カテゴリ:県内外(近くの)山( 55 )

’10-4:虚空蔵山系

九州(長崎)[川棚]のマッターホルンと云われている虚空蔵山系の
端を歩いて着ました。そこは、自然いっぱいとっておきの場所です。

1.日  ’10-4-4
2.山  虚空蔵山系(焼岩、鉈岩、一の宮)
3.ルート&時間

   長崎(川棚&波佐見)と佐賀(嬉野)の県境~焼岩~(波佐見と嬉野の境)~
   鉈岩~焼岩~(川棚と波佐見の境)~車道~一の宮~車道
   <所要時間;約4h(昼食休憩含め)>

  県境から見る焼岩、急登で一挙に着きます(約30分弱)
f0187402_21504365.jpg

  少し方向を変えると(県境から)、見ためが異なります。(これが山?)、ここから
  鉈岩方面への下りはもっと急登(下り)、ちょっと緊張します。
f0187402_21505393.jpg

  焼岩から見た、(左)虚空蔵山、(右)歌舞多城山
f0187402_2151110.jpg

  昔々の境界標柱、なんと『村』・・・ 村長さんの娘に会いたい?
f0187402_2151826.jpg

  下山後に撮影したマッターホルン
f0187402_21511668.jpg

  マッターホルンのアップ(笑)
f0187402_21512345.jpg

 とにかく楽しい山系です、色んなルートがあります。
 下山後に狙っていた「歌舞多城山」は次回にキープ!   ー以上ー
[PR]

by yamabakanikki | 2010-04-04 21:52 | 県内外(近くの)山 | Comments(0)

'10-3:市内の岩屋山

仕事で腰痛があり、且つ日が長くなってきたので、
定時後登山(丘散歩)を、再開してきました。

登る前は、日が暮れたら「どうすんべか~」、「きつかばいね~」
とか思い(躊躇し)ながら・・・
(登山開始は少々寒かったですが、5~10分も歩くとが!)
そして下山後の充実感、&帰ってからの麦酒が美味しいぞと
不純なことばかりのたまっております(笑)

夕暮れ時の登山は、「踏み跡」を見つける訓練には持って
こいです。よく知った山系でのみ、お試しくださいね~♪


それにしても、良か山バイ・・・ (腰痛は、無くなり???) ー以上ー
[PR]

by yamabakanikki | 2010-03-17 20:40 | 県内外(近くの)山 | Comments(0)

'10-2:虚空蔵山縦走

f0187402_21225621.jpg

脊梁の五勇山で知り合った大切なお客様をお迎えし、楽しい縦走路(一部薮)を
堪能してきました。やはり真面目な方々で、地図&コンパスを皆さん一生懸命
めながら歩きました。(なかなか最近いない貴重な存在?)

1.日  ’10-2-28
2.山  虚空蔵山
3.ルート
   牛の峠~虚空蔵山~高見岳~女岳~浦川内(うらごち)
   <約10km、約6.5h(休憩含め)>

4.コメント&写真

  この時季限定の縦走です(少々薮が・・・) 
  今回で4回目?、また同じ位置(女岳下り)で瞑想ルートへ。これを地図&コンパスを
  眺めながら修正するのが、とびきり楽しいのです(以前と反対方向へずれてました)
f0187402_21195960.jpg

  昨夜の大雨で、縦走路はかなり滑り易い状況に。
f0187402_21205170.jpg

  足場が見えない崖下りも、でも脚の長いお客様は岩の達人、なんなく歩かれていま
  した(感服~)
f0187402_2121226.jpg

  岩場の休憩場所で、ここは眺め良好です!
f0187402_21211681.jpg

  こんな気持ちの良い岩場の上も、でも落ちると大変です。慎重に!
f0187402_21212973.jpg

  女岳山頂、ここから始まる薮の作戦会議中かな~???
f0187402_2123951.jpg

  コショウノ木も良い香りを放っていました。
f0187402_21231972.jpg

  ようやく下山、あの山頂の向こうから来たんだ~ と皆さん満足?
  歩き足らなかった人も、そういえばいらしゃったような・・・(笑)
f0187402_21232849.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2010-02-28 21:43 | 県内外(近くの)山 | Comments(6)

’10-2:多良山系(五家原薮&金泉寺)

多良地図の中心に行ってみたくなり、薮を掻き分け挑みましたが、
撤退! 思った以上に時間がかかり&出発時間が少々遅く。
ほぼ中心までは行きました、そこには・・・ お楽しみに~♪

.日 ‘10-2-21
2.山  多良山系(五家原薮&金泉寺)
     <薮瞑想入れ約6h(休憩含む)>
3.写真&コメント


  今日のこのお天気に、登らない訳にはいかんでしょう(笑)
f0187402_1712016.jpg

  今朝はかなり冷え込みました、黒木は霜で真っ白!
f0187402_17122583.jpg

  ズームしてみると、なかなか綺麗です。
f0187402_17124926.jpg

f0187402_1713740.jpg

  狙ったルートの分岐を探すのに難儀しましたが、ばっちりでした。
  元々考えていた場所とは違っていました、分岐を発見できた時の
  喜びはひとしおです。
沢にどぼんと浸からないように、用心しなが
  ら浮石だらけの道を、コンパス眺めながら進みます。
  500m程歩くと、そこには20~30mの立派な滝が行くてを塞いでい
  ました。 『ここが多良地図のほぼ中心』 
f0187402_17143313.jpg

  手前から巻こうとしましたが、そこは崖 途中まで登りましたが断念
  (私の実力では無理と判断)
f0187402_17152694.jpg

  そして  かなり巻きました(約90°) それでもかなりの急登。
  ここで林道に出ました、少々時間がかかり過ぎ撤退!を決断。
  めっちゃ悔しいので、元々歩こうとしていたルート(滝の上)
  を確かめてから一般道へ戻りました。

  (ここが最後のエスケープルート)
  
  山頂から眺めると、登ってくる予定だった道はかなりの薮。撤退は
  正解だったと自分を慰めました。この時点では気温も上昇し半袖。
f0187402_1716893.jpg

  五家原からの下りは、雪が2,3cmは残っていました。滑りやすく
  &雪の下に木の根が隠れているので、慎重に下っていきました。
f0187402_17163240.jpg

  石楠花の蕾はやはり少ない、5,6年前のあの大当りの年はもう来
  ないのか~?
f0187402_17172314.jpg

  オオキツネさん、直実に準備中でした。
f0187402_17173742.jpg

  サツマイナモリさんの撮影は、なかなか難しい。
f0187402_17175362.jpg

 ※またまた宿題を残したので、また山へ出掛けることができま~す♪
[PR]

by yamabakanikki | 2010-02-21 17:22 | 県内外(近くの)山 | Comments(6)

'09-2:多良山系樅の木

昨日同様やはり纏まった時間がとれず、登り始めはなんとお昼過ぎ~
薮も堪能したかったのですが、遅過ぎました。(下山は、2時目標!)

1.日 ‘10-2-14
2.山  多良山系樅の木(標高約600m弱)
3.コメント

 1)久々に樅の木を、周回コースで散歩。(約1h)
   登りは急登を選択、私にとっては立派な道、他の人にとっては薮?(笑)
 2)初めて見た時(約10年前)は、道も看板もありませんでした。今は立派
   過ぎる道が出来てます。荒れ無ければいいけど、根を沢山で踏み固め
   ると結構傷んでしまうそうです。「人災に注意!」
 3)こんな素晴らしい自然の恵みはいつまでも大切したいです。

   『大モミ』 幹周り;5.6m、樹高;39m、樹齢;230年(推定)
f0187402_16203266.jpg

   オオキツネノカミソリさんも、着々と準備中
f0187402_16204177.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2010-02-14 16:29 | 県内外(近くの)山 | Comments(2)

'09-2:八幡山

セリバオウレンがもう満開、色んな種類があるようで~す。
f0187402_1691229.jpg
f0187402_1692867.jpg
f0187402_1694024.jpg
f0187402_1695434.jpg



二日連続野暮用があり、歩行時間は短く・・・
いずれの山でも誰にも会わず、独りしっぽりと山を堪能できました。


1.日 ‘10-2-13
2.山  八幡山(244m)・・・お初の山
3.コメント

 1)八幡神社から往復1.5h、昔々(40年程前)は道があったとも・・・?
 2)コンパス眺め、予想通りの稜線へ。
 3)道(踏み跡)無し、獣道を何回か利用。
   そうそう竹の子を食していました、土の上に出る前に食べるそうです。
 4)獣(猪)さんが出て来ないように、歌&口笛を(汗!)
 5)山頂には三角点あり、展望はほとんど無し。
 6)反対側の集落にはテープが途中まで、少し行くと消えましたが。
 7)山頂へ行けば、昔の踏み跡がありそれを辿って下ればいいと思って
   いましたが無し。コンパス眺め、ぴったり登り口へリターン。

 ※雨のため、デジカメ持参せず。
[PR]

by yamabakanikki | 2010-02-14 16:16 | 県内外(近くの)山 | Comments(2)

「同窓会」&『虚空蔵山』

昨晩は、高校卒業以来の「同窓会」でした(30年振りかな?)
そいでもって、楽しく少々酔いました!(幸せ) ヤッホー!!!
(いつの間にか、3次会まで・・・)

出席された方々は、お元気そうでなによりでした。
皆さんあまり以前と変わって無い! 私が、「一番太ったね~」と
か「爽やかさが無くなったね~」とか、「白いものが目立つね~」と
か数々のお褒めの言葉を頂き、、、感謝???

幹事さん、ほんとうにお疲れ様でした、感謝~♪


同窓会の前に登った『虚空蔵山』

1)皆さん驚いていましたが(それは昔々の感覚です)、今はすぐ下まで道が出来て
  います(アプローチ良し) 昔々は、石木郷や川棚駅から、確かに歩いてました。
2)岩屋側の登山口(木場より楽チンです)
f0187402_18495237.jpg

3)今の時季は、木場の方が花が多いです。(木場側から数日前に登りました;ヤマ
  ゴボウ、キンミズヒキ、マツカゼソウ、他も何かあったけど・・・?、アルツー!) 
  でも、季節によっては岩屋側もお奨めです(石楠花、フタリシズカ・・・)
f0187402_18245020.jpg

4)頂上です、通常なら360°景色が堪能できます。この日は、生憎ガスってました。
5)広島から来たご夫婦と会話、嬉野温泉から登られたとか(先日、お初の方もこちら
  側から)
  初めての方には、木場登山口から登って欲しいです。新道を登り旧道を下るルート
  がお奨めです。(クサリ場は慎重に!)
  そして、川棚の町から山の姿をご確認ください。まさに、マッターホルンでっす!
  山慣れしている方には、地図・コンパス縦走コースも設定可能です。
f0187402_1825444.jpg

6)虚空蔵菩薩&なぜか愛宕神社の祠があります。(勉強不足)
f0187402_18251639.jpg

7)稜線から少し下った素敵な杉林。
f0187402_18253818.jpg

8)石楠花の花目も、来年の春に向け準備中でした。
f0187402_1825498.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2009-08-15 23:07 | 県内外(近くの)山 | Comments(2)

09-7:北松白岳


1週間山へ登れず、いらいら・・・ (小夏休みでした、でも明日から出張どす)
ガス(サウナ状態)の中、素敵な自然の花を堪能できました。

1.日  ’09-7-21
2.山  北松白岳(373m)
3.コース
     白岳公園センター~白岳ピストン(正確には周回;登りは岩場)
     <所要時間;小1h>


4.写真&コメント

 ・梅雨の合間(雲)を狙い「花を求め、お出掛け~」、っで 登山口へ着く直前、
  前が見えない程の豪雨。今日は、正直登れないと思いました。やはり自然
  には、勝てない・・・

 ・登山口へ着きました、雨脚は比較的弱くなりましたが、まだ降り続いています。
  公園センターにカレー&珈琲屋さんがあったので、先ずは一休み!(その内、
  雨も止むだろうと)
  珈琲を飲んでる間、霧がはれ山が見えて来ました。狙いの花の黄色も~♪ 
  ここで失敗、この時点で山の写真を撮っておけばよかった・・・ 登りだす頃に
  は、しっかりとガスの中(後の祭り) 山頂直下の岩場のテラスが素敵でした、
  本来そこからの眺めは、最高だっ! と。
 ・鳥居を捜し、歩き始めてください。 岩が滑ります、注意!
 ・山の中は、サウナ状態です(無料ですが、倒れそうな・・・ くらい暑い!)
 ・岩場へ出ると、心地好い風とお目当ての花がありました。 以前は、そこらの
  海岸にも沢山存在した花だったと。
  先日、TVでも「ゴミを拾い、また咲かせよう」と別の場所で・・・
 ・長崎には、『白岳』沢山あるようです。知ってる範囲で、4箇所も。。。


  <この鳥居が目印です>
f0187402_20125347.jpg

  <いきなりネジバナがお出迎え~ 茎もしっかりと捩れています>
f0187402_20131419.jpg

  <ニシノハマカンゾウ>
f0187402_20135732.jpg

  <ニシノハマカンゾウ-2、ほんのりとした甘~い香も>
f0187402_20141517.jpg

  <ニシノハマカンゾウ-3、風に揺られ~>
f0187402_20143356.jpg

  <アラゲハンゴウソウ、これも素敵なお花畑>
f0187402_20145572.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2009-07-21 20:49 | 県内外(近くの)山 | Comments(7)

’09-7:五家原~帆柱岳

約2週間前に退院した「山大先輩」は、久々の山登りだったそうですが、なぜか
一番元気!
ほんとに70日も真面目に入院していたのか・・・?(笑) 
嬉しかったです!

1.日   ’09-7-12

2.山   五家原岳~帆柱岳縦走

3.ルート
    少年自然の家の上~(南尾根)~五家原岳~中岳~金泉寺~多良岳~
    前岳(本多良)~黒木岳~一ノ宮岳~帆柱岳~車道30分歩
   <所要時間;5時間半(休憩含め;約6時間半)>
   ※七つのピークを・・・、少々贅沢な縦走か(笑)


4.コメント&写真

 ・本日、お初の尾根ルートを堪能、自然林豊富で且つ所々岩もあり、とても素敵な
  道でした。感謝~♪
 ・最初からほとんどガスの中を、、、途中雨も降りましたが小雨程度であったため
  問題ありませんでした。下山後は、晴れ間も!始終、風が吹き救われました。
 ・雨模様(ガス)の中、金泉寺には沢山の山を愛する人々が。(約30人)多良山系
  のオオキツネノカミソリは、まだ開花していません。
 ・再建中の金泉寺の自然破壊が、愛する山人達の心を悩ませていました!
 ・多良へ向かう途中、富士登山訓練中の山友にばったり。黒木から、水をたんと
  かつぎ上げ真面目に山に取り組む姿勢は素晴らしい、パチパチパチ!
 ・多良(特に前岳)から先は、人もあまりおらず、静かな山行を楽しめます。少々道
  も迷い易い場所ありますので、地図を事前に頭の中に叩き込んで縦走してください。
 ・湿気のある山中では、色んな種類のキノコを見ることができました。

 ※今日も、自然に感謝の一日でした。

  <再建中の金泉寺>
f0187402_21391075.jpg

  <金泉寺_2、あまりいぃ材料は使って無いようです。梁が合板???>
f0187402_21393149.jpg

  <ツチアケビ、いつもの場所にありがとう!>
f0187402_21395177.jpg

  <ショウマ>
f0187402_2140657.jpg

  <ヤマアジサイ>
f0187402_21403325.jpg

  <ギボウシ>
f0187402_21405640.jpg

  <これでも少しガスがあがった「座禅岩付近」>
f0187402_21411210.jpg

  <ヤマシグレ>
f0187402_21412428.jpg

  <これから向かう本多良(前岳)、左奥は有明海>
f0187402_21413666.jpg

  <ヤマシグレ2(開花版)>
f0187402_21414815.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2009-07-12 20:44 | 県内外(近くの)山 | Comments(0)

09-5:多良大縦走(郡岳~五家原岳)


本日は、心地好い筋肉痛です。(笑)
多良の素晴らしい自然林の稜線歩きを、気の合う山仲間達と一緒に縦走でき
大満足な一日を過ごしてきました~ 『自然・山・仲間に、感謝~♪』

1.日  ’09-5-31

2.山  郡岳、遠目山、釜伏山、経ヶ岳、中岳、五家原岳

3.ルート&所要時間
   郡岳南登山口5:35~郡岳6:45/55~遠目越7:15~遠目山7:50~
   春日越8:25~岩屋越9:05~狸だまり9:45~釜伏山10:05~つげ尾
   10:55~経ヶ岳11:25/50~中山越12:20~笹ヶ岳鞍部12:50~
   金泉寺13:25/14:00~西野越14:05~中岳14:50~五家原岳
   15:20/45~横峰越16:25~黒木17:35
    <時間;約12h(休憩含め)、距離;約20km>

4.写真&コメント

 ・多良の この稜線縦走は、3度目でした。
  山友さんのおかげで、今回が一番楽しく歩けたかもしれません。

 ・この素晴らし縦走路は、皆々様に是非歩いて欲しいと思い
  ます。一日で無くても結構です、金泉寺に泊まることも可。

 ・五家原岳からの下山途中、木苺を堪能。ここにこの時季ある
  のは判っていました、写真も撮らず口の中へ~(笑)甘く、とても
  美味しかったです。
  木苺登山で、別の山も狙っていま~す。

 ・長く歩くと(たまには歩かねば)、どこに自分の欠点があるのかが
  判ってきます。貴重な体験ができること、間違いなしです。でも、
  無理して歩くことは、いけません!

 ・とにかく皆々さま、何ごとも無くご無事に縦走でき良かったなぁ~
  とホッとしました。

 ・ヘビさん(マムシ)もスズメバチさんも、出没・・・ それに、たぶん
  テンも木の枝の上にいたような。(他のメンバーも見たと)

 ・ホームページを毎日覗いてますよ! と見知らぬ方から云われ、
  何だか少々照れくさかったですが、嬉しかったです。

 ・風に助けられた一日でした、あの涼しい風が吹いて無ければ、
  もっとバテていたことでしょう~ 金泉寺の少し長い休憩時には
  少々寒いくらいでした。

 ・反省点も、元々歩行時間約10.5(実質11h)で計画していま
  したが、結果実質12h。これにより、下山の時間が5時半に。
  ちと遅い、私の計画が不味かったと反省しています。5時前
  から歩かねば・・・(人数が多い影響を、見逃していました)

  また、少々道迷いも(5分程度)。慣れている道なので、コン
  パスをあまり見ずに・・・ それにしても誰が作るのか、新道
  がいたるところに、且つ経ヶ岳山頂の木は切られていました。

 ※もっと、皆さん自然をあるがまま大切にしましょう~♪

  <縦走前の健脚山友ら・・・>
f0187402_2142549.jpg

  <先ずは、最初の山頂「郡岳」 ガスっており残念!、ここからの景色を堪能
   して欲しかったです>
f0187402_21422375.jpg

  <素敵な縦走路、【写真;よっちゃんの一眼レフ写真】、綺麗~♪>
f0187402_21433083.jpg

  <経ヶ岳山頂から、これから歩く道々を確認する山友さん>
f0187402_21424065.jpg

  <ナナカマド、なぜか秋に赤くならない!>
f0187402_21425481.jpg

  <金泉寺は皆さんの寄付金で、再建中! 10月に完成予定とか?>
f0187402_21434837.jpg

  <今年、一番花  ユキノシタ>
f0187402_2144445.jpg

  <五家原岳山頂、【タクさん撮影】 なぜか拙者だけおにぎりポーズ(笑)>
f0187402_21453429.jpg

  <五家原岳からの下り、皆さん慎重に、後ろにはひょうきんなお方の姿も>
f0187402_21442446.jpg

  <田んぼの中には沢山のイモリが、以前は身近なところで見れました>
f0187402_21462029.jpg

  <歩きとおした、面々  みな、満足そうなお顔!>
f0187402_21463799.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2009-06-01 21:49 | 県内外(近くの)山 | Comments(8)