一年振りの岩屋山

一年振りに「岩屋山」へ登って来ました~
  例年であれば、会社が終わった後にちょくちょく・・・
    昨年は、関西長期出張があり訪問できませんでした。


   登り始めはお墓の団地、なんと立派なお墓の数々 屋根付きというか一戸建ても!
   お金の掛けすぎばいと語りながら、我が家は父も義父も葬式なんてせんでよかばい
   と、自分も最近そう思うようになってきました。
f0187402_21231972.jpg

   一歩入ると綺麗な森が広がっていますが、ここは猪くんの縄張りのようです、いたる
   ところで お食事を(土の中のミミズ君を)
f0187402_21232631.jpg

   素敵な滑沢もあります♪ 大崩山系にも負けていません(笑)
f0187402_21233558.jpg

   眺望抜群の場所でランチを、先に見える海では釣り船が4,5杯
f0187402_212343100.jpg

   山頂では、子が転がり また数多くの岩屋山ファンが訪れていました~
f0187402_21235096.jpg

   お天気の下、気持ちのよい一時を過ごせました。
[PR]

by yamabakanikki | 2013-01-12 21:41 | 市内の山(丘) | Comments(2)

Commented by よっちゃん at 2013-01-14 22:34 x
以前、ヨーロッパに行った際、墓地は30年で更地に戻すと聞いてから
お墓もいらんし、仏壇も不要。
骨はそこら辺に播いてくれれば結構、由布岳の山麓ならなお結構、
と思うようになりました。
Commented by 山馬鹿 at 2013-01-15 23:43 x
よっちゃん、ハーフお疲れ様でした!
フルは、2,3年後にチャレンジでしょうか?
同じ考えなんですね~ 「人間の最後は土に返る」
できれば熱いので、焼くのも止めて欲しいのですが・・・(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード