山馬鹿日記

カテゴリ:雲仙山系( 99 )

'09-10:雲仙(普賢岳)

ようやく山へ、青空の下、気の合う山仲間と、最高の一時を過ごして来ました。
拙者は、なんて幸せ者だ~っと、、、全てに、感謝!

と言いながら、足が思うように動きません。
どうしたことか、一ヶ月のブランクはここまで大きいのか?
山の無い国へ出掛けていたため、確かにアップダウンの機会はほとんど皆無。

〇’09-10-5
〇仁田峠~薊谷~モミジ茶屋~普賢岳~妙見尾根~仁田峠
〇休憩含め 約4h(超ゆっくりペース)


f0187402_2243356.jpg

仁田峠から見上げる妙見岳、いつもの風景ですがとても新鮮でした!
f0187402_22432085.jpg

ロープウェイ乗り場は、お色直し中!(紅葉の時期に備えかな?)
f0187402_22433519.jpg

ツリバナさんは、早くも弾けていました!(マユミちゃんは、これからだょ~ん)
f0187402_22441536.jpg

お上品&気品のあるウンゼントリカブト
f0187402_22435735.jpg

同じく、綺麗?に毒素を発しんしていました(笑)
f0187402_22443413.jpg

普賢岳山頂、若者&そうで無い人々で賑わっていました・・・
f0187402_22445154.jpg

ヤマボウシさんが変身?
f0187402_2245842.jpg

最後はちょっと色が濃いミゾソバさんです、素敵な姿をありがとう~♪


登りはゆっくりペースに合わせていただき、どうにか・こうにか。

っで、肝心の下りです~


なんか自分で自分の足取りがぎこちない。
これは危ない!(気持ちがそう感じさせる)
「危険信号だと思いましたので、危険な山はしばらくしんぼう」


『山は逃げない』ので(拙者の十八番)
[PR]

09-6:九千部岳(ヤマボウシ)


梅雨の晴れ間を利用して、仕事で疲れた身体を山(花)で癒してきました。
リハビリ登山&健康に良い天然食品(木イチゴ)を堪能!


1.日  ’09-6-14

2.山  九千部岳(1062m)

3.ルート&所要時間
    田代原~牧場脇~九州自然歩道(谷道)~山頂~北尾根
    <約3h>


4.写真&コメント

 ・今年もヤマボウシの季節になりました、山頂の南側の谷にはびっしりと
  見事なものです。ちょっと時期的に早く、まだ白さが足りませんでした。
 ・数年前に山雑誌に紹介されたこともあり、人が一杯でした(約100人?)
  車も路駐している人が数多く。
 ・貴重な花も沢山あります、頂上付近からの眺めも良好で、アプローチも
  短く、以前から私の大好きな山です。
  その昔、管理人さんとも山頂で遭遇しました~♪

  <向かい側の吾妻岳、やはり中腹にヤマボウシが>
f0187402_1841415.jpg

  <おちょぼ口のネジキ>
f0187402_18412269.jpg

  <本日狙いの木イチゴ、甘いものとすっぱいものが・・・>
f0187402_18413878.jpg

  <ソクシンラン>
f0187402_18415592.jpg

  <クマイチゴ(木イチゴ科)>
f0187402_18421324.jpg

  <イナモリソウ、いつまでも大切に見守りたい>
f0187402_18423223.jpg

  <山頂南側の谷、一面ヤマボウシ>
f0187402_18425671.jpg

  <ピンクのヤマボウシ>
f0187402_18431453.jpg

  <こちらの斜面にも沢山あります、奥は平成新山>
f0187402_18433311.jpg

  <貴重なウメガサソウ、なかなか上手に撮れません(泣!)>
f0187402_1843534.jpg

[PR]

09-5:雲仙(ミヤマキリシマ)


先週は土・日仕事だったので、今週は両日登りしっかりと癒して貰い
ました~♪ 山には、ほんとにいつも感謝でっす!


1.日  ’09-5-24
2.山  雲仙国見岳&妙見岳
3.ルート
    第二吹越~妙見尾根~国見岳~妙見岳~第二吹越
    <休憩含み;約2.5h>


4.写真&コメント
  登山口へ着くと、少々雲っており&風も吹き少し寒いかなと思い
  ましたが、歩き出すとさすがに暑い
  稜線にはガスがかかっており残念! 私が、国見岳に登り始める
  と、晴れ間が見えました。でも、下から見上げるミヤマさんが綺麗
  なのに・・・残念^2
  下山後、再度晴れ間を期待し しばらく待機! 写真には、よく写
  っていませんが、それでも充分に『肉眼』では綺麗ですよぉ♪
  今日のルートは、一番シロドウダンさんが多いかもしれません。
  ミヤマさんの時季は終わりますが、まだまだドウダンは見頃です。

  <タツナミソウ>
f0187402_2103598.jpg

  <大好きなシロドウダン>
f0187402_2104833.jpg

  <国見岳を下から見上げる>
f0187402_211220.jpg

  <国見岳の途中から(下山中ですが)>
f0187402_2111748.jpg

  <妙見尾根越の国見岳、実際にはもっと綺麗でした>
f0187402_2113152.jpg

  <色付きシロドウダン?たぶん?ベニバナドウダンにしては色が薄いかなと?>
f0187402_2114366.jpg

  <平成新山が雲の切れ間から、手前は普賢岳>
f0187402_2115548.jpg

  <またもや、シロドウダン>
f0187402_212956.jpg

  <ヤマボウシさんも開花してまっす>
f0187402_2122562.jpg

  <満開のツツジさんもGoodでした~>
f0187402_2123917.jpg

[PR]

09-5;雲仙(原生沼、地獄、矢岳)


今朝は、仕事(はたまた山?)疲れの影響か、早朝に起きれず・・・
土曜も大概出勤で、GWも当然ながら山の合間をみて出勤!(皆、同じ~)
宝の山『雲仙』の花々を、のんびりモードで楽しんで来ました~♪
四季&有名な三山(普賢、国見、妙見)以外にも、楽しめる数少ない明峰です。

折々が大切な山であることを、再認識しました~♪

1.日  ’09-5-10
2.山  雲仙 矢岳(971m)
3.ルート
    原生沼~地獄~矢岳園地~矢岳~宝原園地~小地獄~温泉街
    <約2.5h>


4.雑&写真

〇雲仙、季節を通して最高でっす!
 ①春(5/M)・・・ミヤマキリシマ(&稜線では、シロドウダン)
 ②夏(6/M)・・・新緑&ヤマボウシ
 ③秋(10/M)・・・紅葉
 ④冬(12~3月)・・・ハナボウロ(霧氷)

 四季の合間が、また素晴らしい!
  ①前;レンゲツツジ、草花々
  ②後;〇△□ラン(丸秘)
  ③前後;草花々(リンドウ、ウメバチソウ、etc.)
  ③後;マユミちゃんの赤い実
  ④前後;草花々、ツララ、etc.

〇主峰(普賢、国見、妙見)以外の山&丘も素敵です。
  九千部岳、矢岳、高岩山、絹笠岳、野岳、吾妻岳、鳥甲山、石割山、・・・

〇歴史もあります
  「行基」が開設したのが、701年「大乗院満明寺」。当時は、女人禁制の山だっ
  たとか(今でも、門が残っています)
  戦前は外国人の避暑地、日本初めて?のプールもありました。
  歴史に絡む物々も、「行基洞」や「三鈷の松」や「一夜太子像」等等・・・

※我々の大切な癒しの場所でぇ~す♪


 <原生沼です、奥の山は絹笠岳(サンセットヒル)、カキツバタ&キレンゲツツジ
  &レンゲツツジ&ミヤマキリシマ&モウセンゴケetc.>
f0187402_19225041.jpg

 <レンゲツツジ・・・ちと遠い、他の山系では見かけないような?>
f0187402_192371.jpg

 <ミヤマキリシマ(in原生沼)>
f0187402_1923223.jpg

 <シロドウダン(in地獄)、なんと昭和3年から天然記念物>
f0187402_19233574.jpg

 <シロドウダンー2、これだけ沢山あるのは、他には無いかも? 雲仙の名物!>
f0187402_19234963.jpg

 <いつか皆さんも訪れる?地獄でっす(笑)>
f0187402_1924368.jpg

 <スミレさんも綺麗!>
f0187402_1924167.jpg

 <ミヤマキリシマ(地獄~矢岳園地)>
f0187402_19243345.jpg

 <矢岳園地から妙見尾根を見る、素敵な場所です>
f0187402_19244653.jpg

 <植生の回復(修繕中・・・)、植林を適度に伐採し、再生中>
f0187402_192458100.jpg

 <園地の中のミヤマキリシマ>
f0187402_19251258.jpg

 <矢岳山頂から平成新山方向>
f0187402_192525100.jpg

 <矢岳~宝原への素敵な縦走路>
f0187402_19253943.jpg

 <宝原園地の色様々なミヤマキリシマ(九重は一色か?、ここは数色)>
f0187402_19255329.jpg

 <なんと気の早いヤマボウシさんが既に開花>
f0187402_1926781.jpg

 <小地獄温泉の源泉>
f0187402_19262092.jpg

[PR]

09-4:雲仙山開き

狙いの花は、「シロ・・・」 どうも下調べ悪く(&過去の記録確認せず)、花の季節が
少々ずれていました!
でも、たまたま偶然にも『雲仙山開き』&管理人さんに遭遇、俺の運はまだまだ好調♪
しっかりと、花&景色&おしゃべりを堪能できましたよぉ~

1.日  ’09-4/19
2.山  雲仙山系(普賢岳&地獄?)
3.ルート
     仁田峠~アザミ谷~普賢岳~妙見尾根~仁田峠・・・地獄?


4.メモ
 1)狙いの花「シロ・・・」は、早過ぎた~
   昨年、時期を見逃したので少々焦り・・・、下調べ不十分で、沈没!
 2)たまたまの偶然、『雲仙山開き』&管理人さんに遭遇♪
 3)雲仙の山開きはGoodです、他の山系では先着〇△名にペナントかなんかのプレ
   ゼント。本物の山人は、決してそんなものは望んでいません。ここでは、なんとゴミ
   袋&手袋&お茶を配布。初めての山開き遭遇だったので驚きましたが、正直に山を
   愛する地元の皆さんの気持ちが伝わってき、嬉しかったです
。 
   しっかりと、拾らえるものは袋の中へ(参加させて頂きました)
 4)仁田峠を出発したのは、10時過ぎ、、、花を求め、、、紅葉茶屋へ着いたのは、なん
   と12時。 昼飯だっ~ 我々の熱心な捜索に、周りの登山客も「何ごとですか?」と
   のたまっていたー(笑)
 5)本日、二~四番目に会いたかったワチさんやヒカゲさんやハルさんに出会え、満足♪
   一番は、その内に判りますよ~
 6)今日もとても暑かったです、水も1Lは悠に飲みました。温暖化のせい?、真夏は、
   登れるのかと皆さん真剣に思うほど・・・ 大丈夫やろか???
 7)そうそう、今年はまだ普賢神社(上宮?)に挨拶してなかったので、管理人さんとしば
   し分かれご挨拶してきました。でも、手を合わることを忘れたような(爆)
 8)まぁ、写真を見てください。 難しい花の名前は、忘れてしまい且つピンボケ・・・
   決して、わざとではありませんよぉ~(笑&笑)
 9)土曜も出勤で少々疲れていましたが、本日の登山で元気充電完了です。【感謝】

   <山開きの御神事>
f0187402_18171268.jpg

   <早速、花散策、エイザンスミレ>
f0187402_18172865.jpg

   <ミツバツツジ、もっと来週が綺麗かも~>
f0187402_18174452.jpg

   <ウグイスカズラ だったかな?>
f0187402_1818093.jpg

   <シロノメ&コガネ ネコノメソウ>
f0187402_1818186.jpg

   <ヒメナベワリ、少々ピンボケ~?>
f0187402_18183334.jpg

   <ワチガイソウ>
f0187402_18184692.jpg

   <普賢岳山頂、ちょっと下>
f0187402_1819972.jpg

   <ヒカゲツツジ>
f0187402_18192258.jpg

   <ヒカゲツツジ&平成新山>
f0187402_18194766.jpg

   <ハルリンドウ>
f0187402_1820015.jpg

   <フデリンドウ>
f0187402_18202718.jpg

   <見たかった花の蕾>
f0187402_18204822.jpg

   <地獄>
f0187402_1821790.jpg


※頓珍漢な私が、見たかったのは「シロドウダン」
 雲仙の『シロドウダン』は立派です、おそらく九州一!
 地獄辺りは、暖かい(暑い?)ので早めに咲きます。
 GWの頃には、おそらく・・・ 原生沼の「キレンゲツツジ」と一緒にお奨めどっす♪
[PR]

09-2:九千部岳【薮】

昨日に引き続き、今の季節限定の薮行を堪能!
このルートは、以前(2年前?)から狙っていたルート。
お庭の管理人さんを連れ、万全の体制で臨む・・・

1.日  ’09-2-15
2.山  奥雲仙「九千部岳」(1062m)

3.記
  1)田代原の牧場には牛さんが、も可愛かったです。
  2)とある場所より稜線へ突入、最初は良かったが途中より、かなりの薮!
    棘君もかなり元気で戦いを挑んでくる~(笑)
  3)稜線上には、昔々の猪垣がありました。(世界遺産の熊ノ歩道と同じ)
  4)下りかけてすぐ岩場があり、その上からの眺めは良好(ご褒美~♪)
    いつもと違う角度から見た山頂は、また違った様子を。(なかなかGood)
  5)山頂で食事をとっていると熊本からの団体さんが、そのまま退散し、なぜか
    そのまま薮へ侵入していた(爆)
  6)これがまた素敵な場所でした、大崩山系の権七小屋谷を思わせるような
    浮石の多い枯れ沢や地図に出てこない支尾根!
  7)春に向けて、お花の準備も着々と進んでいました~
  8)行動時間l約5h(休憩含み)
  9)そうそう今日は、ウグイスの声もしていましたよ~


     奥雲仙「田代原牧場」
f0187402_1929442.jpg

     その二・・・両側は、子牛
f0187402_1930093.jpg

     これから歩く稜線
f0187402_19301721.jpg

     その稜線直前
f0187402_19303620.jpg

     途中の岩場から、どしんと構えた九千部岳(この角度は初めて)
f0187402_19305355.jpg

     山頂手前の稜線から、先ほど歩いて来た尾根道を振り返る
     左奥の山は、平成新山(長崎で最も高い山)
f0187402_19311590.jpg

     新芽、春がもうすぐそこまで~
f0187402_19313511.jpg

     今年も見れます、ヒカゲツツジさん
f0187402_19315651.jpg

     山頂から下りに進んだ枯沢
f0187402_19321387.jpg

     ん~・~? 何か、お探しですか~(笑)
f0187402_19323650.jpg

[PR]

09-1:雲仙霧氷

元々本日は「多良薮行」の予定でしたが、朝起きると雪・雪・雪・・・ 高速道路&長崎
バイパスが通行止め! 出張疲れもまだあり、二度寝(笑)。 その後、気温も上がり
どうにか我が家(高台)から、下界にも降りられるようになり、雲仙へ雪を踏みに~♪

1.日  '09-1/25
2.山  雲仙(妙見岳)
3.記
 1)コース;池の原(一番下の駐車場)~仁田峠~妙見尾根~国見別れ「ピストン」
 2)所要時間;約3h
 3)私の二度寝のせいで、出発がかなり遅くなり、山友を市内の丘の下までお迎えに
   なんと、山友は本日二座目。快く付き合っていただき、感謝~☆
 4)雲仙まで行く途中、チェーンを巻く覚悟をしていたが、なんと最後までノーマルタイ
   ヤで問題無し。(FFはそこそこ強い!)
 5)駐車場に付くとかなりの車があり、登山者&雪遊びの家族連れあり。
 6)そんなに雪は深く無かった(稜線で約5cm)が、霧氷はしっかりと付いていた!
   ここ数日の寒波の影響だと。
   いつもの雲仙独特の上品な「花ぼうろ(霧氷)」では無く、
   力強いものでした
 7)この冬、お初の立派な霧氷に出会え、感謝~★
   欲を言えば、次回は青空の下で拝ませていただきたいなぁー・- 贅沢(反省!)

      登り始めに見た「花ぼうろ」の赤ちゃん?
f0187402_22225388.jpg

      妙見神社の鳥居も寒そう!
f0187402_2223822.jpg

      妙見尾根、この辺が一番霧氷が付きます
f0187402_22232355.jpg

      コマユミの実が寒そうに・・・
f0187402_22233977.jpg

      霧氷のトンネル
f0187402_22235430.jpg

      ロープウェイは運行中
f0187402_22241153.jpg

      ゴルフ場の先に見えるのは矢岳
f0187402_22242454.jpg

[PR]

08-11:雲仙(紅葉)


1.日  ’08-11-9
2.山  雲仙 妙見&国見岳(紅葉登山)
3.工程
  第二吹越~妙見尾根~鬼人谷~紅葉茶屋~仁田峠~妙見岳~国見岳
  ~鬼人谷手前~妙見尾根~第二吹越
  <所要時間;4.5h(休憩含む)>

4.内容

  先週に引き続き、雲仙へ紅葉登山に。
  この時季とても混み合うので、奥雲仙からのルートをとり、下山後の温泉
  も無しとし、渋滞に合うこともありませんでした。
  やはり今年の紅葉は綺麗です、お奨め~♪ 奥雲仙辺りは、車の中から
  眺めるだけでも素晴らしい色付き状態です。
  本日、登り始めは雨がポツポツと降っており、合羽を着用。登り始めると
  さすがに暑く、途中の尾根で脱ぎました。ガスで真っ白で、「第二吹越~
  妙見尾根~鬼人谷」は、何の景色もありません。これは、いかんと、一周
  し再度戻って来ることを選択しました。
 
  その途中に、山友さんとの嬉しいご対面が2件もありました~
  お店を休み?、一昨日も今日もこの素晴らしい紅葉を堪能しにみえていた
  Mさんご夫妻。「今年の紅葉はそれだけの価値が十分にあるよ~」と(笑)
  久々に出会ったKさん(今や岩登りの達人)、顔付きがだいぶ山やさんに
  なっていたように感じたのは気のせいかな~?

  仁田峠辺りまで来ると、ようやくガスの切れ間から景色が見え始めました。
  有料道路は、数珠繋ぎの状態!そして、人もいっぱいでした。
f0187402_22483219.jpg

  先週、未だ色付いて無かったウリハダカエデも綺麗に変身してました。
f0187402_22485511.jpg

  狂い咲きのミヤマキリシマさんも沢山!
f0187402_22492617.jpg

  妙見岳への登りの途中、ガスが切れ
f0187402_23111163.jpg

  紅葉のみならず、実も沢山「コマユミ」です。
f0187402_22501098.jpg

  二度目の妙見尾根から時折ガスが晴れ、でも未だ未だ本調子では無く、
  国見岳山頂で約40分待ちました~ 平成新山が・・・ 誰か云っていまし
  たが、こんな素敵なガスもなかなか堪能できないよぉ~っと(前向きな発言)
f0187402_22502910.jpg

  国見岳山頂から鬼人谷方面(少々時季が過ぎたか?)
f0187402_22505226.jpg

  紅葉茶屋&アザミ谷方面、どこも綺麗です。
f0187402_22511971.jpg

  石割岳方面も綺麗な紅葉
f0187402_2252223.jpg

  足元には、既に散ったドウダンの葉っぱが・・・
f0187402_22523779.jpg

  サワフタギの実の向こうは、九千部岳
f0187402_22525341.jpg


  本日は陽があたらず、撮影モードには適していませんでしたが、なかなか立派
  な紅葉が楽しめました。そして誰かさんでは無いけど、こんな素敵なガス(雲海)
  も、そうそう堪能できないので、Good!
  今日も、宝の山『雲仙』に感謝~♪
  まだまだ、下の方では紅葉が楽しめます。                ー以上ー
[PR]

地元の山「雲仙岳」

昨日は、久々に地元の山「雲仙岳」でした。
今年の紅葉は大当たり、やはり綺麗です。 お奨め~049.gif
後、一週間は見頃だと思います。

デジカメが入院しているので山友から写真頂きました、感謝~040.gif
f0187402_16451446.jpg

台風が来なかったので、色付く葉も実も素敵です。
マユミちゃんの実が、いつもよりかなり目立っていました。
f0187402_16465528.jpg

紅葉が終わった後、葉が朽ち落ちた冬枯れの山系にも良く合います。
この時季は人も少なく、これまたお奨めです。(紅葉の頃は、人も多くその
弊害も沢山・・・)
f0187402_16462922.jpg

妙見尾根ではお庭の管理人さんにも会え、楽しい語らいの一時も。
その後の我々の行動パターンを完全におさえられていました、さすがこの
山系を良く知る人の為せる技。[一本とられました~(笑)]


本日は、ボランティアのバザーに出掛けて来ました。
山友が快く手伝いに来てくれたり、品物を自腹で送ってくれたり、感謝の
気持ちでいっぱいです。この場を借りて、ほんとにありがとう御座いました。
バザーも沢山の人の善意で成り立っており、有難いことです。どうにか無事
に終了し、ほっと胸を撫で下ろしています。               -以上ー
[PR]