カテゴリ:雲仙山系( 102 )

15-8:高岳(雲仙山系)

 高岳へ登って来ました~、えっどこ? 「雲仙山系の名脇役で迷峰です!」
 福岡よりお客さんがみえていると管理人さんからご連絡いただき、馳せ参じ
 ご一緒させてもらいました。

  1.日  ’15-8-23
  2.山  高岳
  3.ルート
      札ノ原~広河原池~山頂(ピストン)
      <約3h半(休憩含め)>

  4.コメント&写真

   ・今日は、やってしまった! [告白します]
    昨日 収穫したトウモロコシを持参しましたが、何と『生』・・・
    そのままかじっても甘いのですが、大変失礼をしました m(_ _)m
   ・対策は、香取線香・虫除けスプレー・団扇・・・、それでも纏わり
    ついて来ます。 何か、強烈な対抗措置はないものでしょうか?
   ・雲仙山系の名脇役
    野岳・絹笠岳・高岩山・矢岳・九千部岳・吾妻岳・鳥甲山・鉢巻山・高岳・
    舞岳・眉山・石割山・岩床山・・・



    一番若い赤い先輩?(笑)に引っ張っていただきます、百戦錬磨の庭先巡り。
f0187402_18353354.jpg

    ナガバノコウヤボウキ、この山系には沢山あります!
f0187402_18354322.jpg

    山頂近くから、妙見岳方面を望む!
f0187402_18361471.jpg

    さて、何の実? ⇒答えは、山椒の実!
    中華料理に、山椒とトウガラシをよく使います。決して口に入れないように、強烈です!
    実験済み、舌がしびれ・・・、しばらくその辛味が消えません。
f0187402_18362564.jpg

    ルンルンと快適に尾根道を~ 団子三姉妹?(笑)
f0187402_18363429.jpg

    マツカゼソウ 見てると、なんか涼しい花です。
f0187402_18364362.jpg

    綺麗に整列し、それっ行くぞぉ~・~ どこへ(笑)?
f0187402_18365184.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2015-08-23 18:53 | 雲仙山系 | Comments(8)

'15-7:高岩山(雲仙山系)


 雲仙には主役「普賢・妙見・国見岳」だけでは無く、名脇役も沢山あるんです。
 野岳・絹笠岳・高岩山・矢岳・九千部岳・吾妻岳・鳥甲山・鉢巻山・髙岳・舞岳・眉山・石割山・・・
 嬉しい悲鳴をー・-、湯治場にしばらく滞在し 楽しんでみられては如何ですか~?

 1.日  ’15-7-12
 2.山  髙岩山
 3.ルート
     宝原~(小地獄分岐)~(塔の坂分岐)~山頂~(正道?)(周回)
     <所要時間:約2h(休憩含む)>
 4.コメント&写真

  ・宝原園地は、知る人ぞ知るミヤマキリシマの群生地です。
  ・高岩山は、外人さんが「ロッキーヒル」(岩丘)と呼んだ有名な脇役(笑)
   ご参考までに、絹笠山はサンセットヒルです。
  ・信仰の対象となった山だと、、、近くには 一夜大使像や行基洞などの
   貴重な場所と それを隠すための俄か?ミソゴロウドンがあり・・・?

    宝の原っぱとは、なんとよかたい~・~
f0187402_2010093.jpg

    雲仙の新名所、クジライシばい!(笑) でも、どことなく雰囲気が(笑)
f0187402_20101214.jpg

    ホタルブクロさんです、昔の人は この中にホタルを入れ その灯りで
    勉強しはったとか、、、凄いですぅ。
f0187402_20111744.jpg

    中には、こんな素敵なメシベが? うっ、雄しべはどこ_?
f0187402_2010238.jpg

    オカトラちゃん
f0187402_20113336.jpg

    寄ってみると、なかなかよかたい!
f0187402_20114685.jpg

    テリハアカショウマ、この花がメインだったかもです。
f0187402_20115992.jpg

    ようやく山頂に、ミソゴロウドンが高岩神社で考えごとを?
f0187402_20121041.jpg

    ウンゼマンネングサ、細い葉 や 花が特徴かも?
f0187402_20122251.jpg

    海の手前は島原だす、海の向こうは熊本県(天草)
f0187402_20123516.jpg

    矢岳はカッコのよかね~ 右奥は主峰 でもガスの中! 【正解!】
f0187402_20124538.jpg

    信仰の山ばい、雰囲気あるでしょう~ 間違い無く、パワースポットたい!
f0187402_20125732.jpg

    正道からの道も!、よかでしょう~♪
f0187402_2013779.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2015-07-13 19:01 | 雲仙山系 | Comments(2)

15-6:九千部岳(ヤマボウシ観賞)

本来は五島の山へ行く予定でしたが、海外出張が急きょ・・・
結果 出張は週明けとなり、風来坊さんには とんだご迷惑をお掛けしました。
それで、山三昧ツアーヤマボウシ小浜ちゃんぽん)へ~ 気の合う山仲間と♪

 1.日  ’15-6-6
 2.山  九千部岳
 3.ルート
     田代原~北尾根~山頂~谷沿い~牧場(九州自然歩道)~キャンプ場
     <所要時間:約3.5h(休憩含む)>
 4.コメント&写真


    稜線へ上がると、谷一面 真っ白・・・ 残念ながらガスで~す。
f0187402_2212964.jpg

    間もなく開花 ギボウシさん!
f0187402_22121857.jpg

    風来坊さんがみつけた とびきり綺麗なクモキリソウ
f0187402_221226100.jpg

    タツナミソウも、ちょうど季節であちこちへ~
f0187402_22123575.jpg

    鳥兜岳方面
f0187402_22124382.jpg

    下山後は、駐車場は満車状態。
f0187402_22125410.jpg

    キャンプ場で、ヤマボウシ越に山頂を
f0187402_2213551.jpg

    ここのヤマボウシは、花付きよく綺麗♪
f0187402_2216962.jpg

    小浜でちょうど見頃の「ジャガランダ」
f0187402_22161743.jpg

    ま近で観るのは初めてかも?、なかなか美しい花です!
f0187402_22162646.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2015-06-07 22:27 | 雲仙山系 | Comments(2)

15-5:雲仙ミヤマキリシマ


    今年は、やっぱりが早い!
    (間違い無い、地球温暖化の影響か?
     ミヤマさんは、仁田峠で8部咲き、国見岳周辺は3割か?
      来週は後者が満開♪ またもや にぎあう山系へ散歩しようかなぁ~・~
f0187402_21544822.jpg

   1.日  15-5-10
   2.山  普賢岳、妙見尾根
   3.ルート 池ノ原~仁田峠~薊谷~普賢岳~霧氷沢~山頂~紅葉茶屋
         ~妙見尾根~仁田峠~池ノ原
         <所要時間:約4.5h> 
 
   4.コメント&写真   


    ・この日、管理人(ミラ)さん&山のプロ(俊&信)さんに出会え、満足~♪
    ・前日にニュースで、仁田峠辺りは見頃とか? そんな馬鹿な いくらなんでも
     早かばいと思って馳せ参じたところ ぉ~ぉおっ! 綺麗かばい♪
    ・年々、地球は暖かくなり 花の開花時期も徐々に・・・
      ぅ~ どけなるか、地球さん。。。

    コケイランは満開でした! よかばい、地味でも あなたらしく・・・
f0187402_2033695.jpg

    緑がよかばい 奥は普賢山頂!
f0187402_20332021.jpg
 
    紅葉茶屋から山頂への途中、緑のトンネル
f0187402_20332926.jpg

    ぉっ! 勉強会を開催中!(前夜祭でも、予習をしっかりされたとか)(笑)
f0187402_20334112.jpg

    よかっちゃねぇ~
f0187402_2034517.jpg

    ヒカゲツツジも、早咲きしてました。
f0187402_20341621.jpg

    麻紀?・真紀?・槇さんも綺麗~♪ 誰かさんは「マユミ」さんが好き(笑^2)
f0187402_20343065.jpg

    貴重なホソバナさんだったかな?
f0187402_20344168.jpg

    色んな色があって、よかろうもん。
f0187402_20345913.jpg

    暑かったので、つい手が伸び(¥150) チロリンアイスは長崎名物ばい。
f0187402_2035925.jpg

    キンさんは、100歳過ぎでも元気でしたね~~・~~
f0187402_20352069.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2015-05-11 21:58 | 雲仙山系 | Comments(8)

15-4:奥雲仙「九千部岳」ヒカゲツツジ


今年は 未だ「ショウジョウバカマ」を見てないので、奥雲仙に出掛けて
みました。終わってましたが、なんと『ヒカゲツツジ』が咲いてました♪
下山後は 小浜ちゃんぽんを堪能、山迷人もこの味は絶品!っと。
f0187402_2083936.jpg

1.日  2015-4-12
2.山  九千部岳
3.ルート 
   田代原~北尾根~山頂~大明神~谷道~牧場~自然歩道~田代原
   <所要時間:約2h半(休憩含む)>
4.写真&コメント


  この日は曇り、山頂手前の岩場から望む!
f0187402_208567.jpg

  同じ岩場から、逆方向(橘湾)を。この日の早朝、地震が(長崎市は震度1)
  この橘湾には活断層があるそうです、怖ろしやぁ~
f0187402_209677.jpg

  ミヤマキリシマにもご対面。
f0187402_2093436.jpg
f0187402_2094554.jpg

  今年は、ヤマルリソウの当たり年か! 沢山ありました~♪
f0187402_20185169.jpg

  平成新山&国見&妙見岳、右は野岳かな
f0187402_20102138.jpg

  満開に近い?、かなり早いかも?  昨年の普賢岳下の霧氷沢記録です!
f0187402_20102913.jpg

  エイザンスミレも開花♪
f0187402_2010393.jpg

  田代原から九千部岳を~
f0187402_20104783.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2015-04-14 20:44 | 雲仙山系 | Comments(4)

15-2:雲仙霧氷

 ・起床後に出掛けるかどうか布団の中でだいぶ悩み、朝ご飯食べずに車へ~
 ・青空の下で霧氷を観賞!、登山を継続しているのは霧氷のおかげかも・・・
 ・フルコース(登山・温泉・小浜ちゃんぽん)を堪能♪ その後、墓参りにも。
f0187402_1830432.jpg

  1.日  2015-2-1
  2.山  雲仙三山(妙見・国見・普賢岳)
  3.ルート
     仁田峠~妙見尾根~国見岳~紅葉茶屋~普賢岳~薊谷~仁田峠
     <所要時間:約3h>


  砂糖をまぶした小枝チェコではありません!(笑)
f0187402_18305214.jpg


4.写真&コメント
 ・早朝 寒かったですが、国見岳の山頂はなんと氷点下8℃
  風がそう無く、体感温度はそこまで寒くありませんでした。
 ・狙い通りの霧氷に出合えると、思わずニンマリとなります。
 ・積雪も山頂直下では、まあまあありました。(独断で約10cm、吹き溜まりはもっと)
 ・凍っている場所もありましたが、用心してゆっくり進めば大丈夫。
 ・団体さんも来てあり、人手は多かったです。


   ゴルフ場やおしどり池との対照が、素晴らしく~
f0187402_20181385.jpg

   妙見神社手前の霧氷トンネル
f0187402_2018333.jpg

   霧氷・雪 ずんばい尾根道!
f0187402_20185276.jpg

   陽に照らされ輝く霧氷、写真では綺麗に捉えられず(残念)
f0187402_201973.jpg

   右が普賢岳、真ん中 奥は平成新山
f0187402_20192047.jpg

   雲仙の霧氷は、上品か~
f0187402_20193898.jpg

   国見岳山頂からの稜線、右下の谷は鬼人谷 どこもキラキラ
f0187402_2020019.jpg

   氷点下8℃温度計壊れてないかな?
f0187402_20202256.jpg

   国見岳の下り、岩で雪が凍ると少々厄介! 四駆で通過(笑)
f0187402_20204114.jpg

   青空&霧氷のコントラスト
f0187402_2021163.jpg

   普賢岳山頂手前の積雪
f0187402_20211689.jpg

   普賢山頂&平成新山
f0187402_20213666.jpg

   今年3回目の普賢さん、場所は各々異なりますが・・・
f0187402_20215220.jpg

   東北で樹氷と云ってるような爆弾霧氷?
f0187402_2022925.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2015-02-01 18:30 | 雲仙山系 | Comments(6)

14-12:雲仙霧氷

  綺麗だした~♪  特に登り始めは、青空の下 真っ白な霧氷が!
  あちらこちらからお客様が、遠い処ではなんと「川越」「姫路」から・・・
  地元の民としては、嬉しい限りです。 ウェルカムばい♪

f0187402_217162.jpg

 1.日  2014-12-7
 2.山  雲仙普賢岳
 3.ルート
    池の原~仁田峠~妙見尾根~紅葉茶屋~普賢岳(ピストン)
    ~薊谷~仁田峠~池の原・・・(昼食)~温泉
     <所要時間:約4h>
 4.写真&コメント


  ・この日は、この冬一番の冷え込み、 車のフロントガラスが凍っていました!
  ・でも、寒さをちょっと我慢して出掛けると、素晴らしいものに出合えます。
    綺麗な日の出、雪景色、霧氷 (その後の体験版では、トンテキ&
  ・積雪、深い処&ベンチの上では、約20cmだした!
  ・結構 人出が多く、驚きました。 でも、ちょっと出だしが遅い人も・・・


   手前は霧氷、奥・奥は青空ばい!
f0187402_2172778.jpg

   妙見神社、今日は神妙にお祈りを 無事に登山口へ戻れますように・・・?
f0187402_2173960.jpg

   ベンチの上の積雪は、約20cm
f0187402_217478.jpg

   ちょっと変わった氷柱、神社の紙の〇△似?
f0187402_218038.jpg

   ツリ花どす!
f0187402_218966.jpg

   北・中央・南アルプスと云っても。信じて貰えるかも?
f0187402_2181924.jpg
f0187402_2183136.jpg
f0187402_2184496.jpg
f0187402_218555.jpg

   抜群の 雪山?(笑)登山トンテキ温泉でした~♪
[PR]

by yamabakanikki | 2014-12-07 21:12 | 雲仙山系 | Comments(6)

雲仙紅葉「日本一」

  今年も、雲仙紅葉「日本一」を堪能できました~♪
  やはり綺麗ばいよかよかよかばいよかっちゃんねー・-
  それにしても渋滞の凄いこと、シャトルバスば運行せんば!
f0187402_217494.jpg

  1.日  2014-11-3(祝日;月曜)
  2.山  妙見尾根
  3.ルート 
     仁田峠~妙見尾根~国見分れ~新道分岐~紅葉茶屋
     ~薊谷~仁田峠
     <所要時間:約2h>
  4.写真&コメント


   ・この日下界は晴れ、山は登り始めは陽があたってましたが、途中から雲が
    出て陰り 少々残念! 紅葉は、やはり陽が当たらないと・・・
   ・肝心の紅葉はそこそこ、他の山(九重)も同じでしたが、やはり風当たり
    の強い場所は落葉
し、台風の吹き戻しが強かった北風の当たる斜面は例年
    に比較しさっぱり
でした。でも、よかばい 日本一やけん~♪
   ・ちょいと下山後に野暮用があったので、仁田峠まで車で・・・、8時から
    開通のところ9時前後に通過、峠手前でなんと渋滞が! 車を停めるまで、
    約20分掛かりました。
    これが気になり(且つ人が多く)、山頂踏まずに早目に下山しました。その
    頃は全く車は動いていませんでした。数年前に、試しでやっていた麓に停め
    シャトルバスを利用させる取り組みはどうなったのか? 
    自然保護の意味でも、賛成です!(春と秋の休日)


 
  
  歩き出しは、青空が! ススキもよかばい。
f0187402_2172787.jpg

  日本初のパブリックゴルフコース(今は、民間企業になったようですが)
f0187402_2173694.jpg

  ほんとはもっと綺麗なんです、カメラが限界。
f0187402_2174599.jpg
f0187402_2175697.jpg

  赤ちゃんも、紅葉を堪能~♪
f0187402_218515.jpg

  日本一は綺麗でしょう~
f0187402_2181965.jpg

  鬼人谷の脇も、優しい紅葉!
f0187402_2183451.jpg

  ここらが一番!
f0187402_2184750.jpg

  陽が当たっていれば・・・、日展に?
f0187402_2185954.jpg
f0187402_2191260.jpg

  ・・・ よかばい、感謝♪
f0187402_2192591.jpg
f0187402_2193849.jpg
f0187402_2195559.jpg
f0187402_211079.jpg

  マユミちゃんも素敵、間もなく(落葉後は)貴女が主役。
f0187402_21101921.jpg


 ※一度は、皆さん『日本一の紅葉』をご堪能あれ~
[PR]

by yamabakanikki | 2014-11-03 21:11 | 雲仙山系 | Comments(4)

雲仙:ダイモンジソウ

 今が旬のダイモンジソウを堪能しに、宝の山「雲仙」へ♪
 びっしり咲いてます、宝の山へお出でやすぅ~
f0187402_2213542.jpg

1.日  2014-9-7
2.山  雲仙普賢岳
3.ルート
   仁田峠~薊谷~新道~普賢岳~妙見尾根
   <所要時間:約3h45m(休憩含む)>
4.写真&コメント

 ・お天気回復傾向の予報でしたが、山はガスの中。少し降ったり、晴れ間がのぞいたり・・・
  でも、別のルートや下界は大雨だったようです、、、まさに局地的なゲリラ豪雨!
 ・この時季は草がかなり茂ってました、早目に合羽のズボンを履くこと推奨します。
 ・ちょうど見頃のダイモンジソウでした、間もなくするとミカエリソウの花畑に♪
 ・山・温泉・ちゃんぽん・畑仕事とフルコースの一日で、少々疲れました~
 ・小浜ちゃんぽん店では、皿うどんの「太麺」が通じませんでした。ここでは、『柔らか
  麺』と呼ぶそうです。ちなみに、揚げ麺は固麺と。処変われば・・・

    マムシグサも綺麗ばい!
f0187402_2214839.jpg

    アキチョウジ、この色がいぃね~
f0187402_2215783.jpg

    新道から国見岳、この折は晴れ間が・・・
f0187402_222636.jpg

    ミカエリソウ、美しいです!
f0187402_2221474.jpg

    風穴からは、やはり冷気が(4℃)
f0187402_222224.jpg

    ほらほら晴れてきた~、でも山頂着く頃は またガスが・・・
f0187402_2223170.jpg

    よかばい!
f0187402_2224184.jpg

    山頂からはガスで、折角の眺望が・・・
f0187402_2225030.jpg

    フクオウソウも沢山咲いてます。
f0187402_223180.jpg

    鬼人谷では、また雨がポツポツと。
f0187402_2231229.jpg

    妙見尾根へ登り返すと、ガスがあがり晴れ間が・・・(繰り返し)
f0187402_2232590.jpg

    コフウロ
f0187402_22335100.jpg

    シモツケ
f0187402_223463.jpg

    ヤマボウシの実が色づき始め
f0187402_2235659.jpg

    ミゾソバさんも綺麗だす♪
f0187402_224518.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2014-09-07 22:04 | 雲仙山系 | Comments(10)

「お花の記念日」ナツエビネ

約10年前に、始まった「お花の記念日」
 ナツエビネ 他の観賞(&供養?)登山!
  今回も管理人さんに、を開けてもらいお庭に侵入~♪
   今年は、ちょいと花が遅くちょうど見頃でした 感謝ですぅ~

〇日[丸秘]・・・(笑) ’14-8-23
△所要時間 ・・・約半日


    やっほー、今年も素晴らしい花々・・・、毎年 感激!
f0187402_2125436.jpg

    オオキツネさんの株も、年々増えているようです。(管理人さんのお手入れ良く)
f0187402_2125495.jpg

    松かぜ草も、涼しげに  ほんに よか!
f0187402_21262788.jpg

    それを黙って見ている宇宙人、簡単には侵略させへんで・・・(笑)
f0187402_21262880.jpg

    ナガバノコウヤボウキさんも、た~んとありました♪
f0187402_21263817.jpg

    いつまでも(孫の代?)、大切にしたいお花畑で御座います。
f0187402_21264738.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2014-08-25 21:39 | 雲仙山系 | Comments(2)