山馬鹿日記

2017年 02月 10日 ( 1 )

17-2:金比羅山、山王神社、ふくの湯   


  少しだけ雪が積もりました、さて どこへ出掛けるか・・・
  雪を踏み・ちょっと観光(参拝)し・最後は温泉へ~
  温泉ではアルツ病が!、 あっ そう云えば会社行くの忘れた(笑)
 
f0187402_1581785.jpg

  1.日  2017-2-10
  2.山  金比羅山
  3.ルート
    西山ダム~室尾寺~金比羅山~金比羅神社~山王神社~ふくの湯
    <所要時間:約3h弱(休憩含む)>

  4.写真&コメント

   家を出て間もなく、いきなり猛吹雪となり、あっという間に道路に雪が積もり
   だしました。通常の手袋(NORTH FACE)では手が冷たく、雪山専用のごっ
   つい手袋に交換しようかと・・・
f0187402_15131319.jpg

   山の中に入ると、直接叩きつける雪では無くなり、少しほっとしました!
   里山は優しいです、森林限界を超えるような山は また違います!
f0187402_15132473.jpg

   高校・中学一体校の強歩大会が計画されていたようです、こんな日は止めたが
   よかばいと思いながら歩いていきました。やはり靴が登山靴とは異なり 水が
   浸みるので、しもやけになるばいと。 帰ってニュースを見ると、月曜に順延。
f0187402_15134177.jpg

   山頂から市内方面を、いつに無く真っ白! ここで積雪、1,2cmでした。
f0187402_1514468.jpg

   金比羅神社は船(航海)の神様、提灯祭りの媽祖様は挨拶来ならんとかな?
f0187402_15141566.jpg

   道の真ん中の樹、なんか存在感がありました。
f0187402_1514268.jpg

   長崎ではあちらこちらにあります、叔父にお参りを・・・
f0187402_15143580.jpg

   坂本町方面へ下っていくと、登山道が寸断され車道が新たに、新幹線のトンネル
   工事です。これにより、下る先がよぅ~ 分からんごとなったばい。
f0187402_15144585.jpg

   山王(さんのう)神社の大楠。
f0187402_15145537.jpg

   拙者の母も、ここいらで子の頃 遊んでいたそうです。
f0187402_1515833.jpg

   被爆クスノキの歌ご存知ですか?(福山 雅治どんの歌)

     我が魂は この土に根差し
     決して朽ちずに 決して倒れずに

     我はこの丘 この丘で生きる
     幾百年越え 時代の風に吹かれ

     片足鳥居と共に
     人々の営みを
     歓びを かなしみを
     ただ見届けて

     我が魂は 奪われはしない
     この身折られど この身焼かれども

     涼風も 爆風も
     五月雨も 黒い雨も
     ただ浴びて ただ受けて
     ただ空を目指し

     我が魂は この土に根差し
     葉音で歌う 生命の叫びを

f0187402_15151730.jpg

   原爆の凄まじい爆風で飛んだので、片足のみ残り・・・
   福山も被爆二世、地元のもんとして 少し共感が~♪
f0187402_15153843.jpg

   稲佐山へ向かう途中で、降り返り、本日登った金比羅山!
f0187402_15154651.jpg

   お初でした、ふくの湯、一部「天然温泉」 
f0187402_1515563.jpg



         

[PR]