山馬鹿日記

カテゴリ:県内外(近くの)山( 54 )

16-3:五島「(七ツ岳)& 高浜 & 鬼岳 」   

 
 渚百選(初めて知りました)の高浜海水浴場鬼岳へ~
 鬼岳はまるで阿蘇のような感じの草原で、眺望抜群!
 福江港・飛行場・火ノ岳・福江市内、そしておそらく長崎が~♪
 (冬の澄み渡った日に、逆は見えます

  1.日  2016-3-19
  2.山  鬼岳
  3.ルート
     手前登山口駐車場~山頂(ピストン)
     <所要時間:約40m>
  4.写真&コメント


   ・渚百選も知りませんでしたが、他には森林浴の森百選や日本の滝百選
    などがあるんですね~ ちなみに、長崎県の渚百選は以下の四箇所
    ①高浜(五島)②筒城浜(壱岐)③三宇田浜(対馬)④高浜海水
    浴場(長崎市)

  今回の位置関係です!
f0187402_2059130.jpg

  高浜海水浴場、かなりの遠浅です。
f0187402_2058231.jpg

  登山靴で、波打ち際まで攻め込みます(笑)
f0187402_20583724.jpg

  潮で出来た模様です(〇△砂丘のような風紋ではありません)
f0187402_20584849.jpg

  鬼岳、登山口から山頂(左奥)を望む。
f0187402_20591781.jpg

  阿蘇の外輪山によく似た雰囲気、今年は数年ぶりに野焼きを実施。
f0187402_20593166.jpg

  ここのゴルフ場には2回程、奥は火ノ岳です。
f0187402_20594292.jpg

  特に何もない山頂、それがよかたい!
f0187402_20595548.jpg

  畑&牧草地の模様が綺麗、後者は五島牛用か?
f0187402_210945.jpg

  わらびも出現、こまんかね~
f0187402_2102030.jpg

  こちらは福江港方面、ここはお弁当と麦酒を持参したら最高ばい!
f0187402_210293.jpg


 ※下山後は、魚(刺身やハコフグ)食べるぞっと張り切っていましたが、
  売り切れ、では鯖の塩焼きと・・・ これも無し残念!
  すり身・魚フライ・焼き肉(五島牛)で、鹿児島の芋焼酎を(笑)

  次回は泊まり、魚・父ヶ岳・サカナ・釣り・酒・楽しみたいなぁ~


  
       
[PR]

16-3:日帰りで五島「七ツ岳(&鬼岳)」

 日帰りで五島「七ツ岳(&鬼岳)」を堪能!(高浜海水浴場にも・・・)
 七ツ岳縦走は実に素晴らしい山系でした、ロープも一切無く自然のまま♪
 金曜 出張だったサイボーグ風来坊さんと一緒に登る、天気は曇りのち晴れ

  1.日  2016-3-19
  2.山  七ツ岳
  3.ルート
     七岳登山口・・・(バス)・・・荒川橋~七嶽神社~(巨木コース)~
     主稜線(父ヶ岳分岐)~(瘠せ尾根)~七ツ岳~七岳登山口
     <所要時間:約2h40m(休憩含む)>
  4.写真&コメント


   ・この山は必ず縦走してください、素晴らしい瘠せ尾根が待ってます。
    幅がかなり狭いところあり、お相撲さんには無理です(笑)
   ・風来坊さんの事前準備がばっちりで、レンタカーの待ち時間は無し。
   ・ちょうど今が季節の椿が沢山咲いていました!(秋から春が良い)
   ・父ヶ岳は次回に残しました(笑)、魚を食べんばけんね~・~

  7:40大波止発のジェットホイルは、ほぼ満席(3連休の影響?)
f0187402_9143671.jpg

  荒川橋から少し歩くと、見えてきます 特徴的なギザギザ縦走路が!
  見た目、結構遠い 山頂まで2hで登れるのか・・・と不安になる。
f0187402_9145414.jpg

  山の位置はこんな感じです、東側の福江港の真反対側から登ります。
f0187402_915557.jpg

  だんだん近づいて来ました、ワクワク。ドキドキ~♪
f0187402_9152090.jpg

  七嶽神社で、安全祈願。
f0187402_9153182.jpg

  いきなり急階段の洗礼を、苔が付き滑り易い、ここがあるのでこの方向に
  縦走した方がいいかもしれません。
f0187402_9154164.jpg

  予習通り巨木コースを選択、素晴らしい自然林が沢山ありました。
f0187402_915521.jpg

  主稜線は、ずーっと瘠せ尾根が続きます。
f0187402_916269.jpg

  両側に今が旬の椿が沢山、岩場のアップダウンもありますが、
  ロープ等は一切無く素敵なところです。【自然のまま】
f0187402_9161370.jpg

  この稜線を歩いて来ました、岩場の横も・・・ 樹がありそう感じま
  せんが、実は相当危険!(左右の振れには要注意です)
f0187402_9162493.jpg

  これから向かう山頂方面、未だ手前にピークが2箇所。
f0187402_9163594.jpg

  このⅣ峰は、360°の眺望があり素敵なところでした。本来の山頂より
  数メートル低いようです。
f0187402_9165014.jpg

  ようやく山頂へ(約2h)、ここで軽~く腹ごしらえ。(行動食)
f0187402_91707.jpg

  七岳登山口バス停、ここにはトイレ・水場・小屋(お地蔵さんの家)
  があります。
f0187402_917942.jpg

  登山口にあった地図です、先に車を停めバスに飛び乗り、荒川橋で下車し
  縦走。グッドタイミングのエピソードは、風来坊さんが詳しく記述(笑)
f0187402_9291055.jpg

  風来坊さんの段取りよく、時間が出来、観光も少し堪能できました。
  感謝です。そして、次作に写真を貼りますね♪




    
[PR]

16-2:作礼山_2

  またもや 名峰「作礼山」に、今回は 尾根&展望ピークへ~♪
  お初の人もいてたので、滝 沢コースもピストンで案内を。
  声には出さはれませんでしたが、そのハートは たぶん・・・(笑)

   1.日  2016-2-28
   2.山  作礼山
   3.ルート
     白木木場~分岐~白木渓谷(ピストン)~尾根~西峰~東峰~
     東展望台~駐車場~東側ピーク~池~鈴虫峠~平石橋
      <所要時間:約5h>

   4.写真&コメント


     今回は青コース、画面から東のピーク2山は 食み出ています(笑)
     前回は、赤コース
f0187402_2113974.jpg

   ここが沢と尾根コースの分岐、今回は沢の滝を見ていただき、尾根道へ。
f0187402_2115779.jpg

   前回 観た滝  少々水量が多いか?
f0187402_2121085.jpg

   この「奥の細道滝」(山馬鹿命名)は、なかなか素敵です。
f0187402_2122419.jpg

   尾根はメッチャ急登、樹につかまりながらどうにか登ります。下りには、
   使いたく無いコース、登り時にも後ろに よろけてはいけません。
f0187402_2123636.jpg

   よか森に まだ雪が、主稜線の素敵なこと! この日は生憎 強風が吹いて
   いましたが、穏やかな日はここでお弁当を食べれば 最高かも~
f0187402_2125477.jpg

   これは、普通の山頂(西峰) 三角点があります。
f0187402_213751.jpg

   これは東側の山頂、信仰熱いようです、この日もご老人夫妻がお参りを!
f0187402_2131753.jpg

   先ほどの東峰から、さらに東側へ約5分、東展望台と命名してはる人が。
   眺望よくするため、木をかなり切っています、やり過ぎかも?
f0187402_2133041.jpg

   先ほどの東展望台から、九合目 駐車場を過ぎずーっと東側へ。ここは二つ目のピーク、
   ハンバーグ岩と命名 風来坊さんがいないので盛り上がりません(笑)
f0187402_2135776.jpg

   今日は 全く凍っていません、カエルさんが鳥に何匹も食われてました。弱肉強食
   鳥さんにとっては 恵まれたレストランなのでしょうか・・・
f0187402_2141298.jpg

   下山後に「河津桜」と思い撮影! でも、同行者は梅じゃ~っと、果たして真相は?
f0187402_2143632.jpg

[PR]

16-02:作礼山(誕生日のご褒美登山)

 本日は 誕生日で 休暇をとり、自分への「ご褒美登山」へ
 名峰『作礼山』で、いぃことありました!
  ①沢沿いの美しいルート&素敵な滝とご対面
  ②雪が残ってました(約2,3cm)
  ③山頂付近の池が、なんと凍ってました!

f0187402_18503488.jpg
  1.日  2016-2-18
  2.山  作礼山
  3.ルート
     白木木場~(北東へ登る沢)~作業道~林道~(南側へ登る沢)~
     九合目~作礼山~鈴虫峠~白木木場
     <所要時間:約3.5h(休憩含む)>

  4.写真&コメント

   ・過去に何度か登りましたが、お初の沢沿いの道は素晴らしく このルートに導いて
    いただいた方に感謝~♪ (看板と目印あり)
    但し、少し危ないルートなのでご注意を!(増水時は、迷わず引き返してください)


   登山口、西峰夫で約1h半は途中から東側の尾根に取っ付くルート、今回は真っ直ぐ
   沢沿いを進み 山頂より北側へ回り込み、戻るようなパターンで山頂へ。
f0187402_18505663.jpg

   渡渉、迷わず下を選択。昔はこの先に家があったのか?、石を積んでます。
f0187402_1851919.jpg

   美しい沢です、マイナスイオンいっぱい!
f0187402_18511922.jpg

   この看板のおかげで、素敵な白木渓谷を堪能できました、感謝です。
   「Wel CAME」が、またなんとお洒落か(笑)
f0187402_18513442.jpg

   目印ありますが、踏み跡は薄く 要注意! 新しいルートのようです。
f0187402_18514432.jpg

   見事な滝が(この上にも2,3段)、ルートは滝を右から登り 滝の上を左へ横切り
   ます。滝の右上にも印があり、登ってみると 次の細長い滝が出現!
f0187402_18515591.jpg

   切れ込んだ沢「滝」が結構長く、素晴らしいです。 なかなか、なかよ。
f0187402_1852615.jpg

   その後、沢と並行した道(踏み跡あり)を歩き、この作業道に出ます。
   そして林道を通り、今度は南側へ登る小沢を登って九合目に出ます。
   この林道歩きが長~く、積雪もあり疲れました。
f0187402_18521917.jpg

   山頂付近の積雪は2,3cm、前日の踏み跡とウサギさんが!
f0187402_18522972.jpg

   小さな池はほとんど凍っていました、大きな池は一部のみ。
f0187402_18524338.jpg

   下りは鈴虫峠へ方面へ、ここは歩いたことがありました、記憶は・・・?
f0187402_18525473.jpg

   樹に積もった雪が溶け、また凍り、お日様に照らされ溶けて落下。
f0187402_1853971.jpg

   このルートでは有名な低~い鳥居、頭ば打たんごとね!
f0187402_18532292.jpg

   下山後、車道より振り返って山頂辺りを!
f0187402_18533248.jpg

   車道脇で、おばちゃんがシイタケの菌を打つコナラを軽トラに載せていました。
   ほんとはクヌギの方が、よかとさーっと、なるほど!
[PR]

16-01:城山「初日の出」


日本で一番多い山名が、この「城山」とか・・・
田舎の丘で、町民に親しまれている場所です。
そこへ、父&叔母と一緒に初日の出を見に行きました。



  ここ数年で一番! 薄雲も無く、素敵な日の出が!!
f0187402_21394358.jpg

  放射冷却のおかげで一番の冷え込み、初氷  ここは霜で真っ白。
f0187402_21395737.jpg

  皆さん、寒さ対策を・・・、でも普段着に近いような人々も・・・
  私はそこそこ着て行きましたが、待っている間 やはり寒く少々ランを~
f0187402_2140824.jpg

  兎に角、よか日の出でした! 世界平和と自分の身の回りの方々の健康を願い
  ながら、お日様を拝んで来ました。
f0187402_21401948.jpg

[PR]

15-12:黒髪山系(青螺山・天童岩)

 もう12月「師走」に(焦)、おそらく あっという間にお正月(笑) 
 残り2015年[&残りの人生]、有意義にいかんば!

 里山紅葉をリベンジ~ 大好きな黒髪山系へ♪

  1.日  2015-12-5
  2.山  黒髪山系
  3.ルート  龍門ダム~青牧峠~青螺山~見返り峠~天童岩~
          蛇焼山~後の平~二股~登山口
          <所要時間:約4.5h(休憩含む)>
  4.写真&コメント

   よかろうもん、紅葉  でも、赤では無く・黄色だした・・・
f0187402_9425987.jpg

   川の中に、痛んでいないモミジの葉がずんばい・・・(笑)
f0187402_9435434.jpg

   素敵な森なんだす・・・
f0187402_94442.jpg

   森_2
f0187402_9442469.jpg

   登山道脇から見える崖、この横を登って行きますぅ。
f0187402_9443436.jpg

   龍門ダム方面、黄色の紅葉が・・・ 
f0187402_9444536.jpg

   ここも_2
f0187402_9445663.jpg

   天童岩から青螺山を振り返り・・・
f0187402_945746.jpg

   有田焼と有田ダム
f0187402_9452069.jpg

   今季お初のカップラーメン、発祥のチキンラーメン進化版
f0187402_9453138.jpg

   蛇焼山を過ぎた後の展望台から、青螺山
f0187402_9455532.jpg

   後の平から下りだして間もなくの沢
f0187402_94651.jpg

   二股後の沢に掛かった橋から、一枚岩を~
f0187402_9461683.jpg

   その下にある岩穴、中にはお釈迦さま&お地蔵さま・・・?
f0187402_9462854.jpg

   この黄檗は、素晴らしかったです。
f0187402_9464127.jpg

   どうにか見頃の紅葉に、来週も いけるかな?
f0187402_9465751.jpg

[PR]

15-9:虚空蔵山

 9月は、良く登りました~♪  今宵は、よか月が!
 おかげで、畑は草ぼうぼう(笑)

  1.日  2015-9-27
  2.山  虚空蔵山
  3.ルート
     岩屋登山口~犬の墓~山頂(ピストン)
     <所要時間:約1h>
  4.コメント&写真


   稲穂の先に、首を傾げている山が! 長崎のマッターホルン? えっ、九州の(笑)
f0187402_224937.jpg

   これが、五穀豊穣の神様「虚空蔵菩薩」ですぅ。たぶん・・・ ついでに、慈悲や
   無限の智恵を備えた仏様。  
   大宇宙の如く大きな功徳で、悩める全ての人々を救済する力を備えた菩薩!(ネット)
   とにかく、有り難い。
f0187402_2241924.jpg

   昭和5年生まれの父(84歳)、今は犬の墓まで、頑張ったね~♪
f0187402_2242741.jpg

   ここの稜線まで上がると(正確には間近)、風が心地好く~♪ よか森っしょ。
f0187402_2243612.jpg

   犬(いん)の墓、悲しく涙が出てくるお話が・・・
f0187402_2244563.jpg

   山頂の祠、虚空蔵菩薩と愛宕神社  昔から両方あったかなぁ~?
f0187402_2245421.jpg

   ここの標識も立派、この下には一等三角点があります。
f0187402_225497.jpg

   またもやロープが増えてます、有り難い話ですが、賛否両論が!
   ハイヒールで登れる山には、魅力が無く・泣く。
f0187402_2251257.jpg

   兜岩とかローソク岩とか・・・
f0187402_2252387.jpg

   黄エビネが原種とか、にわかエビネ師が申しておりました(笑)
f0187402_2253239.jpg

   少ないけど、紅葉もあります 間もなく?一ヶ月後かな?
f0187402_2254298.jpg


  ※兎に角、自然の綺麗な空気を吸って 今日も元気だ お酒が旨い!

[PR]

再来! 雲仙ミヤマキリシマ

   二週続けて、雲仙キリシマを堪能(管理人さんにもまたご対面)
   仁田峠から国見斜面方面に、花はかけ上がっており お早めに~
   この日は欲張り、花(赤&白)食事「蕎麦」ダブルで・・・

f0187402_216143.jpg

   1.日  15-5-17
   2.山  国見岳、妙見尾根
   3.ルート 池ノ原~仁田峠~妙見尾根~国見岳~紅葉茶屋~薊谷
         ~仁田峠~池ノ原・・・蕎麦屋
         <所要時間:約3.5h> 
 
   4.コメント&写真


   ・宝原園地と池の原は、ほぼ終わりかけです。
   ・紅組から白組に、そろそろバトンタッチのようです。
   ・この日紅葉茶屋で、「今 下山すれば蕎麦屋に間に合う」
    予定数出ると、その日は打ち切り・・・
    『山は逃げないけど、蕎麦は食べられない』?(笑)
    でも、これで別の楽しい山友さんに会えませんでした(泣!)
   
    ハルリンドウも咲き始めました~
f0187402_2181495.jpg

    ミヤマ越に矢岳
f0187402_2182339.jpg

    シロドウダンは、ここ雲仙の天然記念物です。
f0187402_2183834.jpg

    新(深)緑いぃので、紅葉も期待できます。
f0187402_219546.jpg

    色とりどりの花々が・・・
f0187402_2191841.jpg

    ぉっ! マイズルさんもようやく開花。
f0187402_2192960.jpg

    観光客も賑わっていました、今と紅葉の時季だけです。
f0187402_21355453.jpg

    なんとヤマボウシが咲き出しました。
f0187402_2195444.jpg

    キリシマテンニンショウだったかな? ここは雲仙だけど(笑)
f0187402_2110688.jpg

    ガマズミさんも、勢いをましてきました。[白組の巻き返し~]
f0187402_21101443.jpg

    蕎麦は千々石の「愛菜館」、ちょっと味が落ちたかな?
    ここは、棚田米のご飯も美味しいです。
f0187402_21102265.jpg

[PR]

15-4:虚空蔵山(石楠花&エビエ)堪能

 ヒマラヤ山先輩に登って欲しかった名峰「虚空蔵山」へ~(笑)
  花(石楠花&エビエ)が、綺麗でした~♪
   下山後(午後)は、しっかりと畑仕事を・・・
f0187402_20584862.jpg

 1.日  2015-4-25
 2.山  虚空蔵山
 3.ルート
   木場登山口~新道~山頂~直下の岩場~犬ノ墓~岩屋登山口~
   <所要時間:約2h弱(休憩含む)>
 4.写真&コメント

   木場の登山口、最初から急登なので、ゆっくり登ってください。
f0187402_20594865.jpg

   新道の鎖場、気合いを入れて登ってください!
f0187402_20595652.jpg

   ミツバツツジは終わりかけ、、、 やはり今年は花が早いか?
f0187402_210420.jpg

   天気は抜群、でも黄砂&PM2.5で霞がひどく・・・ 視界悪し!
f0187402_2101310.jpg

   ローソク岩、鳥の糞が沢山・・・
f0187402_2102316.jpg

   ツクシ石楠花、お手植え 以前には天然ものがあった山系です(悲!)
f0187402_2103176.jpg

   お手植えのエビネも沢山、葉も綺麗でした。
f0187402_2104318.jpg
f0187402_2105524.jpg
f0187402_211633.jpg

   林道より、山頂を望む
f0187402_2111761.jpg

   角度を変えたら、山が違ってきます。「この角度がベストか?」
f0187402_2112717.jpg

   山先輩も珍しく激写中(笑)、良い写真が撮れましたか~?
f0187402_2113830.jpg

[PR]

14-12:天山(雪遊び)

風邪がほぼ治ったので、雪踏み登山へ~
 チェーンは持参しましたが、巻くのに手間取り風邪がぶり返してはいけんと思い・・・
  登山口まで、除雪してある「天山スキー場」へ(笑)

 1.日  14-12-23
 2.山  天山
 3.ルート
    スキー場~天川?登山口~山頂(ピストン)
    <所要時間:約3.5h(山頂昼食休憩含む)>

 4.コメント&写真

 ・ここで、いきなりデジカメまたもや忘れました!
  (今年何回目?、懲りないアルツ族・・・)
 ・管理人(マッスル)さんに届け出を出さずに、登っていたら 帰りにすれ違い
  男前の管理人さんはにっこりと許してくれはりました。(流石のマっちゃん?)
 ・雪の中を歩いて、やっと判りました! 風邪は完治して無かった・・・
  リハビリ登山に留めておいて正解でした、深山(祖母や脊梁山系)ではくたば
  っていたかも?(あり得る・・・、要注意!
 ・雪道で子供らが遊んでいるのがとても楽しそうで、良かったです。(ソリ等で)
  忘れません、あの子の笑顔~♪『子は、国の宝だすぅ』


  なんか、ロボットみたいに固いやっちゃなぁ~(笑)
f0187402_20492752.jpg

  ようやく山頂に、(えらいおっさんやなぁ~)
  ほぼ無風で、過ごし易かったです、でも陽は照らず・・・
f0187402_20493880.jpg

  昼食を済ませると、少々寒くなり、そそくさと下山ばい!
  このように、どんよりと曇り空。 
f0187402_20494613.jpg

  雪はやっぱ 綺麗だすぇ~
f0187402_20495570.jpg

  おぉ~、とぼとぼと・・・ 滑って捻挫しては、次の山へ行けなくなる。。。
f0187402_2050412.jpg

  スキー場、この駐車場へ¥400で車を停め。【除雪費用を考えると、安い】
  下山後、おでんかなんかのいぃ香りがただよっていましたが、メタボは即座に
  撤退(笑)
f0187402_20501428.jpg

[PR]