山馬鹿日記

カテゴリ:県内外(近くの)山( 54 )

'12-3:高見&女岳

お彼岸入り~ 春一番も吹き、暖かくなりました。
土・日とお天気は快復方向の予報でしたが、いずれも遅めで・・・
山友のマイルートを、歩いて来ました~ (久々の

1.日  ’12-3-17
2.山  高見岳&女岳
3.ルート
   虚空蔵山下林道~高見岳~女岳~南南南西西側尾根(笑)
   ~西尾根~△195m~大音琴の上(北側)林道
   <所要時間:約3h>

4.コメント

  実はこの日カメラを忘れ、携帯で数枚のみ・・・
 ・女岳まではこれまで4回?ほど、その後がお初のルート!
  地図&コンパス&を使い、楽しく歩けました~♪
 ・途中なかなかの薮?もあり、傷だらけ~
  この周辺は、地図を見ながら遊べま~す。 

  この日はこれで堪能、新潟辺りも長靴登山が結構多いそうです。
f0187402_21563521.jpg

  初「ツワ」でした~ 九州はフキよりツワかも・・・
f0187402_21565017.jpg

  スミレさんも合唱中、春でぇ~す♪
f0187402_21571337.jpg

[PR]

'12-3:黒髪山


名古屋から山大先輩(登山家?)が出張で来られていたので、一緒に里山を堪能~
前回は私の出張に合わせ、山(荒島岳瓢ヶ岳)をご案内していただきました。
日曜は別の出張先へ移動があるとのことで、近くの名山へ

1.日  2012-3-10
2.山  青螺山、黒髪山
3.ルート
   龍門ダム~青螺山~見返峠~天童岩~後ノ平~二俣
   <所要時間:4.5h(昼食休憩1h含む)>
4.写真&コメント


  名古屋のお客様が来ると連絡すると、山達人や山名人さんも二つ返事で「参加!」
  貴重な海外のお山の話などを、聞きながら良いペースで歩けました~

  このひょうきんなお方が、登山家どす! 数々の有名なピークを、これまで踏ま
  れて来られましたが、本人一番のお気に入りは岩魚の煮つけで一杯(笑)
  とても気さくな方で、優しくお付き合いいただき、誠に感謝です♪
f0187402_18411166.jpg

  岩場も皆さん笑顔で、なんのその・・・
f0187402_18412162.jpg

  山頂では、なんと長崎名物「皿うどん」が、いつも感謝で御座いますぅ。
f0187402_18412961.jpg

  食べる人が、なんと云っても元気です。岩の上の地図は、焼き物でできています。
  さすが有田の街。
f0187402_18413643.jpg

  天童岩(ご神体)で、御座います。
f0187402_18414476.jpg

  途中で、お天気も回復し~  この日、日影の風がある場所は寒かったで~す!
  また、是非ご一緒に登りましょう・・・
f0187402_18415123.jpg

[PR]

2012年初登り:虚空蔵山


・今年初登りは雪舞う中、地元の「虚空蔵山」
・うっすらと積雪あり、ゆっくりと登り始め安全登山に心掛ける
・今年も山に、一年間元気に登れるようにと思いながら一歩一歩

1.日 ’12-1-4
2.山 虚空蔵山
3.ルート&所要時間
   木場登山口~ファミリーコース~(佐賀との県境)~山頂~(東彼杵
   との町境)~犬の墓~岩屋登山口~(スーパー林道)~登山口
   所要時間:約1.5h

4.コメント&写真

  フィリピン旅行で疲れた体正月休みで鈍った身体を、癒してもらいに・・・
  少々 雪が舞ってましたが、歩き出すとすぐに暖かくなり、快適(血の巡りが~)
  やっぱ 山はよかだす、欲を云えばもう少し歩かんばやった~♪

  木場登山口下の茶畑、昔々もあったかな~? この下(バス停終点)が、昔の
  登山口でした。
f0187402_224218.jpg

  この行き届いた植林は、以前(30~40年前)から。
f0187402_2241270.jpg

  ここの階段は以外と新しい(約30年か?)、以前は岩をよじ登り・降りを繰り返し
  ながら慎重に進んでいました。できれば『山は自然のままに』
f0187402_2241968.jpg

  一等三角点のある山頂!
f0187402_2242915.jpg

  一瞬の晴れ間、その先には高見岳~女岳の稜線昔 飛行機が落ちたと云う。
f0187402_2243744.jpg

  本日は、登りも・下りも処女雪を踏みました~
f0187402_2244872.jpg

  額縁に入った自然美、よかどす!
f0187402_225092.jpg

  これからも長~く 登れるよう工夫して続けていきます。
    皆さん また宜しくお願いします。      
   ー以上ー
[PR]

'11-11:虚空蔵山


長崎のマッターホルン「虚空蔵山」へ!
ボランティア活動で、いつもお世話になっている面々と一緒に~ (いつも感謝)

1.日 ’11-11-20
2.山 虚空蔵山
3.ルート
  木場登山口~(新道)~山頂~岩屋登山口・・・岩屋神社
  <約3h(休憩含む)>

4.写真&コメント

 ・このルートには鎖場があります、あまり山経験の無い方々だったので少々心配して
  いましたが、皆さん運動神経良くなんなくクリア(よかつた・・・
 ・里山の紅葉(ハゼ主役?)が綺麗になってきました、日本百選の「棚田」にも喜んで
  いただいたようです。
 ・この山系も猪くん多いです、あちらこちらでミミズを探した跡が・・・
 ・下りは岩屋へ、昨日の大雨の影響で登山道が川になっていました。
 ・昼食この日2回、これでは瘠せません・・・(笑)
 ・皆さんぼちぼちお年頃、山後は『ぐっすり寝れますよぉ~』と経験談を♪

 林道から、急峻な山頂を望む~
f0187402_22225435.jpg

 奇岩が多いです、枯れ葉の絨毯も素敵ですぅ。
f0187402_222329.jpg

 山頂で、素晴らしい笑顔の面々が・・・
f0187402_2223991.jpg

 岩屋神社の奥の院?、手前に御神体が奉ってあります。
 この部屋への出入りは、頭から入り・脚から出なくてはなりません・・・
f0187402_22231768.jpg

 こんな洞窟(岩屋)を、よく見つけたものです(どこも、昔から信仰パワーが)
f0187402_22232556.jpg

[PR]

'11-10:礫岩


本日は独りでは絶対に行けないへ、連れていって貰いました。
眺め良く、コースも良く、ダンギクも良く、素晴らしいところでした。
岩の達人のおかげです、感謝~♪

1.日   ’11-10-2
2.山    礫岩
3.コース 「どいろこいろ」(笑!)

4.写真

      そこには、が聳えていました!(拙者が登れる山では、なかばいと・・・)
f0187402_21382339.jpg

      ダンギクが咲き始め♪ 綺麗かばい!
f0187402_2138316.jpg

      香りが良い「伊吹ジャコウソウ」だすぅ。
f0187402_21383927.jpg

      だす!、行きはよいよい、帰りはおとろしか~
f0187402_21384784.jpg

      の眺めが最高どす、奥は「宇久島」か?(五島列島の最北端)
f0187402_21385495.jpg

      暖かい珈琲を飲みながら、『ひょこり瓢箪島』を堪能!
f0187402_2139513.jpg

      彼方には、釣り船が見えますか~?
f0187402_21391262.jpg

      そこは、キレットより厳しいルートが・・・ かっこのよか~♪ 【男の背中!】
f0187402_2139183.jpg

[PR]

’11-9:浄土山

この日忙しく、起きて、先ず畑の草むしり・・・
  っで、床小屋さん
     生命維持装置の「山登り」 っで、また畑仕事「種蒔き」 
       (ダイコン・白菜・チンゲンサイ・カブ、、、金魚草&キンセンカ)

1.日  ’11-9-3
2.山  浄土山(501m、佐賀県鹿島市)
3.写真&コメント


 ・里山で信仰の対象の丘
 ・急峻な岩場もありましたが、小雨が降っていたので無理をせず。
 ・鹿島市が最近薮を払っている模様、薮の中だとおそらくかなり大変な
  場所・・・(情報も無いし、ある意味有名な山々よりずっと難度は高い!)

f0187402_203899.jpg
f0187402_20381871.jpg

  長崎で云う「精霊船」の前に付ける看板『ミヨシ』の字(書体)と同じ・・・
  やはり、あの世へ向かう決まりごとか???
f0187402_20382619.jpg

[PR]

'11-6:黒髪山

f0187402_1812455.jpg

本州(防府市)からお客様がみえ、今が旬のクロカミランを一緒に観てきました。
前日は仕事が終わった後、車を走らせ宿泊先「龍門ダム管理棟」へ 楽しい宴会が・・・
雨は降っていましたが、狙いの花や、雨の日にしか見れない幻の滝&滑め川を!

1.日  ’11-6-19
2.山  黒髪山
3.ルート
   龍門ダムー見返り峠ー天童岩(山頂)ー蛇焼山ー後の平ー二俣ーダム
   <所要時間;3h.20m.>
4.写真&コメント
 
  前日の宴会、なんと始めはウコンで乾杯~ いやはや、皆さんお酒がお強い・・・
  麦酒の空き缶だらけで寝る場所が狭くなり、、、 嘘でぇ~す。
  この日の宿泊先は管理棟の2F、講習室(大)、約50畳、もっとかな~?
  こちらからの差し入れは、今が旬のイサキ・・・、焼き方を確立しておらず、皆々にご迷惑を
  お掛けしました。(アルミホイールは燃える、次回に活かします・・・) もう一点は、お誕生日
  の方がいらしたので小さなケーキ。(好評でした)
  皆さん「辛党&甘党」の両党使い、立派なお腹で!(見た目は大丈夫、中身の問題ですぅ)

  今朝は5時過ぎに起床、朝食が6時前に終わり、準備をしていると早朝より早速登っている
  人が・・・ なんと、「平六さん」でした。(また、一緒に登りましょうね~)

  登りはかなり蒸し暑く、汗が合羽の中から・・・
  やはりずーっと降り続いているので、足元はかなり弱っていました。(今後の雨量しだいでは、
  鉄砲水の可能性もありそうな)
  山頂付近の岩場&稜線では、風が吹き汗で濡れているので、寒かったです!(贅沢者メ)

  お目当ての花に出会うことでき皆さん満足、また素敵な自然の中を歩いていただき感謝~♪
  生憎のガスで景色はさっぱりでしたが、また来てくださいなぁ~ 『山は、逃げない』ので
  下山後は、皆で西有田の「井出ちゃんぽん」を堪能しました。
  楽しいひと時は、あっという間に過ぎ去り~ また、ご一緒に~♪
f0187402_18313935.jpg
f0187402_18315127.jpg
f0187402_1832186.jpg

[PR]

'10-6:黒髪(青螺山)

九州最強の低山 『黒髪山系』 へ出掛けて来ました。
下山後の井手ちゃんぽんが楽しみで、山はボチボチ(笑)
それでも今日のメインディッシュ「クロカミラン」には、しっかりと会えました。
それに、お初の岩場?「湾洞」にも無事に辿り付き、満足の一日でした~♪

1.日  ’10-6-6
2.山  黒髪山系(青螺山)
3.ルート
    龍門ダム~(湾洞)~見返峠~青螺御前~青螺山~青牧峠~下山
    <所要時間;4h15m(休憩含む)>
4.写真&コメント

   暑~い 一日でしたが、この花が疲れを吹き飛ばしてくれました~!
f0187402_18353024.jpg

     自然豊かなこの山系が大好きです、いつまでも守りたいと・・・ 切に願います!
f0187402_18354586.jpg

     お初の「湾洞」へ無事到着、切り立った2枚の岩がそびえています。真ん中には穴が
     あり、4m前後の崖にはロープが垂らしてありました。なかなか面白い所です!
f0187402_18355573.jpg

f0187402_1836466.jpg

     こんな急斜面もあります。山友は何事も無く登っていますが・・・、急登どす。
f0187402_18361144.jpg

     雄岩だったかな~?(アルツ) 雌岩もありますよぉ~
f0187402_18361873.jpg

     固有種クロカミラン、以前乱獲に遭いめっぽう減ってます。山野草を盗るのは犯罪です。
     射殺して欲しいと思うのは私だけか~ (そんなことは無い!)
f0187402_1836274.jpg
f0187402_18363474.jpg
f0187402_18364096.jpg

     白花もありました、来年も綺麗な花を咲かせてくださいね~♪
f0187402_1836479.jpg

     天童岩(黒髪山)、その奥は英山(はなぶさやま)方面
f0187402_1837655.jpg

     岩場もありますが、慎重に歩けば問題ありません。
f0187402_18371369.jpg

     岩にしがみ付いている木々、富士山の青木樹海と同じだ~♪
f0187402_18372088.jpg


  大木&奇岩の森 自然豊かこの山系は大切にし、我々の子孫に残してあげたい。
  それが我々の使命だと思います、いつまでも大切にしましょうね~♪♪♪

[PR]

'10-4:雲仙(妙見岳)

雲仙山系は、我々の楽園です(すみません、皆さんの~)
久々に大野木場から妙見尾根まで、なんと標高差920m!
前回は2004年4/11に、山友さんのホームを参考にして登りました。
その時かなりしんどくて封印、今回は交差縦走を堪能してきました。

1.日  ’10-4-10
2.山  妙見岳
3.ルート&時間
  上大野木場~仁田峠~アザミ谷~紅葉茶屋~妙見尾根~仁田峠
   所要時間;約5h(休憩含む)

   上大野木場~仁田峠;約2.5h、前回は1h40m(若かった・・・?)

4.写真&コメント
  ルート概要です、道ははっきりとしていま~す!
f0187402_172949.jpg

  平成新山です、目の前から登り始めます。この手前の赤松谷では、火砕流が
  発生し40数名の犠牲者が出ました。(ご冥福をお祈り致します)
  絶対に、忘れてはいけないと思います。「人間は、自然には逆らえない」
f0187402_18564332.jpg

  出だし、火山灰から根性ワラビが沢山にょきにょきと・・・
f0187402_18565539.jpg

  途中の休憩所(監視カメラ)の先、正面は野岳です。(前回は、この野岳まで)
f0187402_1857951.jpg

  平成新山は今も崩壊が続いています、今年中に登れるようになるとのウワサもあり
  ますが、まだまだ先のような気がします。
f0187402_1857179.jpg

  日の光を浴び輝くコガネネコノメソウ
f0187402_18573584.jpg

  そして逢いたかったマッチ棒? 「シロノメネコノメソウ」
f0187402_18574481.jpg

  今が旬のハルトラノオも沢山!
f0187402_18575160.jpg

  マッチ棒の群落地、幸せじゃ~
f0187402_18575983.jpg

  昔々の道は、今も入山禁止です。(噴火の影響)
f0187402_1858640.jpg

  綺麗なアマナさんにも出逢え、満足・満足!
f0187402_18581583.jpg

  これは妙見岳&尾根、なかなかカッコいぃ~ 冬場は霧氷のトンネルが・・・
f0187402_18582262.jpg

  仁田峠~妙見岳間は、ロープウェイがあります。今回は疲れていたので、誘惑が・・・(笑)
f0187402_18583048.jpg

目的のマッチ棒や&アマナ畑にも出逢え・・・
予は満足じゃ~(幸)

[PR]

’10-4:虚空蔵山系

九州(長崎)[川棚]のマッターホルンと云われている虚空蔵山系の
端を歩いて着ました。そこは、自然いっぱいとっておきの場所です。

1.日  ’10-4-4
2.山  虚空蔵山系(焼岩、鉈岩、一の宮)
3.ルート&時間

   長崎(川棚&波佐見)と佐賀(嬉野)の県境~焼岩~(波佐見と嬉野の境)~
   鉈岩~焼岩~(川棚と波佐見の境)~車道~一の宮~車道
   <所要時間;約4h(昼食休憩含め)>

  県境から見る焼岩、急登で一挙に着きます(約30分弱)
f0187402_21504365.jpg

  少し方向を変えると(県境から)、見ためが異なります。(これが山?)、ここから
  鉈岩方面への下りはもっと急登(下り)、ちょっと緊張します。
f0187402_21505393.jpg

  焼岩から見た、(左)虚空蔵山、(右)歌舞多城山
f0187402_2151110.jpg

  昔々の境界標柱、なんと『村』・・・ 村長さんの娘に会いたい?
f0187402_2151826.jpg

  下山後に撮影したマッターホルン
f0187402_21511668.jpg

  マッターホルンのアップ(笑)
f0187402_21512345.jpg

 とにかく楽しい山系です、色んなルートがあります。
 下山後に狙っていた「歌舞多城山」は次回にキープ!   ー以上ー
[PR]