ブログトップ

山馬鹿日記

カテゴリ:市内の山(丘)( 91 )

 前日の天気予報ではだったので、今朝はゆっくり起床(5時代)
  布団でグズグズしていると、なんとお日様があがっていましたが、
   雨が降っていません! よっしゃ、早速「山病院」へ(笑)

   こんな素敵な縦走路が、里山に~ 感謝♪
f0187402_19571444.jpg

  1.日  ’15-8-16
  2.山  岩屋山&十郎岳
  3.ルート
      警察学校~林道(堤上)~沢沿い~九州自然歩道~長~い階段
      ~岩屋山山頂~林道~縦走路~十郎岳~かきどまり運動公園
      <約2h45m(休憩含む)>
  4.コメント&写真

   ・家にいると身体が固まってしまうので、山へ避難、ところがどっこい
    暑くて暑くて バテバテに~ 
   ・山頂への石の階段は暑くて暑くて、脳みそが煮えくり返っていました。
    この時季、つら過ぎます!
   ・山頂は人が少ないような?(笑)、周りの森を皆さん ご堪能?
   ・十郎岳への縦走路は素敵な道です、岩屋山はほんとに素晴らしい!
   ・登りの道(最初の約30分)はお初のルート、やはりこの山は奥が深く
    迷子になる人がおってもしょんなかかも?


   ヤブらんちゃんも、よーっとっ見れば綺麗ばい!
f0187402_19573661.jpg

   この登り道(尾根)はアップダウンがあり厳しいと、じゃっで今回は通らず(笑)
f0187402_19574751.jpg

   っで、この道を選択
f0187402_1958787.jpg

   最初は、なかなか気持ちのよか道たいと軽口を(笑)
f0187402_19581943.jpg

   沢沿いで、ミニ滑(ナメ)もあります。
f0187402_19582949.jpg

   この急斜面には息が上がりました、参った(笑)
f0187402_19585899.jpg

   サイヨウシャジン
f0187402_19584580.jpg

   山頂
f0187402_1959211.jpg

   ノヒメユリ
f0187402_19592999.jpg

   オミナエシ  
f0187402_19593949.jpg

   縦走路、尾根の中央に大石が・・・ なぜか? 宇宙人の仕業?
f0187402_19594817.jpg

   正面の島は伊王島、その奥に高島(ゴリラ岩がある)、そのまた奥に世界遺産
   登録された端島「軍艦島」!
f0187402_19595791.jpg

   崖の上、尾根道はここまで、下に見える式見地区のかんぼこは美味しかったい!
f0187402_200494.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-08-16 20:00 | 市内の山(丘) | Comments(2)

'15-7:岩屋山


 朝一は、畑の草取りを少々・・・
  昼間は、花を求め 里山へ~
   その後、車検見積りで ディラーへ。(忙しかばい!)


 1.日  ’15-7-5
 2.山  岩屋山
 3.ルート
     虹ヶ丘小学校~山頂~式見ダム
     <所要時間:約2.5h(休憩含む)>
 4.コメント&写真


  ・山頂では、懐かしいお方にご対面!(約5年ぶりか?)
  ・本来は、この時季が旬の花(ヒナランやカキラン等々)に会いに行き
   ましたが、逢えず 残念! 山人として、悲しく、責任もある?
   貴重な花々が、ビックチン(犠牲者)になりはって ぐらしかぁ~

   ぁ~あっ! もう合えないと思うと、脚が重く・心も閉ざされ・・・


    正面登山口は、ちょっぴり壮言な雰囲気が!
f0187402_2033446.jpg

    山頂だす、看板(笑)・稲佐山・八郎山系・・・
f0187402_20331370.jpg

    色 鮮やかなネムノキ
f0187402_20332274.jpg

    ナガサキマンネングサ とか・・・(笑)
f0187402_20333019.jpg

    フナバラソウ
f0187402_20333821.jpg

    絶滅危惧種「タシロラン」ばい!
f0187402_20334728.jpg


    ※子孫のために、大切にしたいものが~♪

[PR]
by yamabakanikki | 2015-07-06 20:49 | 市内の山(丘) | Comments(4)

15-5:岩屋山系「舞岳」

あの幻の花ホタルカズラを、捜しに出掛けて来ました。
 ちょいと記憶違いで、季節が・・・ 貴重なこの花は、ここと平尾台?
  記録を見ると約10年前に、でも舞岳は約5年前に~ 名峰だす!

1.日  ’15-5-31
2.山  舞岳、岩屋山麓
3.ルート
    樫原霊園~展望岩~式見ダム~舞岳~山頂巻道~(九州自然
    歩道)~虹ヶ丘
    <所要時間:約1.5h(休憩含む)>
4.コメント&写真


 ・ホタルカズラは形もいぃですが、香りも良いです♪
 ・舞岳への登りは、以前よりなんか厳しくなっていました。
  よくこんな処に、山城を作りはったと・・・ 

   凄い数の墓墓が・・・! 屋根付きはトイレでは無く、これもお墓だす!
   (死んでから、こげなしても一緒ばい あちきは燃やさんでほしか土に
    帰りたい

f0187402_2144535.jpg

    展望岩からの眺め、ここからは人口物は見えず!
f0187402_2145418.jpg

    昔は、かなり山奥まで畑(or田圃)が!!!
f0187402_21521.jpg

    今度はあの岩に~、西郷ドン岩では無く、坂本龍馬岩!
f0187402_2151026.jpg

    式見ダム、ここには幻の50cm級の魚が・・・?
f0187402_2151868.jpg

    名峰山頂、ここに山城があったので、市内は守られたかも?
f0187402_2152796.jpg

    その名峰からの眺め、なかなかよかばい!
f0187402_215333.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-06-01 21:51 | 市内の山(丘) | Comments(5)

15-4:七高山


・この時季に、「七高山」を歩くのは初めてでした!
暑さに負け(低山)、この日は六高山に~(笑)
  そうそう山頂に拘らず、皆さんプロセス重視です♪(前向き)
・今が旬のキンランにも出合え、久しぶりの方にも出会え、HAPPYな一日と!


 1.日  2015-4-26
 2.山  七高山(金比羅山&烽火山&彦山)
 3.ルート
   御諏訪さん~ひよこ岩~金比羅山~高部水源地跡~烽火山~妙相寺
   ~豊前坊~彦山~風頭公園~亀山社中~若宮稲荷~ちゃんぽん屋
   <所要時間:約7h(休憩含む)>
 4.写真&コメント


    先ずは選挙に~
f0187402_2021412.jpg

    七高山の始まりは、いつもここから。
f0187402_20215161.jpg

    長坂です、こいがキツか!
f0187402_2022112.jpg

    「一位の樹」
f0187402_202297.jpg

    ちん百景に登録済み・・・?
f0187402_20221825.jpg

    鶴の港
f0187402_2022254.jpg

    寄ってみると外国船が! 烽火ばあげんば。
f0187402_20223340.jpg

    愛八姉さんの旗揚げ広場は、ここです。
f0187402_20224899.jpg

    新緑が、綺麗だす!
f0187402_20225824.jpg

    世界Nさん、あっという間に登ってました。
f0187402_2023894.jpg

    キンランさんにもで合え、嬉しかぁ~♪
f0187402_20231853.jpg

    お鉢、巡りばい。
f0187402_20232921.jpg

    この坂は、もう登らん(笑)
f0187402_20234084.jpg

    今が旬の立派な藤!
f0187402_20235427.jpg

    日本の夜明けば、見たかった。。。
f0187402_2024651.jpg

    これは亀山社中で、当時は白黒じゃけのぉ~
f0187402_20241685.jpg

    現代版の龍馬♪
f0187402_20242722.jpg

    最後は、キツネさんを拝み  ヤッホー、ちゃんぽん屋さんへ(笑_2)
f0187402_20244059.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-04-27 20:57 | 市内の山(丘) | Comments(2)

15-3:北時津「貝岳」

   
・市内近郊の里山にも、結構危ない尾根道「稜線」がありました。【要注意!】
・当初満開の山桜を堪能するつもりでしたが、山中からはなかなか見えず・・・
・あまり人が入らない里山地図を失くし、反省しきり。(帰れなくなります)
f0187402_20425328.jpg

1.日  2015-3-28
2.山  貝岳
3.ルート  日並クリーンセンター~P233~河内溜池~貝岳~
       三角点(貝ノ川内)~P約300~中山ダム
       <所要時間:約4h(休憩含む)>
4.写真&コメント


  取っ付きから急峻な尾根、転げ落ちたらどこまでも、気合い!
f0187402_2043474.jpg

  最初のピーク、猪くん運動広場(笑)
f0187402_20431359.jpg

  河内溜池、農業用のため池のようです! 古い碑もあり、歴史を感じます。
f0187402_2043228.jpg

  貝岳山頂となっていますが、一番高いポイントでは無く・・・ 慎重に
  標識は付けるべし、それに少々品が無い道しるべ。(ビニールテープ巻
  き付けられ、樹も苦しいと~)
f0187402_20433277.jpg

  山神か? 存在感がありました。
f0187402_20434661.jpg

  よか尾根です、でも急な道で危険がいっぱい。
f0187402_20435875.jpg

  一度下り、また登り返し、振り向くと 先ほどのピークが。
f0187402_20441155.jpg

  またもや急な尾根道、写真には なかなか写らず(辛)
f0187402_20442430.jpg

  今回の縦走路で唯一の△点、ICチップも埋め込まれていました。
f0187402_2044381.jpg

  なぜか最後は林道が山中に、杣道かも?
f0187402_20445368.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-04-03 20:49 | 市内の山(丘) | Comments(2)

 
なんと また会社をさぼり(笑)、総合病院【山】へ(休暇消化)
毎年休暇は流れます、年間25日発生、全部休んだことはありません。

1.日  2015-3-25
2.山  遠見山・殿隠山
3.ルート  観音寺~堂山峠~遠見山~殿隠山~高浜海水浴場
       <所要時間:約3h半(休憩含む)>
4.写真&コメント


  高浜海水浴場、昔々はいずこもこのような松林だったのではないでしょうか
  (北斎のカラー版画をみる限り)、ここの海水浴場は若い頃泳いでましたが、
  今風に作りかえられてました! 少しは以前の面影をと思いました・・・
f0187402_21244484.jpg

  観音寺 そうです!、前回のリベンジを皆さんで。「みさき道」捜し~♪
f0187402_21245326.jpg

  ちょっと傾いていますね~ 前回、撮影した仁王様が入っている建屋だす。
f0187402_2125152.jpg

  これから登る「遠見山」  なんと、まぁかっこよか名前の付いた山!
f0187402_2125919.jpg

  みさき道、かなり荒れています。
f0187402_21251756.jpg

  そして『堂山峠』へ、昔の標識もありました。ここを、数十年ぶりに訪れた
  二名の方の目には 泪が潤ウルと・・・ よかたい、泣かんばたぃ。
f0187402_21252671.jpg

  ヤマザクラも綺麗ばい。
f0187402_21253517.jpg

  遠見山の山頂、樺島が見えてます。長崎賢人(県人)は、大概知ってますが、
  ここには大ウナギが井戸の中に住んでいます。
f0187402_21254586.jpg

  左右に、ちらちら海を眺めながら気持ちの良い縦走路を歩くと「殿隠山」へ
  地元の方は「トンガクヤマ」と! それが正解でしょう、地元のもんたい!
f0187402_21255542.jpg

  下りも、良い尾根が続いていま~す。
  とても、気持ちの良い丘縦走でした、、、また 歩かんばいけん・・・  
f0187402_2126484.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-03-26 21:27 | 市内の山(丘) | Comments(0)

本日は平日ですが、なぜか会社は休みでラッキー!
 昨晩はその休み前の飲み会で、はまってしまい帰宅はなんと1時・・・
  今朝は、ゆっくり起床でした。

〇日  2015-3-20
〇山  金比羅山
〇写真

   なんと、玄海ツツジ。 綺麗な花です。
f0187402_20421490.jpg

   現役時代、学校の先生で 対馬にも その際 苗を買って来て植え
   この美しさ と住人が。
f0187402_20422528.jpg

   市内にこんば場所があるんかいなぁ~と、思わせるような処
f0187402_20423596.jpg

   ここも割と眺めのよかたい
f0187402_20424739.jpg

   国民を守る神様だす。
f0187402_20425795.jpg

   これから行くぞ、金比羅山
f0187402_20433685.jpg

   山頂より!
f0187402_20434798.jpg

   なかなかよかばい自然林
f0187402_20442273.jpg

   竹も元気です。
f0187402_20443535.jpg

   約32年前に、ローマ法王が来た浦上天主堂。
f0187402_20444970.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-03-20 21:17 | 市内の山(丘) | Comments(0)

15-3_みさき道

みさき道に、参加させていただきました~
 貴重な品々が・・・ たくさん!
  それにしても、皆さん 元気か (大概は70歳前後)

〇日   2015-3-11
〇コース 高浜海水浴場~(堂山峠)~観音寺~脇岬~元役場~野母
     <約12km:約6h>
〇コメント
 ・この日、野暮用があり会社をさぼり一度経験したかったみさき道巡りへ~
 ・みさき道は、日本で唯一海外へつなっがっていた抜け道(表現が適切かどう
  か判りませんが、密輸貿易の道!)
 ・前日より寒波が来ていました、早朝は雪が・・・ 強風が吹き、歩き始めは
  寒かったです。でも、だんだんと暖かくなり 皆さんHAPPY
 ・初めて参加させて貰いましたが、地図&コンパスを見るのは一名のみ。
  後は、先頭の勘と気分で進む方向が決まります、間違っても誰も文句は云い
  ません。 長崎弁で、「好いたごと」かな?(笑)
 ・山中は、みさき道とは違うテープマークが沢山。 でも、途中で修正し一部
  みさき道も歩けました。

   しけとる海に、軍艦が! 「端島(軍艦島)」
f0187402_2092788.jpg

   ハマダイコン、昔はもっとたくさんあったそうです。
f0187402_2094627.jpg

   さぁ、スタート!
f0187402_2010414.jpg

   桃の花が、ちょうど見頃です♪
f0187402_20101484.jpg

   枇杷の樹、大きいので(二階相当)、足場を~ なるほど。
f0187402_20115053.jpg

   これは 果たして正規の道か・・・?(笑)
f0187402_2012331.jpg

   みさき道を外したので、沢へ降ります。急斜面ですが、皆さんポーズを
   決めながら上手に降りました。 ここは、素敵な森です!
f0187402_20124521.jpg

   観音寺 行基が700年頃に開運、雲仙の満明寺と変わらないくらに
   古い。(満明寺は、高野山と一緒くらいに古く有名)それと同様!
f0187402_2013124.jpg

   こぶし咲く・・・、春なのに・・・
f0187402_20142264.jpg

   天井の絵が有名だそうです、フラッシュ禁止!
f0187402_20143424.jpg

   仁王像、立派です  「あ」
f0187402_20145256.jpg

   「うん」の心  なかなか、よかたい!
f0187402_20174748.jpg

   この門のお寺が長崎にはちらほら、調べるとやはり唐寺の影響ありと。
f0187402_2018161.jpg

   脇岬です、素敵な海岸 湘南には負けとらんばい。
f0187402_20181316.jpg

   これより観音道の道しるべ、江戸時代? 貴重な文化財です。
f0187402_20182463.jpg


 ※50歳前後1名、60歳前後2名、70歳前後5名、、、 なんと皆さん
  お元気なことか? そう高低差は無く、少々なめていましたが、歩いた後
  はノックダウン状態でした。
  野母の「海の健康村」温泉で、癒やしてもらいに~♪

  ここは海も山も温泉も人もよかばいお出でやすぅ~

[PR]
by yamabakanikki | 2015-03-11 20:19 | 市内の山(丘) | Comments(2)

リハビリ登山は、今年お初の裏山へ。
・本来 雲仙へ花ぼうろ(霧氷)の予定でしたが、爆弾(腰痛)を抱えており自制を。
里山をさるき(うろんころん散歩orぶらぶら歩き)、ちゃんぽんを味わう~♪

 1.日  2015-2-28
 2.山  金比羅山&烽火山
 3.ルート
    西山ダム~室尾寺~金比羅山~ひよこ岩~高部水源地跡~烽火山~蛍茶屋
    <所要時間:約3.5h>

 4.写真&コメント


   見る角度によって、山の様子は変わります(金比羅山①)
f0187402_14404467.jpg

   ちょっと方向が変わっただけで・・・(金比羅山②)
f0187402_14405793.jpg

   登山道を整備、でもこれは明らかにやり過ぎです。(一枚下の写真と比較)
   長年山を歩かれている人は判りますが、葉が登山道(山肌)を保護しています。
   雨が降ると、直接土に当たらず、ふかふか状態(空気が入っており、水が浸み
   込み流れます)を保ちます。葉が無いと、土が固くなりその内削れていき道が
   えぐられていきます。
   なるべく自然のままに! (一休さんの庭と同じ・・・)
f0187402_1441654.jpg

   これが自然の道、雨は葉に当たり、葉を伝わって流れていきます。
f0187402_14412238.jpg

   です、新芽!
f0187402_14413185.jpg

   金比羅山 山頂の雰囲気。
f0187402_14414021.jpg

   岩屋山・平和公園・大学病院・五島・・・方面
f0187402_14415191.jpg

   ジェットホイルが港内へ、五島からかな? 港内では減速を!
f0187402_14422333.jpg

   烽火(のろし)を、約370年前にあげた烽火山
f0187402_1443117.jpg

   釜です、よっちゃんいわく大分の山にもあると!
f0187402_1443317.jpg

   造船の街ばい!、世界遺産に登録中だったかな?古い外国製クレーン (写真には
   写っていません、おそらく屋内にあります)
f0187402_14434426.jpg

   下山した場所(鳴滝)から見る金比羅山(③)
f0187402_14435686.jpg

   お初のお店「朋楽(ほうらく)」のちゃんぽん!(¥650)
   野菜たっぷり、小さな牡蠣も入っており、でも 旨みがちょっとえぐいかな、
   まずまず65点! なんと、お店の人は中国人でした。
f0187402_1444755.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-02-28 14:36 | 市内の山(丘) | Comments(6)

・本日、八郎山系から「五島列島」が見えました!(平戸の志々岐山等も)
・お初のルート(佐敷岳~津々谷の滝)は、はっきりしていましたが、最後に罠が・・・
・第一探検ルートはクリア、第二ルートは鉄砲撃ち(猪&鹿)がいたので諦めました!
f0187402_21172186.jpg

 1.日  2015-2-14
 2.山  寺岳・佐敷岳
 3.ルート
     為石~利作岩~寺岳~佐敷岳~津々谷の滝
     <所要時間:約3.5h>

 4.写真&コメント

 
   五島列島が見えています、肉眼では! ほぼ正面は高島です、端島や伊王島同様
   元炭鉱の街があったところです。海の下を掘っていたそうです、高島出身の人が
   云うにはゴリラ岩があるとか、いつか行ってみなくては・・・
f0187402_2119242.jpg

   左は、端島『軍艦島』 眺めの良い「利作岩」から写しました。
f0187402_21193379.jpg

   約1hで寺岳山頂です、ここは眺望無く、でも手掘りの味のある山頂標識が!
f0187402_21194290.jpg

   先へ進み降り返って寺岳です、「為石富士」 前回同様、山馬鹿命名♪(笑)
f0187402_21195182.jpg

   三菱の造船所と その奥に岩屋山がどっしり?と構えています。
f0187402_21201100.jpg

   佐敷岳から東(熊本天草)側への下りはお初、最初は低木があり道が狭く少々心配になり
   ますが、途中からはこんなに気持ちの良い尾根もあります。
f0187402_2120990.jpg

   麓近くでは、明らかに昔の道が出て来ました。多く人が通ると踏み固められ、水が
   土内部に浸み込まなくなり崩れ窪んでいきます。
f0187402_21202528.jpg

   植林はほとんど手入れされていませんが、たまには・・・
f0187402_21204340.jpg

   道路脇まで下りました、罠が! 猪や鹿除け柵 今やいたる処にあります。
   なんと出口がありません、柵近くの倒木を利用しどうにか上を越えました。
   柵の影響もあり、登山道や山中は猪君が荒らしています。(ミミズを)
f0187402_21205482.jpg

   津々谷の滝 入口、ここは二回目かな? 車で来れます。
f0187402_2121642.jpg

   なぜが、蛇のモニュメント 提灯祭りに合わせた?
f0187402_21211692.jpg

   落差20m、しかしこの時季は雨が降らず・・・ しょぼい。寒ければ、〇△滝の
   ように氷瀑となるのでしょうが。
f0187402_21212748.jpg
f0187402_21213720.jpg
f0187402_21214817.jpg

   振り返って、本日歩いた尾根道を確認しました。 ん、思っていた尾根の隣ばいと
   大笑い。
もう一か所の課題は、鉄砲撃ちが山に入っていたので、止めました。
   『山は逃げない』
f0187402_2122492.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-02-15 21:26 | 市内の山(丘) | Comments(4)