'13-1:磯間嶽

最強に危険な里山か? (経験者向き、侮ることなかれ!)
正直に、こんな素晴らしい里山はそっとしておきたい・・・(笑&真)

1.日  ‘13-1-4
2.山  磯間嶽(鹿児島大浦町)
3.ルート
   林道入口~(北側尾根)~大坊主岩やオットセイ岩~中嶽(395m)~
   ~ワンコ岩~磯間嶽(363m)~大浦登山口  反時計回り周回
   <所要時間:約4.5h(休憩含め)>

4.コメント&写真

 ・岩尾根の連続で、緊張しっぱなしでした。
 ・両側が切れ落ちた岩場で(小坊主岩?)、引き返そうかと真剣に悩みました。
  そこにはロープも鎖も無く・泣く! [ロープがあれば、大概はこなせますが]
 ・途中で使用しているロープは、岩に擦れて細くなっているものがあり 体重を
  あまり掛けぬように!
 ・巻き道がある場所もあり、できるだけこちらを選択することを推奨します。
 ・山頂直下の鎖はSUS製でしっかりしています、気合いを入れ!


   登り始めの梯子は新しい、でも固定されていません。
f0187402_20541839.jpg

   大坊主岩、ここは右に巻道が~  後で上から見たロープは擦れてヤバイ状態に!
f0187402_20542785.jpg

   私が引き返そうとした小坊主岩周辺、両端は切れており、且つ先の様子が判らず・・・
f0187402_20543495.jpg

   こんな楽しい場所が、たくさん 次から次へと。
f0187402_20544218.jpg

   磯間嶽山頂、どげぇ~してあの山頂に登ると・・・?
f0187402_20544975.jpg

   メタボ検診岩も、なんなく   の人も・・・(笑)
f0187402_20545669.jpg

   これが磯間嶽山頂です、高度感が伝わらずすみません、押すだけではアカン!
f0187402_2055545.jpg

   ここに来るまで歩いて来た岩尾根だす。
f0187402_20551212.jpg

   山頂直下の岩壁(10~20m)、足場はしっかりしていますが、高度感が・・・
f0187402_20552040.jpg

   下山後の車道から、素敵な山頂を望む♪
f0187402_20552888.jpg

  ※無事に下山でき、山神&山友に感謝☆  この後、カツオラーメンで顔を洗い?
   長崎鼻を噛み?、イタメシワインで乾杯! 締めは、砂風呂で生き埋めに? 
[PR]

by yamabakanikki | 2013-01-07 21:35 | 九州の山 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード