山馬鹿日記

16-12:里山縦走(妙正岳、牧野岳、クルマキ山)   

  この時季限定の里山縦走を堪能~♪
  藪に入る季節は冬、刺少なく・スズメバチ&マムシがいない!
  でも 猪はいます(要注意)、それに 最近は暖冬なので棘が元気。


  1.日  ’16−12−24
  2.山  里山縦走「妙正岳、牧野岳、クルマキ山」 
  3.ルート
    南側車道~妙正岳~東⇒南~牧野岳~北・東・南~クルマキ山
    <所要時間;約3.5h(休憩含む)>
  4.写真&コメント
   ・ぃ~やぁ~、実に渋い山々でした!(大笑)
   ・カタカナの山は、なんか緊張します(不思議)
   ・そして、お初の山は新鮮です!(満足)

  神浦ダムの南側になります、右下の土佐賀山は先週登った山です。
f0187402_18585292.jpg

  入口はこんな感じです、林道は崩壊して通れませんので、ここに車を1台。
f0187402_18595472.jpg

  少し歩くと、幹が根元で分れた面白い樹が。
f0187402_190458.jpg

  妙正岳の山頂です、鋭角な岩がいくつも立っていました。信仰の対象だった
  のでしょう、近くには祠の跡もありました。
f0187402_1901410.jpg

  妙正岳山頂、続く尾根は自然林と植林の間に~
f0187402_1902462.jpg

  いきなり牧野岳山頂(笑)、途中は林道を歩くことが長く、しかし最後は急登
  を約15分程度登っていくと、山頂付近はかなりの藪に、通常麓が藪で頂上
  付近はそう大したことが無い処が多いのですが・・・?
f0187402_20202293.jpg

  下って行くと、ここらはなんと九州自然歩道になっていました。
f0187402_20203457.jpg

  あれがこれから行く横文字の山、櫨の紅葉 綺麗ですぅ。
f0187402_20204350.jpg

  こんな何気ない紅葉も好きです、地味なのもよかたい!
f0187402_20205578.jpg

  山頂手前の尾根、ここは全て自然林、樹も若い。
f0187402_20211056.jpg

  クルマキ山、ここにも三角点(今回は三座共) その向こうには、なんと
  水ガメが。管を下に辿ると、壊れた家がありました。世捨て人が住んでい
  たのかもしれません、それとも仙人さん?
  (クルマキ山ではほとんどヒットせず、横文字の由来は不明です?)
f0187402_20212040.jpg


  いやぁ~、いずれも渋い山々でした。
  2台で縦走すると、楽しみは倍増します。
  この時季限定の里山訪問、人の匂いがして険しい山より暖かいかも。




  
[PR]
by yamabakanikki | 2016-12-26 18:57 | 市内の山(丘) | Comments(2)
Commented by 風来坊 at 2016-12-28 04:23 x
おはようございます、山馬鹿さん。
二週続けて近場の低山の縦走、面白そうですね。
イノシシ、確かに最近、良く遭遇しますので注意が必要です。
今度から鈴でも付けて登ろうかと思っているところです。
廃屋を見ると何でこんなところで・・・と思いますね。
山の後の日本酒が美味しかったことでしょう。
Commented by yamabakanikki at 2016-12-29 09:02
風来坊さん、お早う御座います。
この時季限定の里山縦走は、地図とコンパス睨めながら・・・
猪くんは困ったやつです、向うは人が天敵でしょうが(笑)
単独時は、鈴もいいかもしれませんね。
日本酒はあっという間に蒸発し(大笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2016年山行写真【番外編】     旨い日本酒(唐津)     >>