山馬鹿日記

yamabaka.exblog.jp

身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!

ブログトップ

’10-7:祖母山(山小屋泊)

大分のよっちゃん企画「祖母山でオオヤマレンゲを10年分楽しむ」山行に参加!
待合せ場所では、いかにもこれから降りそうな空模様~ 誰も、口にはせず・・・(笑)
雨には少々降られましたが、沢山の花堪能でき且つ有意義な経験(楽しい思い出)を
積むことができました。幹事のよっちゃん&他の皆様(山友)に、感謝でぇ~す♪


1.日  ’10-7-3&4
2.山  祖母山
3.ルート&所要時間
 1)初日:神原登山口~国観峠~Q合目小屋<時間約3.5h>
 2)翌日:Q合目小屋~祖母山ピストン<時間約30m>
    Q合目小屋~国観峠~三県境(茶屋場)~(北尾根)~緩木・越敷分岐~
    緩木山~緩木・越敷登山口<時間約4.5h>

4.コメント&写真
    Q合目小屋辺りの「オオヤマレンゲ」(よっちゃん撮影)・・・森の貴婦人
f0187402_21381259.jpg

 1)長崎を5時発、途中の瀬の本辺りはガスで視界約50m弱、正直今日は登らず、
   どこぞで温泉に浸かり宴会じゃ~と思ったのは・・・拙者だけでは無かった(笑)
 2)神原からが始めてのコース、登山口で足がじかっと蜂に刺されたか? 塗り薬
   を頂きケアを。皆さんにご迷惑をお掛けする。
 3)登り出しは小雨だったが、急な尾根をしばらく歩いた辺りで結構大粒の雨が・・・
   ここで合羽を着る人、着ない人に別れ・・・ ずっと、皆同じ時間に、同じ道を。
 4)国観峠まで約2.5h、ここまで来るとなんだかホッとする。ここは九折越同様、
   災難時のヘリポートにもなります。
 5)ここからが、今回は長~く感じました、途中、韓国の団体さんに出会う。九州の
   良い山をこのようなお天気に、、、乗っ取られてはいかんと(笑)
 6)小屋にはだいたい14時過ぎに到着(小屋の手間で、蒔きをやく匂いがした時は
   正直嬉しかったです)、先ずは雨で濡れた品々のお手入れ、且つ水汲み。小1h
   過ぎ、ようやく雨の中無事到着を祝い乾杯!(麦酒、ワイン、地元の焼酎、地元
   では無い焼酎、いやはや至福の時)
 7)色んな話や、小屋番さんから貴重な登山情報&音楽を聞かせて頂き楽しむ。
   楽しい時間はあっと云う間に過ぎ去り晩ご飯、拙者はいつものように飯炊き係り
   ちょっと油断したか(失敗を)、米を砥いで時間がしばらく経っていたにも拘らず
   水の量がいつもと同じ。。。少々、緩めのご飯で皆さんにご迷惑を。(言い訳ラン
   ;米の芯は無く少々柔らかかっただけです)
 8)おかずは恒例のすき焼き、小屋番さんにも好評でした。そうそう、お貸りした大き
   な鍋が活躍しまいた。
 9)夜中は、雷さんが近くに落ちたような? 結構揺れました、そして大雨!
   あらまぁ~明日も続けば、下山できないと一人ニンマリ(爆)
 10)翌朝はガスっていましたが、雨は止んでました。二階の窓からオオヤマさんの
    群生が見渡せました。(例年より、約一週間遅れとか)
 11)国観峠までは下り一偏等、ここから三県境までは緩やかな登り返しがあります。
    三県境から先は皆さんお初、分岐まで約1h。道ははっきりしてました。アップ
    ダウンも一部ありますが、激下りが一箇所。他の山系ならすぐにロープが付け
    られるのではないかと・・・?
 12)この坂でハプニング発生、なんか足元に違和感が、あちゃ~靴底が剥がれて
    いるではありませんか、非常用の包帯を利用し応急対策を実施(買って5年)
    間もなく(約1.5h後)反対側も・・・ おぉ~よう出来てるやんと(笑)
    今度は昔の靴紐で応急処置、ご同行の皆さんにはとんだご迷惑を。
 13)今回のルートは車2台あれば、日帰りルートだと思いました(夏場はいかん!)
    二日目の方がやはり距離長く、結構疲れました。
 
 ※皆々様には、お世話になり非常に感謝しております。またの機会も、宜しくお願い
  しま~す♪                                    -以上ー

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yamabakanikki | 2010-07-07 23:11 | 九州の山 | Comments(0)