ブログトップ

山馬鹿日記

カテゴリ:雲仙山系( 95 )


 前回、購入した フル装備(登山靴・靴下・シャツ・帽子)で、雲仙へ
 登って来ました~♪ 下山後は、温泉 ♨に~(200年前から?、古湯)
 服装は完璧でしたが、持ち物装備「デジカメ」を忘れました(残念!)

  1.日  ’16-7-31
  2.山  雲仙 妙見尾根&普賢岳
  3.行程
     仁田峠~妙見尾根~鬼人谷~新道「グリーンシャワーコース」~
     ~普賢岳山頂~紅葉茶屋~仁田峠
     <所要時間 約3h>
  4.写真&コメント

   ・携帯(ガラケイ)で、撮影!
   ・新しい登山靴の調子は良く、二度程こけました(笑)
    NEWでは、皆さん同様のことありませんでしたか?
   ・数日前に、グリーンシャワーコースの両脇の草刈りを・・・
    有難いのですが、迫力&お花畑の魅力が少々~


     別嬪のソバナさんですぇ~
f0187402_20503998.jpg

     ホツツジ越しの 普賢岳山頂!
f0187402_20505247.jpg

     ショウマ はん!
f0187402_2051641.jpg

     折角の「福 多そう」は、ピンボケ! ごめんちゃい。
f0187402_20511732.jpg

     平成新山の半分はガスの中
f0187402_20512665.jpg

     カンザシギボウシ、多良と同じ?
f0187402_20513630.jpg

     蛍の光で勉強した際の ホタルブクロ
     この中にホタルを捕まえ、その明かりで本を読んだと・・・
f0187402_20514432.jpg

    




      
[PR]
by yamabakanikki | 2016-08-02 21:05 | 雲仙山系 | Comments(2)

 昨日のブラタモリでは、「会津磐梯山」を紹介(宝の山よぉ~)
 負けてません雲仙!、水・花・温泉・人・涼・・・ 『宝の山』たい!
 下界より約6℃は涼しく、グリーンシャワーコースはもっと涼しい~

  管理人さんのおかげで、ようやくカキランにも出会え 満足&感謝~♪
f0187402_18252645.jpg

  観よ、このすっきりとした青空  翌日に梅雨明け宣言が・・・
f0187402_1825453.jpg


  1.日  ’16-7-17
  2.山  普賢岳
  3.行程
     池の原~仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~新道(グリーンシャワー
     コース)~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~仁田峠~池の原
     <所要時間 約4h>

  4.写真&コメント

   ・この日は、山・(買物)・食事・温泉とフルコース
   ・たまには、やはり山病院に癒して貰わんと 体調が今一・・・
   ・会津磐梯山には登っていませんが、磐梯スカイラインは訪れました。
    よかとこです、今度は裏磐梯に行ってみたいなぁ~

   仁田峠 8時過ぎは濃霧のため通行止め、その後解除されたようです。
   この頃は、未だ山頂も見えません。
f0187402_18261231.jpg

   オカトラちゃんにもやっと、後はホタルブクロやヤマホトトギスが沢山
f0187402_18263049.jpg

   途中、ようやく山頂が見えてきました。
f0187402_18265261.jpg

   少しピンクのヤマアジサイ
f0187402_1827853.jpg

   風穴、冷風が~ 5分が限界でしょうか? 寒いんです、なんと贅沢!
f0187402_18272989.jpg

   ヤマアジサイが、この日の主役かも~、でもナツツバキも沢山
f0187402_18274663.jpg

   名前を忘れ? アルツ進行中!
   ㋳「ヤマシグレ」でした!
   ウスキさん(花博士)に教えてもらいました、感謝♪

f0187402_182875.jpg

   フクオウソウ(福多そう)は未だ、ダイモンジソウやミカエリソウも
   次回~・~
f0187402_18281798.jpg

   もう来年の準備を・・・
f0187402_18282760.jpg

   シシウドさんも数多く
f0187402_18283854.jpg

   ヤクシマホツツジさんは、や~らしかです。
f0187402_18285295.jpg

   テリハアカショウマは、色んな濃さの色が・・・
f0187402_1829251.jpg

   山頂には、4組8人だったと。
f0187402_18291582.jpg

   クマイチゴは食べれますが、しょっぱい。 樹の棘には注意!
f0187402_18293381.jpg

   なんとなくお気に入り、しもつけは終わりかけ
f0187402_18294391.jpg

   これは駐車場のナツツバキ、蕾がたくさん。
f0187402_18295128.jpg

   山の店、靴を買いに行ったのですが・・・(残念!)
   でも、ご主人もたまには登りとうあるよねぇ~(笑)
f0187402_1830090.jpg







      
[PR]
by yamabakanikki | 2016-07-25 18:32 | 雲仙山系 | Comments(4)


 この時季がベスト?、でも いつでもこの山は最高 です!
    あ り が と う ~ ♪
 この日は混雑が予想され、尚且つ下山後の芋蔓植えがあり、早めに登り下り。

  1.日  ’16-6-18
  2.山  九千部岳
  3.行  所要時間 約2.5h
  4.写真&コメント

  梅雨の晴れ間に、ラッキー♪
  久しぶりに、管理人さん(二日連続)にも会えラッキー_2
f0187402_20425773.jpg

  北尾根の最初の岩場から振り返り、吾妻岳を望む~
f0187402_20431014.jpg

  ようやく稜線に付いた頃、岩々が表れてきます。
f0187402_20432198.jpg

  よかばい!
f0187402_20433298.jpg

  手前の方にはピンク色が、判りますかぁ?
f0187402_20434564.jpg

  シモツケ越に、平成新山・国見・妙見岳・・・、右奥は野岳
f0187402_2043557.jpg

  よかね~ ほらピンクが!
f0187402_2044714.jpg

  クモキリソウ
f0187402_20442058.jpg

  これは東側、こちらも沢山! 有名なのは南側の谷です。
f0187402_20445483.jpg

  ヤマアジサイ、これからが見頃、沢山あり見応えあります。
f0187402_20451194.jpg

  谷からのゴロ石が大雨で、初めて登った頃はココの柵を開け牧場に出入り
  していました!
f0187402_20452156.jpg

  田代原から見る九千部岳
f0187402_2045332.jpg

  下界に降りると、間地かで写真が撮れますよぉ~
f0187402_20454366.jpg







      
[PR]
by yamabakanikki | 2016-06-18 20:45 | 雲仙山系 | Comments(6)

 
皆さんご堪能されている「オオヤマ」さん、あちきも観らんばやろ!
新道(グリーンシャワーコース)この時季限定「ドウダン尾根」を♪ 
九千部岳のヤマボウシも気になりましたが、そこは人・人・人・・・

  1.日  2016-6-11
  2.山  雲仙普賢岳
  3.ルート
     仁田峠~妙見尾根~新道~普賢岳~紅葉茶屋~仁田峠
     <所要時間:約3h弱>
  4.写真&コメント


  ミヤマキリシマもすっかり終え、次の主役は貴女(ウツギ)かな?
f0187402_20364374.jpg

  今年 購入した麦わらだす、今の季節が一番陽射しが強く!
f0187402_20365819.jpg

  九千部岳のヤマボウシ、よ~く 付いてます。
f0187402_20371298.jpg

  これも主役のドウダンさん。
f0187402_20372423.jpg

  ヤマボウシのガクも、や~らしか♪
f0187402_20373853.jpg

  タツナミソウは、怪獣のごたる(笑)
f0187402_2037509.jpg

  ヤマちゃん、よかたい!
f0187402_2038027.jpg

  緑が美しく・・・
f0187402_20382782.jpg

  ドウダンの実(花)が、あちらこちらに~ 主役?
f0187402_20383612.jpg

  象の住み家では無く、昔の蚕の家だす!
f0187402_20384728.jpg

  言葉は要らんでしょう~(笑)
f0187402_2039069.jpg

  赤いけど、これもシロドウダンかな?
f0187402_20392897.jpg

  毛半鐘蔓(ケハンショウツル)
f0187402_20395794.jpg

  至る処に、ウツギさんが!
f0187402_20391721.jpg

  山頂へ着いた頃、ガスが掛かり始め。 平成新山の形が、どんどん変わって
  いるような? 間違いなく、未だ生きています!
f0187402_20394590.jpg

  この時季、最高のおやつ!
f0187402_2113047.jpg

  下山後、ちょっと奮発してウニ丼を。 この店は ちょっと、鮮度が足り
  ませんでした。(残念!)
f0187402_2151124.jpg






[PR]
by yamabakanikki | 2016-06-11 21:46 | 雲仙山系 | Comments(4)

 今年も綺麗に咲いてくれて、ありがとう~ 016.gif
 稜線は来週末が見頃かも、野暮用あり行けないので、ガスの中 突入!
 この日山頂は踏まず、人が多くいつも登る人は遠慮を、尚且つ下山後
 にサツマイモを二畝植えねばならず・・・(笑)

  1.日  2016-5-15
  2.山  雲仙山系
  3.ルート
     池の原~仁田峠~紅葉茶屋~妙見尾根~仁田峠~池の原
     <所要時間:約2h20m>
  4.写真&コメント

    ・池の原~仁田峠はちょうど見頃、稜線は未だこれから!
    ・生憎のお天気でしたが、人手はかなり多かったですぅ。
    ・ガスの中、「幽玄なミヤマを堪能し感激」と云われている方も~
     (あちきは、青空の下がよかばいと思いながら・・・大笑)


  いやぁ~毎年 堪能、こいがよかっさね~
f0187402_6202670.jpg

  池の原~仁田峠間の登山道、落石が多数、一連の地震で雲仙も震度5、
  やはり影響があるようです、要注意!
f0187402_6211157.jpg

  見て・観て・視て~・~
f0187402_62124100.jpg

  雲仙のツツジは、色とりどりなのです(ずーっと前から強調)
f0187402_6215991.jpg

  きんさんにも出会え、嬉しかったどす!
f0187402_62224100.jpg

  ガス(途中 ちょい雨も)に濡れ、よか感じ〜・~
f0187402_6224978.jpg

  今日はここまで、この後も人を交わすのに 時間が・・・
f0187402_6231021.jpg

  雲仙の天然記念物は、これたい、シロドウダン  地獄にもあります!
f0187402_6232270.jpg

  鬼人谷も、普賢&国見岳の斜面も 真っ白~
f0187402_6233536.jpg

  仁田峠は、少しだけガスが薄く・・・
f0187402_623486.jpg

  白い花もありました、バイカイカリソウ だったかな?
f0187402_623585.jpg

  コケイランは、間違いない!
f0187402_6241285.jpg

  このオレンジ色のツツジが綺麗ばい、レンゲツツジとはまた違う。
f0187402_6242387.jpg

  菖蒲も見頃
f0187402_624323.jpg

  黄菖蒲は有名ですが、菖蒲の「白」は初めてだったかも・・・?
f0187402_624498.jpg





      
[PR]
by yamabakanikki | 2016-05-17 06:25 | 雲仙山系 | Comments(6)

16-3:雲仙霧氷(普賢岳)

 昨晩は退職祝い第二弾(第四弾まであります)、丸山登山で午前様~(笑)
 今朝は冷え込んで、予想通りの霧氷が 青空の下堪能できました♪
 訓練中の96ちゃんにも久しぶりに会え、祖母・傾・大崩縦走を計画中とか!

f0187402_2064148.jpg

  1.日  2016-3-12
  2.山  雲仙普賢岳
  3.ルート
     仁田峠~妙見尾根~国見岩場下~鬼人谷~新道~普賢岳
     ~紅葉茶屋~薊谷~仁田峠
     <所要時間:約3.5h>
  4.写真&コメント

   こんなものにも霧氷が、思わずシャッターを(笑)
f0187402_207296.jpg

   妙見尾根からゴルフ場方面を、この日はちゃんとプレヤーがいました。
   その奥に先週登った矢岳があります。
f0187402_20713100.jpg

   こちらは九千部岳、北側斜面にやはり霧氷が付いてます。
f0187402_207243.jpg

   国見岳斜面、中央の赤いのが96ちゃん、思い荷物を背負って訓練中、
   最初は祖母山の山頂で出会い3,4回目?、山フェロモン出てます(笑)
f0187402_2074519.jpg

   霧氷越に、普賢岳 
f0187402_2075969.jpg

   新道途中には、氷柱が・・・
f0187402_20104451.jpg

   鷲岩だったかな?
f0187402_208987.jpg

   ちょっと、よってみました。
f0187402_2082092.jpg

   普賢岳山頂、この日 平成新山には調査登山?の若者が数人登って
   いました。ほんまもんやろうねぇ~・~
f0187402_2082999.jpg





     
[PR]
by yamabakanikki | 2016-03-12 20:13 | 雲仙山系 | Comments(4)

16-02:眉山(七面山)

 眉山(東京?)には、もう何度も行きましたよ~♪(甲斐バンドやった?)
 でも 今日は海側(運動公園)から、しっかりと登り(標高差 約750m)
 眉山を 半周(180度)巡る周回コースを堪能~♪


  1.日  2016-2-11
  2.山  眉山(七面山)
  3.ルート
     運動公園~(東側の沢)~天狗岩との鞍部~七面山~ネイチャーセンター
     側登山口~(車道)~運動公園
     <所要時間:約4.5h(休憩含む)>

  4.写真&コメント

   ・このルートは 知る人ぞ知るスペシャルルート、ご紹介していただいた管理人さん
    「tetu-1&ミラねぇさん」
には感謝♪ 皆さん、おそらくえっと知らんばい!
   ・でもでも、その昔は小学校の遠足で登っていたルートとか、島原の人々は 足が
    強かばい・・・(笑)


   スタートはここ(島原運動公園)、天然芝生 こんな立派なトラック&グランド
   があるなんて知りませんでした。ボルトに来てもらいこけら落しをせんば!
f0187402_19525284.jpg

   眉山は裾野が長~い名峰です、その麓に最近?できた遊歩道看板・・・
f0187402_1953867.jpg

   なかなか素敵な裾野でした、カモちゃんが沢山いたプール(水たまり)も。
f0187402_1953205.jpg

   これから登る七面山を東側の沢越しに眺めます、でも登山道はもう少し南側へ。
f0187402_19533052.jpg

   ここが車道から登山口へ入る場所、倒れた標識で確信が!
f0187402_19535470.jpg

   急登、たまにトラロープがあります、、、感謝♪
f0187402_19541025.jpg

   ちょいとトラバース位置、エッジを効かせないとこけます
f0187402_19543024.jpg

   かなり登りあげた森の中、素敵です ほとんど人工林はありません。
f0187402_19544978.jpg

   崖に衝突、鳥の巣があったのか? けたたましい鳥の鳴き声が、すみやかに巻き道を
   通過・・・!
f0187402_1955867.jpg

   山頂から、平成新山を拝む。
f0187402_19553569.jpg

   これまで登ったネイチャーセンター側の登山口から七面山を望む。(本日 登った
   登山口の180°反対側)
f0187402_19555095.jpg

   車道を下って行くと、天然記念物の「シマバライチゴ」が。 発見者は多良見の方とか
   で四国の人が命名、なぜじゃぁ~?(云うたもん勝ち?)
f0187402_19555871.jpg

   下山口から、約60°?
f0187402_19561123.jpg

   下山口から、約120°・・・?(笑)
f0187402_1956268.jpg

   下山後、立ち寄ったイタ飯や「ペシコ」 美味しいです、実は隣のお店に行く
   予定で間違いココへ入りました。 地元の食材を生かした味は最高! カウン
   ター5席のみ、時間が少し遅かったので、たまたま座れました。 大吉!
f0187402_1956387.jpg

   島原〇△お雛さん祭・・・、我が家のお雛さんとのご対面は 2,3度のみか?(大笑)
f0187402_19565171.jpg


 【後記】
   しばらく人が歩いていない模様、踏み跡薄く、沢沿いが主流ですが明確でない場所もあり。
   たまにある昔のテープが頼り、急登で足場も悪く(浮石多し)、冬場限定を推奨!
   自然は素晴らしく、脊梁と似たような雰囲気も。
   下りは急過ぎる道を避け、怪我せんように、車道をグルット180度・・・  ー以上ー
[PR]
by yamabakanikki | 2016-02-11 19:58 | 雲仙山系 | Comments(4)

 昨日まで しっかりと仕事をしたので、本日は自分にご褒美を・・・雲仙 霧氷!
 予想通りの霧氷、でもガスが高い位置にしか掛からず、思ったほど霧氷は無く・泣く
 人(登山者&観光客)はたくさん、よって 早々に下山し 
ちゃんぽん()


   白(霧氷)と黒(影)のコントラストが、素敵で~・~ シャッターを!
f0187402_1651781.jpg

  1.日  2016-2-7
  2.山  妙見尾根・国見岳(雲仙)
  3.ルート
     仁田峠~妙見尾根~国見岳~紅葉茶屋~薊谷(珈琲タイム)~仁田峠
     <所要時間:約2.5h(休憩含む)>

  4.写真&コメント


   先日は夕陽をゲット、今回は朝日を、どちらかと云うと こちらが元気
   もらえるような・・・
f0187402_1682059.jpg

   登山口に到着、なんと「-3℃」 下界での新記録だったかも?
   (山中で、以前に-10℃までは経験)
f0187402_1683980.jpg

   霜柱がびっしりと、横から写せばいぃとに上から(笑)
   それにしても、霜を踏む音は なんとも云えず大好きです。
f0187402_1685533.jpg

   妙見尾根から、普賢岳の斜面と その奥に平成新山が!
f0187402_1693772.jpg

   今日も、山上の押すだけカメラマン(笑)
f0187402_16914100.jpg

   九千部岳は、きらりとすまし顔  未だ、今季は訪れておらず。
f0187402_169577.jpg

   まるでサンゴ礁のような霧氷! よかっちゃんね~♪
f0187402_1692786.jpg

   国見 直下の岩場、凍っていると命がけ・・?
f0187402_16115254.jpg

   雲仙笹と霧氷のコントが素晴らしい、国見山頂、ここには すまし顔のフランス人
   おりなったばい!
f0187402_1612485.jpg

   そりゃぁ~ 妙見尾根の西斜面
f0187402_16132199.jpg

   コンビニおやつ特集(笑)よっちゃんの物真似? この塩大福さんとの付き合いは長~く
   山向きです。
f0187402_1618524.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2016-02-07 16:15 | 雲仙山系 | Comments(8)

  先日は多良山系にご挨拶、今回は宝の山「雲仙」へご挨拶に~
  会社の山人(仙人)が約5年ぶりに山へ復帰、ブランクを感じさせ
  ない歩きに、本人&周りの人も大喜びでした♪


f0187402_10461377.jpg

  1.日  2016-1-10
  2.山  雲仙山系(普賢岳)
  3.ルート
     仁田峠~薊谷~鬼人谷(新道)~普賢岳~紅葉茶屋~妙見尾根
     ~国見の岩場まで~妙見神社~仁田峠
     <所要時間:約3.5h(休憩含む)>

  4.写真&コメント


   久しぶりの山人に、天も歓迎し霧氷&青空をプレンゼント
f0187402_10451120.jpg

   薊谷辺りは、未だこんな感じで雪がうっすら
f0187402_10452241.jpg

   鬼人谷霧氷がびっしり 氷(冷凍庫)の中、動かんと寒い!
   これが、新道 春はグリーンシャワー」コース
f0187402_1045334.jpg

   白黒の世界、ガスに包まれ幻想的
f0187402_10454252.jpg

   霧氷沢のヒカゲツツジには、蕾がたくさん。 今年もよかばい!
f0187402_10455869.jpg

   普賢岳山頂、普段は地味な冬枯れが美しい  それだけ 白銀の世界がのみ込み・・・
f0187402_10464294.jpg

   国見岳、霧氷のトンネル抜けて行かなければ~
f0187402_1046532.jpg

   妙見の北西斜面、ここが一番よかたい
f0187402_20495772.jpg

   霧氷&青空
f0187402_10471314.jpg

   日が照ると、一気に落下  結晶だす。
f0187402_10472770.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2016-01-11 10:50 | 雲仙山系 | Comments(4)


前回
、今季お初の霧氷宝の山「雲仙」で 堪能できましたが、この時は
雲っており青空が無く、今回 青空はありましたが、霧氷が無く・泣く(笑)
でも、山&♨&小浜ちゃんぽん三点セットで 大満足~♪

  1.日    2015-12-12
  2.山    国見岳、普賢岳
  3.ルート  仁田峠~妙見尾根~国見岳~紅葉茶屋~普賢岳~
         ~薊谷~登山口
         <所要時間:約3h15m(休憩含む)>
  4.写真&コメント

   この日の青空は素敵でした~♪、前日は 忘年会で 朝はゆっくり 登り始めは
   しっかりとお日様があがっていました!
f0187402_21393980.jpg

   以前 このゴルフ場にはお世話になりました。 日本初のパブリックゴルフ場
   当初は外人さんが馬車に乗り ここまで来てはったようです。
f0187402_21405693.jpg

   題「青空への階段」 写真がもう一歩、ほんまは もっと青かった。
f0187402_2141891.jpg

   妙見尾根から、平成新山方面を 西からガスが登って来 尾根に掛かり 谷に下ります。
   後は、冷え込めば ずんばい霧氷が・・・
f0187402_21412190.jpg

   国見岳山頂から北尾根を、雲仙笹が綺麗だす!
f0187402_21413240.jpg

   同じく国見山頂から、平成新山&普賢岳を望む。
f0187402_21414925.jpg

   そして ちょっとよってみると、普賢山頂で記念撮影をしてはるようで・・・
f0187402_21422064.jpg

   ちょっと 紅葉も!
f0187402_21423556.jpg

   普賢岳 山頂には鹿島から来た年配の方が、78歳には見えず、お若い!
f0187402_21424518.jpg

   下の谷から観ると、こんなかっこいぃ尾根が 冬枯れのおかげかも?
f0187402_21425728.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2015-12-13 21:49 | 雲仙山系 | Comments(4)