'12-6:山上ヶ岳&稲村ヶ岳


写真を追加しま~す☆
  「山上の押すだけカメラマン」なので・・・(笑)
本文は、ここを  を ご参照ください!


 ここ「近鉄下市口駅」が大峯の起点です、以前「八経ヶ岳」に行った時もここより・・・
f0187402_2142667.jpg

 「洞川温泉」(どろがわ) ・・・修験の方々のおかげか、結構賑わっていました~
f0187402_2143541.jpg

 百選ざんす、駐車場代込みで¥1000だったかな? (拙者は、味見せず・・・)
f0187402_21444100.jpg

 「母公堂」、本来ここまで車で入れます。身体の悪い方に限定し、規制をかけた方がいぃかも~
f0187402_2145158.jpg

 ここが本物の「女人結界」 全国で、ここだけ規制しているとか。男女平等で、どうかすると女
 が強いこの世の中で、流行遅れ・・・? (それに気づかぬ、生グサ坊主が蔓延り・・・)
f0187402_215231.jpg

 このような茶店がところどころに、あくまで現代版の修行道(半分、観光道!)
 本物の峰入りが、涙を流しています。
f0187402_2151149.jpg

 岩場もありますが、誰でも・・・
f0187402_2151913.jpg

 ちょっと危険に見せていますが、慎重に登れば、誰でも・・・
f0187402_2152731.jpg

 立派な宿坊が山の中に、山屋さんから云えば、環境破壊!
f0187402_2153699.jpg

 西の覗き岩! 「悪いことせーへんか?、親孝行するか~?」 『ハイ』の返事を聞くまで~
f0187402_2154567.jpg

 山頂では、ご祈祷が・・・
 ここに来るまで、TV等で修行の場を見て少々感銘を受けていましたが、、、
 現代は観光の因子が非常に強く、山屋としては、環境破壊が目に付き、
 考え方が変わりました。(百聞は一見にしかず) 
 あくまで個人的な意見です、拙者のモットーは 『自然は、あるがままに!』
f0187402_2155481.jpg
f0187402_216318.jpg

 ここでは、あまり着目されていない三角点!
f0187402_2161324.jpg

 この道は素晴らしかったです、修験の道とは明らかに異なっています・・・
 (最初は、個人が作ったとの話も~)
 かなりの急下り、階段等が無ければ 我々のテクでは降りれません。
f0187402_2162236.jpg

 もみじの緑が、素晴らしく~
f0187402_2163017.jpg

 ふり返ると、あの岩場のどこを降りてきたのかなと。
f0187402_2163843.jpg

 兎に角、素敵な森です。(一級品だす
f0187402_2164849.jpg
f0187402_2165562.jpg

 癒しの石楠花、今年はこれでも裏年! 紅いのでホンシャクナゲと思っていたが、
 ツクシ(九州の意)シャクナゲだそうです。
f0187402_217363.jpg

 同行者が見つけてくれた「オオミネコザクラ」! 感謝感激感動~♪
f0187402_2171064.jpg
f0187402_217181.jpg

 下山後の洞川温泉、ここの温泉に入りました~(¥600) きもちんよか!
f0187402_2172543.jpg

[PR]

by yamabakanikki | 2012-06-20 21:57 | 本州&四国の山 | Comments(4)

Commented by 風来坊 at 2012-06-20 22:48 x
こんばんは、山馬鹿さん。
良い同行者と山登りを楽しまれましたね(笑)
でも、あの花は全く偶然でした・・・・。多分、二人の行いの良さのお蔭でしょう(自己満足)
でも、花に時期をピッタリと合わせる情報力は、昔のジェームスボンドも顔負けです(何年前でしょう)
Commented by はる at 2012-06-20 23:20 x
関西人も行った事ないような所に一杯行ってますねえ♫
Commented by 山馬鹿 at 2012-06-21 21:53 x
風来坊さん、最高の同行者でした~♪

これからも、是非あちこちの山へ出掛けましょう~

ジェームスボンド懐かしいです、何をやってもうまくはこぶストーリー、人生はこんなものかと思っていたら、トンでも無く・なく・泣く・・・(笑)
Commented by 山馬鹿 at 2012-06-21 21:55 x
はるさん、こんばんは☆

麓は、お父様のお庭だったかもしれません、無断進入で失礼をば~
「天川村」は奈良の最後の楽園かもしれませんよぉ~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード