山馬鹿日記

カテゴリ:市内の山(丘)( 95 )

16-12:里山縦走(妙正岳、牧野岳、クルマキ山)   

  この時季限定の里山縦走を堪能~♪
  藪に入る季節は冬、刺少なく・スズメバチ&マムシがいない!
  でも 猪はいます(要注意)、それに 最近は暖冬なので棘が元気。


  1.日  ’16−12−24
  2.山  里山縦走「妙正岳、牧野岳、クルマキ山」 
  3.ルート
    南側車道~妙正岳~東⇒南~牧野岳~北・東・南~クルマキ山
    <所要時間;約3.5h(休憩含む)>
  4.写真&コメント
   ・ぃ~やぁ~、実に渋い山々でした!(大笑)
   ・カタカナの山は、なんか緊張します(不思議)
   ・そして、お初の山は新鮮です!(満足)

  神浦ダムの南側になります、右下の土佐賀山は先週登った山です。
f0187402_18585292.jpg

  入口はこんな感じです、林道は崩壊して通れませんので、ここに車を1台。
f0187402_18595472.jpg

  少し歩くと、幹が根元で分れた面白い樹が。
f0187402_190458.jpg

  妙正岳の山頂です、鋭角な岩がいくつも立っていました。信仰の対象だった
  のでしょう、近くには祠の跡もありました。
f0187402_1901410.jpg

  妙正岳山頂、続く尾根は自然林と植林の間に~
f0187402_1902462.jpg

  いきなり牧野岳山頂(笑)、途中は林道を歩くことが長く、しかし最後は急登
  を約15分程度登っていくと、山頂付近はかなりの藪に、通常麓が藪で頂上
  付近はそう大したことが無い処が多いのですが・・・?
f0187402_20202293.jpg

  下って行くと、ここらはなんと九州自然歩道になっていました。
f0187402_20203457.jpg

  あれがこれから行く横文字の山、櫨の紅葉 綺麗ですぅ。
f0187402_20204350.jpg

  こんな何気ない紅葉も好きです、地味なのもよかたい!
f0187402_20205578.jpg

  山頂手前の尾根、ここは全て自然林、樹も若い。
f0187402_20211056.jpg

  クルマキ山、ここにも三角点(今回は三座共) その向こうには、なんと
  水ガメが。管を下に辿ると、壊れた家がありました。世捨て人が住んでい
  たのかもしれません、それとも仙人さん?
  (クルマキ山ではほとんどヒットせず、横文字の由来は不明です?)
f0187402_20212040.jpg


  いやぁ~、いずれも渋い山々でした。
  2台で縦走すると、楽しみは倍増します。
  この時季限定の里山訪問、人の匂いがして険しい山より暖かいかも。




  
[PR]

16-12:三重里山縦走「御岳・野々岳・土佐賀山」  

 
  久しぶりに 二日続けて、登山だした!
  やっぱり、山(丘)は よかね~♪
  藪も、お久しぶりでした(笑)
f0187402_17584482.jpg

  1.日  ’16−12−18
  2.山  三重里山縦走「御岳・野々岳・土佐賀山」 
  3.ルート
    三重田バス停~御岳~野々岳~長崎リハビリテーション~土佐賀山
    <所要時間;約3.5h(休憩含む)>
  4.写真&コメント

  ・上記地図は手書きです、GPS持たず、¥100(百均)コンパスのみ(笑)
  ・この渋いルートは、既に地元の里山達人が歩いていることが、下山後に
   判りました。
  ・野々岳登り手前には、至るところにテープが付いてます。ちょっと疑問? 


  御岳は なかなか かっこがいぃ山です、自然林ばかり・・・
f0187402_20342442.jpg

  毘沙門さんのところから登ってください、北西側から登ろうかなと・・・
f0187402_20343698.jpg

  かなと・・・、後で判りましたが北西側は崖でした! 急な有り難い階段です。
f0187402_20344721.jpg

  これが御岳の山頂です、立派な社もありました。
f0187402_20345672.jpg

  いきなり野々岳山頂、烽火(のろし)釜がここにも! 烽火山や丸田岳は有名。
f0187402_2035719.jpg

  大岩がありました、山達人はさっさと登り、拙者はへっぴり腰で・・・(笑)
f0187402_20351672.jpg

  眺めがよかとです、正面の山が本日のゴール「土佐賀山」 っといっても、
  佐賀県では無く、長崎県です。
f0187402_20352577.jpg

  海も見えます、一番右奥は、 福山雅治の桜坂の舞台となった桜の樹がある
  松島です。

f0187402_20353458.jpg

  これが土佐賀山、ここには三角点がありました。
f0187402_20354375.jpg

  山頂辺りはフラットで迷い易いです、コンパス合わせるとこの岩にぶつかり
  ます、その後右(南)へ。【山で、左・右の表現はあきまへん!】 
f0187402_20355218.jpg



    

  
[PR]

16-11:里山紅葉2「金比羅山&烽火山」    


  起きた時点で 雲仙霧氷里山紅葉か悩みましたが、また「表&裏山」へ
  昼から雨予報&今朝はもう一歩冷え込みが足らず・・・
  結果 霧氷は無し、管理人さんのスイッチ入れ忘れ041.gif

f0187402_2159864.jpg

  1.日  ’16-11-26
  2.山  金比羅山&峰火山
  3.ルート
    高部水源地~旗揚げ広場~金比羅神社~金比羅山~西山ダム~
    仏舎利塔~健山~峰火山~七面山~新大工、夫婦川
    <所要時間;約4h10m(昼食休憩含む、自宅から周回)>

  4.写真&コメント

 ・数日前より冷え込みが厳しくなり、一気に紅葉が進んだと予想し三日
  ぶりに登ってみましたが、結果は うんにゃ(笑)
 ・二山(366m&426m)登れば、標高差も約650~700m
 ・本日は、山頂に可愛い子供らが・・・ よか・よか・よかばい♪
 ・紅葉の名所三箇所目(七面山)も、思ったほど色づいて無く・泣く!
 ・三日前と同じ道は半分以下、色んなルートがあります。


  朝はよか天気、東側から金比羅山を望む!
f0187402_21595012.jpg

  今日はここから、九州自然歩道を登ります。
f0187402_220376.jpg

  ん・どこが道じゃ~、 よく見ると踏み跡があります。
f0187402_2201551.jpg

  少し登って降り返って、この階段が整備されてから 敬遠する機会が多く。
f0187402_2202775.jpg

  愛八さん時代からの旗揚げ広場、どんく岩。
f0187402_2204098.jpg

  金比羅神社、三日前とえっと変わらん(笑)
f0187402_2205145.jpg

  山頂から西側方面を、岩屋山・平和記念像・・・
f0187402_221145.jpg

  何気ない紅葉
f0187402_2212753.jpg

  さざんかズーム~
f0187402_2214532.jpg

  登山道のすぐ脇に こんな岩場が!、皆さん藪漕ぎ時 注意!!
f0187402_222510.jpg

  ムラサキシキブさん、よか色ばい。
f0187402_2223491.jpg

  仏舎利塔、ここからの眺めもよかよ。
f0187402_2225219.jpg

  桧の葉、優しい~
f0187402_223437.jpg

  稜線、少~しだけ岩場もあります。
f0187402_2232871.jpg

  子供が沢山、よかことです。(じじ・ばばだけでは、つまらんもんね)
f0187402_2234410.jpg

  七面山
f0187402_224179.jpg

  ピンクのさざんかも、よかたい。
f0187402_2241643.jpg

  紅葉はもうちょい、やっぱり遅い・・・
f0187402_2242917.jpg

  シーボルトさんの家
f0187402_2245856.jpg

  ご本人も、家の方を見とんなる(笑)
f0187402_2251482.jpg

  今回は ちゃんぽん、標準的な味?
f0187402_2253016.jpg

  ここは¥550と安い、最近 街では¥720、この店のようにもっと
  経営努力ばせんばね! 長崎人の感覚では、せいぜい¥600~650
f0187402_225421.jpg






[PR]

16-11:里山紅葉「金比羅山&烽火山」    


  さて里山の紅葉はどうか?、やはり暖かいので、未だ・・・
  季節が良いので、結構 登山者ともすれ違いました!
  下山後は、中華(太麺)を堪能~♪

f0187402_18111811.jpg

  1.日  ’16-11-23
  2.山  金比羅山&峰火山
  3.ルート
    諏訪神社~立山公園~金比羅山~西山ダム~片淵中学~
    峰火山~秋葉権現~妙相寺~本河内ダム~新大工、馬町
    <所要時間;約5.5h(昼食休憩含む、自宅から周回)>

  4.写真&コメント

   ・【4年前】
ほんとは、こんなに紅葉が綺麗なのですが・・・
   ・【1年前】前回は、同じ店で「ちゃんぽん」堪能~

  bambooさんとこで教えて貰った、お諏訪さんの「迷い子志らせ石」
  長いこと、お諏訪さんには寄ってますが、知らんかった・・・
f0187402_1812180.jpg
 
  お諏訪さんの楠の木、結構見応えあり、でも隣の松の森神社の楠の方が
  デカいです!
f0187402_18121123.jpg

  長坂登りの名前が掲示してあるとは、知りませんでした。(お初、二つ目)
f0187402_18122015.jpg
 
  金比羅神社の紅葉、未だ 少し早く~  残念、また来ます。
f0187402_18123262.jpg
 
  同上(笑)
f0187402_18124948.jpg


  金比羅山の頂上から見た、長崎湾! 外国船がいてます。
f0187402_18132258.jpg


  竹林が、整然と!
f0187402_18133185.jpg

  西山ダムから下流を見る、ゲートボールの練習中!
  よかたい、それで喧嘩せんかったら(笑)
f0187402_18134515.jpg


  片淵中学校辺りから見る市内、坂の上まで家が密集。
f0187402_1813531.jpg

  桜の紅葉は、きれか とです。
f0187402_1814415.jpg


  烽火山から長崎湾を、ズ~・~ム
  これなら、外国船もはっきり。
f0187402_1814191.jpg
 

  さぁ、のろしば挙げんばいけん。
f0187402_18144613.jpg


  市内の紅葉名所「妙相寺」の紅葉、未だまだ  また、来るばい!
f0187402_18145940.jpg


  なんか、灯篭のおしゃれかたい。
f0187402_18165795.jpg


  しょぼい紅葉を、テクニックで撮影(笑&笑)

f0187402_1815985.jpg

  長崎では、英彦山(えいひこさん)、通称「ひこさん」
  カッコのよかばい。
f0187402_18153033.jpg

  明楽(ほうらく)の太麺、美味しかったです(腹も減っとたし)
  (だいたい じげもん男子は太麺が好きと)
  中国人の店主に、「ハオツゥ」ち云うと 笑っとんなった。
  そうそう、店主&さだまさしさだ母さんの写真がありました。

f0187402_18154465.jpg







      


[PR]

16-10:風頭山「坂本 龍馬」    


  本日は雨予報でしたが、お天気が持ちそうなので 龍馬に会いに
  風頭(かざがしら)山へ行って来ました~ 暑かったばい!
  途中の亀山社中には、観光客もぼちぼちと・・・

f0187402_1853874.jpg


  1.日  2016-10-16
  2.山  風頭山
  3.ルート
     新大工~深崇寺~山頂~亀山社中~若宮神社~夫婦川
      <所要時間:約1.5h>

  4.写真&コメント 


  寺町通りの深崇寺の横から登ります、ちょっと判り難いけど標識が!
f0187402_1855695.jpg

  龍馬通り、昔はそんげん名前は無かったけど 人気が出てから・・・
f0187402_186520.jpg

  素人さんが画いた看板が多く、蛭子さんより上手かばい(笑)
f0187402_1861872.jpg

  通りの途中にも龍馬はんが、地元アナウンサーのいっちゃんに似とる? 
f0187402_1862960.jpg

  登れば、市内の眺めがよかばい! 本日も外国船が。
f0187402_1864090.jpg

  さっきの展望台から龍馬を。
f0187402_1864925.jpg

  こっちは同級生に似とるばい、テッツ!
f0187402_1865937.jpg

  山頂、風頭公園の横。
f0187402_1871032.jpg

  基準点、後で開けてみればよかったかなと・・・ 今度の楽しみに~
f0187402_1872317.jpg

  前々回登った金比羅山が、カッコがよかとさね~
f0187402_1873491.jpg

  日本の夜明けが見えますか?
f0187402_1874232.jpg

  またもや、桜が咲いてました。 異常気象ばい、温暖化 真面目に!
f0187402_1875321.jpg

  亀山社中、約10年前は民家、ようやく市が買いあげたかな?
f0187402_188881.jpg

  龍馬のブーツは写真撮影ポイント!
f0187402_1882235.jpg

  若宮稲荷では、前日「竹ん芸」のお祭りが!
f0187402_1883094.jpg

  トッポ水です、市内の人もえっと知らんです。
f0187402_1884126.jpg

  船の寄港目的で今でも一番大切なのは、水・食料の積み込み。
f0187402_1885176.jpg


 


     .
[PR]

16-10:金比羅山(ダンギク観賞)   


  季節の花「ダンギク」を観賞してきました!
  大陸と繋がっていたことを証明する貴重な花です。
  おたふく風邪が治ったつもりでしたが、まだしんどい・・・


f0187402_2192376.jpg


  1.日  2016-10-1
  2.山  金比羅山
  3.ルート
     西山ダム~室生寺~山頂~旗揚げ広場~金比羅神社~諏訪神社
      <所要時間:約2.5h>
  4.写真&コメント 

  ・ようやく休日、晴れました。30℃越え、メッチャ暑かったです。
   蚊もたくさん襲ってき、かなり刺されました。

  いぃ感じ~ この山は南北に細長い尾根があり、その方向から見ると
  尖っています。この写真は西から見る、この方向から真っ直ぐ山頂に
  登りあげたこともありました!
f0187402_2193844.jpg

  室生密寺、未だ入ったことはありません。密が怪しい?(笑)
f0187402_2195213.jpg

  山頂から眺望は、市内の山ではNo.1かもです。
f0187402_2110250.jpg

  ナガサキオトギリかな? 、ナガサキシャジンもありましたがピンボケ
  どこが違うかは判りません、大学の先生しか判らん・分からん。(笑)
f0187402_21102054.jpg

  ダンギクさん、今年もありがとう、何億年も前から・・・?
f0187402_211038100.jpg

  金比羅神社のモミジは、素晴らしい!
f0187402_21104872.jpg

  ちょっと寄ってみました、苔もあるとですよ!
f0187402_2111833.jpg

  なんと、桜の花が狂い咲き(立山公園)
f0187402_21112899.jpg

  月見茶屋、ぼた餅&うどんが有名と云うかそれしかない(笑)
f0187402_21115122.jpg

  くんちの準備中、長坂(無料)&サジキ席(有料)
f0187402_2112420.jpg

  くんちは10/7,8,9、約380年前から続く諏訪神社への奉納行事
  「祭り馬鹿」がいるので、この時まで続いております。龍馬も観たかな?
f0187402_21123535.jpg





       
[PR]

16-9:裏山「烽火山」   

  約1ヶ月ぶりに、山(丘)登りへ~♪
  夏バテ・心臓病(不整脈)・おたふく風邪と・・・
  でも 負けずに復帰、しんどかったけど山は気持ち良かった!

  1.日  2016-9-10
  2.山  烽火山 
  3.ルート
     片淵近隣公園~稜線~烽火山~健山~仏舎利塔
     <所要時間:約2h>

  4.写真&コメント

   ・久しぶりの山&暑さで、しんどく、途中で引き返そうと思いました。
   ・下りの体力だけ、残っていることを考え、どうにか山頂へ~
    山は、やはり基本 下りが大切だと思います。(踏ん張らにゃいけん)
   ・この時季の里山は、蜘蛛の巣の宝庫!


  近隣公園では、消防が訓練を、真面目にガンバ!
f0187402_19541158.jpg

  ここからも眺めがよかとです、夜景もよかょ。
f0187402_19542156.jpg

  今が旬の葛の花、綺麗ばい。
f0187402_19543328.jpg

  石積が立派、小さな石を組合せ、今は竹林 以前は畑かも?
f0187402_19544299.jpg

  登山道も竹でとうせんぼ、次回は鋸を持参するか・・・
f0187402_19551474.jpg

  山頂から鶴の港、この日はPM2.5の影響で霞み
f0187402_19552560.jpg

  烽火台の中も、この時季は藪に。
f0187402_19553522.jpg

  よか稜線です、自然林が素晴らしい。
f0187402_19554424.jpg

  秋を知らせる落し物も!
f0187402_19555620.jpg

  これは英彦山、外国船がこの山を目指して港に入ってきたとか。
  「長崎県の山」の本の表紙には英彦山が!(今もそうかな?)
f0187402_19561397.jpg









    
[PR]

里山「金比羅山」&市内歩き(後半)   


 山頂では、風があり、蚊もおらず 10分程度の休憩を・・・
 下りは色々とあり、どこへ行くかな~と思案していると アイデアが!
 先日、起きたがけ崩れの御船蔵町に住む従弟の家へ 行ってもようかと
 突然に(驚!)

 でも、実は行ったことが無く(泣く) 携帯も置いてきたし・・・
 よし、近くの伯父さんの家(隣町、西坂)へ行き 教えて貰えばよかと
 身勝手な行動に~


 ここ30年で、伯父さんの家に行ったのは2回・・・
 近くまで行くけど、似たような狭い路地が数多く。
 なんとなくここかなと思い下ると、ありました! たぶん?
 表札の文字が消えかけ薄く、名前は間違いなく伯父さんの名前のような
 でも、苗字が消えかけどうも違うごたる? 一度は手前の柵を開け玄関
 のすぐ前に・・・

 しかし、「ピンポン(呼び鈴)」が押せなかった!
 帰りに、家の前にあった番地(看板)の数字を覚え帰宅。
 後で、照合すると やはり間違いなく伯父さんの家でした。

 押せば良かったなぁ~(笑)  



  西坂辺りは長崎湾の眺めが良好ばい、この日もどデカい外国船が入港!
f0187402_229153.jpg

  これは駅方面、26聖人記念館が真下に。
f0187402_2291548.jpg

  山の上まで(急坂に)、墓が沢山、眺め良く一等地ばい。
f0187402_2292569.jpg

  福済寺、亀の上に仏像?が。 行儀の悪か(笑)
  お金を集める宗教には、かたりたくありません。
f0187402_22934100.jpg

  博物館で、漫画展もやるげな  世の中変わったね~
  でも、日本の漫画は海外でめっちゃ人気とか、蛭子さんのおかげばい(笑)
f0187402_2294341.jpg

  日本の初期総理大臣が行った料亭横の神社ですぅ、伊藤博文さんはこの大楠
  を見たかな?
f0187402_2295218.jpg





     
[PR]

’16-7:里山「金比羅山」&市内歩き(前半)   


 久しぶり山へ登りました、蒸し暑く 蚊にも刺され大変でした(笑)
 しばらく週末が雨続きで動けなかったので、この日は雨を覚悟し突入・・・
 結果は降らず、でもそれにしても蒸し暑い。
 こんな日は、誰にも会わないと思ったけど 二名の山馬鹿とご対面(大笑)

  1.日  ’16-7-3
  2.山  金比羅山
  3.行  所要時間 約2.5h
  4.写真&コメント

  西山ダムです、この先に山が見えるはずですが、ガスで真っ白 残念!
f0187402_1873390.jpg

  放水していました、黒部ダムの半分くらいの水量か(笑)
f0187402_1874244.jpg

  ネムの樹、これから街路樹の主役?
f0187402_1875175.jpg

  山頂は明るかったのですが、何も見えず真っ白。通常は鶴の港「長崎港」の
  眺望が抜群なのです! ここまでの森の中は薄暗く、蚊がいてかなり刺され
  ました。若い頃は、蚊より歩くスピードが速かったのに・・・
f0187402_188047.jpg

  石段をコンクリートで補強していました、なるべく自然のままが基本!
f0187402_188925.jpg

  なかなかネジバナもよかたい。
f0187402_1882173.jpg

  ウツボグサ、トラノオさんも探しましたが行方不明。
f0187402_1883343.jpg

  ドンク(ひよこ)岩も、ガスにけむりこげなかんじです。
f0187402_1884464.jpg

  金比羅神社境内の苔、よかばい! 京都の寺に負けとらん(笑)
f0187402_18204832.jpg




       
[PR]

16-5:虚空蔵山

 
  九州のマッターホルンに、またまた登って来ました~♪
 よか天気に恵まれ、HAPPYでした!
 この山系は素敵なので、年に数回は訪れます。

  1.日  2016-5-14
  2.山  虚空蔵山
  3.ルート
     岩屋登山口~(林道)~西登山口~(尾根)~新道~
     山頂~犬の墓~岩屋川東屋
      <所要時間:約1.5h>
  4.写真&コメント 
    ・青い空の下で、登るのは気持ちがいぃ~♪
    ・登山口で会ったご夫婦は、東彼山岳会の方かも?
     この山系を詳しい方のようで、この日は 「山頂~赤岩~
     一ノ宮」までのロング縦走!
 


  よかばい山頂、林道から
f0187402_2163917.jpg

  なんか樹々の緑が素晴らしく! 感謝~♪
f0187402_2165239.jpg

  アザミも美しく、ちょっとだけ寄ってみました(笑)
f0187402_217650.jpg

  よかたぃ、この姿が・・・
f0187402_2171817.jpg

  エゴの花も、よかっちゃん。。。 
f0187402_2172997.jpg

  西登山口、以前の高総体ルート  基本は尾根、ここ最近の道は回り
  道となっています!
f0187402_2174381.jpg

  新道、この木はだいぶ疲れています。 人災、間違いない。    
f0187402_2175552.jpg

  ようやく山頂(笑_2)
f0187402_2181885.jpg

  ツツジ越の高見岳&女岳
f0187402_2182793.jpg

  山頂の藤の花も綺麗
f0187402_2183917.jpg

  兜岩
f0187402_2185039.jpg

  消えたと思った東屋も、健在~・~
f0187402_21965.jpg





    
[PR]