脊梁縦走(馬子岳・目丸山・京ノ丈・平家山・国見岳)

気の合う山仲間と大好きなテント泊脊梁縦走へ、三日目は大雨&体力
の消耗で下山! 『山は逃げない』ので、また残り1/3を繋ぎます。
それにしても暑かったです!なんとこの時季、稜線を半袖で歩きました。
例年なら、雪が残っていても不思議でない脊梁で・・・

1.日  3/20(祝休)~3/22(日)

2.山系 脊梁縦走
   馬子岳・目丸山・京ノ丈・平家山・国見岳


3.記録
 1)3/20
  長崎5時発~西内谷9:50・・・一般道分岐10:50・・・馬子岳12:20/45
  (昼食)・・・目丸分岐14:27/35・・・目丸山14:53/15:03・・・幕営地
  (1375手前)17:20
 2)3/21
  幕営地7:00・・・柏川分岐7:40・・・京ノ丈8:30/45・・・ワナバ分岐9:18
  平家山11:50/12:05・・・ブナ林(昼食)12:30/13:00・・・広河原分岐
  14:54・・・国見岳15:30/50・・・力水16:00
 3)3/22
  力水8:30・・・杉ノ木谷登山口10:25・・・西内谷12:30~雁俣温泉
  13:30/14:00(食事)/15:00(風呂)~長崎18:30着


4.記
1)西内谷からの登り口は橋の傍から、いきなり踏跡が薄い登りが続く。
  途中、一般道と稜線歩きの分岐有。その後の急登は凄い!
  崖登りに近いものもあり。山友はなんなく、拙者はぎごち無く(笑)
  この登りは少々危険なため、一般人にはお奨めできません。
2)馬子岳はしぶい山頂、その後の稜線には「ヒカゲツツジ」が沢山。
  少し下った鞍部は、素晴らしいところでした。
3)西内谷下降点から先は自然林の中、アップ・ダウンを2,3回繰り返す
  と、割かしすんなりと目丸山分岐へ出た。前回に下見をしていたので、
  安心。(未知の稜線縦走時には、下見は必要)
4)目丸山頂までは一般道です、カタクリの葉が既にあちらこちらに~♪
5)目丸山から先は少し西へ直進し南側へ、徐々に急登を下っていく。
6)その後の道は、山慣れ人意外にはお奨めできません。単なる稜線歩き
  ではありません。テープを信じていいのかも微妙、コンパスを常に眺め
  確認しながら進みます。ホントにこれが道か?、と思う場所が数多く!
7)時間も迫ってきたので、幕営地を探します。なかなかフラットな場所が
  無く苦労しました。その場所から、夕陽が沈む脊梁稜線&夜中は熊本
  市街地の夜景がとても綺麗でした。もちろん、☆もキラキラ!
8)早朝出発く&馬子岳の急登がしんどく&スズ竹掻き分けながらの登り&
  40度の焼酎のおかげで、久々の爆睡でした。(爆!)

9)二日目は稜線歩きで始まり、柏川分岐の後は、登山道をわざと外し宝
  物の群生地にも出遭えました。
10)京ノ丈は4回目、下った辺りの鞍部は最高の場所♪但し、迷い場所で
  もあります。(要注意!)
11)ここから平家山までは、約8年ほど前に山大先輩と歩いた道、以前に
  比べ、スズ竹も刈ってあり、倒木もそこそこ片付けられ快適に。たまには
  倒木を潜ったり、乗り越えたりしますが・・・
12)平家山は相変わらず、眺望も無く渋い山頂。ここから約20分歩いた
  辺りのブナ林は実に見事! 京ノ丈~平家山間より平家山~国見岳
  間の方が歩きやすかったです。
13)国見岳周辺にはマンサクが花盛り、眺めも良好!ここで今回の縦走で
  最初で最後の登山客と出会う。(樅木からピストンとか、ちょっと下山時間
  が遅すぎるかなと思いました)
14)力水はまあまあの水量、ここまで我慢して水を使ってきたので、ここで
  は贅沢に水を利用。美味しかったどっす。
15)テントを張り夕食を済ませると、雨がポツポツ。夜中は、風強く・雷さんも
  鳴っていました。フライがくっつき、水が浸入するハプニングも。それでも、
  朝までぐっすりと眠りましたが。(これができないと縦走は無理!)
16)翌日の朝も、雨・・・ 結構な量、縦走の続きは次回にとっておき下山
  することにしました。(かなり足腰が、疲れていたのも事実ですが・・・)
17)杉ノ木谷までは久々の道で、慎重に進みました。途中、登山道が崩壊
  しているところもありましたが、迂回路がしっかりと作られていました。
18)最後の内大臣林道歩きは約2h、疲れていましたが、途中の桜や綺麗
  な川の流れを見ながら、最後の歩きを楽しみました。


【余談】
 ①費用;¥18,000/3人
   なんと、二泊三日の旅行費用が、一人たったの¥6,000
 ②食事;
   一日目;(昼食)弁当、(夕食)かしわ炊込み&サンマのカンズメ
   二日目;(朝食)スープ&パン&珈琲、(昼食)蕎麦・・・これは失敗
        (夕食)焚きたてご飯&マーボー春雨&焼き鳥&軟骨&
            佃煮&お味噌汁
   三日目;(朝食)スープ&スパゲッティ
 ③今回のルートは、ほっつき歩きさんのホームを参考にさせて貰いました。
  感謝~!
 ④最初の急登「馬子岳」で、かなりの体力消耗しヨレヨレに!
 ⑤当初の予定の2/3を堪能、雨&ヨレヨレのおかげで勇気ある撤退!
 ⑥一般人にはお奨めできないコースです。あちこちのルートからの下見は
  重要! 比較的お奨めコースは、『京ノ丈~国見岳;約6h(登り下り含
  まず)』
 ⑦それにしても暑かったです、夜は冷え込み無く良かったかも。
 ⑧水のありがたさも、とても感じた山行でした。
 ⑨山友・お天気・自然に、感謝の楽しい山歩きでした~♪   -完ー


   <馬子岳の取っ付き(西内谷)>
f0187402_21491810.jpg

   <馬子岳山頂>
f0187402_21493533.jpg

   <馬子岳稜線から下った先の鞍部>
f0187402_214950100.jpg

   <カタクリの葉>
f0187402_2150747.jpg

   <急下り>
f0187402_21503563.jpg

   <ブナ(京ノ丈先の鞍部)>
f0187402_21505462.jpg

   <京ノ丈手前の岩場>
f0187402_21511559.jpg

   <平家山先の稜線(素敵な自然林)>
f0187402_21513218.jpg

   <同上の場所から馬子岳>
f0187402_2151518.jpg

   <素敵な自然林>
f0187402_2152965.jpg

   <小国見(こぐるみ)&五勇・烏帽子岳方面>
f0187402_21525495.jpg

   <国見山頂の祠&マンサク>
f0187402_2153743.jpg

[PR]
by yamabakanikki | 2009-03-22 21:30 | 九州の山 | Comments(2)
Commented by エミリー at 2009-03-23 23:47 x
山馬鹿さんお久しぶりです。いい山行されていますね。
参考にさせて頂きます。
Commented by 山馬鹿 at 2009-03-24 23:59 x
エミリーさん、こんばんは~☆

なかなか良い縦走路でした、地図もありますので
必要ならば、別途メールでご連絡ください!
佐賀の低山縦走は、参考にさせてもらいました。
give&take ・・・に感謝~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


身体が弱く、山に癒して貰っている山大好き『山馬鹿日記』です!


by yamabakanikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
本州&四国の山
「九州の山」一覧
九州の山
県内外(近くの)山
市内の山(丘)
雲仙山系
多良山系
その他(出張&雑)
釣り
未分類

最新のコメント

風来坊さん、お早う御座い..
by yamabakanikki at 06:21
こんばん、山馬鹿さん。 ..
by 風来坊 at 20:11
猫好きさん、お早う御座い..
by yamabakanikki at 06:34
ウンゼントリカブトは来週..
by 猫好き at 14:35
風来坊さん、お早う御座い..
by yamabakanikki at 08:18
こんにちは、山馬鹿さん。..
by furaibow581203 at 10:35
オトヒメねぇさん、こんば..
by yamabakanikki at 21:06
風来坊さん、こんばんは☆..
by yamabakanikki at 21:04
九千部犬?お世話になりま..
by otohime_22 at 08:17
こんばんは、山馬鹿さん。..
by 風来坊 at 23:50

【リンク先】

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

お気に入りブログ

気まぐれ散歩
そうだ!山に登ろう
山が呼んでる
山に登ったよ

検索

最新の記事

17-10:岩屋山(ムラサキ..
at 2017-10-22 18:39
17-10:アジ釣り「牧島」..
at 2017-10-21 20:59
17-10:五家原岳&白木峰..
at 2017-10-09 18:56
17-10:九千部岳「ウンゼ..
at 2017-10-07 21:25
17-10:稲佐山「ダンギク..
at 2017-10-04 20:17

記事ランキング

ブログジャンル

登山
家庭菜園

画像一覧