、山ガールの黄色い声が・・・ 喜んでいてはるようで?
f0187402_23331995.jpg

    狙いのオダマキは蕾、来週には開花かも、でも見頃は2週間後かな?
f0187402_23333045.jpg

    マタエ方面を覗く、高度感があります!
f0187402_23334427.jpg

    東峰山頂には、約10名休憩中でした。大体は晴れ、時折ガスの中。
f0187402_23335631.jpg

    ここで折り返すのはメンバーが物足りない?、東登山口方向へ下山することに。
    このルートを、下るのはお初だったかも・・・?
f0187402_23341091.jpg

    慎重に! なによりも、『安全第一』
f0187402_23342063.jpg

    新緑が綺麗!
f0187402_23343345.jpg

    深緑も綺麗!
f0187402_23344771.jpg

    「日向岳」、なかなか渋い!
f0187402_23345938.jpg

    苔蒸す森の中、癒されます。 熊さん出て来そうな~(笑)
f0187402_23393085.jpg

    下山後に、日向岳を望む。
f0187402_23352041.jpg
f0187402_23353453.jpg
f0187402_23354526.jpg
f0187402_23355519.jpg

    どこからの眺めも、最高でした! 
    あちきは何と幸せものか、中国にはこげなよかとこなかばい!

[PR]
by yamabakanikki | 2015-06-28 23:41 | 九州の山 | Comments(8)

15-5:大分の花


     大分の花ばい!
      綺麗な花々じゃっち
       大切にせなあかんぜょぉ~

f0187402_20304181.jpg


f0187402_20324758.jpg
f0187402_20325748.jpg
f0187402_2033723.jpg
f0187402_20331691.jpg
f0187402_20332476.jpg
f0187402_20333261.jpg
f0187402_20335021.jpg
f0187402_2034162.jpg
f0187402_20341437.jpg
f0187402_20342947.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-05-10 20:37 | 九州の山 | Comments(2)

 昨年のGWは脊梁でテント泊、今年はアケボノツツジを愛でに・・・
  連休中は、「九州全部の県」に行きました。
   二日連続標高差1000mを堪能しようと思いましたが、風邪気味(疲れ)で断念!


f0187402_9153432.jpg

 1.日  15-5-5
 2.山  五葉岳、頭巾岳
 3.ルート
    上見立~見立鉱山跡~頭巾岳~五葉岳~頭巾岳~大吹鉱山跡登山口
    <所要時間:約7h(休憩含む)>

 4.写真&コメント

  ・10年前、下りに使ったルート(五葉まで、標高差約1000m)
   タフなコースですが、自然林は素晴らしい(コースタイム3h半、今回4h半)
  ・鉱山跡は物悲しいところですが、生きた教科書です。
   端島(軍艦島)同様 貴重な処だと思います、保存を!
  ・アケボノ等の花が例年より約1週間早い、また今年はウラ年か?
  ・宮崎の山はいい(自然いっぱい)、人もいい(優しい)
  ・五葉~頭巾岳間で話をした方が、見立鉱山跡から登ったと云うと 下の
   登山口まで送りましょうと~(険しい道を何度も経験された方でした)
   地元の方のみ知るお花畑にもご案内していただき、感謝~♪

    物悲しい見立鉱山跡
f0187402_9321038.jpg

    綺麗な渓谷、何度も渡渉あります
f0187402_933699.jpg

    まさに、生きた教科書  大切にしたいです!
f0187402_9332068.jpg

    新緑、バッチリ  ブナやミズナラも!
f0187402_9333420.jpg

f0187402_9335820.jpg

    かなりの急斜面!
f0187402_9341971.jpg

    尾根を登りあげると、待っていてくれました~♪
f0187402_934333.jpg

f0187402_9345949.jpg

    五葉岳山頂付近は少々荒れてます、酸性雨の影響?  左奥は祖母山
f0187402_9352090.jpg

    左奥は大崩山、右には鹿納坊主も見えています。
f0187402_9354139.jpg

f0187402_936146.jpg

    ヤマシャク満開~♪
f0187402_9362012.jpg

    少し黄色(薄い黄緑)です、昔はピンク)もあったと、盗掘で無くなり(悲)
f0187402_9363131.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-05-09 09:27 | 九州の山 | Comments(0)