ブログトップ

山馬鹿日記

精霊流し(その二)

『程よく適当に楽しめば』、よかよか♪

と 『 』の条件文を、追加しました。
以前は、毎年 精霊流し時に事故があり、死傷者が
出ていました。
よく合っていたのは、
 ①船を回し、人が敷かれて・・・
 ②電車や列車の活線に、感電し・・・
 ③花火で火事に・・・(これは相当昔、でもその
  後佐世保で流行、花火屋さんが毎年火事に~)

※「打上げ花火(ロケット)」が、火事の一番の原因でした。
 長崎では、矢び矢(やびや)と呼んでます!
 今ではご法度、皆さんマッポの見てない隙に~
 「とにかく、酔っ払いの花火遊びでっす!」
  (観客も要注意!)


我が父の小さかった頃は、本当に海や川に船を流し
ていたと。(今は、ダンベ船の上に放り投げます)
っで翌日、お供え物(果物や甘いもの)を近所の子ら
と一緒に奪い合っていたそうです・・・
(古き良き時代だったのかも~?)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yamabakanikki | 2010-08-20 21:44 | その他(出張&雑) | Comments(0)