15-5:五葉岳でアケボノ&ヤマシャク


昨年のGWは脊梁でテント泊、今年はアケボノツツジを愛でに・・・
 連休中は、「九州全部の県」に行きました。
  二日連続標高差1000mを堪能しようと思いましたが、風邪気味(疲れ)で断念!


f0187402_1014159.jpg


f0187402_1014966.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2015-05-06 22:07 | 九州の山 | Comments(8)

Commented by hirokofパパです。 at 2015-05-07 06:34 x
遭遇のチャンスでした、電話すれば?
夏木山から犬流越へ向かう、オオノコで、岩壁に垂直に立つ2個のアルミハシゴに、躊躇。
その時、五葉方面から、がんばれー、ガンバって、と聞こえた様な。お陰でどうにか進む事が出来ました。
又、いつか、どこかで。
Commented by yamabakanikki at 2015-05-07 22:02
hirokoパパさん、こんばんは☆
 いやぁ~・~ ほんとに残念! 直ぐ近くに、お互いがいたなんて!
 「岩壁に垂直に立つ2個のアルミハシゴ」、あれは十年前もおそらく同じものでした。
 百洗練磨のご夫婦にとっては、物足りないのでは(笑)
 
Commented by furaibow581203 at 2015-05-08 04:44
おはようございます、山馬鹿さん。
思い立ったが吉日をそのまま実行されたのか、普段から色々と山の行程を考えていらっしゃるかのどちらかと思いました(笑)。
でも、長崎から日之影町は遠いですね。しかも宿泊されたところも川沿いに走って・・・。
でも、花を堪能出来て苦労も飛んだことと思います。
Commented by kabuto1952 at 2015-05-08 05:31
おはようございます。たっぷりと霊気に癒されたことでしょうね(笑)私は見立から五葉岳登山口まで軽トラの荷台に載せていただいて助かった思い出があります。それ以来毎年曙鑑賞に行く五葉・鹿納ですが、今年はとうとう行きませんでした。暑くなってきますね。体調管理をしっかりされて夏山を楽しんで下さい!!
Commented by tiny-knight at 2015-05-08 09:46 x
山馬鹿さん、おはようございます。日之影の宿でお世話になったKです。
 大好きなワインを見て思わずおねだりしてしまいました。その上、ほとんど私が飲んでしまい、本当にありがとうございました。今度お会いしたときは、畑のソラマメなどをごちそうお願いします。
 上見立からのルートは、日之影らしく暗く・歴史を感じさせるような寂しいものがりますね。一人ではいけません。
 下りも大吹方面で良かったと思います。
 私は、鹿納坊主、お姫様、五葉とリベンジを果たすことが出来ました。好天気の中、縦走路からは、祖母、傾、桑原、大崩、日隠などの山々を見ながら歩き、初めての鹿納坊主の登り降りは、感激しました。
 夏木や五葉は例年になく、アケボノが裏年だったようですが、山馬鹿さんたちは兜布岳で、私は鹿納の野から鹿納坊主への尾根道で、アケボノの花街道を見れたのは良かったと思います。
 これからも楽しいヤマレコブログを期待しています。またいつかどこかでお会いしましょう。そして、数年後は長崎で七高山巡りの案内をお願いします。
 
Commented by yamabakanikki at 2015-05-08 22:33
風来坊さん、こんばんは☆
 「思い立ったが吉日」、そんな感じで出発しましたが、だいたいの候補地は
 決めていました。宿泊先も、数箇所の電話番号を! 最悪を考え、テントも持参。
 この山系は、以前に10年連続で堪能(正確には、隣の鹿川ですが)
Commented by yamabakanikki at 2015-05-08 22:38
いーさん、こんばんは~☆
 鉱山跡は、霊気に包まれよかとこです!(笑)
 このルートは10年前に、下りに使ったことがありました。
 自然豊かで、素晴らしいルートだと思っています。
 それと五葉岳登山口は、過去に数度(2,3回)経験し・・・
Commented by yamabakanikki at 2015-05-08 22:59
tiny-knight さん、こんばんは
 先日の出会いには、驚きました。
 ワインはご心配無く、二人で半分づつ・・・ お付き合いいただき、感謝♪
 そら豆は長崎帰省後に、畑仕事を伝授しましょう~(笑)
 リベンジ、おめでとうございます。
 ヤマレコも見せていただきました、あちらこちらご堪能されている様子を!
 1番の花、刺があればジャケツイバラだと思います。(習いたて)(笑2)
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード