カテゴリ:雲仙山系( 102 )

2017年 お初の霧氷「雲仙」    

  
  寒波が来たようなので(そう実感は無し)、雪を踏みに出掛けましたが、
  大して無く・泣く、でも今年お初の霧氷「雲仙花ぼうろ」が綺麗でした!
  積雪は約1cm、でも山頂は強風で寒いー・-(仁田峠は終日通行止め)

f0187402_1733860.jpg

  1.日  ’17-1-14
  2.山  雲仙(普賢岳)
  3.ルート
     池の原~仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~普賢岳~妙見尾根~仁田峠~
     <所要時間;約4h(小休止含む)>

  4.写真・コメント

  仁田峠です、薄っすら積雪、山の上には霧氷が見えます♪
f0187402_17486.jpg

  この付近には、そのままの形で霰が落ちてました。
f0187402_174192.jpg

  定点観測、山頂付近はガスが掛かったり・・・
f0187402_1743397.jpg

  薊谷の「鳥の水飲み場」は凍ってました、とりさん大変!
f0187402_1744258.jpg

  積雪は、この程度。
f0187402_1745668.jpg

  白銀の中、優しい色のウンゼン笹がほんのりといぃ感じ〜
f0187402_175661.jpg

  「今年も、お世話になります」とご挨拶。
f0187402_1751836.jpg

  山頂から、真っ白
f0187402_1753595.jpg

  強風で寒く 山頂は5分程度で退散[推定;気温氷点下ー5℃、風速約10m/s]
f0187402_1754766.jpg

  天草方面がよく見えてました。
f0187402_1755832.jpg

  時折り青空も少し、それ今だっ シャッターを(笑)
f0187402_176822.jpg

  どこまでも霧氷は続きます・・・
f0187402_1762355.jpg

  アクエリを飲もうとしたら出ない、一部 凍ってました!
f0187402_1763771.jpg

  下山後は、小浜ちゃんぽんを堪能♪ 【龍】へ
f0187402_1764566.jpg

  セットはお寿司と組合せ、なんせお寿司屋さんがちゃんぽんを作ってます!
f0187402_1765670.jpg

  いや~ よかったばい!【お山に感謝♪】 
f0187402_177636.jpg



     



    
[PR]

by yamabakanikki | 2017-01-14 17:12 | 雲仙山系 | Comments(2)

2016年「山行分析」& 登り納め「雲仙霧氷」   

 
 〇2016年「山行分析」 一年を振り返って~♪
  ※( )内は、2015年分 

  1.本州    ・・・ 1(0)
  2.九州    ・・・ 3(12)
  3.長崎    ・・・48(48)

   1)雲仙山系  17(12) 
   2)多良山系   8(9)
   3)近場      6(2)
    (黒髪,天山等)
   4)虚空蔵山   2(4)
   5)市内    15(21)
     『合計   ∑=52回(60)』 

(参考データ)出張  19回(8)
       飲み会 38回(49)

  ・今年は、遠征が減り近場を堪能。
  ・縦走や周回コースを、好んで歩きました♪



 〇登り納め「雲仙霧氷」

  バッチリ霧氷が♪(青空の下)、普賢岳山頂の山神様にご挨拶!
f0187402_16302624.jpg

  白と青のコントラストばい!
f0187402_1946115.jpg

  なかなかこいが、よかとです。
f0187402_16303893.jpg

  妙見尾根では管理人さんとバッタリ、年始?・年末の挨拶を交わし(笑)
  次回の丸秘登山?の約束を・・・
f0187402_16304934.jpg




      


[PR]

by yamabakanikki | 2016-12-30 20:06 | 雲仙山系 | Comments(4)

16-12:雲仙霧氷(国見・普賢岳)   

  日頃の行いが良いので(笑)、青空の下 雲仙霧氷を堪能できました。
  管理人さんの車は隣に!(下山後 発見)、スイッチONに感謝~♪
  久しぶりに 山でしか会わない「96ちゃん」にも会え、よか一日!

  霧氷もよかったですが、雲海も見事でした!
f0187402_17504450.jpg

f0187402_17511588.jpg

  1.日  ’16−12−17
  2.山  雲仙(国見・普賢岳) 
  3.ルート
    仁田峠〜妙見尾根〜国見岳〜新道〜普賢岳〜紅葉茶屋〜仁田峠
    <所要時間;約4h弱(休憩含む)>

  4.写真&コメント


  登り始め(9時前) 妙見尾根はガスの中、霧氷の有無が判らない。
f0187402_1803651.jpg

  ロープウェイ妙見駅、霧氷がしっかりと付いていました!(喜)
f0187402_1805283.jpg

  山の珊瑚、ヤッホー
f0187402_1814389.jpg

  雲仙名物、霧氷のトンネル
f0187402_1815651.jpg

  青空とのセットが、最高! この日は風も無く暖かく、なんと恵まれ~
f0187402_1822128.jpg

  いつも大霧氷(笑)  幅5cmはあると!
f0187402_1823528.jpg

  国見岳へ登る途中、振り返って一枚、輝いています!
f0187402_1824552.jpg

  氷柱もお見事!、昔の山人はポットに入れ持って帰っていたとか・・・
  未だ各家庭に冷蔵庫が無かった時代、拙者が生まれた時も。
  この話をすると、ちょっとだけ若い96ちゃんに大うけ?
f0187402_182552.jpg

  新道はこんな感じ、通常はグリーンシャワーコースばい(笑)
f0187402_183633.jpg

  普賢岳山頂から、秩父宮殿下記念碑? だったかな?
f0187402_1833423.jpg

  久しぶりの山での食事、暖かったけど、麺食い(笑) 
f0187402_1835959.jpg

  若者多く、日本(長崎)の将来は明かるかばい!
f0187402_1841148.jpg

  帰り道は、春のような陽気でした。 ここで、スーパーばあちゃんに追い
  抜かれ(笑) メタボはしょうがない(大_笑)
f0187402_1842220.jpg

  定点観察・・・? (そんげん云うとは、誰じゃ〜)
f0187402_1843593.jpg

  紺碧&ホワイト! よかばい!
f0187402_185095.jpg



 ★96ちゃんへ、すみません 公共の回線(ネット)を利用し・・・
   ブナは、広島の比婆山系もよかばい!
   二回目の記録    


      


[PR]

by yamabakanikki | 2016-12-17 18:05 | 雲仙山系 | Comments(10)

16-11:雲仙紅葉 リベンジ「第二吹越~国見岳」   


  やっぱりよかばい『雲仙紅葉』地元の「宝の山」たい!
  リベンジを、久しぶりに第二吹越から(大雨の影響で通行止めでした)
  もっとゆっくりしたかったのですが、玉ねぎ準備と人酔いで・・・

f0187402_18425318.jpg

  1.日  2016-11-12
  2.山  国見岳(雲仙山系)
  3.ルート
    第二吹越~妙見尾根~ロープウェイ妙見駅~国見岳~尾根経由吹越
    <所要時間:約2.5h>
  4.写真&コメント
   ・雲仙紅葉の心得
    遅い時間に仁田峠まで向かうのは、大渋滞で不可(せめて9時前?)
    その際には、池の原に停めてください(駐車場は3箇所)
    一番良い鬼人谷は、昼前にやっと陽が当たります!
    でも、やはり朝駆けが基本 帰りも渋滞します(千々石 辺りが)
    それに人が溢れ交わすのが大変ばい、そんだけ綺麗だす♪


  大雨の影響で、しばらく通行止めになっていました。
  ここからと、大野木場からは 必ず登ってください。(昔からの道)
f0187402_18405836.jpg

  被害もたいしたこと無く、以前通り よか道でした。
f0187402_1841109.jpg

  降り帰ると、九千部大明神様が見つめていらっしゃる。
f0187402_18412280.jpg

  約50分で稜線へ、普賢岳の南側斜面もよかたい。
f0187402_13111536.jpg

  これは、稜線越に鬼人谷の手前。よか・よか!
f0187402_1316292.jpg

  紅葉は、逆光で写せ?
f0187402_18414520.jpg

  ロープウェイ妙見駅、綺麗、駐車場に入れない車の大渋滞も。
  この日は、アニハセヨさんでは無く中国人が多数(メイウェンティ)
f0187402_13113389.jpg

  国見岳山頂から、エマル峰&鬼人谷
f0187402_1311506.jpg

  右側は九重、左側は阿蘇、その左には双耳峰の由布岳がくっきりと。
  こんなに肉眼で見れたのは珍しい、祖母や市房も。
f0187402_18421888.jpg

  国見~エマルへの尾根
f0187402_1848124.jpg

  これは、妙見の北側壁  ここもGOOD!
f0187402_13121234.jpg

  逆光でパシャ!
f0187402_1843215.jpg

  落ち葉もきれかけん、踏みたく無く、帰られんばい(笑)
f0187402_18463494.jpg

f0187402_13122855.jpg

  よか尾根です、是非一度【1℃】 ご堪能あれ~♪
f0187402_1843273.jpg

  来年も、またよろしくでぇ~す  感謝♪
f0187402_18402366.jpg






     


[PR]

by yamabakanikki | 2016-11-13 18:50 | 雲仙山系 | Comments(8)

16-10_雲仙紅葉(国見岳)    


  雲仙へ~、やはり今年の紅葉は遅い・・・
  強風でガスがはれると思いましたが、なかなか 残念!
  紅葉より、主役はミヤマキリシマさんだったかも(笑)

f0187402_17463778.jpg

 1.日 ‘16-10-29
 2.山  雲仙(国見岳)
 3.ルート
   仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~国見岳~妙見尾根~登山口
   <所要時間:約2h>

 4.写真&コメント
  ・下山後は、温泉・大盛り蕎麦・畑仕事を堪能
  ・この日は、最初から最後までガス 遭難せんように普賢岳はパス!
   ほんとは、人がめっちゃ多く&生憎のガスで眺望望めず・・・

 
 定点観察、山頂はガスで未見 風は結構吹いていました(約10m/s弱)
f0187402_17495788.jpg

  ぼちぼち紅葉をのんびりと堪能
f0187402_1750910.jpg

  振り返ると、ガスの晴れ間に 妙見尾根がカッコ良く♪
f0187402_1750198.jpg

  マユミさんは、別嬪やね~
f0187402_17503646.jpg

  福多そうさん、ありがとう♪  また、来年も福を配ってくださいな!
f0187402_17504761.jpg

  国見岳山頂から、鬼人谷を覗くけど 何も見えない(悲!)
f0187402_1750593.jpg

  ドウダンの淡い紅葉もよかたい! ケバいのは好みで無いかもです!
f0187402_1751875.jpg

  第二吹越から登れるようになりました、万歳!
f0187402_17511956.jpg

  これも定点観測かも?、いつもはこの時季 もっと染まっていますが。
f0187402_17513133.jpg

  こいも ドウダンたい!
f0187402_1751411.jpg

  ガスはなかなか 良かったばい!
f0187402_1751504.jpg

  雲仙は、もみじが綺麗かっさ!
f0187402_1752598.jpg

  大葉のもみじ?
f0187402_17521736.jpg

  ミヤマさん、やっぱりあなたが主役ばい♪
f0187402_17522641.jpg





        




  
[PR]

by yamabakanikki | 2016-10-29 17:54 | 雲仙山系 | Comments(2)

16-10:九千部岳(ウンゼントリカブト観賞)   


  昨日は一日畑仕事を、そのご褒美で 今日は「山病院」へ~
  やはり季節の花を観賞したく、ウンゼントリカブトを堪能♪
  ガスが掛かっていましたが、目的の花と若い山人(高校生)
  に出会え満足~ (帰宅後は、また畑仕事を・・・)

f0187402_1831353.jpg


  1.日  2016-10-10
  2.山  九千部岳
  3.ルート
     田代原~北尾根~山頂~北尾根~田代原
      <所要時間:約2h>
  4.写真&コメント 

   ・登り始めは、ガスで覆われていました。山頂でも! そして、
    下山後はよか天気に♪ よ~く ある話です(笑)
   ・山中で、愛想のいぃ高校生に出会ったのは嬉しかったです。
    たいがい こちらが先に、気づきますが。
   ・途中の急斜面で、登り下りの訓練もしてはりました。
   ・その後 道を譲られ、先に行くと 背中に張り付かれ・・・
   ・その時 ペットボトルを落とし、周回の予定がピストンに変更。
    (しっかりと下山時に、回収しました 重要!)

 
 
  北尾根の入口はすぐに判ります、こちらからの登山道は最高!
f0187402_18315348.jpg

  最初は、自然林と植林の間を・・・
f0187402_183231.jpg

  そして自然林に代わり、その後は山頂までそのまんまです、よかばい!
f0187402_18321492.jpg

  いきなり大好きな花が!「アキノキリンソウ」 この黄色がたまらん。
f0187402_18322321.jpg

  フクオオソウ(福多そう)がここにも沢山(笑)
f0187402_18323853.jpg

  ヤマボウシの実が、沢山落ちていました。
f0187402_18331777.jpg

  こげな処もありますが、思ったほど大したことはありません。     
f0187402_18333784.jpg

  よかっさね~ お上品なトリさん、他所のとはちょっと違う!
  違いは大学の先生に、聞きなってください(笑)
f0187402_18334867.jpg

  ヨメナさんも、た・く・さ・ん。
f0187402_1834794.jpg

  山頂には誰かテント泊を、靴が外に 中には人の気配が! 愛想の悪か!!
  フライをもっと外に張らんば、中は露で 濡れるばい。
  こげな狭い処に・・・ と思いながら、「親爺岳」山頂にテントを張った
  輩(やから)が・・・(笑)  まぁよかたい、でも愛想よくせんば!
f0187402_18342297.jpg

  ガスの中、風が無く ブロッケンは出ませんでした。
f0187402_18344734.jpg

  なんと季節外れのミヤマキリシマが、ひとかたまり咲いていました。
f0187402_1835211.jpg

  別嬪さんのトリカブトさん、感謝~♪  いつまでも、宜しくお願い致
  します。
f0187402_1835346.jpg

  下山後は、メッチャよか天気ばい!
f0187402_18354364.jpg


 ※数年前まで、田代原の牧場でウメバチソウを堪能していましたが、
  狂牛病騒ぎで牧場が閉まってからは、なかなか・・・
  今度、管理人さんと一緒の機会に~・~♪


       
[PR]

by yamabakanikki | 2016-10-10 18:36 | 雲仙山系 | Comments(2)

16-8:雲仙普賢岳(ダイモンジソウ開花)   


  この日、ようやくダイモンジソウの開花を確認できました!
  雲仙やはり涼しく 自然と足が向きます、登り出しは23℃
  雲仙三昧(登山・温泉・小浜ちゃんぽん)&7箇所目の墓参りへ


f0187402_18561612.jpg

  1.日  2016-8-17
  2.山  雲仙普賢岳 
  3.ルート
    仁田峠~紅葉茶屋~新道「グリーンシャワーコース」~霧氷沢
    ~普賢山頂~薊谷~仁田峠 
     <所要時間:約2h40m>

  4.写真&コメント


   ・ダイモンジソウを初めて見たのは、阿蘇高岳の馬鹿(仙酔峡)
    尾根でした。単調な登りの途中に、なんと綺麗な花が我々を
    待っていてくれたと・・・
     3回程登りましたが、しばらくは地震で登れない模様(悲!)
   ・同じ山系で、季節季節の花を堪能することが 素晴らしいと
    宝の山を前に、大きな声で云える自分が幸せ者です。


  それにしても雲仙は涼しい!、この日の朝 長崎市内は28℃
  ここ雲仙は天国(楽園)ですね~ よかたい・よかばい!
  
f0187402_18563238.jpg

  定点観察?、この時点 平成新山はガスの中。
f0187402_18564481.jpg

  いゃ~ 屋根付きの登山道は 美しく&人に優しく~
f0187402_18565366.jpg

  ソバナも、今が全開!
f0187402_1857234.jpg

  赤い花(クサフジ?)も、登山道の脇で 主役に(笑)
f0187402_18571023.jpg

  よかっしょ、国見岳!
f0187402_18571843.jpg

  ホツツジさんの寿命は長~く、もう一か月か?
f0187402_18574044.jpg

  「鷹岩」・・・ 最近の弱いホークスの守り神に如何?(笑)
f0187402_18574989.jpg

  日本一若い(新しい)山です。
f0187402_18584243.jpg

  福多そう も、綺麗に開花。
f0187402_18585347.jpg

  妙見の尾根も、結構な斜面、尾根だけ歩かせて貰っています。
f0187402_1859391.jpg

  山頂から。日本一若い山を望む!
f0187402_18591769.jpg

  ガマズミの実は、絶好調!
f0187402_18592719.jpg

  ミカエリソウは、これから頑張りますぅ。
f0187402_18593630.jpg

  定点より、ガスがあがっています。
f0187402_18594610.jpg





     
[PR]

by yamabakanikki | 2016-08-17 19:01 | 雲仙山系 | Comments(4)

16-7:雲仙普賢岳(長崎では 一番涼しい~!)     


 前回、購入した フル装備(登山靴・靴下・シャツ・帽子)で、雲仙へ
 登って来ました~♪ 下山後は、温泉 ♨に~(200年前から?、古湯)
 服装は完璧でしたが、持ち物装備「デジカメ」を忘れました(残念!)

  1.日  ’16-7-31
  2.山  雲仙 妙見尾根&普賢岳
  3.行程
     仁田峠~妙見尾根~鬼人谷~新道「グリーンシャワーコース」~
     ~普賢岳山頂~紅葉茶屋~仁田峠
     <所要時間 約3h>
  4.写真&コメント

   ・携帯(ガラケイ)で、撮影!
   ・新しい登山靴の調子は良く、二度程こけました(笑)
    NEWでは、皆さん同様のことありませんでしたか?
   ・数日前に、グリーンシャワーコースの両脇の草刈りを・・・
    有難いのですが、迫力&お花畑の魅力が少々~


     別嬪のソバナさんですぇ~
f0187402_20503998.jpg

     ホツツジ越しの 普賢岳山頂!
f0187402_20505247.jpg

     ショウマ はん!
f0187402_2051641.jpg

     折角の「福 多そう」は、ピンボケ! ごめんちゃい。
f0187402_20511732.jpg

     平成新山の半分はガスの中
f0187402_20512665.jpg

     カンザシギボウシ、多良と同じ?
f0187402_20513630.jpg

     蛍の光で勉強した際の ホタルブクロ
     この中にホタルを捕まえ、その明かりで本を読んだと・・・
f0187402_20514432.jpg

    




      
[PR]

by yamabakanikki | 2016-08-02 21:05 | 雲仙山系 | Comments(2)

16-7:雲仙普賢岳 「宝の山」は涼しい~!   

 昨日のブラタモリでは、「会津磐梯山」を紹介(宝の山よぉ~)
 負けてません雲仙!、水・花・温泉・人・涼・・・ 『宝の山』たい!
 下界より約6℃は涼しく、グリーンシャワーコースはもっと涼しい~

  管理人さんのおかげで、ようやくカキランにも出会え 満足&感謝~♪
f0187402_18252645.jpg

  観よ、このすっきりとした青空  翌日に梅雨明け宣言が・・・
f0187402_1825453.jpg


  1.日  ’16-7-17
  2.山  普賢岳
  3.行程
     池の原~仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~新道(グリーンシャワー
     コース)~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~仁田峠~池の原
     <所要時間 約4h>

  4.写真&コメント

   ・この日は、山・(買物)・食事・温泉とフルコース
   ・たまには、やはり山病院に癒して貰わんと 体調が今一・・・
   ・会津磐梯山には登っていませんが、磐梯スカイラインは訪れました。
    よかとこです、今度は裏磐梯に行ってみたいなぁ~

   仁田峠 8時過ぎは濃霧のため通行止め、その後解除されたようです。
   この頃は、未だ山頂も見えません。
f0187402_18261231.jpg

   オカトラちゃんにもやっと、後はホタルブクロやヤマホトトギスが沢山
f0187402_18263049.jpg

   途中、ようやく山頂が見えてきました。
f0187402_18265261.jpg

   少しピンクのヤマアジサイ
f0187402_1827853.jpg

   風穴、冷風が~ 5分が限界でしょうか? 寒いんです、なんと贅沢!
f0187402_18272989.jpg

   ヤマアジサイが、この日の主役かも~、でもナツツバキも沢山
f0187402_18274663.jpg

   名前を忘れ? アルツ進行中!
   ㋳「ヤマシグレ」でした!
   ウスキさん(花博士)に教えてもらいました、感謝♪

f0187402_182875.jpg

   フクオウソウ(福多そう)は未だ、ダイモンジソウやミカエリソウも
   次回~・~
f0187402_18281798.jpg

   もう来年の準備を・・・
f0187402_18282760.jpg

   シシウドさんも数多く
f0187402_18283854.jpg

   ヤクシマホツツジさんは、や~らしかです。
f0187402_18285295.jpg

   テリハアカショウマは、色んな濃さの色が・・・
f0187402_1829251.jpg

   山頂には、4組8人だったと。
f0187402_18291582.jpg

   クマイチゴは食べれますが、しょっぱい。 樹の棘には注意!
f0187402_18293381.jpg

   なんとなくお気に入り、しもつけは終わりかけ
f0187402_18294391.jpg

   これは駐車場のナツツバキ、蕾がたくさん。
f0187402_18295128.jpg

   山の店、靴を買いに行ったのですが・・・(残念!)
   でも、ご主人もたまには登りとうあるよねぇ~(笑)
f0187402_1830090.jpg







      
[PR]

by yamabakanikki | 2016-07-25 18:32 | 雲仙山系 | Comments(4)

'16-6:九千部岳「ヤマボウシ」   


 この時季がベスト?、でも いつでもこの山は最高 です!
    あ り が と う ~ ♪
 この日は混雑が予想され、尚且つ下山後の芋蔓植えがあり、早めに登り下り。

  1.日  ’16-6-18
  2.山  九千部岳
  3.行  所要時間 約2.5h
  4.写真&コメント

  梅雨の晴れ間に、ラッキー♪
  久しぶりに、管理人さん(二日連続)にも会えラッキー_2
f0187402_20425773.jpg

  北尾根の最初の岩場から振り返り、吾妻岳を望む~
f0187402_20431014.jpg

  ようやく稜線に付いた頃、岩々が表れてきます。
f0187402_20432198.jpg

  よかばい!
f0187402_20433298.jpg

  手前の方にはピンク色が、判りますかぁ?
f0187402_20434564.jpg

  シモツケ越に、平成新山・国見・妙見岳・・・、右奥は野岳
f0187402_2043557.jpg

  よかね~ ほらピンクが!
f0187402_2044714.jpg

  クモキリソウ
f0187402_20442058.jpg

  これは東側、こちらも沢山! 有名なのは南側の谷です。
f0187402_20445483.jpg

  ヤマアジサイ、これからが見頃、沢山あり見応えあります。
f0187402_20451194.jpg

  谷からのゴロ石が大雨で、初めて登った頃はココの柵を開け牧場に出入り
  していました!
f0187402_20452156.jpg

  田代原から見る九千部岳
f0187402_2045332.jpg

  下界に降りると、間地かで写真が撮れますよぉ~
f0187402_20454366.jpg







      
[PR]

by yamabakanikki | 2016-06-18 20:45 | 雲仙山系 | Comments(6)