山馬鹿日記

カテゴリ:県内外(近くの)山( 54 )

'14-9:花の宝庫「天山」

様々な花々を堪能できました、雨も降らず(長崎は雨が・・・)
 ちょっと風邪気味でしたが、一汗かいたらどうにか大丈夫でした。
  それにしても人気があります、駐車場は満杯になっていました。

1.日  ’14-9-21
2.山  天山
3.ルート
    上宮~雨山~天山~稜線歩き~天山登山口~林道
    <所要時間:約3h(小休憩含む)>
4.写真

   結構 肉厚のウメバチソウがしっかりと咲いてました。数は少ないようですが、
   毎年咲きます。
f0187402_18583966.jpg

   白のサイヨウシャジン、色が抜けただけかも?
f0187402_1859854.jpg

   桜の紅葉が始まっています。
f0187402_18591898.jpg

   オオバヨメナのはず(笑)
f0187402_18592794.jpg

   シギンカラマツ、この花は宇宙です?
f0187402_18594148.jpg

   八幡山方面を望む、手前の尾根も魅力的かも(でも今はいかんです、冬)
f0187402_1912898.jpg

   山頂付近から雨山を・・・
f0187402_1914285.jpg

f0187402_1915420.jpg

   ヒメアザミだったかな?、優しい感じの花です。
f0187402_192657.jpg

   トリカブトも咲き始め、怪しい美しさ。
f0187402_1922121.jpg

   キュウシュウコゴメグサ、なかなか可愛いです。この山系以外では、見ないような?
f0187402_1923574.jpg

   ツルリンドウも数多く・・・、ツルニンジンは撮影忘れ(笑)
f0187402_1924778.jpg

   縦走路から天山方面へ戻っています。
f0187402_1851282.jpg

   今が旬のマツムシソウ、沢山ありました!
f0187402_193260.jpg

   アキチョウジ、これも一杯ありますよ。
f0187402_1933915.jpg

   またもや、名峰「八幡山」(奥) 手前は、女山?
f0187402_1935353.jpg

[PR]

’14-6:黒髪山系

 やはり最強の低山は、「黒髪山系」
  もう、クロカミランが咲いてました♪
   いつまでも、大切にしたい貴重な花です!
f0187402_2254327.jpg

1.日  ’14-6-1
2.山  黒髪山系
3.ルート
  泉山(オオイチョウの傍)~年木谷~英山~英岩~前黒髪山~
  西光密寺~見返り峠~青螺山~青牧峠~終の水~大川内山
  <所要時間:約5h(休憩含む)>

4.写真&コメント

    登山口、今日は藪漕ぎばいと思っていましたが、入口のみ!
f0187402_20552513.jpg

    現在はあまり誰も利用していないようですが、以前は本道か?(道がえぐれて)
f0187402_20553679.jpg

    ようやく有田ダムからの道に合流、稜線に出て少し風が・・・
f0187402_20554631.jpg

    ここは、「年木谷」という鞍部。
f0187402_20555518.jpg

    岩坂が続きます、決して緊張を緩めないように!
f0187402_205671.jpg

    危険、極まりなく!!
f0187402_20561781.jpg

    英岩(はなぶさいわ)、ここの手前で何気ない還暦過ぎたと思われる爺様と会い
    ました。これが達人、なんとノーロープ&登山靴で英岩を登って来たと・・・
    凄い、、、そして人は見かけではないと(笑)
f0187402_2192838.jpg

    突端には、鳥居があります。
f0187402_205829.jpg

    これから向かうかもしれない 天童岩、その向こうに青螺山(最高峰618m)
f0187402_20581265.jpg

    ここ黒髪山系の固有種、勝利のVサイン「カネコシダ」
f0187402_2058218.jpg

    西光密寺の正面道かな?
f0187402_20585674.jpg

    ユキノシタさんも、別嬪!
f0187402_2059693.jpg

    ここにしか無いクロカミラン、盗掘で絶滅寸前、日本人としてとても悲しい~
    これは人口復帰株、天然ものはごく稀に~
f0187402_20591492.jpg
f0187402_2059231.jpg

    雄岩&雌岩、このような奇岩が至るところにあります。
f0187402_20593397.jpg

    ベニドウダンです、逢えて良かったよぉ~
f0187402_210129.jpg

    終の滝、末期の水の意図か?
f0187402_2101344.jpg

    石柱節理だったかな?  アルツは徐々に・・・(笑)
f0187402_2102451.jpg

    これは、一見の価値あり  感動します♪ 間違い無い!
f0187402_2103523.jpg

[PR]

'14-5:虚空蔵山

暑い日でした、午前中は軽~く畑仕事を(汗びっしょり)
 それから午後に、もう一汗を山で・・・
  山頂の祠(三箇所)の水を換え お参りしたら、良いことが3つ~

1.日   ’14-5-31
2.山   虚空蔵山
3.ルート 岩屋~山頂(ピストン) 約1h
4.写真&コメント

    一等三角点越に、看板・女岳。大村湾  この日も黄砂&PM2.5で展望は冴えず!
f0187402_6153518.jpg

    ヤマツツジは、終わりかけ・・・
f0187402_6154462.jpg

    山頂直下の岩場?、良く見れば判りますが、不自然な階段! 以前は、この階段は
    ありませんでした! 登り易いように、山を切り開き・・・、残念 自然破壊!!
f0187402_6155173.jpg

    緑が綺麗すぅ、それに小鳥の声が 登山者を癒してくれます。
f0187402_6155870.jpg

    父はこの日、半分登山。足が痛いと、、、 約8年前、山仲間と経ヶ岳へ石楠花
    観賞へ。
f0187402_616514.jpg


【神様からのご褒美】
 ①父の足の傷みが、少~し緩和されました!
 ②翌日、クロカミランが開花してました(いつもより、ちと早いかも)
 ③父が釣に出掛け、大きなコロダイ(4kg)をゲット!
  地元では、コウクロウダイと呼んでいたような・・・?
[PR]

’14-4:虚空蔵山


GWの中日?、登山口のが綺麗だということで 母と叔母を連れて
虚空蔵山の麓へ~(約5年前は一緒に登りましたが、今は無理です)
登山口には、シャクナゲ&キエビネが沢山・・・[一人だけ、山へ]

1.日  ’14-4-30
2.山  虚空蔵山
3.ルート
   岩屋登山口~山頂(ピストン) <約1h>
4.写真&コメント


    ちょうど見頃です、沢山あった株を間引いてから綺麗咲き出しました。
    元々は、天然ものがあった山系だとか・・・(悲!)
f0187402_224872.jpg

    キエビネが沢山、おそらく約100本!
f0187402_22482776.jpg

    ちょいと雨に濡れ、なかなかよかばい!
f0187402_22483644.jpg

    山頂標識と下界の景色(生憎のガス、この後雨が)
f0187402_22484436.jpg

    素敵な藤さん。
f0187402_2249311.jpg

    素晴らしい虚空蔵菩薩さん!
f0187402_22491134.jpg

    整然とした杉並木
f0187402_22492083.jpg

    エビネラン
f0187402_22492880.jpg

    シャクナゲ  どこも今が見頃~♪
f0187402_22494392.jpg

[PR]

'13-11:黒髪山系

紅葉は低山へ下って来ました~ 大好きな黒髪山系を久しぶりに堪能♪
この山系は、やっぱり素晴らしいです。
以前に登ったルートを下りましたが、とっても新鮮でした(笑)

f0187402_22313822.jpg

1.日  ’13-11-16
2.山  青螺山、牧ノ山
3.ルート
    龍門ダム~見返り峠~青螺御前~青螺山~青牧峠~牧ノ山~登山口
    <所要時間;約4.5h(休憩含む)>

4.写真&コメント

 ・前日の飲み会で一人御前様~、スタート時間は遅く・・・
  帰ってから、できれば少しだけ畑仕事をと・・・
  我が儘放題で、同行者に大変ご迷惑を~ すんまへん。
  よって、ショートカットコースを歩きました。
 ・目的は二つ、見返りコース手前にある紅葉の観察、牧ノ山へはダム脇から二度
  程登りましたが、下ったことが無く・・・
 ・駐車場にある紅葉は綺麗で、次週も良さそうな雰囲気でした。
 ・期待していた見返りコース手前にある紅葉は、未だ緑の葉で、二週間後か?
 ・牧ノ山から下り直下は、ずーっと急です。以前に比べ、かなり整備してあり新し
  いロープもあちらこちらに付いていました。登りと下りの違いか、新鮮でした!
 ・若者登山者が多く、大概の人は黒髪山(天童岩)方面へ。かなり混雑したかも
  しれません。我々が歩いたルートは、ぼちぼちでしたが、それでも人が増えた
  ようで、やはり人気の山です。

   駐車場のイチョウの樹有田の大イチョウを いつも見逃してしまいます。
f0187402_22314718.jpg
f0187402_22315673.jpg

   見返り峠~前青螺山の途中の岩場、ヤマラッキョが未だ少しありました、鎖も昔に
   比べだいぶ錆が発生、ここのシンボルだった枯れ木も半分ほど折れてました。
f0187402_2232953.jpg

   上記の場所から見た「牧ノ山」、奥が三角点のある場所、手前はⅡ峰です。
f0187402_22321836.jpg

   青螺山(618m、ここらの最高峰)先の岩場横から、眺望抜群です。
f0187402_2232259.jpg

   同じく上記の場所から、なかなか渋い紅葉が素敵ですぅ。
f0187402_22323381.jpg

   牧ノ山三角点、いまり山岳会の看板が二枚も。
f0187402_22324195.jpg

   山頂直下は、急です。
f0187402_22351689.jpg

   この看板が黒髪山系では、一番役に立ちます。 ユニークな一言や、要所要所に
   設置されています。この山系ののようなお方に、感謝~♪ 
f0187402_22325038.jpg

   下り途中の展望岩から、左は青螺山その右は前青螺山、中央は天童岩、その右は
   後黒髪。色々とピークがあり、楽しめます。
f0187402_22325712.jpg

   サザンカも満開ばい!
f0187402_2233530.jpg

   駐車場の紅葉毎年綺麗に~ 素晴らしかぁ~ おおきに~
f0187402_2233113.jpg

[PR]

トリカブト観賞

だいたい毎年 いや最近は2年に一回、トリカブト観賞に出掛けます。
なんか年々 株が減っているようで、恐ろしやぁ~(猛毒です)
今回はちょっと時季が早かったのもあります、まだ数多くの蕾が・・・


f0187402_1755694.jpg
f0187402_176494.jpg

f0187402_17104132.jpg

f0187402_1784924.jpg
f0187402_1785796.jpg
f0187402_179510.jpg

[PR]

'13-3:虚空蔵山・高見岳・番神山

数々のルートを歩いている虚空蔵山系で、またお初のルートに挑戦!
結構手強いコースでした、時間制限があったので一箇所のみ山友のGPS
現在位置を確認。椿が沢山ありましたが、猪くんが踏み荒らした跡も多く・・・

1.日  ’13-3-16
2.山  虚空蔵山・高見岳・番神山
3.ルート
  木場~稜線(県境)~虚空蔵山~犬の墓(南側尾根)~鞍部(車道)~
  高見岳~女岳~P_379m~番神山(224m)~彼杵道の駅
  <所要時間;約6h20m(休憩含む)>

4.コメント

 ・数々のコースが楽しめる山系です。(これまでに約10本程度)
 ・以前に女岳から音琴方面に降りた際に、今回のコースに狙いを付けました。
 ・山中、結構テープが付いていました。正直に助かったと思う反面、面白みに欠ける点
  と、稜線を少し外しているルートを辿っている点など、なにより美観に反する!
 ・マダニの問題があってから、薮漕ぎが正直怖い! 猪の踏み跡だらけの道は、激しく
  厭らしい、気分的にもマイナスに・・・ (筍を掘っていたのか?)
 ・今回 山頂から彼杵駅近くまで堪能、川棚駅から歩く周回コースが考えられます!
  (以前は、駅から歩いて登るのが当たり前でした)
 ・PM2.5(&黄砂)が多く、相変わらず、景色が霞んでいました  残念!


          ざっくりとしたルート図、決してGPSルート図ではありません。
          赤の矢印地点では反則技を(山友さんのGPSで現在地を確認)
f0187402_2082620.png

   この山系には、サツマイナモリの群生が・・・ 畳×2倍サイズ等々
f0187402_2083582.jpg

   山頂  これから行く 左は高見岳、右は女岳
f0187402_2084466.jpg

   これは町境稜線(川棚&彼杵)、よく手入れされた植林は日光がが差込み綺麗♪
f0187402_2085165.jpg

   ツバキさんが、写して~ と光り輝いていました!
f0187402_2085954.jpg

   鞍部(車道)から虚空蔵山 山頂を望む。
f0187402_209719.jpg

   高見岳の登りは、超急登(約10分程度)
f0187402_2091613.jpg

   「東彼山岳会」があちこちに洒落た案内板を~
f0187402_2092433.jpg

   ようやく番神山の上224m地点、山城の跡が・・・
f0187402_2093245.jpg

   この山系は、ヤブツバキが綺麗でした。
f0187402_20940100.jpg

   地図上の山頂には、日蓮聖人がおい出て・・・
f0187402_2094748.jpg

   東彼杵町の街並木(鯨の街)と 大村湾、琴の海 じゃっで音琴(ねごと)
f0187402_2095484.jpg

   番神山の石段は、立派だす。 標高差 約150~200m分。
f0187402_20101100.jpg

   妙法寺の枝垂れ桜、満開だした~♪
f0187402_2010989.jpg

   彼杵川沿いの菜の花も美しい!
f0187402_20101750.jpg

   『飛び石』 昔々は、ほとんどこればかり。 通行の際に、水の流れが少し気になり・・・
f0187402_20102421.jpg

   これが、明峰「番神山」の全景ですぅ(笑)
f0187402_20103127.jpg

[PR]

長崎のマッターホルン『虚空蔵山』

長崎のマッターホルン『虚空蔵山』へ~F7F3.gif

一番上は82歳 一番下は7歳(小学一年生) 小雨混じり中 総勢七名

眺望はどうにか大村湾までは…
紅葉はほとんど無し
キッコーハグマさんが咲いててくれましたF3A1.gif
[PR]

'12-8:天山

変則勤務形態(土曜出勤、月曜休み)は、もうしばらく続きます。
台風が来る前に、夏の花を堪能しに出掛けて来ました。
やはり季節の花々はよかです、昨日に引き続き花に癒して貰い感謝~♪
f0187402_1719415.jpg

1.日  ’12-8-27
2.山  天山
3.ルート
   上宮(駐車場)~山頂&ちょっと先(ピストン)
   <所要時間:約2h>


4.コメント&写真
・台風の影響で空はどんより雲が、そして山頂は飛ばされそうな強風が吹き荒れていました。
 強風で花が揺れ、写真を撮るには最悪の条件(早くも言い訳;笑)
・季節季節の花々はやはりよかです、毎年ほぼ同じ場所に咲いてくれます。
・平日&台風前ということで、山は貸切でした~
・下山後は、肉まんさんが以前に紹介していた「ウワサのカリー」屋さんへ。
 正直にカレーはまあまあ(私が作る味と似ているかも?、もう10年ぐらい作ってないですが・・・)、
 カツカレーのとんかつは超一流でした。

 これからやりたいグルメ企画は、焚き火で焼き芋 山中テント泊

          サイヨウシャジンさん、なんとも やーらしか!
f0187402_1721337.jpg

          雨山さんは、カッコがいい山です。
f0187402_17214124.jpg
f0187402_17215028.jpg

          シベの影を、狙ってました~
f0187402_17215731.jpg

          楽しく会話中♪
f0187402_17313265.jpg

          キュウシュウコゴメグサ、この山系でしか見ないような???
f0187402_17221354.jpg

          オミナエシ越に、明峰 天山 
f0187402_17222051.jpg

          地元の宝の山「雲仙」
f0187402_17222780.jpg

[PR]

海&山 「生月島」  

新車で出掛けて来ました~
お初の島でした、海&山が楽しめます。

(8が攻めて来るので、ここらで失礼します)


     生月大橋、平戸の入り口から約40分 なんと! 無料です、お奨めだす(笑)
f0187402_20442089.jpg

     山頭草原、気持ち良く・見晴らしが最高ですぅ。
f0187402_20442721.jpg
f0187402_20443579.jpg

     牛さんが、お昼ね中~
f0187402_20444272.jpg

     島の一番北側、海の色が・・・ 紺! 紺碧!! 綺麗か~!!!
f0187402_20444912.jpg

     本来ここはハマユウの群生地、でも崖の下なので止めました。 また、次回にリベンジ!
f0187402_20445892.jpg

     素晴らしい海の造形美
f0187402_2045641.jpg
f0187402_2045125.jpg

     鯨の尻尾だす、昔々ここでは鯨を人力で・・・ 捕鯨では有名な島です!
f0187402_20451981.jpg

     島を離れ、とある場所へ(白岳の麓) スズメバチを見つけ、一目散に退散。
f0187402_2045276.jpg

     栗さんが・・・ 9月に入ると、直ぐ収穫だべ・・・
f0187402_20453615.jpg

     またもや移動、御橋観音(お初♪)  イワタバコが沢山・・・
f0187402_20454620.jpg

     そして、オオキツネノカミソリさんまで!
f0187402_2046395.jpg

[PR]