山馬鹿日記

yamabaka.exblog.jp

身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!

ブログトップ

カテゴリ:市内の山(丘)( 93 )

リハビリ登山は、今年お初の裏山へ。
・本来 雲仙へ花ぼうろ(霧氷)の予定でしたが、爆弾(腰痛)を抱えており自制を。
里山をさるき(うろんころん散歩orぶらぶら歩き)、ちゃんぽんを味わう~♪

 1.日  2015-2-28
 2.山  金比羅山&烽火山
 3.ルート
    西山ダム~室尾寺~金比羅山~ひよこ岩~高部水源地跡~烽火山~蛍茶屋
    <所要時間:約3.5h>

 4.写真&コメント


   見る角度によって、山の様子は変わります(金比羅山①)
f0187402_14404467.jpg

   ちょっと方向が変わっただけで・・・(金比羅山②)
f0187402_14405793.jpg

   登山道を整備、でもこれは明らかにやり過ぎです。(一枚下の写真と比較)
   長年山を歩かれている人は判りますが、葉が登山道(山肌)を保護しています。
   雨が降ると、直接土に当たらず、ふかふか状態(空気が入っており、水が浸み
   込み流れます)を保ちます。葉が無いと、土が固くなりその内削れていき道が
   えぐられていきます。
   なるべく自然のままに! (一休さんの庭と同じ・・・)
f0187402_1441654.jpg

   これが自然の道、雨は葉に当たり、葉を伝わって流れていきます。
f0187402_14412238.jpg

   です、新芽!
f0187402_14413185.jpg

   金比羅山 山頂の雰囲気。
f0187402_14414021.jpg

   岩屋山・平和公園・大学病院・五島・・・方面
f0187402_14415191.jpg

   ジェットホイルが港内へ、五島からかな? 港内では減速を!
f0187402_14422333.jpg

   烽火(のろし)を、約370年前にあげた烽火山
f0187402_1443117.jpg

   釜です、よっちゃんいわく大分の山にもあると!
f0187402_1443317.jpg

   造船の街ばい!、世界遺産に登録中だったかな?古い外国製クレーン (写真には
   写っていません、おそらく屋内にあります)
f0187402_14434426.jpg

   下山した場所(鳴滝)から見る金比羅山(③)
f0187402_14435686.jpg

   お初のお店「朋楽(ほうらく)」のちゃんぽん!(¥650)
   野菜たっぷり、小さな牡蠣も入っており、でも 旨みがちょっとえぐいかな、
   まずまず65点! なんと、お店の人は中国人でした。
f0187402_1444755.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-02-28 14:36 | 市内の山(丘) | Comments(6)
・本日、八郎山系から「五島列島」が見えました!(平戸の志々岐山等も)
・お初のルート(佐敷岳~津々谷の滝)は、はっきりしていましたが、最後に罠が・・・
・第一探検ルートはクリア、第二ルートは鉄砲撃ち(猪&鹿)がいたので諦めました!
f0187402_21172186.jpg

 1.日  2015-2-14
 2.山  寺岳・佐敷岳
 3.ルート
     為石~利作岩~寺岳~佐敷岳~津々谷の滝
     <所要時間:約3.5h>

 4.写真&コメント

 
   五島列島が見えています、肉眼では! ほぼ正面は高島です、端島や伊王島同様
   元炭鉱の街があったところです。海の下を掘っていたそうです、高島出身の人が
   云うにはゴリラ岩があるとか、いつか行ってみなくては・・・
f0187402_2119242.jpg

   左は、端島『軍艦島』 眺めの良い「利作岩」から写しました。
f0187402_21193379.jpg

   約1hで寺岳山頂です、ここは眺望無く、でも手掘りの味のある山頂標識が!
f0187402_21194290.jpg

   先へ進み降り返って寺岳です、「為石富士」 前回同様、山馬鹿命名♪(笑)
f0187402_21195182.jpg

   三菱の造船所と その奥に岩屋山がどっしり?と構えています。
f0187402_21201100.jpg

   佐敷岳から東(熊本天草)側への下りはお初、最初は低木があり道が狭く少々心配になり
   ますが、途中からはこんなに気持ちの良い尾根もあります。
f0187402_2120990.jpg

   麓近くでは、明らかに昔の道が出て来ました。多く人が通ると踏み固められ、水が
   土内部に浸み込まなくなり崩れ窪んでいきます。
f0187402_21202528.jpg

   植林はほとんど手入れされていませんが、たまには・・・
f0187402_21204340.jpg

   道路脇まで下りました、罠が! 猪や鹿除け柵 今やいたる処にあります。
   なんと出口がありません、柵近くの倒木を利用しどうにか上を越えました。
   柵の影響もあり、登山道や山中は猪君が荒らしています。(ミミズを)
f0187402_21205482.jpg

   津々谷の滝 入口、ここは二回目かな? 車で来れます。
f0187402_2121642.jpg

   なぜが、蛇のモニュメント 提灯祭りに合わせた?
f0187402_21211692.jpg

   落差20m、しかしこの時季は雨が降らず・・・ しょぼい。寒ければ、〇△滝の
   ように氷瀑となるのでしょうが。
f0187402_21212748.jpg
f0187402_21213720.jpg
f0187402_21214817.jpg

   振り返って、本日歩いた尾根道を確認しました。 ん、思っていた尾根の隣ばいと
   大笑い。
もう一か所の課題は、鉄砲撃ちが山に入っていたので、止めました。
   『山は逃げない』
f0187402_2122492.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-02-15 21:26 | 市内の山(丘) | Comments(4)

15-2:松尾・八郎・兜岳

 先週は野暮用で山に登れなかったので、どんよりとしてましたが八郎山系へバスで!
 松尾岳は下りに使ったことありますが、登りはお初、しっかりとした素敵な登りです。
 兜岳へは今回で二回目、以前は藪漕ぎで。今回は一部林道活用し、八郎山系縦走を堪能♪

f0187402_2039303.jpg

  1.日  2015-2-11
  2.山  松尾・八郎・兜岳
  3.ルート
     平山バス停~松尾岳~佐敷岳~千々(乙女)峠~八郎岳~兜岳~
     北兜岳(標識は兜岳)~鹿尾町~磯道町~小ヶ倉町
     <所要時間:約6h(休憩含む)>

  4.写真&コメント


  松尾岳を経由して佐敷岳への登りは、岩場も少しあり、迷うことは無い尾根の
  一本道です。大半は自然林で占められ、素敵な道です。
f0187402_20473773.jpg

  松尾岳山頂からの眺望は得られません。
f0187402_20475124.jpg

  よかっしょ、この尾根道歩き・・・
f0187402_2048297.jpg

  尾根の途中から見た八郎岳です、「平山富士」と山馬鹿が勝手に命名(笑)
f0187402_2052584.jpg

  八郎の主稜線へ上がるとすぐ佐敷岳です、ここからは伊王島・高島・端島(軍艦島)
  等が見えます。また、為石と八郎のほぼ中間地点。
  この山系にはヤマツツジと椿が沢山あります、今回は椿が少なかったような?
f0187402_20481577.jpg

  八郎岳山頂です、眺望抜群一等三角点や珍しい天測点もあります!
f0187402_20482751.jpg

  この日は生憎の霞で(西風強くPM2.5の影響も)残念、この時季お天気良ければ
  五島列島が見える時もあります。
f0187402_20483995.jpg

  縦走路、鹿が生息しており下草がほとんどありません。この日も、一匹と遭遇!
f0187402_20485389.jpg

  兜岳の看板がある北兜岳?(468m)、地図では462mを兜岳と、私は拘りませんが・・・
f0187402_204979.jpg

  兜岳からの下りも、綺麗な尾根道です。
f0187402_20492566.jpg

  提灯祭りの準備が、着々と・・・
f0187402_20493931.jpg

  バスには、「紀元節」なので国旗が! ん、今は建国記念の日だしたか(笑)
f0187402_20494952.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-02-11 20:39 | 市内の山(丘) | Comments(4)
JRを活用し、多良見の里山(水洗山・普賢岳・鎌倉山・大山・猪見岳)を堪能!
 そこは、「藪里山の連続」・・・ 眺望も無く猪君の踏み跡を静かに進みます。
  用事があり登れんかった山友さんの奥様が、差し入れを持参してくださり、感謝~♪

f0187402_2024214.jpg

  1.日  2015-1-31
  2.山  水洗山・普賢岳・鎌倉山・大山・猪見岳
  3.ルート
     大草駅(海)~△235~水洗山~普賢岳~鎌倉山~332~△424~419
     ~大山(403)~猪見岳~松ノ頭峠~本川内駅
     <所要時間:約7.5h(休憩含む)>

  4.写真&コメント
   ・いやぁ~、ほんまに凄い藪山でした。
    尾根道&藪を代わりばんこに繰り返し・・・、渋々と藪猪道を闊歩~?
   ・仕事を退職された山大先輩方々は、とても元気!(昭和18年生まれの
    長老が二名) 達者か!、拙者が一番の軟弱者でした。
   ・ピークが沢山ありますが、名前の付いていない山も!
    山頂標識を作って建てた人が、名づけの親か?(笑)


   JR長崎駅、終点なので「電車止め」 日本あちこちあれど、とても珍しいとか。
f0187402_20241355.jpg

   登り始めの駅、この駅で乗り降りするのはお初!
f0187402_20242197.jpg

   JR九州も、経営が厳しく、野菜作り事業に・・・(笑)
f0187402_20243282.jpg

   大村湾が綺麗♪、左端は飛行場、正面の郡岳の山頂に風来坊さんがいます!
f0187402_20244141.jpg

   一座目、取っ付きが判り難くここまで時間が掛かりました。
f0187402_20245269.jpg

   今年、二座目の普賢岳
f0187402_2025312.jpg

   名前は、カッコいぃ山が  前/後は藪!
f0187402_20251419.jpg

   こんな急登も、2,3か所。
f0187402_20252444.jpg

   名前の無いピーク(△424)、名付けの親になりませんか?
f0187402_20254122.jpg

   これまた、どっこいしょ。
f0187402_20255395.jpg

   このピークまでの登りが、またきつく。
f0187402_2026623.jpg

   珍しく、明るい道
f0187402_20262042.jpg

   なんと、岩屋山  カッコのよかばい!
f0187402_20263398.jpg

   獣の匂いが、プンプン。
f0187402_20264521.jpg

   本日の終点
f0187402_20265927.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-01-31 20:31 | 市内の山(丘) | Comments(2)
「矢上四山」とよんでいますが、『東長崎四山』の方が適当なのかも・・・?
 矢上普賢岳は、以前長崎村から一日掛けてお参りしていたと亡くなった伯母が・・・
  お初のピーク(〇△?)も、また下山ルートは山先輩お奨め尾根道(一部素敵な道)

f0187402_204549.jpg

1.日  2015-1-24
2.山  矢上普賢岳・行仙岳
3.ルート
   ララ(スーパ)~正面登山口~梅林~歳神様?(南東ピーク)~普賢岳~
   行仙岳~(急登)~北北西尾根~西側尾根~林道
   <所要時間:約4h(休憩含む)>

4.写真&コメント
 ・久しぶりに、山神様の山域へ。
 ・今日も病み上がりで、ゆっくりペース。
 ・ここの石段は凄いです、どこぞの100段ガンギ以上だと・・・
 ・お初のピーク「歳神様?(南東ピーク)」も踏めました、かなり渋いピーク。
 ・行仙岳からの下りは、超急登! 宇佐六山に負けてません・(怪我せんごつ)


  登り始めは、青空  素晴らしかぁ~
f0187402_2051871.jpg
f0187402_2053091.jpg

  こんなに素敵な階段が、ずーっと続きます。 歩いてみんね_?
f0187402_2053984.jpg

  歳神様?(南東ピーク)です、桜の樹が目立っています。
f0187402_2055164.jpg

  不動明王かな?、こげな彫り物があちこちに。
f0187402_206026.jpg

  普賢岳山頂、まっすぐ登れば約1h。
f0187402_206886.jpg

  海、彦山・八郎山系の眺めが楽しめます。
f0187402_2061895.jpg

  行仙岳のピークは、通過点のような感じ(自然林と植林の境)
  この真下まで林道が、山の手入れとかせんとに、えっと のぼすんな!
  自然を破壊したら、元にしばらく戻らんばい!
f0187402_2063362.jpg

  こげな綺麗な自然を、いつまでも・・・
f0187402_2064620.jpg

  この道も、よかだっしょ♪
f0187402_2065857.jpg

  ほんに大切にせんばもんが、あるとばい。。。
f0187402_207985.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-01-24 20:11 | 市内の山(丘) | Comments(4)

矢上四山:松尾・船石岳

宇佐七山に負けない「矢上四山」が長崎にあります、里山急登!
 以前、矢上四山の縦走(普賢岳・行仙・船石・松尾岳)を実施しました。
  今日は変則縦走とお初の山「矢上経ヶ岳」
  (本来四山縦走の予定でしたが、山はやはり寒く病み上がりには厳しく・・・)
f0187402_20344247.jpg

1.日  2014-1-17
2.山  松尾・船石岳・矢上経ヶ岳
3.ルート
   上座~(牛舎近く)~藪(昔の踏み跡)~松尾岳~分岐(上座&戸石)~
   船石岳~五穀神社・・・[車で移動]・・・電話塔~矢上経ヶ岳(ピストン)
   <所要時間:約3h(移動時間含まず)>
4.コメント&写真


 ・上座地区は昔からの生姜の産地だそうです、小さい牧場もあり、お初の地区でした!
  (山先輩が、以前にここらで生姜収穫バイトをしたことあり、土地勘ばっちり)
 ・松尾岳への東側からの登りは、昔の道獣道かの判別はなかなかな難しく、でもたい
  したでは無く割かし楽に登れました。
 ・どの山頂も眺望はほとんど無く、渋い縦走路(急登)でまさに宇佐七山!
 ・船石岳山頂では時折が舞ってました、そこからの下りはまさに大陸(上海)からの
  西風、気温は4℃程度でしたが強風により身体が冷えました。ちょいと、具合が・・・
  本来は、矢上四山縦走の予定でしたが断念、同行者にはご迷惑を~ 下山口・途中に
  も車があり健脚さんは縦走可能でしたが、私の顔色が相当悪かったのか?
 ・途中の車に乗り込み、スタート地点の車を回収し、次の登山口へ移動。
  お初の山「矢上経ヶ岳」は、あっと云う間に山頂へ到着。(笑)


  上座地区から、最初は山を巻きます、今回は大きく巻き沢山歩けました(笑)
  いたる処に、猪除け高圧電線が! ビビりなので、用心しながら通過。
f0187402_20345335.jpg

  松尾岳山頂は二回目でしたが、印象が薄く・・・
f0187402_2035174.jpg

  祠が祭ってありました、ここにも五穀の文字が、この一帯は農作物の神様を祀って
  あるようです。昔から、農業で生計をたてていたことが伺われます。
f0187402_2035912.jpg

  松尾岳からの急下りと船石岳への急登りは、覚えていました!「急」の付くような
  場所はやはり印象が深いようで記憶に残り易いのかもです。
  船石岳には「一等三角点」があり、ICチップも埋めてありました。
f0187402_20351687.jpg

  五穀神社の割かし新しい鳥居。
f0187402_20352412.jpg

  矢上経ヶ岳、ここにも祠がありました。山は、あちらこちら 信仰の対象とされる
  ようです。立ち〇△も、場所を見極めなければ・・・(大笑)
f0187402_20353343.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-01-17 20:38 | 市内の山(丘) | Comments(2)

昼食山散歩「岩屋山」

 今日は車の点検へ、その後 昼食山散歩「岩屋山」に出掛けて来ました~
 お天気もまあまあで、風も無く 暖かい一日でした。
 沢山の方が、心地好い陽気に誘われ 山へお出でなってました。


   宇佐六山に負けないくらいの急登ですが、写真に写らん・・・
f0187402_22512464.jpg

   ここが昼食会場(山頂) (笑)
f0187402_22513248.jpg

   市街地&海が見えます(そうです、龍馬が船を浮かべて遊んだ鶴の港です)
f0187402_22514035.jpg

   この冬、お初のカップ麺  錦織さんのおかげでこの人も最近よくTVに出ます!
f0187402_22514845.jpg

   醤油味でした、まぁまぁ?
f0187402_22515848.jpg

   心地好い陽気に誘われ、沢山の方々が・・・
f0187402_2252642.jpg

   立派な神社ばい、宇佐神宮並か~・~?
f0187402_22521425.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-12-28 23:07 | 市内の山(丘) | Comments(5)
  近所の里山「金比羅山&七面山」を、散歩して来ました~
  まだ、紅葉もぼちぼち綺麗で 満足♪
  一番嬉しかったのは、なんとベトナム人七面山を観光で訪れていたこと!
  (長崎じげもんもえっと知らん場所とに・・・)

f0187402_21521555.jpg

 1.日  ’14-11-29
 2.山  金比羅山の脇と烽火山の麓
 3.ルート
    自宅~馬町(一の鳥居)~お諏訪さん~立山~金比羅神社~山頂巻き道
    ~室生寺~西山ダム~城ノ古址(しろんこし)横の中学校~竹藪~七面
    山(〇△神社)~シーボルトさん家の横~中川~新大工
     <所要時間:約4h>
 4.写真


  一ノ鳥居、長崎人には有名かも~?
f0187402_21522677.jpg

  長坂です、くんち&長坂競争で有名かも~2?
f0187402_21523764.jpg

  交通安全&商売の神様かも~3?
f0187402_21524538.jpg

  ここで降り返ると、こげな風景ばい!
f0187402_2152527.jpg

  長崎人には有名?な「月見茶屋」、うどんぼた餅が有名~4?
f0187402_2153064.jpg

  諏訪公園やったかな? 昔は熊さんもいました、長崎人には有名か。
f0187402_21531023.jpg

  道が先か?、樹が先か? 卵と鶏状態、長崎の七?不思議。
f0187402_21531761.jpg

  金比羅山神社、船(航海)の神様
f0187402_21532881.jpg

  紅葉は、ちょっと遅かったです。
f0187402_21533959.jpg

  旧西山ダムは明治37年の竣工の水道専用ダムで、日本で2番目に古いコンクリートダム
  言われる。市中心部を流れる中島川が氾濫した82年の長崎大水害を景気に、 旧ダムの
  約60メートル下流に治水機能も持たせた新ダムを建設。旧ダムは貴重な土木遺産である
  ので、新ダムの貯水池内に保存した。
f0187402_21535120.jpg

  街の眺め良く、車道から
f0187402_2154321.jpg

  城ノ古址(長崎村時代の山城、ここが長崎の発祥の地辺り)の中学校
f0187402_21541432.jpg

  七面山の紅葉、綺麗ヵ~
f0187402_21542524.jpg
f0187402_21543669.jpg
f0187402_21544989.jpg
f0187402_2155138.jpg

  最後までご覧いただき、まっこちありがとう御座いました。
  ベトナム人は、おそらく造船の勉強に来てはる人々。今や、中国人では無く主役~
  (中国人はやはりおおちゃっかとの評判、悪さばするとか)
[PR]
by yamabakanikki | 2014-12-02 21:56 | 市内の山(丘) | Comments(2)
ダンギク里山登山、二日連続で堪能 名峰「岩屋山」へ~
 何べん観ても綺麗な花だすぅ。
  この日も晴天で、里山は暑かったです。

1.日  ’14-9-28
2.山  岩屋山
3.ルート
   虹ヶ丘小学校~左尾根~山頂~岩場広場~九州自然歩道
   <約2h半(休憩含む)>

4.写真&コメント


  だいだい岩場に咲きます、四段重ね 素晴らしい!
f0187402_21225728.jpg

  左尾根はいつ来ても素敵です、以前は踏み跡が無かったけど 今は明確に!
f0187402_21233158.jpg

  だいたい、下から順番に咲きま~す。ぉっお、これは五段か?
f0187402_2124362.jpg

  この夏 食べずに後悔していた「冷やしラーメン(中華)」を堪能♪(笑)
f0187402_2125048.jpg

  尾根にはさまった沢筋、なかなかよかバイ!
f0187402_21252470.jpg
f0187402_21253719.jpg

  貴重なコシオガマも沢山・・・
f0187402_21255238.jpg

  九州の代表的なハゼの紅葉も始まり・・・
f0187402_2126660.jpg

  お久しぶりのナンバンキセルさんとも、ご対面でき・・・
f0187402_21261756.jpg

  それも、全てダンギクさんのおかげです。 ずーっと、綺麗に咲いてください♪
f0187402_2126375.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2014-09-30 21:38 | 市内の山(丘) | Comments(8)
旬の花「ダンギク」を、里山で堪能して来ました~♪
 大陸伝来(陸続き)を証拠付ける貴重な花です!

※この日デジカメ忘れ、山友さんに感謝~


1.日 ’14-9-27
2.山 稲佐山、立神山、帆掛山、天門峰
3.ルート
   稲佐山~立神山~帆掛山~西泊中学~天門峰~女神大橋
   <所要時間:約5h(休憩含む)>

4.写真&コメント

 ・着実に、アルツは進行中です。「順調~?」・・・少々悲し!
 ・お彼岸は過ぎましたが、まだまだ暑いです! この日も!!
  長崎では「暑さも、くんちまで」と昼間のことですが・・・

   これが旬の花「ダンギク」です、岩場を好んで咲いてます。
f0187402_2001737.jpg

   長崎湾の出入り口では、なんと黒船が! 坂本龍馬に電話したかったですが。
   番号が判らず・・・(笑)
f0187402_20028100.jpg

   兎に角、綺麗かぁ~ やろ?  大切にせねば!
f0187402_2003963.jpg





[PR]
by yamabakanikki | 2014-09-28 20:02 | 市内の山(丘) | Comments(0)